EVENTS

Prepのストリーミング・ライヴ『Paper World』が4/29に開催決定!


昨年待望のフル・アルバムをリリースしたロンドンの4人組シティ・ポップ・バンド、Prepのストリーミングによるライヴ・ショーが決定しました。
日程は4月29日で日本時間20:00からの開演です。

以下この企画へのPrepのステートメントです。

It’s been a long year of waiting but we’re super excited to be able to say… we’re playing a show! It’s called Paper World, and it will be streaming worldwide on April 29th. After the show you can join us for an exclusive q&a session. We’ve missed you guys so much and we can’t wait to see you there. Love Prep X

長い間待っていましたが、やっと発表できることになりました… ショーを行います!その名も「Paper World」で、4月29日に世界中でストリーミング配信されます。ショーの後には、私たちとの特別な質疑応答の時間があります。皆さんにお会いできるのを楽しみにしています。 Prep

Paper World

日程:2021年4月29日(木・祝)
時間:20:00開演
出演:Prep

公演詳細:https://www.momenthouse.com/prep
TICKET(JP):https://www.momenthouse.com/co/prep-asia-australia-new-zealand

 

Debut Album “PREP” NOW ON SALE


Artist: PREP
Title: Prep
Cat#: ARTPL-140
Format: CD / Digital
※ボーナス・トラック2曲収録

※解説:高橋芳朗
※歌詞・対訳付き
Release Date: 2020.10.30
Price(CD): 2,000yen + tax


注目のロンドンのシティ・ポップ・バンドPREPが遂に待望の1stアルバムを完成。
EPのリリースのみながらアジア圏を中心に爆発的人気を博し、サマーソニック2019を含む2度の来日を果たすなど、大きな注目を集めるロンドンの4人組シティ・ポップ・バンド、PREPの待望のファースト・フルレングスにしてセルフ・タイトルのアルバム。

何年もの歳月をかけて制作し遂に完成したこのアルバムは、バンドとしての彼らを完全に表現していると同時に、彼らの様々なバックグラウンドを反映している。そのアーティスティックなセンスは、AlunaGeorge、George Fitzgerald、Kasabian、Celesteなど、PREPのメンバーが何年にもわたって一緒に仕事をしてきたアーティストの名前にも引けを取らない。

ファンク、ソウル、ポップの要素を織り交ぜ遠距離ロマンスを歌ったファースト・シングル「Pictures Of You」やロマンチックでスローなラヴ・ソングとして始まりシンセを効果的に駆使することで、誰かを想い胸が痛むようなトラックへと変貌を遂げたセカンド・シングル「「On and On」などをはじめ、アーバンでメロウ且つノスタルジックなこれまでの要素を生かしつつ、盟友VulfpeckのCory Wong(PREPの楽曲に参加暦あり)、Unknown Mortal Orchestra、Thundercat、Tyler the Creator、Mac DeMarcoなどの現代的なエッセンスも吸収し、ファンクトロニックでシンセティックで刺激的なサウンドを展開。
2015年から活動開始し、正体不明のバンドとして2016年にデビューしてからその楽曲のクウォリティと中毒性のあるライヴ・パフォーマンスで着実に支持を集めてきた彼らの、バンドとしての成熟が窺える渾身のファースト・アルバム。

日本盤には2020年初頭にデジタルでリリースされ、CITY POP on VINYL 2020 参加作品として限定7インチもリリースされた「Over ft. Anna of the North」「Love Breaks Down」がボーナス・トラックとして収録。


TRACK LIST:

01. Turn The Music Up
02. Wouldn’t Wanna Know
03. Years Don’t Lie
04. Carrie
05. On and On
06. Pictures of You
07. Don’t Wait For Me
08. The Stream feat. Miso
09. Rain
10. Danny Came Up
11. Over feat. Anna of the North *
12. Love Breaks Down *

* = Bonus Track

 

1st EP “FUTURES” CD Reissue NOW ON SALE


Artist: PREP
Title: Futures
Cat#: ARTPL-144
Format: CD
※ボーナス・トラック3曲収録

※紙ジャケット仕様・帯付き
Release Date: 2020.10.30
Price(CD): 1,800yen + tax


TRACK LIST:

01. Futures
02. Sunburnt Thought the Glass
03. Cheapest Flight
04. Who’s Got You Singing Again
05. Slow Fade *
06. Cheapest Flight (AlunaGeorge Remix) *
07. Sunburnt Thought the Glass (Shy Girl Remix) *

* = Bonus Track

 


PREP(プレップ):

DrakeやAlunaGeorge等のレコーディングに参加し、グラミーにノミネートされたこともあるヒップホップ・プロデューサー、Dan Radclyffe、エレクロニカを好むクラシック/オペラ・コンポーザーのLlywelyn Ap Myrddin、George Fitzgeraldとツアー暦もある、ハウス・ミュージックのDJにしてドラマーであるGuillaume Jambel、Riton、Sinead Hartnett、Ray BLK等と共同制作暦のあるシンガー・ソングライター、Tom Havelockという様々な異なるバックグラウンドと確かな実力を持った4人組。2016年にUS西海岸の人気ブログ、Blah Blah Blah Scienceが運営するレーベル、B3SCIからリリースしたファーストEP『Futures』は、リリース後瞬く間に注目を集め、ヘビー・プレイ。アジア圏で圧倒的な人気を誇り、ライヴは軒並みソールドアウト。2018年5月にはニューEP『Cold Fire』をリリースし、初来日公演を行い、実力者ならではの卓越したパフォーマンスをみせ、絶賛された。その熱が冷めやらぬまま2018年11月には人気K-POPグループ、Monsta XのヴォーカルShownu(彼に取って人生初のフィーチャリング参加)と、坂本龍一も注目している韓国の新世代インディ・バンド、Se So NeonのSo!YoON!、LAの次世代のミニマル・ファンク・バンド、VulfpeckのCory Wongと、かつてはマイケル・ジャクソンやエルトン・ジョンなどのサポートもつとめ、「セッション王」とも称されるリビング・レジェンド、Paul Jackson Jr等が参加したEP『Line By Line』を発表。そして2019年にはサマーソニックのビーチ・ステージに初出演し、その後2度目となる単独公演も行い盛況を収めた。
R&B〜ブルー・アイド・ソウル〜ファンク〜ジャズ〜AORなど様々な素養を絶妙なバランス感覚でブレンドし、巧みな演奏の元、スウィートなハイトーン・ヴォーカルとハーモニーを駆使し、キャッチーなメロディと軽快なグルーヴを生み出すノスタルジックさと新しさを兼ね備えたスタイリッシュなポップ・サウンドはジャンルの垣根を越えて支持されている。

Facebook: https://facebook.com/prepband
Instagram: https://instagram.com/prepband
Twitter: https://twitter.com/PREP_band
YouTube: http://youtube.com/c/prepofficial
Soundcloud: https://soundcloud.com/prep
Spotify: https://spoti.fi/36ULKjs
Apple: https://apple.co/36URx8E
Website: https://prepofficial.com


Emily A. Sprague Japan Tour 2020(※公演延期 postponed)

3月14日〜3月21日に予定しておりましたEmily A. Spragueのジャパン・ツアーは、この度の新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大の影響を考慮し、アーティスト側との協議の結果、やむを得ず公演を延期とさせていただく事となりました。
現在秋頃に振替公演を開催するべく、日程を調整しております。
ご予約は一旦キャンセルとさせていただき、日程とツアー詳細が決定次第改めてお知らせさせていただきます。
公演を楽しみにしてくださっていたお客様、関係者の皆様にはご迷惑お掛けしますことを心よりお詫び申し上げると共に、何卒ご理解いただけますようお願いいたします。

We regret to announce that the Emily A. Sprague Japan Tour which had been scheduled to start on Saturday March 14, 2020 has been unavoidably postponed as a result of a consultation with the artist.
Considering from the current spread of COVID-19, we have determined that it is the best option.
We are currently working on rescheduling the dates (Hopefully in Autumn).
Unfortunately, we will cancel all reservations once, and will be imformed as soon as the revised schedule is determined.
We deeply apologize to all parties concerned and those customers who reserved the tickets and have been looking forward to the shows.

Emily A. Sprague Japan Tour 2020 公演延期


 

東京公演① 公演延期

日程:3月14日(土)
会場:八丁堀・七針
時間:OPEN 18:30 / START 19:00
料金:予約 3,000円 / 当日 3,500円

出演:
Emily A. Sprague
Chihei Hatakeyama
H. Takahashi

 


 

新潟公演 公演延期

experimental room #32

日程:3月20日(金・祝)
場所:新潟・木揚場教会(新潟市中央区礎町通上一ノ町1957)
時間:開場 17:00 / 開演 17:30
料金:前売 3,500円 / 当日 4,000円 / 新潟県外からの方 3,000円 / 18才以下無料!
チケット:メール予約
info@experimentalrooms.com
(件名を「3/20チケット予約」としてご氏名とご希望の枚数をご連絡下さい)
↓以下のフォームからもお申込み可能です。

出演:
Emily A. Sprague
Phew
MEVIUS
DJ Jacob


 

東京公演② 公演延期

日程:3月21日(土)
会場:落合・SOUP
時間:OPEN 18:30 / START 19:00
料金:予約 3,000円 / 当日 3,500円

出演:
Emily A. Sprague
Asuna
DJ 佐々木敦(HEADZ)


 

Emily A. Sprague:
幼少期に母の教えでピアノを始める。11歳の頃からギター・レッスンを受け始めたものの、一旦やめてしまうが、14歳の時に再びギターを弾き始め、本格的にソング・ライティングに興味を持つ。その後バンドFloristを結成し、2013年に6曲入りEP『We Have Been This Way Forever』でデビュー。もう一枚の自主制作EPを経て、Double Double Whammyと契約し、2015年にリリースしたEP『Holdly』でStereogumの「50 Best New Bands Of 2015」に選出される。2016年に『The Birds Outside Sang』、2017年に『If Blue Could Be Happiness』の2作のアルバムを発表、さらに2019年には最新作『Emily Alone』をリリースし、PitchfrokでBEST NEW ALBUMを獲得し、インディ・ミュージック・リスナーから多くの支持を受ける。その活動と並行し、Emilyはモジュラー・シンセサイザーを用いたアンビエント・ミュージックの制作を開始しセルフ・リリースした『Water Memory』、「Mount Vision」が高い評価を得る。その才能に着目したNYの最先鋭レーベルRVNGよりリマスター、ボーナス・トラックを追加してフィジカル化(CD / LP)し、PitchforkにてBEST NEW REISSUEを獲得。いま最も注目されているアンビエント・アーティストの一人である。

Emily A. Sprague “Water Memory / Mount Vision” [ARTPL-116]

 


 

Chihei Hatakeyama(東京公演①に出演):
Chihei Hatakeyamaとして2006年にKrankyより、ファーストアルバムをリリース。以後Room40, Home Normal, Own Records, Under The Spire, hibernate, Students Of Decayなど世界中のレーベルから現在にいたるまで多数の作品を発表。デジタルとアナログの機材を駆使したサウンドが構築する美しいアンビエント・ドローン作品が特徴。ヨーロッパ、オーストラリア、アメリカ、韓国など世界中でツアーを敢行し、To Rococo Rot, Tim Heckerなどと共演。。映画音楽では、松村浩行監督作品『TOCHKA』の環境音を使用したCD作品「The Secret distance of TOCHKA」を発表。第86回アカデミー賞<長編ドキュメンタリー部門>にノミネートされた篠原有司男を描いたザカリー・ハインザーリング監督作品『キューティー&ボクサー』(2013年)でも楽曲が使用された。またNHKアニメワールド:プチプチ・アニメ『エんエんニコリ』の音楽を担当している。ソロ以外では伊達伯欣とエレクトロ・アコースティックデュオOpitopeとして、SPEKKから2枚のアルバムをリリース。佐立努とのユニットLuis Nanookでは電子音と伝統的なフォークサウンドが混ざり合う音楽世界で2枚のアルバムをリリース。ASUNA、Hakobune等ともコラヴォレーションアルバムを発表。

 


 

H. Takahashi(東京公演①に出演):
東京を拠点とするコンポーザー/建築家。これまで、UKのWhere To Now?、USのNot Not Fun、日本のWhite Paddy Mountainといったレーベルからアンビエントをメインとした作品をリリースしてきた。作曲にはiPhoneのGarageBandを用い、出来る限り要素を減らした簡素な方法で制作を行っている。また、やけのはら、P-RUFF、悠大らとのライブユニットUNKNOWN MEとしても作品を発表している。

 

 


 

photo by Masayuki Shioda

Phew(新潟公演に出演):
1978年にパンクバンドAunt Sallyで活動をスタート。バンド解散後はソロとして、国内外の数々のミュージシャンとコラボレーションを行なう。現在は、2013年からはじめた電子音楽のソロユニットとパンクバンドMOSTを中心に活動している。
2018年2月に声のみで制作されたアルバム「Voice Hardcore」をリリース、9月にはThe Raincoatsのアナ・ダ・シルバとのコラボレーション・アルバム「Island」が発売された。
現在、ソロアルバムを制作中。

 

 


 

MEVIUS(新潟公演に出演):
メヴィウス | 主にサンプラーSP-404 SXで演奏・制作を行い、ツイッター上で発表を続ける謎の新潟人。どれも2分程の楽曲で多種多様なトラックメイクからビートレスなノイズ、そして催眠的なアンビエントまで即興により創作している。2019年にはこれまで投稿された膨大な楽曲群から抜粋されたEP作品『No Title』を、2020年にはアルバム作品『No Title Album』を自主制作盤として発表。

MEVIUS

 


 

JACOB(新潟公演に出演):
ヤコブ | 国内外の先鋭的なアーティストを招聘し、アート・エキシビションやクラブ・イベントなどを行う、新潟のアンダーグラウンド・シーンを牽引するred race riot!を主催し、DJとしてもプレイする。また様々なイベントでもDJとして精力的な活動を行い、盟友leとのDJユニット、Ixalodsの名義も持っている。

RED RACE RIOT!
Interview with JACOB

 


 

ASUNA(アスナ)(東京公演②に出演):
10代の頃から東京の実験音楽/即興/音響シーンに関わり、LOS APSON?やKurara Audio Artsといった名物レコード・ショップにおいて話題を集め、2002年、語源から省みる事物の概念とその再考察をテーマとして「Organ」の語源からその原義を省みた「機関・器官」としてのオルガンを扱ったインスタレーション/CD作品『Each Organ』を発表。翌2003年にはスペインのLucky Kitchenよりアルバム『Organ Leaf』を発表し海外デビュー。以降、日本のアンビエント・ドローンのオリジネーターとして海外を中心に多数のレーベルよりアルバムを発表。プリペアドされたリードオルガンとエレクトロニクスによるドローンを主体としつつ、ギターやクラリネット、チェロ等の様々な生楽器と電子音響が絡み合った作曲作品から大量の玩具楽器やサンプラーを使ったハードコアでジャンクな作品まで、多様かつ両極端とも言えるスタイルをテーマごとの手法を緻密に練り上げることによって、様々な仕掛けとともに不断に展開し聴くもの意識に働きかける作品として一貫した特徴を持つ。これまで海外20カ国以上で演奏/展示、CDやレコードなどをリリース。近年は干渉音の分布とモアレ共鳴を扱った『100 KEYBOARDS』のパフォーマンスで世界各地のフェスティバルを中心に演奏活動を行っている。また、ドイツの電子音楽家のヤン・イェリネクや、美術家の佐藤実-m/s、トラックメーカーのshibataらと長年に渡りコラボーレションによる制作も行っている。


FFKT 2020にCaribou、Telefon Tel Avivの出演決定!

5月30日(土) – 31日(日)に信州やぶはら高原 こだまの森で開催される“FFKT 2020”に2月28日におよそ5年ぶりとなる新作『Suddenly』をリリースするCaribou、昨年10年ぶりのアルバム『Dreams Are Not Enough』をリリースしたTelefon Tel Avivが出演します。本日第一弾ラインナップとして発表されました。
発表されたその他の出演者、イベント詳細は以下のプレス・リリースをご確認ください。

2度目の開催となるTAICOCLUB創設メンバーによる後継フェスティバル“FFKT 2020” 1stラインナップ発表

長野県・こだまの森において2006年より13年にわたって開催されてきたTAICOCLUB。その創設メンバーによって主催され、2度目の開催となる『FFKT 2020』が満を持して1stラインナップを発表します。

Andy Stott
青葉市子
Caribou
Chee Shimizu + miku-mari
Demdike Stare
DJ Python
Donna Leake
Gigi Masin
Hibiya Line
Luxixi
Maayan Nidam
Mars89
MOCKY
MOODMAN
Neon Chambers
Parris
ryoji ikeda
Telefon Tel Aviv
Theo Parrish
Total Freedom
Wool & The Pants
¥ØU$UK€ ¥UK1MAT$U
Zakia

More to be announced soon.

出演は、5年ぶりとなるニューアルバム『Suddenly』の発表をひかえるCaribou。前作も各メディアで年間ベスト上位に選出されており、早くも今年ベストの呼び声高い彼の新作を、ぜひLIVEで体験してください。また昨年後半に3年ぶりのアルバムをリリースしたAndy Stott、10年ぶりとなるアルバムをリリースしたTelefon Tel AvivもLIVE出演。2019年Resident Advisorの年間ベストアルバム8位に選ばれたDJ Pythonは日本発となるLIVEセットを披露します。日本を代表するビジュアル・アーティストの一人ryoji ikedaによるLIVE、世界NO.1のハウスDJと言って過言でないTheo Parrish、アメリカを代表するカルチャー誌Interview Magazineに「現時点のアメリカ国内最高のDJ」と言わしめるTotal Freedom、ベトナムからHibiya Line、中国新鋭Luxixiなど多彩な計40組以上のラインナップが、3つのステージに出演いたします。音楽だけでなく、屋外フェスティバルでは味わえないような有名レストランの出店から、世界が注目する美術家のインスタレーションまで、野外フェスの定義を革新し続ける『FFKT』。今後のアーティストラインナップもご期待ください。

FFKT 2020

■ WEBサイト:http://ffkt.jp/2020/
■ 開催日時:2020年5月30日(土) – 31日(日) オールナイト公演
■ 開催場所:信州やぶはら高原 こだまの森(長野県木曽郡木祖村大字小木曽3362)
■ 主催:FFKT事務局

■ チケット:
入場チケット ¥15,000
駐車場チケット ¥3,000(1台)
テント利用チケット ¥3,000 (1張)
※駐車券のみの販売は行っておりません。

CARIBOU

CARIBOU “Suddenly” [ARTPL-128]

TELEFON TEL AVIV

TELEFON TEL AVIV “Dreams Are Not Enough” [ARTPL-118]


Asa Tone “Temporary Music” listening / launch party

1/31にLeaving Records / PLANCHAからファースト・アルバム『Temporary Music』をリリースする、Young MagicのMelati Malay、100% Silkからリリースしている匿名プロジェクトKaazi、Human Pitchの創始者でもあるマルチメディア・アーティスト、Tristan Arpの3人による新たなミュージック・プロジェクト、Asa Tone。

リリース直前の絶好のタイミングで、アルバムの試聴会&日本に滞在しているMelatiとKaaziがDJセットを披露するローンチ・パーティが急遽決定!是非ご来場ください。

 

Asa Tone “Temporary Music”
listening / launch party

会場:CIRCUS Tokyo(1F ラウンジ)
日程:2020/1/29(水)
時間:Open / Start 19:30
料金:1,000円 (1ドリンク込)

DJ:
Melati Malay (Asa Tone)
Kaazi (Asa Tone)
青野賢一 (BEAMS RECORDS)
92104 (PLANCHA)

19:30 – 20:30 BGM 92104 (PLANCHA)
20:30 – 21:20 “Temporary Music” Album listening
21:20 – 22:30 DJ Asa Tone (Melati & Kaazi)
22:30 – 23:30 DJ 青野賢一 (BEAMS RECORDS)


Asa Tone:
Carparkから作品をリリースしているYoung MagicのMelati Malayと、100% silkからリリースしている匿名プロジェクトKaazi、そしてNYのThe Lot RadioではレジデントDJをつとめ、Human Pitchの創始者でもあるマルチメディア・アーティスト、Tristern Arpにより結成されたミュージック・プロジェクト。
ジャカルタ出身のMelatiが帰国する際に集合し、10日間かけてジャングルの仮設スタジオでセッションをしていき、本作を完成させ、そのサウンドはLeaving Records主宰のMatthewdavidの目にとまり契約に至った。


Artist: Asa Tone
Title: Temporary Music
Cat#: ARTPL-126
Format: CD / Digital
※日本のみでCDリリース

※ボーナス・トラック2曲収録
Release Date: January 31, 2020
Price(CD): 2,200yen + 税


Matthewdavid主宰のLeaving Recordsが放つトライバルでスペーシーな極上サウンド。Young MagicのMelati Malay、100% silkからリリースしている匿名プロジェクトKaazi、Human Pitchの創始者でもあるマルチメディア・アーティスト、Tristan Arpによる新たなミュージック・プロジェクトがジャカルタで10日間で完成させた異形の傑作!

ジャカルタ出身で、Carparkから作品をリリースしているYoung MagicのMelati Malayと、100% silkからリリースしている匿名プロジェクトKaazi、そしてNYのThe Lot RadioではレジデントDJをつとめ、Human Pitchの創始者でもあるマルチメディア・アーティスト、Tristern Arpの3人が、2018年の1月、Melatiの帰郷の際にジャカルタに集結し、ジャングルに設置した仮設スタジオで10日間に渡り録音し完成させた作品。

デジタル処理とアナログ処理の両方を取り入れ、バリ伝統の打楽器リンディックや竹製の笛スリン、アナログ・シンセのMoog Sub 37、エフェクターなど必要最小限の楽器と集合的なヴォイス、周辺の環境のサウンドで構築されており、一点にフォーカスされているようでありながら四方八方から様々な音が降り注ぎ、幻惑的な世界へと導いていく。打楽器やエフェクトのミニマルなリズムと音像が、どこか不協和でありながら独特の心地よさと中毒性をもって展開し、エフェクティヴで艶かしいヴォーカルと折り重なり溶け合う様相に否応なしに引き込まれる。

ガムラン〜アンビエント〜ミニマル〜テクノ〜エレクトロニカ〜ニュー・エイジまで様々な要素が高次元で融合した傑作。


TRACK LIST:

01. To Tell A Picture
02. Perpetual Motion Via Jungle Transport
03. Visit From Tokay
04. Inexplicable Notion (Location Specific)
05. In Everyone Repeating
06. River At Work
07. No One Holding Their Tongue
08. Ogoh Ogoh
09. Vanda Tricolor
10. Each Pool A Lifetime
11. Zi Ziggurat (Bonus Track)
12. Phudo Ilka (Bonus Track)

 


急遽決定!SHIGETO JAPAN TOUR AFTER PARTY

SHIGETO JAPAN TOUR AFTER PARTY

日程:2019年12月27日(金)
会場:CATS BAR(CIRCUS OSAKA 3F)
時間:open 23:00
cherge:1,000yen (1drink included)

line up:
SHIGETO(DJ SET) and more

圧巻のライブツアーを終えたSHIGETOがDJセットを今夜緊急披露!
アフターパーティーとして是非楽しみましょ!
CATS BARにて23:00~ALL NIGHT


Top