Author: PLANCHA

LUSINE JAPAN TOUR 2024 | エレクトロニカの重鎮11年ぶりにして、初のサポート・ドラマーを率いての来日決定

昨年6年ぶりのニュー・アルバム『Long Light』をリリースしたエレクトロニカの重鎮LUSINEの、2013年の『EMAF TOKYO 2013』以来となる、およそ11年ぶりの来日公演が決定致しました。
今回はサポート・ドラマーのTrent Moormanを率いての初来日。エレクトロニクスとライヴ・ドラミングを組みわせてダイナミックなパフォーマンスが展開されます。(落合Soup公演はドラマー無しのソロ・エレクトロニック・セットです)
貴重な機会を是非お観逃しなく!

Ghostly International 25th Anniversary in Japan vol.2

LUSINE JAPAN TOUR 2024

 

LUSINE 東京公演①
feat. live drumming

日程:8/30(金)
会場:CIRCUS Tokyo

時間:OPEN 19:00 / START 20:00
料金:ADV ¥4,800 / DOOR ¥5,300 *別途1ドリンク代金700円必要

出演:
LUSINE (feat. live drumming)
and more…

前売りチケットのご購入はこちらから:
https://www.artuniongroup.co.jp/plancha/shop/?p=3165

 


 

LUSINE 東京公演②
solo set

日程:8/31(土)
会場:Ochiai Soup
時間:OPEN 18:30 START 19:00
料金:ADV ¥4,500 / DOOR ¥5,000

出演:
LUSINE (solo set)
and more…

前売りチケットのご購入はこちらから:
https://www.artuniongroup.co.jp/plancha/shop/?p=3165

 


 

LUSINE 大阪公演
feat. live drumming

日程:9/1(日)
会場:CIRCUS Osaka
時間:OPEN 18:00 / START 19:00
料金:ADV ¥4,500 / DOOR ¥5,000 *別途1ドリンク代金700円必要

出演:
LUSINE (feat. live drumming)
and more…

前売りチケットのご購入はこちらから:
https://www.artuniongroup.co.jp/plancha/shop/?p=3165

 

 

 

Photo credit Alley Rutzel

LUSINE:
テキサス出身のJeff McIlwainによるソロ・プロジェクト。L’usineやLusine Iclなどの名義でも活動を続してきた。デトロイト・テクノと初期IDMの影響を受けて制作を始め、メランコリックでメロディックなダウンビート・テクノとでも呼ぶべき独自のサウンドを生みだしたエレクトロニック・ミュージック界の才人のひとり。1998年よりカリフォルニア芸術大学で20世紀エレクトロニック・ミュージックとサウンド・デザイン、映画を専行、そこでShad Scottと出会い、1999年にL’usine名義でファースト・アルバム『L’usine』をIsophlux Recordsよりリリース。新人アーティストの作品としては異例なほど高い支持を受ける。2002年には、URB誌恒例のNext 100にも選出され、アメリカのエレクトロニック・ミュージックの今後を担う重要アーティストと位置づけられた。その後2002年後半からシアトルに移り現在に至るまで拠点にしている。様々なレーベルを股にかけ活動し、『A Pseudo Steady State』、『Coalition 2000』(U-Cover)、『Condensed』、『Language Barrier』(Hymen)、『Serial Hodgepodge』、『Podgelism』、『A Certain Distance』、『The Waiting Room』、『Sensorimotor』(Ghostly International)などのアルバム、数々の12インチ・シングル、EPなどをリリース。また、Funckarma、 Marumari、Lawrence、School of Seven Bells、Tycho、Max Cooper、Loraine Jamesなどのリミックス、McIlwainは、Mute、!K7、Kompakt、Asthmatic Kitty、Shitkatapultなど様々なコンピレーション、さらにはフィルム・プロジェクトのスコア制作など、多岐にわたる活動を展開。シアトルに移ってからはエレクトロニック・ミュージックの優良レーベルGhostly Internationalを母体にリリースをしており、
2023年にはおよそ6年ぶりとなるアルバム『Long Light』をGhostlyから発表。2017年の『Sensorimotor』で確立したインテリジェント且つエレガントなスタイルをさらにアップデートしたサウンドをみせた。また、Loraine Jamesなど、エレクトロニック・ミュージックの新世代からもリスペクトされている存在だ。

LUSINE “Long Light” [ARTPL-201]


FESTIVAL de FRUE 2024にTime Wharpの出演が決定!

FESTIVAL de FRUE 2024にLeaving Recordsからリリースした『Spiro World』も話題となった、ニューヨーク拠点のマルチ・インストゥルメンタリスト、プロデューサー、女優であり、マルチメディア・トークショー「KAYE NITE LIVE」の司会も務める、Kaye Logginsによるソロ・プロジェクトTime Wharpの出演が決定致しました。
(『Spiro World』は日本独自CD化を計画しております)

詳細は以下をご確認ください。

 

濃く、深い音楽体験は、時として忘れられない鮮やかなイメージを残します。人生が変わるきっかけにもなるし、救われることもあります。なにかとしょんぼりしてしまうことも少なくない社会状況の中において、世代や国籍、人種を超え、素晴らしい音楽に出会い、ともに魂がふるえる体験を分かち合うということは、何事にも代えがたいものではないでしょうか。

2017年に手探りで始まった『FESTIVAL de FRUE』は、皆さまのあつい支援に助けられ、コロナ禍でも中止になることなく、今年で末広がりの八回目を迎えます。よく続いたなぁと当日は、皆さまとともに祝い、歌い、踊り、笑えることを楽しみにしています。ぜひ、ご参加ください。お待ちしています!

FESTIVAL de FRUE 2024

日付|Date:11月2日(土)・Nov 2 sat
時間|Time:OPEN 10:00・START 11:00・END 27:00 予定

日付|Date:11月3日(日)・Nov 3 sun
時間|Time:OPEN 9:00・START 9:00・END 22:00 予定

会場|Venue:TSUMAGOI RESORT SAI NO SATO [つま恋リゾート 彩の郷]

出演者|LINEUP
Acid Pauli
Ayano Kaneko
Bruno Berle
DJ Olive
O Terno
Sam Gendel & Sam Wilkes
Time Wharp

…and many more coming soon

シャトルバス|Bus
掛川駅ー会場間を結ぶシャトルバスを往復1200円で運行します。

ホテル|Hotel
場内のホテルは売り切れですが、掛川駅周辺にはビジネスホテルがたくさんありますのでご利用ください。
掛川駅周辺のホテル予約→https://a.r10.to/hkRRIJ

チケット|Tickets
Category 3
2日券|2day Ticket:¥25,000
駐車券|Parking Ticket:¥5,000
キャンプサイト券|Campsite Ticket:¥3,000

Category 4
2日券|2day Ticket:¥26,000
1日券|1day Ticket:¥16,000
駐車券|Parking Ticket:¥5,000
キャンプサイト券|Campsite Ticket:¥4,000

Category 5
2日券|2day Ticket:¥27,000
1日券|1day Ticket:¥17,000
駐車券|Parking Ticket:¥5,000
キャンプサイト券|Campsite Ticket:¥4,000

・入場券1枚につき1名様のみ有効
・キャンプサイト券1枚につき1名様のみ有効
・中学生以下は保護者の同伴に限り入場無料
https://shop.frue.jp/

Flyer Image:Yuriko Shimamura

協力:
infusiondesign inc. / KIMOBIG BRASIL / SHIMAI / Eastwood Higashimori / melting bot / BLOCK HOUSE / 水曜カレー / 原泉アートプロジェクト / Bird -old pizza house- / イマジン / ハタケスタジオ / ハコノソト / neuf / 旧八女郡役所音楽の会 / enkake / QX CREATIONS / RASA DESIGN / STAGEMIND.Inc / LSD-E / picnic inc. / エイトビート

主催:FRUE

https://festivaldefrue.com/


CARIBOUがサプライズ・リリースした新曲「Broke My Heart」のリミックスEPが突如リリース!ChampionとHarry Hayesのリミックス収録!

Photo Credit: Fabrice Bourgelle

3年ぶりの新曲のリリース、そしておよそ9年ぶりとなるバンドセットでの単独来日、そして朝霧JAMへの出演も発表となり話題沸騰中のカナダ出身ロンドン在住のダン・スナイスによるソロ・プロジェクトCARIBOUが、先日サプライズ・リリースした新曲「Broke My Heart」のリミックスEPを突如リリース!

UKアンダーグラウンド・ミュージックの様々な時代の最前線に立ち続けてきたアーティストの中で、唯一無二の存在であるChampionがUK Bassアンセムに再構築したリミックス(フォー・テットやジェイミーXXらもプレイ)と、オーストラリアはシドニー拠点のHarry Hayesによる超ホットなリミックスも収録。

 

CARIBOU new single “Broke My Heart Remixes” out now


Artist: CARIBOU
Title: Broke My Heart Remixes
Label: PLANCHA / City Slang
Format: Digital Single
Release Date: 2024年7月11日 ※日本では7月12日午前0時から配信開始となります。
Buy / Listen: https://orcd.co/mblerrw

Track list:
1. Broke My Heart (Champion Remix)
2. Broke My Heart (Harry Hayes Remix)
3. Broke My Heart


Broke My Heart (Champion Remix): このポップ・トラックはクラブ・バンガーとなり、今年の初めから注目を集めている。ダンは「Broke My Heart」をUKの著名な(伝説的な)エレクトロニック・プロデューサー兼DJ、Championに送り、Championは彼のクラブ・セット用にオリジナルをUK Bassアンセムに変身させた。Championはそれをダンに送り返し、ダンは友人たちと共有した。その結果、この曲はフォー・テットやジェイミーXXらによってプレイされ続けている。『Broke My Heart」をリリースしたとき、ジェイミーとダンがコーチェラで演奏したエディットについて尋ねるコメントが多数届いた。当初はリリースするつもりはなかったが、根強いリクエストと継続的なDJのサポートにより、考えを改めリリースに至った。

Champion:https://www.instagram.com/champion_dj/?hl=de


Broke My Heart (Harry Hayes Remix): これは全く違う話だ!このリミックスは、「Broke My Heart」のシングルのリリースの2日後に、ハリーがInstagramを通じて突然ダンに送ってきたファンエディットから始まった。ハリー・ヘイズはオーストラリア出身の超若手プロデューサーで、すでにオーストラリアのエレクトロニック・ミュージック・シーンの新星として注目を集めている。彼はSpotifyやApple Musicから早くから支持を得ており、Triple J Specialにも出演している。このリミックスは、異なる世代と世界が出会い、美しい新しいトラックが誕生した貴重な瞬間である。私たちはこのリミックスをいち早くTriple Jに提供し、リリース当日の一等地を目指し、その驚くべき制作ストーリーを共有する予定。

Harry Hayes:https://www.instagram.com/harryhayesss/?hl=de

 

『朝霧JAM 2024』へ出演決定!

第一弾ラインナップ発表!
今年も朝霧JAMにふさわしい国内外17組の豪華アーティストが決定!

まずは、3年ぶりの新曲も大きな話題となっている CARIBOU が超待望のバンドセットでの出演が決定!
アイスランドの作曲家オーラヴル・アルナルズと、エレクトロポップ・バンドBloodgroupで活動していたヤヌス・ラスムセンによるエレクトロニック・ユニット KIASMOS が7月にリリースの新作を引っ提げての朝霧JAM初登場。

次に、インディー音楽界のグラミー賞と呼ばれる「A2IM Libera Awards」で、Best of Jazz Albumを受賞したばかりで細野晴臣のカバー曲も高評価なLA出身鬼才プロデューサー兼作曲家の JOHN CARROLL KIRBY、XL Recordingsから新作を発表し、ドレイク、ジョン・メイヤー、ジェイムス・ブレイクにサンプリングされた大注目の逸材 CHARLOTTE DAY WILSON、22年の来日ツアーでは軒並み即完売となった台湾が誇るスーパーバンド ELEPHANT GYM が決定!

さらに、4月の横浜アリーナも即完売となった今や日本を代表するオルタナティブロックバンド 羊文学、天才プロデューサーであり、日本代表トラックメイカーの STUTS がバンドセットでの出演が決定!

そして、ファッションモデルやデザイン、楽曲プロデュースなど、メンバーそれぞれが多様な活動を展開し、カルチャーシーンへの発信でも多大な影響を与えるミクスチャーな音楽性を提示する5人組バンド Kroi、昨年リリースされた作品は歴代ヒップホップシーンにおいても名盤となり圧巻のライブパフォーマンスも好評な JJJ、その他にも、GHOSTLY KISSES、いとうせいこう is the poet with 小泉今日子、MONO NO AWARE など今見逃せない錚々たるアーティストの出演も決定!

富士山の麓で見られる幻想的な空間での素晴らしいアーティスト達のパフォーマンスをお見逃しなく!

<第1弾ラインナップ>
安部勇磨 / CARIBOU / CHARLOTTE DAY WILSON / ELEPHANT GYM / GHOSTLY KISSES / 羊文学 / いとうせいこう is the poet with 小泉今日子 / JJJ / JOHN CARROLL KIRBY(BAND SET) / KIASMOS(LIVE SET) / キセル / Kroi / maya ongaku / MONO NO AWARE / STUTS(BAND SET) / TODD TERJE(DJ SET) / XAVI SARRIA
*アルファベット順

It’s a beautiful day
Camp in 朝霧JAM 2024

日程:2024年10月12日(土) 〜 13日(日)
会場:富士山麓 朝霧アリーナ(静岡県富士宮市朝霧高原 周辺)
詳細:https://asagirijam.jp/

■開催名義
主催︓朝霧 JAM 実行委員会
特別協力︓朝霧高原地域の皆様 / 笑顔と元気のおもてなし朝霧 JAMSʼ / 朝霧 Jam 連絡会議
後援︓富士宮市 / テレビ朝日 / J-WAVE / K-MIX
協賛︓Columbia / KEEN / LOGOS
企画・制作︓ SMASH / HOT STUFF PROMOTION

■お問合せ
朝霧 JAM オフィシャルサイト https://asagirijam.jp
SMASH 03-3444-6751 (平日 12:00〜19:00)
HOT STUFF PROMOTION 050-5211-6077 (平日 12:00〜18:00)

■朝霧 JAM オフィシャル・アカウント
X(旧 Twitter) https://x.com/asagirijam
Instagram https://www.instagram.com/asagirijam/
facebook https://www.facebook.com/asagirijam/
YouTube https://www.youtube.com/asagirijam/

 

CARIBOU単独来日公演!


カナダ出身ロンドン在住のダン・スナイスによるソロ・プロジェクト CARIBOU

3年振りの新曲「Honey」をリリース! 約9年ぶりのバンドセットによる来日公演が決定!

CARIBOU

日程:2024年10月14日(月・祝)
会場:Spotify O-EAST
時間:
開場 18:00 / 開演 19:00
前売料金(税込):8,500円 *別途1ドリンク代金必要

ARTIST:
CARIBOU

オフィシャル先行受付:受付終了
https://eplus.jp/caribou/

一般:発売中
https://w.pia.jp/t/caribou/
https://l-tike.com/caribou/
https://eplus.jp/caribou/

※お一人様4枚まで
※未就学児入場不可、小学生以上チケット必要

企画・制作:SMASH

お問い合わせ:SMASH
HP smash-jpn.com
TEL 03-3444-6751

 

Photo Credit: Fabrice Bourgelle

Photo Credit: Fabrice Bourgelle

CARIBOU:
カナダ出身ロンドン在住、ダン・スナイスのソロ・プロジェクト。元々はマニトバ名義で活動をスタートし、名門Leafから『Start Breaking My Heart』(2001年)『Up in Flames』(2003年)にリリースした後、現在のCaribouに名義に変更する。そして2005年にサード・アルバム『The Milk of Human Kindness』を発表し、初来日を果たす(共演はフォー・テット、ムーギーソン)。その後City Slang / Mergeへと移籍し4作目『Andorra』をリリースし、カナダの”マーキュリー・プライズ”にあたる国民的音楽賞、ポラリス・ミュージック・プライズを受賞した。2010年にリリースした『Swim』、2014年『Our Love』2020『Suddenly』とコンスタントに傑作をリリースしトップ・クリエイターとしての地位を確立し、2012年にはフジロックに初出演、ホワイト・ステージでパフォーマンスを行った。Caribouとしての活動の傍ら、Daphni名義でも多くの楽曲をリリースしており、盟友Four tetらとの活躍が、ハウス・シーンでも高い注目を浴びている。今年4月に突如、約3年ぶりにカリブー名義の新曲『Honey』をリリースし、3年ぶりとなるバンドセットでのワールドツアーが発表された。ツアー皮切りとなる東京公演は実に9年ぶりのバンドセットでの来日公演。貴重な1夜をお見逃しなく!
https://www.caribou.fm

CARIBOU – Honey
YouTube: https://www.youtube.com/watch?v=yC0r8RCYyvY

CARIBOU – Broke My Heart (Video)
YouTube: https://www.youtube.com/watch?v=TMlxWZ3ta7U
Video directed by Richard Kenworthy of Shynola.

 


Teen Dazeのニュー・アルバム『Elegant Rhythms』が8/2にリリース決定!新曲「Neighbourhood」が公開!

Photo credit: Neil Kryszak


「ゴージャズでセクシーな80年代風スタジオ ポップ」 – Stereogum

Teen Dazeが8月2日に新作フル・アルバム『Elegant Rhythms』をリリースすることが決定!
これを記念して、アルバムから最後の先行シングル「Neighbourhood」がリリース。
このシングルでは、再びシンガー・ソングライターのAndy Shaufがドラムに、LAジャズ・シーンの中核を担うSam Wilkes がベースにフィーチャーされている。

Teen Dazeのサウンドは大きな変化をみせている。カナダ版グラミー賞とも言われるJUNO AwardsのElectronic Album of the yearを受賞した前作「Interior」では、ネオンに照らされたようなハウス・ミュージックを探求したが、このシングル「Neighbourhood」では、ジャズ・ポップを吹き込んだサウンドで、Teen Dazeは静かな近所をのんびりと案内してくれる。心地よい並木道に日が沈み、より奇妙でシュールな環境が姿を現す。この曲について本人はこう語っています。「Neighbourhood は、ご想像のとおり、私の近所についての曲です。ここは私が今まで住んだ中で最も美しい場所の 1 つで、ここに住んでから生活の質が大幅に向上したと断言できます。とても快適な場所で、日中は家族連れや犬の散歩、または私たちが利用できる多くの公園でのんびりしている人がたくさんいます。夜になると雰囲気がおかしな感じに変わります。この曲ではその感覚を表現したいと思いました。近所を夜に走り、見たものすべてを頭の中でメモしました。友人のアンディ・シャウフとサム・ウィルクスもこの曲に参加してくれたので、とても嬉しかったです。」

待望のアルバムは何年もかけて作られ、アルバムの中でアイザックはこう述べている。『Elegant Rhythms』は4年かけて作ったアルバムです。その間に他の曲もたくさん作ってリリースしましたが、このアルバムはずっと作り続けてきました。このレコードには心血を注ぎました。アルバムのどの曲にも、今までにないほどの心の弱さが込められています。これらの曲は、家族を持つこと、妊娠損失、世代間のトラウマに対処すること、40歳に近づくにつれて人生の目的についての疑問に直面することなど、この4年間で経験した人生の大きな瞬間を処理するための私なりの方法でした。これまでで最もパーソナルなアルバムです。」

 

Teen Daze new single “NEIGHBOURHOOD” out now


Artist: Teen Daze

Title: NEIGHBOURHOOD
Label: PLANCHA / Easy Listening Recordings
Format: Digital Single
Listen/Buy: https://orcd.co/emyq4om

 

Teen Daze new album “Elegant Rhythms” out on August 2


Artist: Teen Daze

Title: Elegant Rhythms
Label: PLANCHA / Easy Listening Recordings
Cat#: ARTPL-218

Format: CD / Digital
Release Date: 2024.08.02
Price(CD): 2,200 yen + tax

※日本独自CD化
※解説付き予定

Track List:

1. Back yard
2. We’re out of phase again
3. Nothing’s gonna change my love
4. Neighbourhood
5. Fade away
6. Fall ahead
7. HST underwater
8. In the rain

 

Photo credit: Neil Kryszak

Photo credit: Neil Kryszak

Teen Daze:
ブリティッシュコロンビア出身のプロデューサー、Jamison Isakは、大人になって世界を飛び回るようになるとは思っていなかった。大洋の彼方からやってきた合成的な光景とサウンドに触発された彼は、根気強く独学で原始的なソフトウェアとレコーディング・プログラムを学び、永久に彼を魅了し続けたダンス・ミュージックの頭でっかちでうっとりするような地平線をリバース・エンジニアリングした。それから10年以上が経ち、Jamizonは印象的なディスコグラフィーを残しながら、自身のサウンドを進化させ、再構築し続けている。この『Teen Daze』の新章では、ジャズとヴィンテージ・ポップの豊かなタペストリーからインスピレーションを得て、1970年代のローレル・キャニオンの陽光に満ちた協調的精神を難なく表現している。


リヴァプールのミュージシャン/コンポーザー、Andrew PM Huntによるソロ・プロジェクトDialectのニュー・アルバム『Atlas of Green』がRVNG Intl.から9月20日にリリース決定。先行ファースト・シングルとして「Late Fragment」がリリース&MV公開。

Credit: Daria Shestakova

Credit: Daria Shestakova

音の世界の神話と魔法を絶えず進化させてきたイギリスはリヴァプール拠点のミュージシャン/コンポーザーで、エクスペリメンタル・バンド、Ex-Easter Island Headのメンバーとしても活動する、Andrew PM Huntによるソロ・プロジェクトDialectのニュー・アルバム『Atlas of Green』がRVNG Intl.から9月20日にリリース決定。先行ファースト・シングルとして「Late Fragment」がリリースされ、同時にミュージック・ビデオも公開されました。

このアルバムは、失われた信号と永続的な衝動がテクノロジーと時間の堆積物から発掘され、未来の夜明けの時代に生きるグリーン(Green)という名の若いミュージシャンをイメージしている。物理的なメディアの誤作動やグリッチする機器との出会いを取り入れた12曲を通じて、グリーンは牧歌的な古色に彩られ、寓話的な廃墟の断片がちりばめられた転換期の羅針盤となる。『Atlas of Green』は、拾い集めた遺物と過ぎ去った色彩のパッチワークであり、流動的な中近未来の虹色の煌めきを通して映し出される。

リリースとなったファースト・シングル「Late Fragment」は、記憶と誤訳のパッチワークである本アルバムのメランコリックな核心を包括している。この曲の輝きときらめくヴォーカルは、アルバムの明白な憧れの感覚から輝きを放ち、まるで内なる指導者の声が、知覚力のあるドロイドや古代のドルイドのささやきを通して、アルバムの主人公であるグリーンを導いているかのようである。

また、Sara Ludy監督が手がけたミュージック・ビデオが同時に公開。Saraは世界中の無料のウェブカメラ映像とゼロ年代半ばのFlickr(写真の共有を目的としたコミュニティサイト)の残骸をインターネットから掘り起こし、一連の画像を作成し、それをAIアプリに入力。付随するテキスト・プロンプトがないため、ソフトウェアはこれらの画像から完全に新しいビデオ・シーケンスを自由に解釈して幻覚させ、日常の断片を非常に過激なものに再文脈化させている。

 

Dialect new single “Late Fragment” out now


Artist: Dialect
Title: Late Fragment
Label: PLANCHA / RVNG Intl.
Format: Digital Single
Buy / Listen: https://orcd.co/bzvgv2v

Dialect – Late Fragment (Official Video) 

YouTube: https://youtu.be/IIbQxJ2dHXo?si=FoBSvtPD6mbWXA0I

 

Dialect new album “Atlas of Green” out on Sep 6th


Artist: Dialect
Title: Atlas of Green
Label: PLANCHA / RVNG Intl.

Cat#: ARTPL-222
Format: CD / Digital
Release Date: 2024.09.20
Price(CD): 2,200 yen + tax

※日本独自CD化
※解説付き予定


イングランド北西部のウィラル半島で育ったアンドリュー・PM・ハントは、石器時代のランドマークや、風景に伝説を吹き込む岩の彫刻に囲まれて幼少期を過ごした。そして半島内にあるバーケンヘッドの学習センター内にあるビッドストン・アーティスティック・リサーチ・センターに滞在中、展示してある彫刻の傍らで、テープ・ループの実験や同センターのSFライブラリーの探索を行い、本作『Atlas of Green』の旅を始めた。そこで現在の世界は終わりを迎えたと信じるイタリアの哲学者フェデリコ・カンパーニャの作品にも出会う。これがハントに、壊れた電子機器やシンプルなアコースティック楽器を使って新たな神話の形を創り出すことで、過去の謎を解き明かそうとしながら、現在の時代の構造や幻想が、本作の主役であるグリーン(失われた信号と永続的な衝動がテクノロジーと時間の堆積物から発掘され、未来の夜明けの時代に生きる若いミュージシャンをイメージ)の未来にどのように引き継がれるかを探るきっかけを与えた。

この持続性の問題から、ハントは『Atlas of Green』に独自の明快なマーク(時にはほとんど賛美歌のような装飾)を刻み込むことにした。それはアルバムのメランコリックな雰囲気の中で、人間の精神が暗い日々を乗り越え、失われた知恵を取り戻す方法の新たなメタファーとして展開される。彼はこう振り返る。「私たちは、常により良い世界を巡る終わりのない行進をしているわけではない。(気候と不平等に対する)私たちの行動不足は、時には絶望を感じる。世界は、自分自身についての新しい物語を語るために新しい歌を必要としているのかもしれないという考えに、私はいくらか慰めを感じている」。

グリーンを、時代の狭間を旅する青年としてとらえたイメージは、アーシュラ・K・ル・グウィンやジーン・ウルフのファンタジー小説への興味が高まったことから生まれたもので、ハントが家族を持つかどうかという問題が迫っていた時期に生まれた。グリーンは、未来について考えるための装置となり、誰かを別の世界に置き、自分の人生よりも少し長い時間枠へのアクセスを与える。このまだ知られていない世界で、この人は音楽のような力強いもので何をするだろうか?ハントが指摘するように、「私は彼らが、私たちが音楽でいつもやってきたことをしているところを想像した。つまり、音楽を使って感情の地図を作り、境界を示し、感情の端をたどり、可能性の空間を定義し、直感に声を与える。これは、無限の成長の未来とは別の未来だが、希望と夢の余地がまだある未来だ」。

時間の流れの中に新たなひだを描き出す『Atlas of Green』は、プロセス主導の構成から生まれる音の緊迫感のオーラで描かれている。2023年初頭の一連のライヴ・ショーの後、このレコードは、傷ついたレコードや壊れた4トラックを含むアナログ電子機器とアコースティック楽器の集合体で作成され、進行中の作業をフィーチャーしたライヴ録音とスタジオ・ワークをコラージュしている。『Under~Between』(2021)の不確定なエネルギーがデジタル処理によって現れたのに対し、『Atlas of Green』は、物理的なメディアやグリッチの不具合の中での偶然の出会いを受け入れている。これらの有機的で傷だらけのサウンドの織り交ぜられたクラスターの中で、Dialectは内なるアマチュアの喜びを取り戻し、現実の限界と豊かさに根ざした魔法の可能性の新たな種を優しく着陸させる。

「人間の惑星として、私たちは有限の存在に何らかの方法で対処しなければなりません。私たちはその喪失に対処しなければなりませんが、心の中に希望を残しなければなりません。私たちの愛する能力は、物事が永遠に続くことに左右されるものではありません。したがって、このグリーンのイメージはディストピアのヴィジョンでもユートピアでもなく、信頼と限界の受け入れの表現です。」


Track List:

01. New Sun
02. Recreation Story
03. Born Through
04. Spiral Cartography
05. Overgrown Song
06. Late Fragment
07. Green’s Dream
08. Archaic Quarter Form
09. Atlas of Green
10. Age & Rain
11. Ancient Faith Radio
12. Sí Sa So

 


Top