NV

Kate NV “для FOR” [ARTPL-104]


Artist: Kate NV
Title: для FOR
Cat#: ARTPL-104
Format: CD / Digital

※解説付き
※日本のみでCD化
※ボーナス・トラック収録予定

Release Date: 2018.06.15 ※日本先行発売
Price(CD): 2,000 yen + 税


ロシアはモスクワをベースに活動する才女Kate Shilonosova(ケイト・シロノソヴァ)によるソロ・プロジェクトが名義をNVからKate NVに変更し、エクスペリメンタル・ミュージック・シーンの最先鋭レーベルであるブリルックリンのRVNG Intl.に移籍しての新作『для FOR』を完成。

彼女は元々ソニック・ユースなどに影響を受けたオルタナティヴ・ロック〜ポストパンク・バンド、Glintshakeのヴォーカルとして活動している他、20世紀のクラシカルなミュージシャン達とCornelius Cardewのアイデアとアヴァンギャルドなコンポーズを再構築するMoscow Scratch Orchestraのメンバーでもあり、音楽的造詣は非常に深い。

2016年にGiant ClawとSeth Graham主宰の重要レーベル、Orange Milkからファースト・アルバム『BINASU』をリリース。日本の80’sアート・ポップと現代シンセウェイヴ的要素を見事に昇華した作風で各所で高い評価を得てた。

それ以来のアルバムとなる本作『для FOR』は前作に通ずる部分は要所で垣間みられるものの、彼女が敬愛するイタリアのミニマル作曲家Piero MilesやDaniel Bacalovカナダのエレクトロニック〜クラシカル・コンポーザー、Ann Southamそして吉村弘などに影響を受けた、ぐっと抽象的でミニマルなエレクトロニック〜アンビエント・ミュージックへアプローチしている。
本作の前半は2017年の春に、後半は秋に制作された。アルバムタイトルと同様に各曲は、ロシア語と英語の3文字の単語で表されている。

冒頭はRVNG Intl.がMoogfestから瞑想スペースのサウンド・トラックを依頼され制作し、LGBTQベネフィットでもあるコンピレーション『Peaceful Protest』に収録された「YXO EAR』。リヴァービーな空間の中で浮遊感のあるシンセのレイヤーが融合し蛇行するようなメロディが漂う、まさに瞑想的なサウンドで幕を開け、続く「двA TWO」では小気味良いマリンバのサウンドにまるでハーモニウムで演奏されたような人間のブレスを差し込み、摩訶不思議な世界を演出。「дуб OAK」ではマリンバとシンセ・ループで温かなタンゴ調のミニマル・サウンドを構築し、「какHOW」で奇妙な音のループを重ね合う。そして唯一のヴォーカル・トラックである「вас YOU」ではロシア出身の画家、ワシリー・カンディンスキーのポエムを歌にしている。羽ばたくような伸びやかなシンセが印象的な「раз ONE」、「зря SEE」は「какHOW」の別バージョンで、異なる環境のもと彼女のドッペルゲンガーが演奏したかのようなとても穏やかなものに。ベルの音色が揺らぎシンセがかいくぐるような「пес DOG」を経て、短いシンセ・ドローンのループに小鳥のさえずりのようなサウンドが絡む「кто WHO」で緩やかに幕を閉じる。

日常と非日常を無意識に往復するかのごとく実験的でアブストラクトながらも、必要最小限の音で、どこか温もりと絶妙なポップさを滲ませるサウンドは中毒性に満ちており、類い稀なるセンスを感じさせ、アーティストとしてのさらなる成長が窺える傑作だ。

ヴァイナルはRVNG Intl.からリリースされるが、CDリリースは日本のみ(ボーナス・トラック収録予定)。現在来日を検討中。

Moscow is mythologized for its grandeur and gravity but its parable pleasures offer splendor and even absurdity. Over the ten, symmetrical pieces of для FOR, Kate NV scores her native urban environment with just enough whimsy to gurgle through the city cracks and grow psychotropic foliage. Each sound assumes its own personality, moving through the album metropolis like miniature, mutating molecules viewed from NV’s apartment window.

Alternately a guitar-wielding, post-punker and one within the multitude of Moscow Scratch Orchestra’s avant-garde, NV is a versatile artist that maneuvers instinctively in whatever musical environs she finds herself. NV’s second solo album is an even more abstract endeavor than the hybrid pop of 2016’s Binasu. Inspired by casual moments of ephemeral sound from within and beyond her apartment walls, the record has a clarity arrived altogether and from right under her nose. Recorded at home, NV says it was as if the music was not written by herself, but her chair.

для FOR inhabits a stage that Piero Milesi & Daniel Bacalov, Ann Southam, or Hiroshi Yoshimura may have written music for and dresses it with Viktor Pivovarov’s psychedelic depictions of Moscow – contorting bodies, flying pencils, and multi-dimensional faces dance with subtle arpeggiations, conversational voice synthesis, and anthropomorphic MIDI. Animating objects is essential to the album. Like a surreal still life, each piece is an alien arrangement of common elements that extend the everyday ritual into an eternal landscape of unconscious activity. Somewhere along that landscape, Kate awaits and greets with apples for hands and fish for feet.

Like the album title, each composition contained within is represented as a three letter word, in Russian and English. The first half of для FOR was written in the spring. Starting with “YXO EAR,” previously released on the Peaceful Protest compilation cassette in 2017, melodies meander and lollygag. “двA TWO” incorporates human breath played like notes on a pump organ. “дуб OAK” offers a warm tune to tango. “как HOW” loops curious notes that bump into each other with a chirpy acknowledgement. “вас YOU,” the only track on для FOR with lyrics, sets a Wassily Kadinsky poem to song.

The second half of the album was written in the autumn. The feathery edges of “раз ONE” extend like watercolors bleeding off a rubber scroll. “зря SEE” is a subdued, shadowy variation of “как HOW”, as if the same song were played in different weather, dimmer light, or by Kate’s devious doppelganger. The electronics unravel and unwind on “пес DOG” until the final track, “кто WHO,” ends with vague solemnity and rattled metals.

A short online film series by Shura Kulak will accompany the release of для FOR. The films follow a solitary figure performing ordinary tasks through a slow, warped lens — each song enacting a daily habit: waking, dressing, reading, and so on. In her live performances around the album, Kate NV will play each song from memory, allowing for variation from the recorded tracks, and scenes from the films will be re-created and improvised in the moment.

Kate NV’s для FOR will be available from RVNG Intl. on June 22, 2018 in vinyl and digital forms. An exclusive CD version will be released in Japan on June 15 to celebrate Kate’s summer tour there.


TRACK LIST:

01. YXO EAR (4:49)
02. двA TWO (1:37)
03. дуб OAK (4:00)
04. как HOW (4:27)
05. вас YOU (3:46)
06. раз ONE (2:50)
07. жук BUG (4:16)
08. зря SEE (4:59)
09. пес DOG (3:28)
10. кто WHO (3:11)

※ボーナス・トラック収録予定


NVのアルバム『BINASU』から「KATA」のMVが公開!

昨年11月に日本でCDリリース致しました、ロシアのシンセポップ超新星NVのアルバム『BINASU』から“あの”日本語にしか聞こえないキラー・チューン「KATA」のMVが公開されました!
Kateのキュートな魅力が見事に反映された素敵なビデオに仕上がっております!


Artist: NV
Title: Binasu
Cat#: ARTPL-081
Format: CD
解説: Dirty Dirt
※歌詞・対訳付き
※日本のみでCD化
※ボーナス・トラック2曲収録

Release Date: 2016.11.02 ※タワーレコード先行(10/19)発売
Price(CD): 1,900 yen + 税


ロシア発!ポストGrimes的シンセポップ超新星NVが遂に日本デビュー!
ボーナス・トラックにDeradoorianとの共演曲「Konicchiwaa (ft. Deradoorian)」収録!

Read More →


NVとDeradoorianの共演曲「Konicchiwaa」が公開!

NVのデビュー作『BINASU』の日本盤にボーナス・トラックとして収録されているDeradoorianとの共演曲「Konicchiwaa」がRed Bull Music AcademyのSoundCloudにて公開されました!(NVとDeradoorianは共にRBMAの同窓生)
NVは2014年のRBMA主催のイベント「Lost in Karaoke」に出演も果たしております。

Purchase [CD]: http://www.artuniongroup.co.jp/plancha/top/releases/artpl-081/
Purchase Bonus Tracks [Digital]: https://itunes.apple.com/jp/album/binasu-bonus-tracks-single/id1170381801

One of our favorite releases so far this year has been Russian pop experimentalist and Academy alumna NV’s exquisite ‘Binasu’ album, which came out on Orange Milk Records in February. Inspired by the adventurous spirit of ’80s Japanese synth pop, NV demonstrated her equal knack for catchy melodies and intricate arrangements.

Given her felicitous channeling of the likes of YMO and Mariah, it is only right that NV is now releasing a special Japanese CD version of her album. “Konicchiwaa” is one of the two exclusive tracks contained on this version and it features fellow RBMA alumna Deradoorian, who just wrapped up a stint as studio team member at the Montréal Academy.

“It’s a true collab track,” NV says. “We were playing synths together, Angel came up with a bass line and a solo, I made an arpeggiator and other synths and I also asked her to play guitar randomly. In the end I just cut that and pitched it, turning it into a solo. There’s also lots of laughter and random voices saying greetings in different languages, and in the end we decided to make “konichiwa” the main greeting and turn it into the chorus. I think Angel’s voice is perfect. I could never do something like that. She sounds like a real Japanese girl!”

Read More →


NV “Binasu” [ARTPL-081]


Artist: NV
Title: Binasu
Cat#: ARTPL-081
Format: CD
解説: Dirty Dirt
※歌詞・対訳付き
※日本のみでCD化
※ボーナス・トラック2曲収録

Release Date: 2016.11.02 ※タワーレコード先行(10/19)発売
Price(CD): 1,900 yen + 税


ロシア発!ポストGrimes的シンセポップ超新星NVが遂に日本デビュー!
ボーナス・トラックにDeradoorianとの共演曲「Konicchiwaa (ft. Deradoorian)」収録!

ロシアはモスクワの女性アーティスト、Kate Shilonosovaによるソロ・プロジェクト、NVのデビュー・アルバム。自らのフェイヴァリットにLaurie AndersonやTears For Fearsに加えて、細野晴臣や坂本龍一の名前もあげ、2014年にはRed Bull Music Academyの「Lost In Karaoke」で来日も果たしている彼女は大の親日家であり、アルバム・タイトルもビーナスをローマ字表現にした『BINASU』。そして楽曲のタイトルにも随所に日本のエッセンスが鏤められていることがわかる。

ほのかにオリエンタル且つトライバルなムードも漂うパーカッシヴでリズミカルなビートを生成し、シンセを浮遊&レイヤードしつつ、独自のユニークでキュート且つふくよかなヴォーカルを注ぎ多彩な世界を描き出す。影響を受けたという日本の80’sアート・ポップや現代シンセウェイヴ的要素を見事に昇華し、時にアンビエント〜ミニマル〜ノイジーな展開をみせつつも、親しみやすく中毒性のあるメロディとハーモニー、コーラスを駆使して完成させたジョイフルでエモーショナルなシンセ・ポップ冒険作。

ロシア発というのも興味深いが、日本への愛着とトレンドが彼女流の手法で見事にミックスされた奇妙ながらクセになる感覚はファンタスティックで唯一無二の魅力を放っている。

Through infectious harmony and melody, Russian artist Kate Shilonosova makes joyful and adventurous pop music. It is also patient, playful, deceptively simple but masterfully constructed, at times charming and bittersweet. Some points of influence include a pink to blue gradient Japanese 80s mallet-pop feeling and synth-wave tones, which Kate absorbs perfectly into her own bold musical identity.


TRACK LIST:

01. Bells Burp
02. Inn
03. Grass in the Woods
04. Binasu
05. 3Arms
06. Kata
07. KKU
08. Dance
09. Nobinobi
10. YYG
11. Konicchiwaa (ft. Deradoorian) *
12. DE 1988 *

* = Bonus Track


KATE NV

ロシアはモスクワをベースに活動しているプロデューサー/DJ/演奏家/ヴォーカリスト、ケイト・シロノソヴァによるソロ・プロジェクト。元々はSonic YouthやDinosaur Jr.などに影響を受けたオルタナティヴ・ロック〜ポストパンク・バンド、Glintshakeのヴォーカルとして活動。また、同時に20世紀のクラシカルなミュージシャン達とCornelius Cardewのアイデアとアヴァンギャルドなコンポーズを再構築するMoscow Scratch Orchestraのメンバーでもある。それらと平行してソロとしてNVを始動させ、2014年にジャパニーズ・ポップスやニュージャックスウィング、90’s R&Bなどの影響を感じさせるEP『Pink Jungle』を発表し注目を集め、同年、Red Bull Music Academy Tokyoで初来日を果たす。2016年に待望のソロ・デビュー・フル・アルバム『Binasu』を2016年にGiant ClawとSeth Graham主宰の重要レーベル、Orange Milkからファースト・アルバム『BINASU』をリリース。各所で絶賛され、世界各国をライヴで飛び回る。その才能はエクスペリメンタル・ミュージック・シーンの最先鋭レーベルであるブリルックリンのRVNG Intl.の目にとまり、契約を果たし、同レーベルからセカンド・アルバム『для FOR』のリリースが決定した。


Soundcloud
Facebook
Twitter
Instagram
Tumblr
YouTube


Top