Author: PLANCHA

BLUE HAWAII

Blue Hawaii credit Landon Speers

photo by Landon Speers

モントリオールを拠点に活動しているエクスペリメンタル・ポップ・バンド、Braidsの女性ヴォーカリスト、Raphaelle ‘Ra’ Standellと、トラックメイカー、Alexander ‘Agor’ Kerbyによるエレクトロニック・ドリーム・ポップ・デュオ。Alexの働くライヴ・ハウスにRaphaelleが入ってきたことを きっかけに両者は出会う。ラップトップでエレクトロニック・ミュージックを作っていたAlexは、Raphaelleがシンガーであることを知り、彼女を誘ったことでBlue Hawaiiが結成された。2010年にデビューEP『Blooming Summer』をリリース。2013年には初の正式なフル・アルバム『Untogether』をリリースし、翌年には初の来日公演も行った。そのタイトルからもカップルであった二人が別れたことが窺えるが、以降Blue Hawaiiとして活動は縮小し、RaphaelleはBraidsを中心に、AlexはLAとベルリンを往来し、ディープなクラブ・ミュージックに入れ込んで行った。そして2016年、両者の制作意欲は再燃し、4年ぶりとなるアルバム『Tenderness』が完成した。


CLIVE TANAKA Y SU ORQUESTA

北海道で生まれ、14歳でひきこもりとなる。その後姉から提供された70~80年代のディスコのカセットを聴いて音楽に覚醒。母親からキーボード(Yamaha DX7)を与えられた後、ヴァイオリンやピアノ・キーボード、録音の技術を習得。そして自らの音楽の創作をはじめ、2002年から外の世界に出始めている(現在はアルゼンチンに移住したとの説もある)。
Read More →


DUSTIN WONG

Dustin Wong (photo by Hiromi Shinada)

photo by Hiromi Shinada

ダスティン・ウォングはハワイで生を受け、2歳の時に日本へと移住。中高時代はパンクやオルタナに開眼し、ハイティーンの頃 には友人のユタカ・ヒューレット、元Delawareで現在はデザイナーとして活躍している点(ten_do_ten)、そしてかつて立花ハジメとLow Powersのメンバーで現在はファッション・デザイナーとして活動しているエリと、携帯電話の着信音をオケに使用し歌うというユニークなバンド、The Japaneseを結成し活動、また、ユタカとはOnsenというギター・デュオも組んでいた。

そして大学進学のため渡米、ボルティモアに渡った後、マット・パピッチ(現在はCo Laとして活動)とエクスタティック・サンシャインの活動を始める。同時に彼は通っていた美術大学のクラスメート達と共にポニーテイルを結成。ボアダムスやアニマル・コレクティヴとも比較されたカオティックなサウンドと怒濤のライヴ・パフォーマンスは瞬く間に話題となる。また、エクスタティック・サンシャインとしてもカーパークからアルバムをリリース。ミニマルで実験的なサウンドは多方面から高評価を得るもののダスティンは脱退する。ポニーテイルもさらなるブレイクを期待されていたが突然活動休止を発表 (2011/9/22に正式に解散を発表)。そして2010年、スリル・ジョッキーと契約し、3rd・ソロ・アルバム『Infinite Love』をリリースした。
Read More →


GANGLIANS

もはやCD-Rでさえなく、シルク・スクリーンで刷ったジャケットに挟んだ7インチ、キンコーズでコピーしてきたジンの方に親指を上げ、歓声を上げる彼ら。パンクと『スニッフィン・グルー』からおよそ30年、その間にハードコアとスケーター・カルチャー、『C86』や数多のジンスターたちを挟んだとして、映画『KIDS』からだってすでに15年が経っているのだ。そんな2009年、再びレコード・ショップの一角に7インチ・コーナーが設けられるようになるなんて(もちろん、なくなっていたわけじゃないけど)、誰が予想できただろう? そして、このギャングリアンズである。
Read More →


HEADLESS HEROES

これまで主にソウル系の作品のプロデュースを手掛けてきたエディ・ベザレル。そのエディが地方のレコード・ショップでレコードを見ている時に、ふと、あるアイデアを思いついた。「腕利きのミュージシャンを集めて、素晴らしい歌の数々をカヴァーするプロジェクトをやってみたらどうだろう」。そして、誕生したのがヘッドレス・ヒーローズだった。
Read More →


HELADO NEGRO

1980年生まれ。サウス・フロリダでエクアドルの移民の息子として生まれる。トロピカルな環境で地元の人々から様々な音楽的影響を受け成長し、ギターやマッチ、ヴォイスなどを駆使して、pause-tapeやカラオケ・マシーンで音楽を創り始め、その後も着実に音楽的素養を身に着けていく。
Read More →


KEEP SHELLY IN ATHENS

KSiA (Photo taken by Niki Topouslidou)ギリシャはアテネで活動する男女デュオ。これまでForest Family Records, Transparent Records, Planet Mu, Cascine, Friends of Friendsなど多数の優良レーベルからリリース。リミキサーとしてもTycho (Ghostly International), Blood Diamonds (4AD), Steve Mason (Domino)など様々なアーティストの楽曲をてがけている。2度のヴォーカリストの脱退を経て、現在は小説家・詩人としても活動しているJessica Bellを迎え活動している。そのトレンドとノスタルジーを横断するメランコリックでドリーミーなサウンドはジャンルを超えて多数のリスナーに支持されている。
Read More →


MISTER LIES

MLコネチカット州の郊外で生まれ育った彼は進学のためにシカゴに引っ越すが、そこで不眠症を発症し無数の眠れぬ夜を過ごす中、 Mister Liesとしての活動をスタートした。閉じ込められた部屋の中で寄せ集めた楽器とキーボードとラップトップで音楽を制作。2012年にセルフ・リリースに てBandcampで発表した『Hidden Neighbors EP』(収録曲「False Astronomy」のMVはYouTubeで100万近い再生回数)は、ポストダブステップ以降のビート~エレクトロニック・ミュージック・シーンで注 目を集め、ネットを主体に話題となっていった。。そしてデジタル・リリースされた、Jessica Blanchetをヴォーカルにフィーチャーしたシングル「I Walk (ft. Jessica Blanchet)」、Lefseからの7インチ「Dionysian」を経て、2013年にフル・アルバム『Mowgli』をリリースした。現在は ニューヨーク~グリーン・マウンテンを活動の拠点としている。
Read More →


MMOTHS

アイルランド出身の若干18歳のプロデューサー、Jack Colleranによるソロ・プロジェクト。Soundcloudでは自身のトラックに加え、リミックスなども公開しているが、現在リリースされている正式音源は今年ヴァイナルとデジタルのみでリリースされたセルフ・タイトルEPのみである。そのEPによってウィッチハウス~チルウェイヴ以降のシーンの期待の新星として注目されるようになる。トラック・メイクのセンスは18歳ながらずば抜けていて、今後のエレクトロニック・シーンのキーマンとなることは間違いない。
Read More →


THE NEW DIVISION

newdivisionLAを拠点に活動する、4人組バンド。2010年に活動を開始し、シングルやEPなど、自主制作によるデジタル・リリースを主体にしつつ活動し、2011年にはProgress Productionsからアルバム『Shadows』をリリース。本作の元になっているのは2011年にリリースされたEP『Night Escape』である。
Read More →


Top