Telefon Tel Aviv

TELEFON TEL AVIV “Map Of What Is Effortless” [ARTPL-090]

ARTPL-090
Artist: Telefon Tel Aviv
Title: Map Of What Is Effortless
Cat#: ARTPL-090
Format: CD / Digital
※正方形紙ジャケット仕様
※解説付き
※CD再発は日本のみ
※ボーナス・トラック3曲収録

Release Date: 2017.07.05
Price(CD): 2,000 yen + 税


エレクトロニカ・ユニット、Telefon Tel Avivの、エレクトロニカ〜IDMの金字塔として名高いデビュー作『Fahrenheit Fair Enough』に続き、2004年にリリースしたセカンド・アルバム『Map of What Is Effortless』も遂にCD再発!
今回の再発のボーナス・トラックとして坂本龍一によるリミックスを追加収録

ニューオーリンズ出身で、高校時代からの友人であったJoshua EustisとCharles Cooper(惜しくも2009年に他界)によるエレクトロニカ・ユニット、Telefon Tel Avivが2004年にシカゴの名門レーベル、Hefty Recordsから発表したセカンド・アルバム。昨年蔵出しアーカイヴ音源を加え再発された、デビュー・アルバム『Fahrenheit Fair Enough』は今日においてもゼロ年代エレクトロニカ〜IDMの金字塔的作品として高い評価を維持しているが、本セカンドも名作として名高い。

ポリリズミックなプログラミングを基軸にしつつ、本作ではヴォーカル・トラックも披露。Radioheadのカヴァーを企画された際に出会い、本作のリリース前のEP『Immediate Action #8』にもフィーチャーされていたLindsay Andersonと、Build An ArkのメンバーでもあったDamon Aaronをフィーチャーし、本編のうち7曲がヴォーカル・トラックで構成されている。さらにタイトル・トラックではロヨラ大学シカゴ校のチェンバー・オーケストラが参加している他、随所でストリングスが効果的にフィーチャーされ、ファーストのエレガント且つダイナミックなエレクトロニカの要素はそのままに、さらにフォローアップして新たな境地へと到達した。

センチメンタルなメロディのキーボードのフレーズとグリッチなエレクトロニクスやブレイクビーツが、ストリングスなどの室内学的音色に絶妙に絡み、時にシネマティックに、時にダンサブルにと、複雑に入り組みながら美しく壮大な情景を描き出す。Damonのソウルフルなテノール・ヴォーカル、Lindsayのアダルティで味わい深いヴォーカルとの融合も見事で、全体に通底するドラマティックな構築感に引き込まれる。

今回の再発にあたり、坂本龍一のリミックスが追加収録。

『Fahrenheit Fair Enough』と対をなすゼロ年代エレクトロニカ史に燦然と輝く名盤である本作を是非この機会に。CD再発は日本のみ。


TRACK LIST:

01. When It Happens, It Moves All By Itself
02. I Lied
03. My Week Beats Your Year
04. Bubble And Spike
05. Map Of What Is Effortless
06. Nothing Is Worth Losing That
07. What It Is Without The Hand That Wields It
08. What It Was Will Never Again
09. At The Edge Of The World You Will Still Float
10. Jouzu Desu Ne *
11. Sound In A Dark Room *
12. Sound In A Dark Room (Ryuichi Sakamoto Remix) *

* = BONUS TRACK


TELEFON TEL AVIV

tta1999年にアメリカのニューオリンズで高校時代の友人を通じて知り合った、Charles CooperとJoshua Eustisにより結成。当時は2人はそれぞれ別々のバンドに在籍しており、Charlesがパンク、Joshuaがインダストリアル系の音楽を演奏していた。アルバムをリリースする前に、Nine Inch Nailsの”The Fragile”のリミックス盤である”Things Falling Apart”に2曲提供したことで話題となった。その後シカゴのHefty Recordsと契約。彼らもシカゴに拠点を移し、2001年に1stアルバム『Fahrenheit Fair Enough』をリリース。翌2002年にはLindsay Andersonをゲスト・ヴォーカルに迎え、EP『Immediate Action #8』をリリース。2004年にはセカンド・アルバム『Map Of What Is Effortless』を発表。2007年にはリミックスをコンパイルした『Remixes Compiled』、そして2009年にEllen Allien率いるベルリンの人気レーベルBPitch Controlから3作目『Immolate Yourself』を1/20にリリースしたが、1 月27日にMy Space上でCharles Cooperが1月22日に亡くなったことを明かした。そしてその後1人となったJoshuaはTelefon Tel Avivとしての活動をせず、ソロ・プロジェクト、Sons of Magdaleneなどで活動していたが、2016年に再始動し、ライヴ活動を行っている。そして2017年5月に8年ぶりとなる新曲を発表した。

The late 1990s was a fertile time in the American electronic underground. A growing body of artists, spread around the nation, were engaging in the latest round of a decades-long transatlantic musical conversation. At the convergence of hip-hop, electronic, and soul music, these artists sought to carve out their own lane. In September 2001, New Orleans’ Telefon Tel Aviv, high school friends Joshua Eustis and the late Charles Cooper, joined the conversation with their debut album, Fahrenheit Fair Enough, released by Hefty Records. A labour of love, Fahrenheit was an attempt by the pair “to contribute something meaningful” Eustis says today, “something definitely American, and kinda southern too.” On the fifteenth anniversary of its release, Ghostly International is reissuing Fahrenheit Fair Enough with a vinyl edition and bonus digital material.

Living in New Orleans in the late 1990s, Eustis and Cooper were in the thrall of two musical orbits: black America – New Orleans’ bounce, Detroit’s techno, Chicago’s house – and British electronica – Autechre, Aphex Twin, Jega. Recorded over the course of a year in Eustis’ childhood bedroom in the Riverbend neighborhood of New Orleans, Fahrenheit mapped out a potential for American electronic music in a time of hope. The music features delicate Rhodes and guitar instrumentation wrapped in a southern bounce shell, smothered in r&b, and cut up by digital rhythm programming. The tracks were meant to be “constantly, evolving sculptures.” Fascinated

by IDM, the pair sought to inject “some swagger into it, loosen it up a little but also make it hyper romantic.”

Eustis and Cooper had imagined making a “hard club record,” but instead Fahrenheit came to be seen as a delicate slice of electronica by fans and critics who misconstrued its stylistics roots. This was, perhaps, hardly surprising. Telefon Tel Aviv arrived at a time when there was no roadmap for an American electronic music scene comparable to what the UK had produced in the 1990s. They were the latest artists to find themselves in a strange middle ground between hip-hop and electronic music that had yet to be understood.

Following the loss of Cooper in 2009, Eustis spent years unwilling to revive the Telefon Tel Aviv project, doubting his ability to do it justice. But time is a great healer. After seven years Eustis is now working on new Telefon Tel Aviv material. And time is also proving the pair right. The sonic sculptures of Fahrenheit Fair Enough they spent “thousands of hours” carving have proven resilient. The music sounds all the more relevant in 2016 because the roadmap Eustis and Cooper desired then exists today. And because today everyone listens to what the South has to say.

“We just wanted to see if we could make it work,” recalls Eustis. “We didn’t know. Our aim was to make something we could be proud of.”


TELEFON TEL AVIV “Fahrenheit Fair Enough” [ARTPL-083]

artpl-083
Artist: Telefon Tel Aviv
Title: Fahrenheit Fair Enough
Cat#: ARTPL-083
Format: CD / Digital
※正方形紙ジャケット仕様
※解説付き
※CD再発は日本のみ
※ボーナス・トラック8曲収録

Release Date: 2016.11.30(CD) / 2016.12.02(Digital)
Price(CD): 2,000 yen + 税


エレクトロニカ・ユニット、Telefon Tel Avivが2001年に発表した00年代エレクトロニカ〜IDMの金字塔『Fahrenheit Fair Enough』がリリース15周年を記念して待望のCDリイシュー。
CD再発は日本のみで、今回の再発のボーナスとして1999年に録音していたという蔵出しのアーカイヴ8曲が追加収録!
インテリジェンスとロマンティシズムが高次元で融合した、色あせるどころか、今こそ評価されるべき珠玉の名作。

高校時代からの友人であったJoshua EustisとCharles Cooper(惜しくも2009年に他界)が1999年に結成したエレクトロニカ・ユニットが、2001年にHefty Recordsからリリースした傑作ファースト・アルバム。リリース時から高い評価を得て、今日まで00年代エレクトロニカ〜IDMの金字塔として語り継がれて来たものの、CDは廃盤となっていた(ネット上では高値で取引されていた)。そしてリリース15周年となる2016年、遂に再発が決定。しかも1999年に録音していたという蔵出しのアーカイヴ8曲がボーナスとして収録される。

ニューオリンズに住んでいた90年代後期にデトロイト・ハウス、シカゴ・ハウス、そしてAutechre、Aphex Twin、Jegaといった英国のエレクトロニカの洗礼を受けた彼らはエレクロニック・ミュージックへと傾倒。ニューオーリンズのリバーベンドのベッドルームにて約1年をかけて本作を録音。そして当時USの音響〜ポストロック〜エレクトロニカの重要レーベルのひとつとして君臨していたシカゴのHefty Recordsからリリースされた。

当初はハードなクラブ・ミュージックを作ることを念頭においていたが、蓋を開けてみるとそれは全く異なるものとなった。デリケートなローズやギターのフレーズにデジタル・リズム・プログラミングによるカットアップが小気味良く絡みながら浮遊感のあるエフェクトやグリッチ・ノイズなどと絶妙のバランス感で融合。変則的でゴツゴツとしていながらもセンチメンタルなメロディが浮かび上がり、極めてロマンティックなメロディアスIDMに仕上がっている。今日におけるエレクトロニック・ミュージックの礎的作品であり、00年代エレクトロニカを代表する金字塔である。

さらに今回の再発にあたり、1999年に録音していたという蔵出しのアーカイヴ8曲がボーナスとして収録。クウォリティは本編に劣らずのものなので、当時からのファンだけでなく、全エレクトロニカ・リスナー必聴である。

Charlesの死後、JoshuaはTelefon Tel Avivとしての活動を行っていなかったが、今年遂に復活。今後積極的に活動していくと思われる。是非そのスタート地点となった本作をこの機会に是非多くの方にお聴きになっていただきたい。


TRACK LIST:

01. Fahrenheit Fair Enough
02. Ttv
03. Lotus Above Water
04. John Thomas On The Inside Is Nothing But Foam
05. Life Is All About Taking Things In And Putting Things Out
06. Your Face Reminds Me Of When I Was Old
07. What’s The Use Of Feet If You Haven’t Got Legs
08. Introductory Nomenclature
09. Fahrenheit Far Away
BONUS TRACKS (Archive ‘99):
10. Reak What (Archive ‘99)
11. Fahrenheit Fair Enough (Archive ‘99)
12. Cliccum (Archive ‘99)
13. 7 8 (Archive ‘99)
14. Eight Track Project Cut (Archive ‘99)
15. Rittle Alpha (Archive ‘99)
16. Rittle Beta (Archive ‘99)
17. What’s The Use Of Feet If You Haven’t Got Legs (Archive ‘99)


Top