Author: PLANCHA

Teen Dazeのニュー・アルバム『Bioluminescence』からサード・シングル「Endless Light」が公開!アルバム詳細発表!

4/26にリリースカナダのエレクトロニック・ドリーム・ポップ才人、Teen Dazeのオリジナル・アルバムとしては2017年の『Themes For Dying Earth』以来の通算6作目となる新作アルバム『Bioluminescence』からサード・シングルにして本編ラストを飾る「Endless Light」が公開されました。

ピアノのリフにTeen Dazeらしいシンセの音色とデジタル・ビートを走らせ心地よくエモーショナルなラストを飾るに相応しいトラックです。

先行サード・シングル「Endless Light」がリリース!

Artist: Teen Daze
Title: Endless Light

Label: PLANCHA / FLORA
Format: Digital

Release Date: 2019.02.15

 

SoundCloud: https://soundcloud.com/teendaze/endless
iTunes / Apple Music: https://itunes.apple.com/jp/album/endless-light-single/1452447091
Spotify: https://open.spotify.com/album/1NF0IJPQAMbQohc10XVfOk?si=nM3jszzZT0uix81d0t2eRg

 

ニュー・アルバム『Bioluminescence』4/26リリース


Artist: Teen Daze
Title: Bioluminescence
Cat#: ARTPL-112
Format: CD / Digital

※ボーナス・トラック2曲収録
※日本のみでCD化

※正方形紙ジャケット仕様

Release Date: 2019.04.26
Price(CD):
2,200yen + 税


デジタルとナチュラルの見事な調和
カナダの才人、Teen Dazeが到達したエレクトロニック且つオーガニックな極上サウンド

Read More →


TEEN DAZE “Bioluminescence” [ARTPL-112]


Artist: Teen Daze
Title: Bioluminescence
Cat#: ARTPL-112
Format: CD / Digital

※ボーナス・トラック2曲収録
※日本のみでCD化

※正方形紙ジャケット仕様

Release Date: 2019.04.26
Price(CD):
2,200yen + 税


デジタルとナチュラルの見事な調和
カナダの才人、Teen Dazeが到達したエレクトロニック且つオーガニックな極上サウンド

Read More →


Teen Dazeのニュー・アルバム『Bioluminescence』が4/26リリース決定!セカンド・シングル「Spring」がリリース!

カナダのエレクトロニック・ドリーム・ポップ才人、Teen Dazeのオリジナル・アルバムとしては2017年の『Themes For Dying Earth』以来となる新作アルバム『Bioluminescence』が4/26にリリースされることが正式決定!

先行セカンド・シングルとして「Spring」がリリースされました!
心地よいアコースティック・ギターのカッティングが印象的な流麗エレクロ・アコースティック・トラックです!

先行セカンド・シングル「Spring」リリース!

Artist: Teen Daze
Title: Cycle

Label: PLANCHA / FLORA
Cat#: FL-01
Format: Digital

Release Date: 2019.01.18

 

SoundCloud: https://soundcloud.com/teendaze/spring-mix-2
iTunes / Apple Music: https://itunes.apple.com/jp/album/spring-single/1449113760
Spotify: https://open.spotify.com/album/62Cd417UXuHBPzAAegfhBm?si=P5k_z602SRmG_gefB0K4Yg

 

ニュー・アルバム『Bioluminescence』4/26リリース決定!


Artist: Teen Daze
Title: Bioluminescence

Cat#: ARTPL-112
Format: CD / Digital

※ボーナス・トラック収録予定

Release Date: 2019.04.26
Price(CD): 2,200yen + tax

※詳細は追ってお知らせ致します。

 


PATRICK HIGGINS JAPAN TOUR 2019

NYのエクスペリメンタル・バンド、Zsのギタリストとして活動する傍ら、Art Linsey等の作品にも参加し、Nicolas Jaar主宰のレーベルOther Peopleからソロ最新作『Dossier』をリリースしたばかりのPatrick Higginsの来日公演が急遽決定!

PATRICK HIGGINS JAPAN TOUR 2019

京都公演

日程:2019/1/20(Sun)
会場:京都・外
時間:OPEN 19:00 / START 19:30
料金:ADV ¥2,500 / DOOR ¥3,000
*学生証提示で予約・当日ともに2,000円

出演:
Patrick Higgins (Zs)
山本精一
空間現代

詳細:
http://soto-kyoto.jp/event/190120/

チケットのご予約はこちらから
http://soto-kyoto.jp/190120reservation/


 

大阪公演

日程:2019/1/21(Mon)
会場:大阪・CONPASS
時間:OPEN 20:00 / START 20:30
料金:ADV ¥2,000 / DOOR ¥2,500

出演:
Patrick Higgins (Zs)
YPY presents Demon Group

詳細:
http://www.conpass.jp/7647.html

チケットのご予約はこちらから
http://www.conpass.jp/mail/contact_ticket/


 

東京公演

日程:2019/1/23(Wed)
会場:東京・七針
時間:OPEN 19:00 / START 19:30
料金:ADV ¥2,800 / DOOR ¥3,000

出演:
Patrick Higgins (Zs)
OHTAKEKOHHAN
LIVING ASTRO

↓チケットのご予約は以下のフォームよりお願い致します。

お名前[カタカナ] (必須) | name:
メールアドレス (必須) | e-mail address:
※メールアドレスをお間違えになられますと返信できませんので、お気をつけください。
ご連絡先電話番号 (必須) | tel:
ご希望枚数 (必須) | QTY:
ご質問・お問い合わせなど:

※ご連絡が無いキャンセルはお控えください。
※確認メールはすぐに届きます。数分待っても届かない場合は kunii@artuniongroup.co.jp までご連絡ください。
※携帯電話の場合PCからのメールの受信をできる設定にしてください。
※gmailなどフリーメールの方で未着の方はスパム・メールのフォルダもご確認ください。
※当日受付けでお名前を言っていただき、前売りの料金をお支払いいただきます。
〆切: 2019年1月23日13:00時到着分まで

 

Patrick Higgins:

ニューヨークを拠点に活動しているアヴァンギャルド・コンポーザー、ギタリスト、プロデューサー。
マンハッタン出身で、サンフランシスコのアーバンスクールを経てコロンビア大学に通うために再びニューヨークへ戻り、そこで哲学の修士号と比較文学の修士号を取得。
2012年にエクスペリメンタル・バンド、Zsにギタリストとして加入。同時期に新たなドラマー、Greg Foxも加わり、リーダーであるサキソフォニスト、Sam Hillmerとのトリオ編成で今日まで活動している。
コンポーザーとしては自身のソロはもちろん、ストリングス・カルテット、チェンバー・オーケストラなどを手がけている。ソロとしては2012年にWords+Dreamsから「Stereo」でデビュー。2013年にEx Cathedraから『String Quartet No.2 + Glacia」を発表、そして2015年にはNNA TAPESか『Social Death Mixtape』をリリース。この作品ではパトリックによる前衛的室内楽サウンドで、ハープシコード、ストリング・アンサンブル、ソロ・ヴァイオリン、ギター、エレクトロニクスを巧みに融合させた音源集で、注目を集めた。また同年クラシック・ギターとエレクトロニクスでバッハを独創的に再構築した「Bachanalia」もTelegraph Harpから発表。2015年から2016年にかけてはArto Lindsayの作品に参加し、ギターやアレンジなどを手がけた。2016年11月の3〜4日の2日間にかけてPioneer Works主催でヴィジュアル・アーティスト、Tauba AuerbachとAlexander Arroyoをフィーチャーした、Patricksの3つの新たなワークスを披露する彼のチェンバー・オーケストラのマルチメディア・コンサート&アート・インスタレーションがTOCSINにて開催された。そして2017年にはInternational Contemporary Ensembleのヴァイオリニスト、Josh Modneyとのコラボしたセミインプロヴィゼーション作品『EVRLY MVSIC』をNNA Tapesからリリースした。
そして2018年にNicolas Jaar主宰のレーベルOther Peopleと契約し、ソロ作品『Dossier』をリリース。Patrickのヨーロピアン・アヴァンギャルド・スタイルとNYのポスト・ミニマリスト・サウンドを融合させたかのようなスタイルを基軸に、サンプル、シンセティック・パッチをカスタムし、ライヴ・ギターのマニュピュレーションでコントロールして完成した、アヴァンギャルド〜コンテンポラリー・クラシカルまでを横断するかのようなサウンドは高い評価を得た。

 

東京公演出演者

OHTAKEKOHHAN:

東京都大田区出身。
幾つかのマシンでビートとサンプルを操り、極めてエフェクティブなギターを絡みつかせてユニークな音世界を作り出します。
単身でのツアーも頻繁に行っており、各国で受け取った濃度の高いエッセンスをそこに散りばめて発酵させていきます。
2018年のEUツアーでは音源付7色鉛筆『Keshi-gomu』をリリース、それと公園で拾い集めたドングリをこの日も持ってきますよ。
LAGITAGIDA、sajjanu、あら恋等のギタリストです。

 

LIVING ASTRO:

サンプリング・マシンと弦楽器による奇妙な音色や少し不気味なフレーズでコンパクトかつ予測不能な展開に構成された楽曲を演奏する音楽ユニット。

http://www.geocities.jp/birdrecords/living.htm


Julian Lynchの来年1月18日発売となるソロ新作『Rat’s Spit』からセカンド・シングルとなる「Hexagonal Field」が公開!

ニュージャージー出身で現在はウィスコンシンを拠点に、人類学および民族音楽学の共同博士号を追求しながら、Real Estateのリード・ギタリストとしても活動しているJulian Lynchの来年1月18日発売となるソロ新作『Rat’s Spit』からセカンド・シングルとなる「Hexagonal Field」が公開されました。

輝くチャイムとファジーに渦巻くアストラルなドリームスケープに息吹のようなヴォーカルが溶け込んでいくドリーミーでサイケデリックなトラックです。

Julian Lynch – Hexagonal Field

 


Artist: Julian Lynch
Title: Rat’s Spit
Cat#: ARTPL-111
Format: CD / Digital

※ボーナス・トラック収録予定
※解説・歌詞・対訳: 清水祐也(Monchicon!
※日本のみでCD化

Release Date: 2019.01.18
Price(CD):
2,000yen + 税

Payment: PayPal / Free Shipping: Post (small packet)

ベッドルームから国籍も飛び越え宇宙へ
かつてはPitchforkでベスト・ニュー・ミュージックも獲得し、現在はReal Estateのリード・ギタリストとしてそのサウンドの根幹を担う才人、Julian Lynchの2013年以来となる新作アルバム!国籍も飛び越え、ローファイ・ベッドルーム・ポップからニューエイジ・フォークへと飛躍した一大傑作!

Read More →


JULIAN LYNCH

Julian Lynchはニュージャージーはリッジウッド出身で、現在はウィスコンシンを拠点にしているマルチ・インストゥルメンタリスト/シンガー・ソングライター。ウィスコンシン大学マディソン校で民族音楽学を学んだ後、スミソニアンフォークウェイズレコーディングでも働いていた。4トラックで曲を録音し始め、2008年から2010年にかけて2枚の7インチ、2作のCD-R作品、Olde English Speling Beeから2作のレコードをリリース。中でも2010年にリリースした『Mare』はPitchforkにてベスト・ニュー・ミュージックを獲得し、大きな話題となった。

そしてニュージャージーの盟友レーベルUnderwater Peoplesから2011年と2013年にアルバムをリリースしたものの、その後ソロ活動は一旦休止する。2016年にはReal Estateにギタリストとして加入し、そちらの活動にフォーカスしていたが、遂に2013年以来となる新作ソロ・アルバムが完成した。


JULIAN LYNCH “Rat’s Spit” [ARTPL-111]


Artist: Julian Lynch
Title: Rat’s Spit
Cat#: ARTPL-111
Format: CD / Digital

※CDのみのボーナス・トラック2曲収録
※解説・歌詞・対訳: 清水祐也(Monchicon!
※日本のみでCD化

Release Date: 2019.01.18
Price(CD):
2,000yen + 税

Payment: PayPal / Free Shipping: Post (small packet)

ベッドルームから国籍も飛び越え宇宙へ
かつてはPitchforkでベスト・ニュー・ミュージックも獲得し、現在はReal Estateのリード・ギタリストとしてそのサウンドの根幹を担う才人、Julian Lynchの2013年以来となる新作アルバム!国籍も飛び越え、ローファイ・ベッドルーム・ポップからニューエイジ・フォークへと飛躍した一大傑作!

Read More →


Teen Dazeが来年発売予定のニュー・アルバムからファースト・シングル「Hidden Worlds」をリリース!


Teen Dazeが来年発売予定のニュー・アルバムからファースト・シングル「Hidden Worlds」をリリース!
ミックスはJoel Ford (Ford & Lopatin, Oneohtrix Point Never, How To Dress Well)マスタリングはRafael Anton Irisarriが担当。

Teen Dazeらしいバレアリックでドリーミーなミッドテンポのエレクトロニック・チューンです。


Artist: Teen Daze
Title: Hidden Worlds
Label: PLANCHA / FLORA
Format: Digital
Release Date: 2018.12.07

iTunes: https://itunes.apple.com/jp/album/hidden-worlds-single/1445107755

1月にはChrome SparksのオープニングをつとめるUSツアーが決定!

January 16th – Austin, TX – Empire Control Room
January 18th – Phoenix, AZ – The Crescent Ballroom
January 19th – Tucson, AZ – 191 Toole
January 20th – Santa Ana, CA – Constellation Room
January 23rd – Los Angeles, CA – Teragram Ballroom
January 24th – San Francisco, CA – August Hall
January 26th – Santa Cruz, CA – The Catalyst Atrium


JAMISON ISAAK

現在はカナダはブリティッシュ・コロンビア州を拠点に活動しているアーティスト。

2010年からエレクトロニック・ドリーム・ポップ・ソロ・プロジェクト、Teen Dazeとして活動し、チルウェイヴ・ムーヴメントに乗って注目を集め頭角を現したが、ロックからクラブ・ミュージックまで幅広い音楽 的素養を持つ彼は着実な進化をみせ、もはやその範疇に収まらないサウンドを構築し、多数の作品をリリースしてきた。

これまでPacific Coliseum等の名義でも活動してきたが、2018年から本名Jamison Isaakとしての活動も開始。Teen Dazeなどのエレクトロニックな作風とは異なる静謐なアンビエント音源をリリースしている。本作が初のCD作品となる。

https://jamisonisaak.com/

Read More →


Julian Lynchの5年ぶりのニュー・アルバム1/18リリース決定!ファースト・シングル公開!

これまでOlde English Spelling BeeやUnderwater Peoples等から傑作をリリースし、2016年からはReal Estateのギタリストとして活動しているJulian Lynchの2013年以来となる5年ぶりのニュー・アルバム『Rat’s Spit』のリリースが2019年1月18日にリリース決定!
日本盤はPLANCHAからリリース致します(CDリリースは日本のみ、海外はUnderwater Peoplesからのリリース)。
本日アルバムからファースト・シングル「Meridian」が公開されました。

 

Artist: Julian Lynch
Title: Rat’s Spit
Cat#: ARTPL-111
Format: CD / Digital
※解説・歌詞・対訳付き
Release Date: 2019.1.18
Price(CD): 2,000 yen + tax 予定

1. Catapulting
2. Meridian
3. Rat’s Spit
4. Floater
5. Peanut Butter
6. Baa
7. Strawberry Cookies
8. Hexagonal Field
9. Reallu

※詳細は追ってお知らせ致します。


Top