Author: PLANCHA

Teen Dazeの新作『Themes For Dying Earth』からセカンド・シングルとしてS. Careyをフィーチャーした「First Rain」がリリース&公開!

いよいよ今月1/25に日本先行発売となります、Teen Dazeの通算5作目となるニュー・アルバム『Themes For Dying Earth』からセカンド・シングルとして、ボン・イヴェールのバンド・メンバーとしても知られる、マルチ・プレイヤー、S. Careyをフィーチャーした「First Rain」がリリース&公開されました。

First Rain
Artist: Teen Daze
Title: First Rain (with S. Carey)

Label: PLANCHA (JP) / FLORA / sounds and visions
Format: Digital (Single)
Release Date: 2017.01.13

iTunes: https://itunes.apple.com/jp/album/id1194424909/

artpl-085
Artist: Teen Daze
Title: Themes For Dying Earth
Cat#: ARTPL-085
Format: CD / Digital

※ボーナス・トラック1曲収録
※正方形紙ジャケット仕様
※歌詞・対訳付き

Release Date: 2017.01.25
Price(CD):
2,000yen + 税


カナダのドリーム・ポップ才人、Jamison Isaakによるソロ・プロジェクト、Teen Dazeの、フル・アルバムとしては通算5作目となる新作が完成!これまでのキャリアの素養を見事に昇華した現時点での最高傑作と言える力作。
Sean Carey、Dustin Wong、Sound of Ceres、Nadia Hulett等が参加。

Read More →


TYCHO JAPAN TOUR 2017のゲスト・アクトにNitemovesが決定!

TYCHO JAPAN TOUR 2017のオープニング・アクトとして、TYCHOのサウンドの根幹を支える辣腕ドラマー、Rory O’connorによるソロ・プロジェクト、Nitemovesの出演が決定致しました!サード・アルバム『Don’t Ask!』をリリースしたばかりの彼のパフォーマンスは必見です!是非お見逃し無く!

cxilxjcweaapdoj-jpg_largeTYCHO JAPAN TOUR 2017
(Guest: Nitemoves)

2017/1/12 (Thu) @Osaka BIG CAT
OPEN 18:30 START 19:30
スタンディング 前売り:¥6,500 ※ドリンク代別
お問合わせ: 06-6535-5569(SMASH WEST)

2017/1/13 (Fri) @Shinagawa Prince Stellar Ball
OPEN 18:30 START 19:30
1F スタンディング 2F 指定席 前売り:¥6,500 ※ドリンク代別
お問合わせ: 03-3444-6751(SMASH)

公演・チケット詳細:http://smash-jpn.com/live/?id=2613

 

Processed with VSCOcam with p5 presetNitemoves(ナイトムーヴス):
かつてはコム・トゥルーズ、現在はティコのドラマーとしてサウンドの根幹を支える、ワシントンDC在住のローリー・オコナーによるソロ・プロジェクト。そのメカニカルな適格性とヒューマニックなダイナミズムを兼ね備えた圧巻のドラミングに大きな注目が集まっているが、バンド活動の傍ら、4 tracksとアナログ・シンセを用い、10年以上前から創作に励んできた。2012年にファースト・アルバム『Longlines』を発表し、続いて2013年にはセカンド・アルバム『Themes』をリリース(2014年にPLANCHAからCD化)。そして2016年末に3作目となる新作『Don’t Ask!』をリリースしたばかり。持ち前のタフ且つリズミカルなドラミングに、レトロ/ヴィンテージ・テイストのカラフルなシンセやエレクトロニクスが、絶妙の低音やリヴァーブに彩られながら浮遊し描き出されるメロディックでグルーヴィな世界観は極めて独創的だ。これまでナイトムーヴスとして2015年に、ティコのドラマーとして2013年、2016年のTAICOCLUB、2015年のジャパン・ツアーで来日を果たしている。

Facebook
SoundCloud
Twitter

artpl-084
Artist: Nitemoves
Title: Don’t Ask!
Cat#: ARTPL-084
Format: CD / Digital

※解説付き
※ボーナス・トラック収録

Release Date: 2016.12.21
Price(CD:JP): 1,900yen + tax
Price(Digital:JP): 1,500yen(Album) / 200yen(1 Track)


Tychoの辣腕ドラマー、Rory O’connorによるソロ・プロジェクト、Nitemovesの新作!

Read More →


YOUNG MAGIC – LIVE IN TOKYO – 2017/1/28 (SAT) @ SOUP

Carparkのドリーム・ポップ・デュオ、Young Magicの初来日東京公演が決定!

これまで名門Carparkから3枚のアルバムをリリースしている、ニューヨークのエクスペリメンタル・ソウル〜エレクトロニック・ドリーム・ポップ・グループ、Young Magicの初来日公演が決定致しました!
1/28(土)に落合SOUPにて開催致します。
詳細、チケットのご予約に関しましては以下をご確認ください。

young_magic

YOUNG MAGIC – LIVE IN TOKYO –

2017/1/28 (SAT) – TOKYO @SOUP

日程:2017/1/28(土)
会場:落合・SOUP (map)

OPEN 18:30 / START 19:00
予約 3,000円(税込) / 当日 3,500円(税込)

出演:
Young Magic
Cuushe
Daisuke Tanabe

※前売ご予約の受付は終了致しました。当日券は18:30より会場入り口にて販売致します。

主催:PLANCHA


Read More →


Teen Dazeが新作へむけてドキュメンタリーを公開!

Teen Dazeが新作『Themes For Dying Earth』へむけてショート・ドキュメンタリー・フィルムを公開!
前作『Morning World』のツアーでの経験や、ストレスや消耗によって誘発された不安をどのように改善したか、そしてニュー・アルバム『Themes For Dying Earth』での経験とストーリー、さらには自身が暮らすフレイザーバレーからもたらされるインスピレーションや地球温暖化のことに関しても語っております。

そしてアルバムの詳細も発表!

artpl-085
Artist: Teen Daze
Title: Themes For Dying Earth
Cat#: ARTPL-085
Format: CD / Digital

※ボーナス・トラック1曲収録
※正方形紙ジャケット仕様
※歌詞・対訳付き

Release Date: 2017.01.25
Price(CD):
2,000yen + 税


カナダのドリーム・ポップ才人、Jamison Isaakによるソロ・プロジェクト、Teen Dazeの、フル・アルバムとしては通算5作目となる新作が完成!これまでのキャリアの素養を見事に昇華した現時点での最高傑作と言える力作。
Sean Carey、Dustin Wong、Sound of Ceres、Nadia Hulett等が参加。

Read More →


TEEN DAZE “Themes For Dying Earth” [ARTPL-085]

ARTPL-085
Artist: Teen Daze
Title: Themes For Dying Earth
Cat#: ARTPL-085
Format: CD / Digital

※ボーナス・トラック1曲収録
※正方形紙ジャケット仕様
※歌詞・対訳付き

Release Date: 2017.01.25
Price(CD):
2,000yen + 税


カナダのドリーム・ポップ才人、Jamison Isaakによるソロ・プロジェクト、Teen Dazeの、フル・アルバムとしては通算5作目となる新作が完成!これまでのキャリアの素養を見事に昇華した現時点での最高傑作と言える力作。
Sean Carey、Dustin Wong、Sound of Ceres、Nadia Hulett等が参加。

Read More →


SLOW MAGIC @KATA 2016/12/13(TUE)

Slow Magicの3度目となる来日公演が急遽決定!

今年4月にJapan Tour(東京&京都)を行ったカラフルな覆面を被った謎のプロデューサー、Slow Magicの一夜限りの東京公演が決定致しました。会場は恵比寿LIQUID ROOMの2FのKATAです。
Slow Magicの祝祭的パフォーマンスを間近で観られる貴重な機会です!
キャパシティが限られておりますので、ご予約はお早めにお願いします。
詳細は以下をご確認くださいませ。ご来場をお待ちしております!
※前売りご予約の受け付けは締め切りました。当日券は若干数販売する予定です。

NEWS (12/5 update):

  1. Slow Magicのリミックス「Heaven With You (Slow Magic Remix)」も収録した新作EP『Dollhouse』をリリースしたばかりのDream AngelとSlow MagicのB2B DJ Setがオープニングに決定(開場から開演までの間)
  2. 限定スペシャルTシャツの販売決定(サイズS/M/L/XL)
  3. 当日のタイムテーブルを公開

cy9xyyeucaa87jd-jpg_largeSLOW MAGIC @KATA

12/13(TUE) – TOKYO

日程:2016/12/13(火)
会場:恵比寿・KATA (map)

OPEN 19:30 / START 20:30
予約 2,800円(税込) 受け付け終了 / 当日 3,300円(税込)
※前売りご予約の受け付けは締め切りました。
※当日券は若干数販売する予定です。

出演:
Slow Magic (LIVE)
Slow Magic B2B Dream Angel (DJ Set)

TIME TABLE:
19:30 OPEN
19:30 – 20:30 Slow Magic b2b Dream Angel (DJ Set)
20:30 – 21:30?? Slow Magic (LIVE)

主催:PLANCHA

限定スペシャルTシャツ販売が決定!

※サイズはS/M/L/XLございますが、数量限定のため、各サイズ無くなり次第販売終了となります。
販売価格:2,500円(税込)

sample


 

Read More →


Teen Dazeのニュー・アルバムのリリース決定!先行シングルが公開!

Teen Dazeの通算5作目となるニュー・アルバム『Themes For Dying Earth』のリリースが決定!
日本盤は2016/1/25に先行発売致します。ボーナス・トラック1曲収録、解説・歌詞・対訳付き。
それに伴いアルバムからの先行デジタル・シングル「Cycle」がリリース&公開されました!

01-cycle
Artist: Teen Daze
Title: Cycle

Label: PLANCHA (JP) / FLORA / sounds and visions
Cat#: FL-01
Format: Digital

iTunes: https://itunes.apple.com/jp/album/cycle-single/id1174733430

ニュー・アルバム『Themes For Dying Earth』1/25に日本先行発売決定!

np
Artist: Teen Daze
Title: Themes For Dying Earth
Cat#: ARTPL-085
Format: CD / Digital

※解説・歌詞・対訳付き
※ボーナス・トラック1曲収録

Release Date: 2017.1.25
Price(CD:JP): 2,000yen + tax
Price(Digital:JP): 1,500yen(Album) / 200yen(1 Track)

※詳細は追ってお知らせ致します。

 


NITEMOVES “Don’t Ask!” [ARTPL-084]

artpl-084
Artist: Nitemoves
Title: Don’t Ask!
Cat#: ARTPL-084
Format: CD / Digital

※解説付き
※ボーナス・トラック収録

Release Date: 2016.12.21
Price(CD:JP): 1,900yen + tax
Price(Digital:JP): 1,500yen(Album) / 200yen(1 Track)


Tychoの辣腕ドラマー、Rory O’connorによるソロ・プロジェクト、Nitemovesの新作!

NitemovesことRory O’connorは現在はTychoのドラマー(かつてはCom Truiseのドラマー)としての活動をメインにしているが、元々4Tracksとアナログ・シンセ(Arp Odyssey)を用いて、10年以上前から創作に励んできた。このソロ・プロジェクトから彼の音楽的な素養とサウンド・クリエイターとしてのセンスがひしひしと窺える。

本作は2013年にリリースした『Themes』以来となる3作目。活動拠点であるワシントンDCにて2014年から2016年にかけて録音した本作は、作曲、プロデュース、ミックスまですべてをRory本人が行っている。マスタリングは数々の作品を手掛けているNYのSalt MasteringのPaul Goldが担当。

Tychoでも存分に発揮されている持ち前のタフ且つリズミカルなドラミングに、レトロ/ヴィンテージ・テイストのカラフルなシンセやエレクトロニクスが絶妙の低音やリヴァーブに彩られながら浮遊する、メロディックでグルーヴィな世界観はそのままに、エモーショナル且つダイナミックなテイストが増し、さらに彩り豊かなサウンドへと昇華している。ギターなどの生音のオーガニックな質感も効果的に加味され、様々なエレクトニック・ミュージックのエッセンスにポストロックが融合していくかのようなドリーミーな高揚感に引き込まれる。Tychoの新作『Epoch』に共振する部分も多々あるので、是非合わせてお聴きになっていただきたい。


All songs written, produced, & mixed by Rory O’Connor.
Mastered by Paul Gold at Salt Mastering.

Recorded in Washington, DC between 2014-2016 by Rory O’Connor with the invaluable help and support of Audrey Melton, Scott Hansen, Zac Brown, Alexander King, Martin Reisch, Anthony Gallo, Richard Howard, Evan Napala, Qi Shen, and the Wikipedia Creative Commons.


TRACK LIST:

01. ADIZ
02. Tonopah Gothic
03. Rosencroix
04. Harbinger Group
05. The Work
06. ZEVZ
07. Dead Drop
08. Tacit Blue
09. Rendition
10. Theme from “Diego Garcia”
11. Ask Me Anything!
12. Redacted [Bonus Track]

 


Ex Confusionの新作『Last』から「Voices」が公開!

Bibioに絶賛され昨年はコラボも果たし、国内外で注目を集める邦人アーティスト、オオモリアツヒトによるソロ・プロジェクト、Ex Confusionの11/23にリリースとなります待望の新作『Last』から「Voices」が公開されました。
感傷的で美しいトラックです!

Read More →


NVとDeradoorianの共演曲「Konicchiwaa」が公開!

NVのデビュー作『BINASU』の日本盤にボーナス・トラックとして収録されているDeradoorianとの共演曲「Konicchiwaa」がRed Bull Music AcademyのSoundCloudにて公開されました!(NVとDeradoorianは共にRBMAの同窓生)
NVは2014年のRBMA主催のイベント「Lost in Karaoke」に出演も果たしております。

Purchase [CD]: http://www.artuniongroup.co.jp/plancha/top/releases/artpl-081/
Purchase Bonus Tracks [Digital]: https://itunes.apple.com/jp/album/binasu-bonus-tracks-single/id1170381801

One of our favorite releases so far this year has been Russian pop experimentalist and Academy alumna NV’s exquisite ‘Binasu’ album, which came out on Orange Milk Records in February. Inspired by the adventurous spirit of ’80s Japanese synth pop, NV demonstrated her equal knack for catchy melodies and intricate arrangements.

Given her felicitous channeling of the likes of YMO and Mariah, it is only right that NV is now releasing a special Japanese CD version of her album. “Konicchiwaa” is one of the two exclusive tracks contained on this version and it features fellow RBMA alumna Deradoorian, who just wrapped up a stint as studio team member at the Montréal Academy.

“It’s a true collab track,” NV says. “We were playing synths together, Angel came up with a bass line and a solo, I made an arpeggiator and other synths and I also asked her to play guitar randomly. In the end I just cut that and pitched it, turning it into a solo. There’s also lots of laughter and random voices saying greetings in different languages, and in the end we decided to make “konichiwa” the main greeting and turn it into the chorus. I think Angel’s voice is perfect. I could never do something like that. She sounds like a real Japanese girl!”

Read More →


Top