Author: PLANCHA

GARDEN CITY MOVEMENT

GCM1イスラエルはテルアヴィヴにてRoi Avital (Vocals, Keyboards, Guitars), Joe Saar (Guitars, Sampler, Keyboards), Johnny Sharoni (Vocals, guitars,Sampler, Percussion)の3人により2013年に結成。

地元の優良レーベルBLDG5 Recordsに所属し、これまでEP4枚をリリースしている。Disclosure, Bondax, Blonde Redhead, Apparatなど様々なアーティストと共演を果たし、そのロック/ポップからクラブ・ミュージックまで、様々なエッセンスを絶妙な塩梅で融合させたハイブリッドなサウンドは、Pitchfork、The fader、Stereogum、The 405など、海外の主要メディアでも賞賛されている。

EPs:
Entertainment (2013)
Bengali Cinema (2014)
Modern West (2015)
She’s So Untouchable (Single+Remixes) (2017)

Others:
BLDG5 ‘Ground Floor’ Compilation (2013)
Entertainment / Bengali Cinema LP (2014)
Ninja Jamm – EP Bundle 5 (2014)

Tel Aviv based Garden City Movement is a top notch electronic music project consisting of Joe and Roi formerly part of “Lorena B”. They’ve performed with Disclosure, Bondax, Blonde Redhead and Apparat to name a few. Johnny, the third member, is a well known music journalist, radio DJ and nightlife persona who has played alongside artists such as Floating Points, Koreless, Oneman and many more. Together, the three produce a blend of perfectly beautiful mixes drawn from their diverse cultural worlds. The result ranges from sweet hypnotic beats to ground floor based tracks.
After signing with BLDG5 records, GCM released Their four track ‘Entertainment’ EP worldwide and it quickly won praise in leading publications; ‘Casa Mila’, described as “glitchy, summery goodness” by The 405, the strung out slo-jam ‘Move On’ was featured on Pitchfork, Majestic, Fader & Stereogum.

“Sharp notes ring out, falling like suspended water droplets that form a babbling brook, all that remains as the final coda crumbles” (pitchfork)
“A frenetic fusion of dancefloor-ready beats and intertwining vocals which seem to wrap themselves around your cerebral cortex” (Clash magazine)
“A very, very pretty piece of work” (Stereogum)
“Song’s gorgeous, though; their vocal-pitching’s without peer” (The Fader)


INDIAN WELLS “Where The World Ends” [ARTPL-091]

ARTPL-091
Artist: Indian Wells
Title: Where The World Ends
Cat#: ARTPL-091
Format: CD / Digital

※正方形紙ジャケット仕様
※CDリリースは日本のみ
※ボーナス・トラック2曲収録

Release Date: 2017.09.08
Price(CD): 2,000 yen + 税


晩夏を彩る、ドリーミーでカラフルなエレクトロニック・ミュージック決定盤!
南イタリアのプロデューサー、Pietro Iannuzziによるプロジェクト、Indian Wellsの3作目にして現時点での最高傑作!
先行シングルとして話題となった煌めく音の粒子が幾重にも重なりドラマティックに駆け上がっていくキラー・チューン「Cascade」収録!

Indian Wellsは南イタリアのプロデューサー、Pietro Iannuzziによるプロジェクト。これまでドイツの優良ネット・レーベル、Bad Panda Recordsからリリースし、そのスペーシーなダウンテンポは各所で高い評価を得ていたが、ShlohmoやGroundislava、Deruなどを排出してきたLAの名門レーベル、Friends of Friendsへと移籍しての3作目が完成。

Indian Wellsはテニスの国際大会が開催されることで有名はカリフォルニア州の地名であるが、かつては自身を”Sofa Tennis Player”と称し、その音楽ジャンルをテニストロニックと例え、テニスの打球音や実況の音声などをサンプリングしてトラックを制作するというギミックで活動していた。

本作では培って来たメロディックでドリーミーなエレクトロニック・ミュージックのセンスが高次元で結実。先行公開され、”ヘヴンリー・テクノ”とも称された極楽キラー・チューン「Cascade」では煌めく音の粒子が幾重にも重なりながらビートに乗って高みへと登りつめていくような多幸ヴァイブスと中毒性に満ちたドラマティックなサウンドを展開。タイトル・トラックの「Where The World Ends」ではビートと融合するパーカッシヴなベルの音色を基軸に一体感を増していくなど、全編を通して反復とレイヤーと操り、エモーショナルでありながらもヒプノティック且つ高揚感に満ちたサウンドを構築し、その世界観へと引き込んでいく。

揺らめきと煌めきが心地よい、メランコリック且つドリーミーなエレクトロニック・ダンス・ミュージックの決定盤の誕生。

“Blissful” Pete Tong, BBC Radio 1
“Tender, pulsing techno” Resident Advisor
“A standout cut in the realm of emotive techno” XLR8R
“Soaring euphoria” Mixmag

Supported by BBC Radio 1 (Phil Taggart, Huw Stephens), BBC 6 Music (Tom Ravenscroft, Gideon Coe, Lauren Laverne), BBC 1Xtra (Jamz Supernova), Boiler Room, Nest HQ, The Awl, Thump UK, Marion Hodges @ KCRW. Shawn Reynaldo @ First Floor RBMA Radio, Tim Shiel @ Double J, Musicalbox & Babylon @ Rai Radio 2

Indian Wells, producer Pietro Iannuzzi from southern Italy, is set to release his third album ‘Where The World Ends’ via LA based Friends Of Friends on 8th September 2017. Across a range of artfully composed, emotive electronic music, ‘Where The World Ends’ channels feelings of geographical, social and political isolation formed from borders both ageless and imposed. From ‘Voices’ opening soundscape, the heavenly techno of ‘Cascades’, the melodic peaks of ‘The Alps’ and the soaring title track; ‘Where The World Ends’ is in turns ebullient and melancholic, compelling and hypnotic. Choirs of wordless vocals provide a universal element of communication throughout; breaking down barriers of language, creating connections, crossing borders.


TRACK LIST:

01. Voices
02. Cascades
03. Forest Hills
04. Some Stripes
05. Heart of Lights
06. The Alps
07. Les Ardennes
08. It’s Where The World Ends
09. Parola
10. Dimension *
11. It’s Where The World Ends (Luke Abbott Alternative Mix) *

* = BONUS TRACK


INDIAN WELLS

Indian-Wells-1-Credit-Leonardo-Calvano-770x468

photo by Leonardo Calvano

南イタリアのプロデューサー、Pietro Iannuzziによるプロジェクト。ドイツの優良ネット・レーベル、Bad Panda Recordsから2012年にファースト・アルバム『Night Drops』を、2015年にはセカンド『Pause』をリリース。Indian Wellsはテニスの国際大会が開催されることで有名はカリフォルニア州の地名であるが、かつては自身を”Sofa Tennis Player”と称し、テニスの音や実況をサンプリングしてユニークなダウンテンポ・サウンドを生成し、それを自らテニストロニックと例え活動していた。特にカラフルなラケットが模されたデザインのジャケットが印象的だったシングル「Racquets」は各所で話題となり、やがてShlohmoやGroundislava、Deruなどを排出してきたLAの名門レーベル、Friends of Friendsの目にとまり、契約に至る。そしてこのたびリリースされるのが3作目となる本作『Where The World Ends』である。


BLUE HAWAII “Tenderness” [ARTPL-094]

ARTPL-094
Artist: BLUE HAWAII
Title: Tenderness
Cat#: ARTPL-094
Format: CD / Digital

※歌詞・対訳・解説付き
※ボーナス・トラック収録予定
※正方形紙ジャケット仕様

Release Date: 2017.10.06
Price(CD): 2,000 yen + 税


『Untogether(別離)』を経て『Tenderness(優しさ)』へ!元々はカップルであった二人が紆余曲折を経て辿り着いたネクスト・ステージ。
エレクトロニック・ドリーム・ポップ・デュオBlue Hawaiiの4年ぶりとなる待望の新作『Tenderness』。

モントリオールのアート・ロック〜エクスペリメンタル・ポップ・バンド、Braidsのメンバーで、近年はMax CooperやJon Hopkinsの作品にフィーチャーされるなど、そのヴォーカル・パフォーマンスはジャンルを超えて高い評価を得ているRaphaelle ‘Ra’ Standellと、トラックメイカー、Alexander ‘Agor’ Kerbyによるデュオ・プロジェクト、Blue Hawaiiの2013年の傑作『Untogether』以来となるニュー・アルバムが完成。

前作をリリースしてからRaphaelleはBraidsとしての活動に精力を注ぎ、AlexはLAとベルリンを往来し、様々なディープなダンス・ミュージックに精通していった。未発表曲の発表やBrian Frescoに楽曲「Higher」にChance The Rapperと共にフィーチャーされるなどのトピックはあったもののBlue Hawaiiは実質的に活動休止状態にあったが、2016年に2人の創造への熱意は再燃し、本作の制作へと至る。Raphaelleはインスタント・メッセージでのやり取りで主に感じていた、現代の他者と容易に繋がることができる世界の親密な関係性に関してアイデアを閃き、曲を書き始めた。

本作『Tenderness』はオンラインでの関係のみで制作することに挑戦したコンセプト・アルバム。インターネット上の実際の距離を超えた関係の近さにおける、現実と対比したヴァーチャルな優しさや責任感がアルバムの進行上の重要なテーマとなっている。(同じリビングにいながら携帯電話でやり取りをしている2人のジャケット写真からそのコンセプトが窺える)

主に90年代のダンス・トラックやディープ・ディスコ・カッツの影響を感じさせるサウンドを基軸にRaphaelleのアコギのプレイをミックスすることでトラックが構築されていった。
スムースなハウス・ジャムにRaphaelleの語りかけるようなヴォイスが徐々に熱を帯びていく「Free At Last」で幕を開け、続く「No One Like You」ではBlue Hawaiiらしいエモーショナルなメロディと表現力豊かなヴォーカルが伸びやかに躍動し、ストリングスの音色をアクセントに展開し、後半には80年代のディスコのサンプリングが心地よく盛り上げる「No One Like You」へと流れる。フロア・ライクなアッパーな4つ打ちが印象的な「Versus Game」、メロウなホーンが印象深く引き込まれる瞑想的なR&B「Younger Heart」、ローファイ・ハウスなタイトル・トラック「Tenderness」など、Blue Hawaiiならではのテイストで展開し、その中で、怒り、ノスタルジア、許し、放棄など様々な感情が聴き手にに去来する。

本作は「Björk meets the xx and DJ Koze」とも称されているが、そのドリーミー且つダンサブルなサウンドには両者の様々な経験が見事に結実している。間違いなくBlue Hawaiiの現時点での最高傑作。


TRACKLISTING:

01. Free at Last
02. No One Like You
03. Pregame
04. Versus Game
05. Belong to Myself
06. Prepare for Flight
07. Younger Heart
08. Strummin
09. Make Love Stay
10. Big News
11. Blossoming From Your Story
12. Searching for You
13. Do You Need Me
14. Tenderness
15. Giggles
16. Far Away Soon
※ボーナス・トラック収録予定


KEEP SHELLY IN ATHENS “Philokalia” [ARTPL-093]

ARTPL-093
Artist: Keep Shelly in Athens
Title: Philokalia

Cat#: ARTPL-093
Format: CD / Digital

※+1 Bonus track
※解説、歌詞・対訳付き

Release Date: 2017.09.29
Price(CD):
2,000 yen + tax

Free shipping worldwide (by postage)


ギリシャはアテネをベースに活動しているエレクトロニック・ドリーム・ポップ・デュオ、Keep Shelly in Athensが新ヴォーカルを迎えての通算3作目を完成!
ノスタルジックなテイストにトレンドのエッセンスをブレンドした秋の夜長に没入させるドリーミー・ダウンテンポ!

ギリシャはアテネをベースに活動しているエレクトロニック・ドリーム・ポップ・デュオ、Keep Shelly in Athensが小説家/詩人としても活動しているJessica Bellを新たなヴォーカルとしてフィーチャーし、通算3作目となるニュー・アルバム『Philokalia』を完成!

これまでForest Family Records, Transparent Records, Planet Mu, Cascine, Friends of Friendsなど様々な優良レーベルからリリースしてきたが、今作から自らのレーベル、Athenian Aura Recordingsを立ち上げてのリリース。

メロディックなビートとドリーミーなヴォーカルをアンビエントなアトモスフィアが纏う、ダウンテンポなエレクトロニック・サウンドは同様であるが、これまでの流れを汲みつつも新ヴォーカルJessicaの、ややローで味わい深いヴォーカルがキーとなり、新たな魅力を芽生えさせている。

アトモスフェリックなシンセのレイヤーで立ち上がり、スローなビートとヴォーカルと共に一体感を増す、ファースト・シングルにもなった滑らかなドリーム・ポップ「Leave In Silence」で幕をあけ、Portisheadを想起させるミステリアスなムードにJessicaのシャープでソウルフルなヴォーカルが突き刺さる「Marionette」へと続く。その後も浮遊感に満ちたバレアリックなタイトル・トラック「Philokalia」や80’sの煌びやかなヴァイブスを感じさせる「Seattle」など、様々な曲調を横断し、チル且つダンサブルにヴァラエティに富んだ展開を披露。日本盤のみにボーナス・トラックとして収録の「Harder」は、Burialの「Archangel」を想起させるようなスモーキーな2ステップ風ビートに乗って、ダークなシンセ・レイヤーとJessicaの情感豊かなヴォーカルが絡み合い、ドラマティックに駆け上がるトラックで、ぐいぐいと引き込まれる。

かつては現代版Saint Ettienneと称されることもあったが、リリースごとに着実にオリジナリティを身につけ、トレンドのエッセンスを取り込みつつノスタルジックでメランコリーな風合いをブレンドし、さらに独自のサウンドへと消化/昇華した力作。

The ethereal and swirling sounds of the ambient-influenced pop of Greece’s Keep Shelly in Athens captures the transient feelings of city life and the inevitable passing of time. With lush melodic beats and dreamy vocals Keep Shelly’s production is an accessible and lighthearted entry into the world of down-tempo electronica. Keep Shelly In Athens’ Philokalia comes out September 29th via Athenian Aura Recordings.

With previous releases on labels including Forest Family Records, Transparent Records, Planet Mu, Cascine and Friends of Friends, the duo have already transported their whimsical arrangements and soothing productions across the globe, including performances at Coachella Festival, Parklife Festival, Brighton’s The Great Escape Festival and Austin’s Fun Fun Fun.

In addition to their own releases they have also done official remixes for Tycho (Ghostly International), Blood Diamonds (4AD), Steve Mason (Domino) and many more. Their third LP is coming out on September 29 2017 via their own record label Athenian Aura Recordings with the Aussie award-winning novelist/poet Jessica Bell as their new singer.


TRACK LIST:

01. Leave In Silence
02. Marionette
03. Game Over (Daniel’s Scene)
04. Seattle
05. Philokalia
06. We Want More
07. Dark Light
08. Believe
09. Harder (Japanese Bonus Track)

 


TELEFON TEL AVIV “Map Of What Is Effortless” [ARTPL-090]

ARTPL-090
Artist: Telefon Tel Aviv
Title: Map Of What Is Effortless
Cat#: ARTPL-090
Format: CD / Digital
※正方形紙ジャケット仕様
※解説付き
※CD再発は日本のみ
※ボーナス・トラック3曲収録

Release Date: 2017.07.05
Price(CD): 2,000 yen + 税


エレクトロニカ・ユニット、Telefon Tel Avivの、エレクトロニカ〜IDMの金字塔として名高いデビュー作『Fahrenheit Fair Enough』に続き、2004年にリリースしたセカンド・アルバム『Map of What Is Effortless』も遂にCD再発!
今回の再発のボーナス・トラックとして坂本龍一によるリミックスを追加収録

ニューオーリンズ出身で、高校時代からの友人であったJoshua EustisとCharles Cooper(惜しくも2009年に他界)によるエレクトロニカ・ユニット、Telefon Tel Avivが2004年にシカゴの名門レーベル、Hefty Recordsから発表したセカンド・アルバム。昨年蔵出しアーカイヴ音源を加え再発された、デビュー・アルバム『Fahrenheit Fair Enough』は今日においてもゼロ年代エレクトロニカ〜IDMの金字塔的作品として高い評価を維持しているが、本セカンドも名作として名高い。

ポリリズミックなプログラミングを基軸にしつつ、本作ではヴォーカル・トラックも披露。Radioheadのカヴァーを企画された際に出会い、本作のリリース前のEP『Immediate Action #8』にもフィーチャーされていたLindsay Andersonと、Build An ArkのメンバーでもあったDamon Aaronをフィーチャーし、本編のうち7曲がヴォーカル・トラックで構成されている。さらにロヨラ大学シカゴ校のチェンバー・オーケストラが参加しているなど、随所でストリングスが効果的にフィーチャーされ、ファーストのエレガント且つダイナミックなエレクトロニカの要素はそのままに、さらにフォローアップして新たな境地へと到達した。

センチメンタルなメロディのキーボードのフレーズとグリッチなエレクトロニクスやブレイクビーツが、ストリングスなどの室内学的音色に絶妙に絡み、時にシネマティックに、時にダンサブルにと、複雑に入り組みながら美しく壮大な情景を描き出す。Damonのソウルフルなテノール・ヴォーカル、Lindsayのアダルティで味わい深いヴォーカルとの融合も見事で、全体に通底するドラマティックな構築感に引き込まれる。

今回の再発にあたり、坂本龍一のリミックスが追加収録。

『Fahrenheit Fair Enough』と対をなすゼロ年代エレクトロニカ史に燦然と輝く名盤である本作を是非この機会に。CD再発は日本のみ。


TRACK LIST:

01. When It Happens, It Moves All By Itself
02. I Lied
03. My Week Beats Your Year
04. Bubble And Spike
05. Map Of What Is Effortless
06. Nothing Is Worth Losing That
07. What It Is Without The Hand That Wields It
08. What It Was Will Never Again
09. At The Edge Of The World You Will Still Float
10. Jouzu Desu Ne *
11. Sound In A Dark Room *
12. Sound In A Dark Room (Ryuichi Sakamoto Remix) *

* = BONUS TRACK


COM TRUISE

com-truise-photo-credit-effixx-4Com Truiseはニューヨークの北部で生まれ育ちで、現在はLAを拠点に活動している、プロデューサー/デザイナー、Seth Haleyによるソロ・プロジェクト。彼のシンセサイザーやサイエンスフィクションに特化した独特のメロディのノスタルジックなビート・ミュージックは幅広い支持を得ている。

彼は15年以上に渡り音楽制作をしており、元々影響を受けているJoy DivisionやNew Order、Cocteau Twinsなどのサウンドのエッセンスは随所に垣間みられるものの、彼のサウンドは決して過去からのものではなく、レトロ・フューチャー的に精巧に練り上げている。

2010年にAMDISCSからEp『Cyanide Sisters』をリリース。そのキャッチーでユニークなIDMやトリッピーなシンセ・ファンクを融合させたサウンドに目を付けたGhostluy Internationalが契約し、2011年にデビュー・フル・アルバム『Galactic Melt』を発表。その後いくつかのEPやB面曲や未発表曲をコンパイルした編集盤『In Decay』をリリース。2017年6年ぶりのオリジナル・アルバムとなる『Iteration』が完成。

Com Truise is the nom de guerre of producer and designer Seth Haley, born-and-raised in upstate New York and currently working out of Los Angeles. His synth- and sci-fi-obsessed records are as infectious as they are expansive. From 2011’s Galactic Melt LP to its long-awaited follow-up, Iteration, Com Truise has refined his singular style of melodic beat music. Each piece ties together his ideas of “synth-wave” and “slow-motion funk” amidst a glowing backdrop of rich, nostalgic pathos.

Haleys been making music for over 15 years, dabbling as a DJ and with a number of aliases before locking into Com Truise. Though undoubtedly influenced by his parents’ record collections and old, faded product design, the Com Truise project doesn’t only pull from the past. Hints of Joy Division, New Order, and Cocteau Twins bubble up in every prismatic piece, but it’s as if they’re processed through a waterlogged game consolewarped, cybernetic, and high-definition. Somehow, Com Truise sounds both familiar and uncanny, and always beautifully handmade.

The first Com Truise release was the Cyanide Sisters EP, where mellow zone-outs were juxtaposed

with IDM bangers and bumpy, trippy synth-funk. Once Haley joined the Ghostly roster, his tale of the character “Com Truise”, the first robot astronaut, took flight on his debut album, the critically acclaimed Galactic Melt. Multiple EPs and 2012’s In Decay, a collection of B-sides and rarities, expanded the backstory and narrative, taking the AI protagonist through unknown galaxies and war-torn planets. He even finds love and wrestles with heartbreakof course, only in the ways a sophisticated android can.

Six years after this saga began, Iteration finally wraps up Haley’s sprawling narrative, doing so with the most refined music of his career. The album illustrates the last moments Com Truise spends on the perilous planet Wave 1, before he and his love escape its clutches to live in peace. It’s also the most personal record Haley has written to date, as the story mirrors his personal struggles of moving across the country and overcoming creative burnout. But Iteration is ultimately a story of triumph and self-realization, told by the singular, emotionally resonant sound of a man and his machines.


COM TRUISE “Iteration” [ARTPL-089]

ARTPL-089
Artist: COM TRUISE
Title: Iteration

Cat#: ARTPL-089
Format: CD / Digital

※解説付き
※正方形紙ジャケット仕様

Release Date: 2017.06.16
Price(CD): 2,000yen + tax


レトロ・フューチャー〜シンセ・ウェイヴ〜スローモーション・ファンクの雄が6年ぶりに帰還!待望のセカンド・フル・アルバムが完成。
紆余曲折を経て辿り着いた反復『Iteration』の美学!

Read More →


Teen Daze「First Rain with S. Carey」のミュージック・ビデオが公開!

今年通算5作目にして、現時点での最高傑作とも言える『Themes For Dying Earth』をリリースし、来日間近のカナダのアンビエント〜ドリーム・ポップ才人Teen Dazeが、アルバムに収録のBon Iverのバンド・メンバーでもあるマルチ・インストゥルメンタリスト、S. Careyをフィーチャーした名曲「First Rain with S. Carey」のミュージック・ビデオを公開致しました!

このミュージック・ビデオはヴァンクーヴァーの映像プロダクション・カンパニーNakasone Folkによって撮影されたもので、ストーリーとプロデュースは今回のTeen Dazeのリリースに関する映像を手掛けているフィルムメイカー、Casey Kowalchukによるもの。

「若い女性が見知らぬミステリアスな人物に恋に落ちる危険を冒すとき、自然界は超自然的な力の犠牲になる」という神秘的で謎めいたストーリー。

Directed and Shot By Nakasone Folk
Cast: Shannon Kehler, Jeremiah O’ Driscoll
Writer, Producer, Editor, VFX: Casey Kowalchuk
1st AC: Kate Smith
Grip: Chelsea Chen

 

いよいよ来週開催となりますMozart’s SisterとのJapan Tourの詳細はこちら!
各地素敵なライヴになること必至です!ご来場お待ちしております!

Read More →


Teen Daze & Mozart’s Sister Japan Tour 2017

今年通算5作目にして、現時点での最高傑作とも言える『Themes For Dying Earth』をリリース致しました、カナダのアンビエント〜ドリーム・ポップ才人Teen Dazeの2年ぶり3度目となる来日が東名阪で開催されます。
今回のツアーは、2月にセカンド・アルバム『Field of Love』をリリースした、あのGrimesも影響を受けたと公言する、モントリオールの注目のエレクトロポップ・プロジェクト、Mozart’s Sister(初来日)とのジョイント・ダブル・レコ発ツアーとなります。
名古屋公演にはTeen Dazeの初来日の際に共演し、新作にも参加している盟友Dustin Wongがスペシャル・ゲストとして出演致します。

※追加NEWS(2017年4月18日更新)

  • 東京公演にTeen Dazeがかつてリミックスを手掛け、前回の来日東京公演でも共演したCuusheがオープニング・アクトとして追加決定!
  • そして大阪公演の詳細と追加出演者も決定!「一枚の絵を描く様な一夜を」というコンセプトが込められたパーティ”Drawing”の新たなsofa editionとして開催。関西勢は、Submerseも所属する、ドイツを代表するElectronica/Future beats名門レーベル〈Project Mooncircle〉より5月26日に新作EPリリースが決定しているトラックメイカー、kafukaをはじめ、シアトルのレーベル〈Hush Hush Records〉からEPをリシースした神戸出身のトラックメーカーdznt、そしてraster-notonのkyoka 氏等からもその実力を期待される女性DJ、U2Kiらが参戦。

各地素敵なライヴになること必至です!ご来場お待ちしております!

TD_MS_Teen Daze & Mozart’s Sister
Japan Tour 2017

・東京公演 5/1(月) @渋谷TSUTAYA O-nest
・名古屋公演 5/2(火) @鶴舞 K.D Japon
・大阪公演 5/3(水・祝) @CIRCUS OSAKA
※クリックで各公演詳細へ移動

TD_MS


TD_MS_TOKYO15/1[MON] – TOKYO

PLANCHA presents

Teen Daze “Themes For Dying Earth”
Mozart’s Sister
“Field of Love”
Double Release Party in Tokyo

日程:2017/5/1(月)
会場:渋谷 TSUTAYA O-nest
時間:開場19:00 / 開演19:30
料金:前売4,000円 / 当日4,500円 (別途drink代)
チケット販売:
ぴあ(Pコード:327-431) / LAWSON(Lコード:70305) / e+ / O-nest店頭
※上記のプレイガイドでの販売は終了致しましたが、↓のフォームからののメール予約は当日13時まで可能です。

出演:
Teen Daze
Mozart’s Sister

opening act: Cuushe << new!

– TIME TABLE –
19:00   開場
19:30 – 20:10   Cuushe
20:10 – 20:20   転換
20:20 – 21:00   Mozart’s Sister
21:00 – 21:10   転換
21:10 – 22:??   Teen Daze

↓前売りチケットのご予約は以下のフォームからお申込み可能です。

お名前 (必須) | name:
メールアドレス (必須) | e-mail address:
※メールアドレスをお間違えになられますと返信できませんので、お気をつけください。
ご連絡先電話番号 (必須) | tel:
ご希望枚数 (必須) | QTY:
ご質問・お問い合わせなど:

※ご連絡無しのキャンセルはお控えください。
※確認はメールすぐに届きます。数分待っても届かない場合は kunii@artuniongroyp.co.jp までご連絡ください。
※携帯電話の場合PCからのメールの受信をできる設定にしてください。
※gmailなどフリーメールの方で未着の方は迷惑メールのフォルダもご確認ください。
※当日受付けでお名前を言っていただき、前売りの料金をお支払いいただきます。
〆切: 2017年5月1日17時00分まで(延長しました!)

Facebook_logo
また、Facebookページにて「参加する」ボタンを押していただければ前売りチケットのお取り置き(当日清算)致します。(お名前は表示されません)
FACEBOOKイベントページ


solanin36ok5/2[TUE] – NAGOYA

club solanin vol.36 presents

Teen Daze “Themes For Dying Earth”
Mozart’s Sister
“Field of Love”
Double Release Party in Nagoya
– w/ Special Guest: Dustin Wong

日程:2017/5/2(火)
会場:鶴舞 K.D Japon
時間:開場18:30 / 開演19:00
料金:前売4,000円 / 当日4,500円 (別途drink代)

出演:
Teen Daze
Mozart’s Sister
Dustin Wong

DJ: sad_hyena (MOON PULSE)

主催:club solanin
club solanin TWITTER:https://twitter.com/i_nio

↓前売りチケットのご予約は以下のフォームからもお申込み可能です。

お名前 (必須) | name:
メールアドレス (必須) | e-mail address:
※メールアドレスをお間違えになられますと返信できませんので、お気をつけください。
ご連絡先電話番号 (必須) | tel:
ご希望枚数 (必須) | QTY:
ご質問・お問い合わせなど:

※ご連絡無しのキャンセルはお控えください。
※確認はメールすぐに届きます。数分待っても届かない場合は clubsolanin@gmail.com までご連絡ください。
※携帯電話の場合PCからのメールの受信をできる設定にしてください。
※gmailなどフリーメールの方で未着の方は迷惑メールのフォルダもご確認ください。
※当日受付けでお名前を言っていただき、前売りの料金をお支払いいただきます。
〆切: 2017年5月1日23時59分到着分まで


TD_MS_OSAKA5/3[WED] – OSAKA

Teen Daze “Themes For Dying Earth”
Mozart’s Sister
“Field of Love”
Double Release Party in Osaka
supported by Drawing -sofa edition-

日程:2017/5/3(水・祝)
会場:CIRCUS OSAKA
時間:開場18:00 / 開演18:00
料金:前売3,000円 / 当日3,500円 (別途drink代)
チケット販売:ぴあ(Pコード:328585) / LAWSON(Lコード:57298) / e+

出演:
Teen Daze
Mozart’s Sister
PAELLAS -MRM SET- << new!
kafuka (project:mooncircle) << new!
dznt (Hush Hush! Records) << new!
U2Ki << new!
Opus Inn << new!

詳細:http://circus-osaka.com/events/teen-daze-mozarts-sister-japan-tour-2017-in-osaka/

Read More →


Top