Author: PLANCHA

Teen Daze『Themes For A New Earth』の全曲試聴が開始!

Teen Dazeの今週11/10にリリースとなる新作『Themes For A New Earth』の全曲試聴がHYPE MACHINEにて開始!

いよいよ今週11/10にリリースとなります、カナダのアンビエント・ドリーム・ポップ才人、Jamison Isaakによるソロ・プロジェクトTeen Dazeが、2017年初頭にリリースした『Themes For Dying Earth』と対をなす作品『Themes For A New Earth』の全曲フル試聴がHYPE MACHINEにて開始されました。


TEEN DAZE “Themes For A New Earth” [ARTPL-099]

ARTPL-099
Artist: Teen Daze
Title: Themes For A New Earth

Cat#: ARTPL-099
Format: CD(limited edition) / Digital

※日本のみでCD化(初回限定プレス)
※正方形紙ジャケット仕様

Release Date: 2017.11.10
Price(CD):
2,000yen + 税

Payment: PayPal / Free Shipping: Post (small packet)

「破壊」と「再生」ー
カナダのアンビエント・ドリーム・ポップ才人、Jamison Isaakによるソロ・プロジェクトTeen Dazeが、2017年初頭にリリースした『Themes For Dying Earth』と対をなす作品『Themes For A New Earth』を完成。
全編インストゥルメンタルで構築された流麗で美しいドリーミーなアンビエント音源集。

Read More →


Ducktails来日中止および新作『Jersey Devil』廃盤のお知らせ

10/18(水)から開催予定でしたDucktailsの来日ツアーですが、アーティスト側の事情による不測の事態に伴い来日が困難となったため、東京・渋谷 TSUTAYA O-nest 公演は中止、その他の公演につきましては出演キャンセルとなります。

公演を楽しみにしてくださっていたお客様には多大なご迷惑をお掛けします事を心よりお詫び申し上げます。

10/18(水)の東京・渋谷 TSUTAYA O-nest 公演に関しましては中止・払い戻しとさせていただきます。
その他の公演につきましては、イベント自体は続行されますが、Ducktailsの出演キャンセルにより払い戻し及びご予約の取消をご希望の方は対応させていただきます。
詳細は以下をご確認ください。

<東京公演>
※公演中止
日程:2017年10月18日(水)
会場:東京・渋谷 TSUTAYA O-nest
お問い合わせ:O-nest 03-3462-4420
チケット料金の払い戻しのお手続きにつきましては下記URLからご確認ください。
http://www.dum-dum.tv/html/topic66.html

<mitsume presents “Port” #01 東京公演>
※出演キャンセル
日程:2017年10月19日(木)
会場:東京・代官山 UNIT
お問い合わせ:HOT STUFF PROMOTION 03-5720-9999
イベントはミツメとParasolの2マンで続行します。
Ducktailsの出演中止に伴う払い戻しのお手続きにつきましては下記をご確認ください。

[チケットぴあにて購入されたお客様]
http://t.pia.jp/guide/refund.jsp
[ローソンチケットにて購入されたお客様]
http://l-tike.com/oc/lt/haraimodoshi/
[e+にて購入されたお客様]
PC:http://eplus.jp/page/eplus/refund2/index.html
mobile:http://eplus.jp/msys/web/refund2/index.html

<Parasol x Ducktails Japan Tour 2017 松本公演>
※出演キャンセル
日程:2017年10月20日(金)
会場:長野・松本 Give me little more.
お問い合わせ:give.melittlemore@gmail.com
Ducktailsの出演中止に伴い、前売料金を2,000円に変更して、<Parasol Japan Tour 2017 松本公演>としてイベントを続行します。
予約の取り消しをご希望される方は give.melittlemore@gmail.com までご連絡ください。

<mitsume presents “Port” #01 大阪公演>
※出演キャンセル
日程:2017年10月21日(土)
会場:大阪・梅田 Shangri-la
お問い合わせ:SMASH WEST 06-6535-5569
イベントはミツメとParasolの2マンで続行します。
Ducktailsの出演中止に伴う払い戻しのお手続きにつきましては下記をご確認ください。

[チケットぴあにて購入されたお客様]
http://t.pia.jp/guide/refund.jsp
[ローソンチケットにて購入されたお客様]
http://l-tike.com/oc/lt/haraimodoshi/
[e+にて購入されたお客様]
PC:http://eplus.jp/page/eplus/refund2/index.html
mobile:http://eplus.jp/msys/web/refund2/index.html
[FLAKE RECORDSにて購入されたお客様】
店頭にて払い戻しさせて頂きます。(営業時間 12:00-21:00)

<Parasol x Ducktails Japan Tour 2017 福岡公演>
※出演キャンセル
日程:2017年10月23日(月)
会場:福岡 Utero
お問い合わせ:Utero 092-534-5222
Ducktailsの出演中止に伴い、前売料金を1,800円に変更して、<Parasol Japan Tour 2017 福岡公演>としてイベントを続行します。
予約の取り消しをご希望される方は folkenough2016@gmail.com までご連絡ください。

<Parasol x Ducktails Japan Tour 2017 那覇公演>
※出演キャンセル
日程:2017年10月25日(水)
会場:沖縄・那覇 Output
お問い合わせ:Output 098-943-7031, outputop@gmail.com
<Parasol Japan Tour 2017 那覇公演>としてイベントを続行します。
Ducktailsの出演中止に伴う払い戻しにつきましては、ライブ当日、会場にて対応させていただきます。


また、弊レーベルとしましては、一部報道されております問題は看過できないものと判断し、
2017年10月13日に発売となりました、
Ducktailsのアルバム『Jersey Devil』の日本盤(ARTPL-097)は廃盤・取り扱い終了とさせていただきます。

何卒ご了承下さいますようお願い申し上げます。

 


Colleenが10/20リリースの新作から「Winter dawn」のMVを公開!

10/20に通算6作目となる新作『A flame my love, a frequency』をリリースするColleenが収録曲「Winter dawn」のMVを公開致しました。
ディレクターは若手映像作家で、フリースタイル・スケートボーディングの世界チャンピオン、Connor R. Burke。

ARTPL-098
Artist: Colleen
Title: A flame my love, a frequency
Cat#: ARTPL-098
Format: CD / Digital
解説:渡辺 亨
歌詞・対訳付き
正方形紙ジャケット仕様

Release Date: 2017.10.20
Price(CD):
2,200yen + 税
Price(Digital): 1,500yen(税込)


劇的な変化/進化を遂げ新章へ。
フランスの女性マルチ・インストゥルメンタリスト、Colleenの6作目。ヴォーカルを取り入れた4作目以来の劇的な音楽的変化をみせた傑作誕生!

Read More →


Christopher Willitsが天河大弁財天社の観月祭にて奉納演奏

2014年にオーディオ・ヴィジュアル・プロジェクト作品『OPENING』をリリースし、2015年にはTYCHOとのジャパン・ツアーを行い、今年2017年には新作『Horizon』をリリースしたChristopher Willitsが奈良の天河大弁財天社の観月祭にて奉納演奏を行います。最新作『Horizon』 を披露するようです。詳細は以下をご確認ください。

DKsMLWSV4AACVU1観月祭(仲秋の名月神事)

会場:天河大弁財天社(web)奈良県吉野郡天川村坪内107
日程:10月4日(水)
時間:午後7時 観月神事
入場・観覧無料、一般公開

奉納演奏:Christopher Willits

※奉納演奏終了後 御神水・お月見団子拝戴

info:http://6541.teacup.com/tenkawa/bbs/301
Facebook:https://www.facebook.com/events/154773531768039/

内容:
夜7時より観月神事、奉納演奏が予定され、終了後タライに清水を汲み上げ、そこにお月さまを浮かべ御神水として皆さまに拝戴いたします。
また、月見団子も召し上がっていただきます。

ご注意事項:
数年前より、正午から観月護摩並びに火渡り式が行われておりましたが、都合により、今年からは夜の神事のみとなりますのでご承知おき下さいますようお願いします。

 

奉納演奏アーティスト・プロフィール:

201501_Willits-Japan_IMG-pクリストファー・ウィリッツ(Christopher Willits)はミズーリ州はカンザスシティ出身で、現在はサンフランシスコを拠点に活動しているミュージシャン/アーティストである。彼は地元カンザ スシティのアート研究所で絵画、写真、ビデオ/インスタレーション・アート、サウンド・アートを学んでおり、ミルズカレッジではフレッド・フリス (Fred Frith)やポーリン・オリヴェロス(Pauline Oliveros)に師事し、電子音楽の修士号も取得している。多岐に渡るその活動はコンポーザー、プロデューサーに留まらず、フォトグラファー、フィル ムメイカー、システム・デザイナーにまで及ぶマルチぶりだ。電子音楽とギターを融合させるスタイルのパイオニアであり、自身が作成したソフトウェアを駆使 して、複雑に練り込まれたパターン、テクスチャー、ハーモニーなどで彩り豊かな視聴覚パフォーマンスをみせ、音と光が重なり合い、没入させる独特のサウン ドを構築している。それはかつてピッチフォークに「ギターでペイントをしているようだ」、Nownessに「魅惑的で複雑なエレクトロニック・サウンドス ケイプ」と称された。90年代後半から音楽活動を開始し、自身のソロだけでなく、坂本龍一やブルックリンのサウンド・アーティスト、テイラー・デュプリー (Taylor Duepree)等とのコラボ、マトモス(Matmos)とのサブコンシャス・アトラクション・ストラテジーズ(Subconscious Attraction Strategies)、ヘラ(Hella)のドラマーで、先日惜しくも解散したデス・グリップス(Death Grips)のメンバーでもあった、ザック・ヒル(Zach Hill)とブレイクコアのパイオニア的存在、キッド606(Kid 606)とのトリオ編成によるフロッシン(Flossin)などのプロジェクトがあり、これまでに20枚以上の作品をリリースしている。それらは自身の主 宰するOverlapをはじめ、テイラーの12K、Fällt、Sub Rosa、Nibble Records、Ache Recordsなど様々なレーベルから発表されており、近年はGhostly Internationalに所属している。
2014年 オーディオ・ヴィジュアル・プロジェクト作品『OPENING』、2017年 アルバム『Horizon』をリリース。

http://www.christopherwillits.com/

 

 


新作『Tenderness』のリリース迫るBlue HawaiiがCBC Musicにて最新ライヴ・セットを披露!

来る10/6に新作『Tenderness』のリリースを控えるモントリオールのエレクトロニック・ドリーム・ポップ・デュオBlue Hawaiiがニュー・アルバムからの楽曲によるブランニュー・ライヴ・セット(37分)をCBC MusicのFaceboookのライヴ配信にて初披露!こちらからアーカイヴがご覧になれます。

ARTPL-094
Artist: BLUE HAWAII
Title: Tenderness
Cat#: ARTPL-094
Format: CD / Digital

※歌詞・対訳・解説付き
※ボーナス・トラック収録予定
※正方形紙ジャケット仕様

Release Date: 2017.10.06
Price(CD): 2,000 yen + 税


『Untogether(別離)』を経て『Tenderness(優しさ)』へ!元々はカップルであった二人が紆余曲折を経て辿り着いたネクスト・ステージ。
エレクトロニック・ドリーム・ポップ・デュオBlue Hawaiiの4年ぶりとなる待望の新作『Tenderness』。

モントリオールのアート・ロック〜エクスペリメンタル・ポップ・バンド、Braidsのメンバーで、近年はMax CooperやJon Hopkinsの作品にフィーチャーされるなど、そのヴォーカル・パフォーマンスはジャンルを超えて高い評価を得ているRaphaelle ‘Ra’ Standellと、トラックメイカー、Alexander ‘Agor’ Kerbyによるデュオ・プロジェクト、Blue Hawaiiの2013年の傑作『Untogether』以来となるニュー・アルバムが完成。

前作をリリースしてからRaphaelleはBraidsとしての活動に精力を注ぎ、AlexはLAとベルリンを往来し、様々なディープなダンス・ミュージックに精通していった。未発表曲の発表やBrian Frescoに楽曲「Higher」にChance The Rapperと共にフィーチャーされるなどのトピックはあったもののBlue Hawaiiは実質的に活動休止状態にあったが、2016年に2人の創造への熱意は再燃し、本作の制作へと至る。Raphaelleはインスタント・メッセージでのやり取りで主に感じていた、現代の他者と容易に繋がることができる世界の親密な関係性に関してアイデアを閃き、曲を書き始めた。

本作『Tenderness』はオンラインでの関係のみで制作することに挑戦したコンセプト・アルバム。インターネット上の実際の距離を超えた関係の近さにおける、現実と対比したヴァーチャルな優しさや責任感がアルバムの進行上の重要なテーマとなっている。(同じリビングにいながら携帯電話でやり取りをしている2人のジャケット写真からそのコンセプトが窺える)

主に90年代のダンス・トラックやディープ・ディスコ・カッツの影響を感じさせるサウンドを基軸にRaphaelleのアコギのプレイをミックスすることでトラックが構築されていった。
スムースなハウス・ジャムにRaphaelleの語りかけるようなヴォイスが徐々に熱を帯びていく「Free At Last」で幕を開け、続く「No One Like You」ではBlue Hawaiiらしいエモーショナルなメロディと表現力豊かなヴォーカルが伸びやかに躍動し、ストリングスの音色をアクセントに展開し、後半には80年代のディスコのサンプリングが心地よく盛り上げる「No One Like You」へと流れる。フロア・ライクなアッパーな4つ打ちが印象的な「Versus Game」、メロウなホーンが印象深く引き込まれる瞑想的なR&B「Younger Heart」、ローファイ・ハウスなタイトル・トラック「Tenderness」など、Blue Hawaiiならではのテイストで展開し、その中で、怒り、ノスタルジア、許し、放棄など様々な感情が聴き手にに去来する。

本作は「Björk meets the xx and DJ Koze」とも称されているが、そのドリーミー且つダンサブルなサウンドには両者の様々な経験が見事に結実している。間違いなくBlue Hawaiiの現時点での最高傑作。


TRACKLISTING:

01. Free at Last
02. No One Like You
03. Pregame
04. Versus Game
05. Belong to Myself
06. Prepare for Flight
07. Younger Heart
08. Strummin
09. Make Love Stay
10. Big News
11. Blossoming From Your Story
12. Searching for You
13. Do You Need Me
14. Tenderness
15. Giggles
16. Far Away Soon
17. Remember Then (Bonus Track)

 

Blue Hawaii credit Landon Speers

photo by Landon Speers

Blue Hawaii:
モントリオールを拠点に活動しているエクスペリメンタル・ポップ・バンド、Braidsの女性ヴォーカリスト、Raphaelle ‘Ra’ Standellと、トラックメイカー、Alexander ‘Agor’ Kerbyによるエレクトロニック・ドリーム・ポップ・デュオ。Alexの働くライヴ・ハウスにRaphaelleが入ってきたことを きっかけに両者は出会う。ラップトップでエレクトロニック・ミュージックを作っていたAlexは、Raphaelleがシンガーであることを知り、彼女を誘ったことでBlue Hawaiiが結成された。2010年にデビューEP『Blooming Summer』をリリース。2013年には初の正式なフル・アルバム『Untogether』をリリースし、翌年には初の来日公演も行った。そのタイトルからもカップルであった二人が別れたことが窺えるが、以降Blue Hawaiiとして活動は縮小し、RaphaelleはBraidsを中心に、AlexはLAとベルリンを往来し、ディープなクラブ・ミュージックに入れ込んで行った。そして2016年、両者の制作意欲は再燃し、4年ぶりとなるアルバム『Tenderness』が完成した。


TOKiMONSTAの新作『Lune Rouge』の日本盤ボーナス・トラックにQrionによるリミックス収録!

脳の病、もやもや病を患い、2度の脳の手術後、一時は言語能力、運動能力を失い、音楽を理解することさえ出来なくなったというLAのビートメイカー、TOKiMONSTAが、その人生最大の苦境を乗り越え完成させた新作『Lune Rouge』。
10/6発売となります日本盤のボーナス・トラックに、日米をまたにかけ活動するトラックメイカー、Qrionによるリミックス、We Love (feat. MNDR) [Qrion Remix]の収録決定致しました。『Lune Rouge』は10/6発売です!

Qrion:qrion_artist
北海道は札幌出身のトラックメイカー。高校生の頃から携帯電話のアプリを使って趣味で音楽を創り始める。程なくツールをアップグレードして、本格的な音楽制作へとシフトし、ネットを通じて自身の楽曲をシェアし始める。
高校在学中にー(red)と一(blue)、2枚のEPをSenSeから2週連続でリリース。10代の繊細な心境、女性の感性に留まらないメロディがインターネット・ユーザーを中心に注目を集め、初ライヴからすぐにエレクロニック・ミュージックを主としたアーティストが国内外より数多く出演する「Out of Dots 2013」に出演。ライヴも各地で精力的に行う。2014年5月にミニアルバム「sink」をフリーダウンロードでリリース。Qrionの世界をより深く、海に沈んでいくような5曲に、京都のトラックメイカーMadegg、エレキネシスでも共演を果たしたカナダのi am robot and proudらがRemixerで参加し、レーベルのサーバーが一時ダウンする程ダウンロードされ話題になる。Twitterでのふとした交流からカナダのプロデューサーRyan Hemsworthとの共作「Every Square Inch (feat. Qrion)」をsoundcloud上にて発表し、一気に注目を集め、その後もPorter Robinson、How To Dress Well、Giraffage等のリミックスを手がけるなど、国内外の数多くのアーティストとの交流を果たしている。
2015年3月にはサンフランシスコ公演を成功させ、同年5月にはアメリカ・ツアー(サンフランシスコ・NY・シアトル)を慣行し、6月にはGiraffageの来日公演に出演、7月には1st E.P「Q」をタワーレコードの一部店舗のみの限定盤CDをリリースし、即完。そしてサカナクション主催のイベント「NIGHT FISHING」に出演した後、サカナクション『懐かしい月は新しい月 ~Coupling & Remix works~』にリミキサーとしても参加した。
2016年からは拠点をサンフランシスコに移し、SXSWへの出演を皮切りに、Moogfest、NoisePopなどのフェスティヴァルへの出演の他、盟友Giraffageとの北米ツアーも成功をおさめる。今年の8月にはロサンゼルスのエレクトロニック・ミュージック・カルチャーを代表するフェスティヴァルである「HARD Summer 2017」にも出演を果たした後、8/30に2年ぶりの新作EP『Just a Part of Life』をMoving Castleから発表。10月にはサンリオピューロランドで開催される「Pink sensation 2017」への出演が決定している。

公開されました(2017/10/10)

 

ARTPL-095
Artist: TOKiMONSTA
Title: Lune Rouge

Cat#: ARTPL-095
Format: CD / Digital

※ボーナス・トラックQrion Remix収録
※解説・歌詞・対訳付き

Release Date: 2017.10.06
Price(CD):
2,200yen + tax

Payment: PayPal / Free Shipping: Post (small packet)

「Lune Rougeは私がこれまで全ての経験を経て辿り着いた頂点である」

“世界最先端の女流ビートメイカー”と称され、世界中でその名を馳せるTOKiMONSTAが難病を乗り越え、待望の新作「Lune Rouge」を完成!
かつてはFlying Lotus主宰Brainfeeder初の女性アーティストとして注目を集めた彼女が様々な経験を経てモダンとオールドスクールな感性を融合し、ぐっとポップに踏み込んだ華麗なネクスト・ステップ

LAを拠点に活動している女性ビートメイカーJennifer Leeによるソロ・プロジェクト、TOKiMONSTA。
かつてはFlying Lotus主宰のBrainfeeder初の女性アーティストとして注目を集め、2010年に『Midnight Menu』(Listen Up! / Art Union)でデビューを果たし、西海岸ビート・シーンの中心へと躍り出る。翌年BrainfeederからリリースされたEP『Creature Dreams』ではGavin Turekをヴォーカルにフィーチャーし、アルバムでのアプローチをさらに拡張。2013年にはEDM系のレーベルUltra Records(現在はUltra Musicに改名)からセカンド・アルバム『Half Shadows』を発表。マーク・ロンソンの楽曲への参加も話題となったNYのエレクトロニック・アーティスト、Amanda Lucille WarnerによるMNDRや御大Kool Keithをフィーチャーし、ややダークな色合いのサウンドを見せた。その後ミニ・アルバム『Desiderium』、『FOVERE』ではJessie Ware、Anderson Paak、Kelly Rowland等とコラボレーションを果たし、ピッチシフトしたヴォーカル・サンプルをエレガントに配置し、自身のサウンドに新しいテクスチャを追加した。

そして4年ぶりのサード・アルバムとなる『Lune Rouge』にはそれらの要素が全て繋がっており、本人曰く「全ての経験を経て辿り着いた頂点」と語っている。これまで彼女は優れたメロディ・メイカーでありながらも、ポップさに一定の距離を取っていたが、本作では躊躇無く踏み込み、新たな領域へと到達した。
先行シングルとなったマレーシアのR&Bシンガー・ソングライターYunaをフィーチャーした「Don’t Call Me」では轟くようなパーカッションとYunaのシルキーなヴォーカルのタペストリーと融合し、ドリーミーで幽玄な世界観を構築し、前作に続き参加しているMNDRをフィーチャーした「We Love」では小気味良く跳ねるビートとAmandaのパワフルなヴォーカルを基軸にまばゆくギャラクティックなサウンドを展開。その他にもJoey Purp、Isaiah Rashad、Selah Sue、SAINTS、Ambré Perkins、IO Echoなど様々なヴォーカリスト、ラッパーをフィーチャーし、メロウ且つソウルフルなテイストとリリカルで浮遊感に満ちたサウンドを織り交ぜ、カラフルで緩急の効いた構成に仕上げている。

実は本作の制作を始めた直後、彼女は脳底部に異常血管網がみられる脳血管障害「もやもや病」を煩い、二度の大きな脳の手術とリハビリを経てこの作品を完成させた。人生最大の困難を乗り越え、キャリアの全てを結実させ完成させたこの作品は間違いなく現時点での彼女の集大成である。


TRACK LIST:

01. Lune
02. Rouge
03. Thief (feat. SAINTS)
04. I Wish I Could (feat. Selah Sue)
05. We Love (feat. MNDR)
06. Bibimbap
07. NO WAY (feat. Isaiah Rashad, Joey Purp, & Ambre Perkins)
08. Don’t Call Me (feat. Yuna)
09. Rose’s Thorn
10. Early to Dawn (feat. Selah Sue)
11. Estrange (feat. IO Echo)
12. We Love (feat. MNDR) [Qrion Remix] *

* = Bonus Track

 

TOKiMONSTA:

TOKiMONSTA

photo by Nikko La Mere

LAの南海岸出身の韓国系アメリカ人ジェニファー・リーによるソロ・プロジェクト。トキモンスタの”トキ”とは韓国語でウサギの意味で、そこへモンスターを合わせて命名した。幼少からクラシック・ピアノ、クラリネット、ギター、ドラム等を習うことのできる恵まれた環境で音楽的素養を身につけた後、ヒップホップ、初期のレイヴ・シーン、そしてエレクトロニック・ミュージックに感化され、ビートメイカー/プロデューサーとしての活動を開始する。クラシック・ピアノのバッググラウンドを活かした叙情的なメロディと、生楽器、パーカッション、デジタル機器、そしてアナログ・レコードまでを使用し構築するサウンドは、その美貌も相まって注目を集め、Flying Lotus主宰Brainfeeder初の女性アーティストとなる。2010年にはRed Bull が主催するミュージック・アカデミーRed Bull Music Academyへ参加、そしてファースト・アルバム『Midnight Menu』をリリース。一躍西海岸ビート・シーンの中心へと躍り出て、その人気は瞬く間にヨーロッパや日本へも波及し、初来日も果たす。2011年にはBrainfeederからEP『Creature Dreams』を発表。2012年には坂本龍一、Shing02と大飯原発再稼働反対トラックを制作した。その後SkrillexやDiploとのツアーを経て、コーチェラなど様々なフェスティヴァルへも出演。2013年にはセカンド・アルバム『Half Shadows』をUltra Recordsからリリースした。順調な活動をしていたが、サード・アルバムの制作に取りかかった2015年の後半に脳血管障害「もやもや病」を発病。二度の大きな脳の手術とリハビリを乗り越え回復し、本作『Lune Rouge』を完成させた。


TOKiMONSTA “Lune Rouge” [ARTPL-095]

ARTPL-095
Artist: TOKiMONSTA
Title: Lune Rouge

Cat#: ARTPL-095
Format: CD / Digital

※ボーナス・トラックQrion Remix収録
※解説・歌詞・対訳付き

Release Date: 2017.10.06
Price(CD):
2,200yen + tax

Payment: PayPal / Free Shipping: Post (small packet)

「Lune Rougeは私がこれまで全ての経験を経て辿り着いた頂点である」

“世界最先端の女流ビートメイカー”と称され、世界中でその名を馳せるTOKiMONSTAが難病を乗り越え、待望の新作「Lune Rouge」を完成!
かつてはFlying Lotus主宰Brainfeeder初の女性アーティストとして注目を集めた彼女が様々な経験を経てモダンとオールドスクールな感性を融合し、ぐっとポップに踏み込んだ華麗なネクスト・ステップ

LAを拠点に活動している女性ビートメイカーJennifer Leeによるソロ・プロジェクト、TOKiMONSTA。
かつてはFlying Lotus主宰のBrainfeeder初の女性アーティストとして注目を集め、2010年に『Midnight Menu』(Listen Up! / Art Union)でデビューを果たし、西海岸ビート・シーンの中心へと躍り出る。翌年BrainfeederからリリースされたEP『Creature Dreams』ではGavin Turekをヴォーカルにフィーチャーし、アルバムでのアプローチをさらに拡張。2013年にはEDM系のレーベルUltra Records(現在はUltra Musicに改名)からセカンド・アルバム『Half Shadows』を発表。マーク・ロンソンの楽曲への参加も話題となったNYのエレクトロニック・アーティスト、Amanda Lucille WarnerによるMNDRや御大Kool Keithをフィーチャーし、ややダークな色合いのサウンドを見せた。その後ミニ・アルバム『Desiderium』、『FOVERE』ではJessie Ware、Anderson Paak、Kelly Rowland等とコラボレーションを果たし、ピッチシフトしたヴォーカル・サンプルをエレガントに配置し、自身のサウンドに新しいテクスチャを追加した。

そして4年ぶりのサード・アルバムとなる『Lune Rouge』にはそれらの要素が全て繋がっており、本人曰く「全ての経験を経て辿り着いた頂点」と語っている。これまで彼女は優れたメロディ・メイカーでありながらも、ポップさに一定の距離を取っていたが、本作では躊躇無く踏み込み、新たな領域へと到達した。
先行シングルとなったマレーシアのR&Bシンガー・ソングライターYunaをフィーチャーした「Don’t Call Me」では轟くようなパーカッションとYunaのシルキーなヴォーカルのタペストリーと融合し、ドリーミーで幽玄な世界観を構築し、前作に続き参加しているMNDRをフィーチャーした「We Love」では小気味良く跳ねるビートとAmandaのパワフルなヴォーカルを基軸にまばゆくギャラクティックなサウンドを展開。その他にもJoey Purp、Isaiah Rashad、Selah Sue、SAINTS、Ambré Perkins、IO Echoなど様々なヴォーカリスト、ラッパーをフィーチャーし、メロウ且つソウルフルなテイストとリリカルで浮遊感に満ちたサウンドを織り交ぜ、カラフルで緩急の効いた構成に仕上げている。

実は本作の制作を始めた直後、彼女は脳底部に異常血管網がみられる脳血管障害「もやもや病」を煩い、二度の大きな脳の手術とリハビリを経てこの作品を完成させた。人生最大の困難を乗り越え、キャリアの全てを結実させ完成させたこの作品は間違いなく現時点での彼女の集大成である。

日本盤のボーナス・トラックとして日米を股にかけ活動するトラックメイカー、Qrionによるリミックス、We Love (feat. MNDR) [Qrion Remix]を収録。


TRACK LIST:

01. Lune
02. Rouge
03. Thief (feat. SAINTS)
04. I Wish I Could (feat. Selah Sue)
05. We Love (feat. MNDR)
06. Bibimbap
07. NO WAY (feat. Isaiah Rashad, Joey Purp, & Ambre)
08. Don’t Call Me (feat. Yuna)
09. Rose’s Thorn
10. Early to Dawn (feat. Selah Sue)
11. Estrange (feat. IO Echo)
12. We Love (feat. MNDR) [Qrion Remix] *

* = Bonus Track


COLLEEN “A flame my love, a frequency” [ARTPL-098]

ARTPL-098
Artist: Colleen
Title: A flame my love, a frequency
Cat#: ARTPL-098
Format: CD / Digital

※解説・歌詞・対訳付き
※正方形紙ジャケット仕様

Release Date: 2017.10.20
Price(CD):
2,200yen + 税
Price(Digital): 1,500yen(税込)


劇的な変化/進化を遂げ新章へ。
フランスの女性マルチ・インストゥルメンタリスト、Colleenの6作目。ヴォーカルを取り入れた4作目以来の劇的な音楽的変化をみせた傑作誕生!

Read More →


TOKiMONSTA

TOKiMONSTA

LAの南海岸出身の韓国系アメリカ人ジェニファー・リーによるソロ・プロジェクト。トキモンスタの”トキ”とは韓国語でウサギの意味で、そこへモンスターを合わせて命名した。幼少からクラシック・ピアノ、クラリネット、ギター、ドラム等を習うことのできる恵まれた環境で音楽的素養を身につけた後、ヒップホップ、初期のレイヴ・シーン、そしてエレクトロニック・ミュージックに感化され、ビートメイカー/プロデューサーとしての活動を開始する。クラシック・ピアノのバッググラウンドを活かした叙情的なメロディと、生楽器、パーカッション、デジタル機器、そしてアナログ・レコードまでを使用し構築するサウンドは、その美貌も相まって注目を集め、Flying Lotus主宰Brainfeeder初の女性アーティストとなる。2010年にはRed Bull が主催するミュージック・アカデミーRed Bull Music Academyへ参加、そしてファースト・アルバム『Midnight Menu』をリリース。一躍西海岸ビート・シーンの中心へと躍り出て、その人気は瞬く間にヨーロッパや日本へも波及し、初来日も果たす。2011年にはBrainfeederからEP『Creature Dreams』を発表。2012年には坂本龍一、Shing02と大飯原発再稼働反対トラックを制作した。その後SkrillexやDiploとのツアーを経て、コーチェラなど様々なフェスティヴァルへも出演。2013年にはセカンド・アルバム『Half Shadows』をUltra Recordsからリリースした。順調な活動をしていたが、サード・アルバムの制作に取りかかった2015年の後半に脳血管障害「もやもや病」を発病。二度の大きな脳の手術とリハビリを乗り越え回復し、本作『Lune Rouge』を完成させた。

As TOKiMONSTA, California producer Jennifer Lee’s charted a fascinating career over the past seven years, and Lune Rouge is her exhilarating next step. The third proper long-player from TOKiMONSTA is both a logical progression of her sound and a surprising left turn from an artist that rarely ceases to surprise. A smoky, patient, and altogether lovely collection, Lune Rouge mixes modern sensibilities with old-school sounds to make for a heady brew of moonlit music.

Lee’s work as TOKiMONSTA gained widespread recognition from the very start: her 2010 debut album, Midnight Menu, saw release on Flying Lotus’ Brainfeeder imprint and cemented her reputation as a formidable presence of the then-emerging West Coast beat scene. 2011’s Brainfeeder release Creature Dreams EP expanded on Midnight Menu’s palette with successful forays into vocal-led cuts thanks to the presence of regular collaborator Gavin Turek; the 2013 LP and Ultra Music debut Half Shadows found Lee exploring darker shades of her sound with guests such as Kool Keith and MNDR in tow.

Following Half Shadows’ release, Lee collaborated with artists like Jessie Ware, Anderson .Paak, and Kelly Rowland, while also putting out several records on her own Young Art Records imprint that served as practical blueprints for the dusky environs of Lune Rouge. Mini-albums Desiderium from 2014 and last year’s FOVERE elegantly deployed pitch-shifted vocal samples to add new textures to the TOKiMONSTA sound, and in 2015 she added her capable touch to Turek’s own mini-album, You’re Invited. All these roads lead to Lune Rouge, a lush work that stands as the summation of what she’s been cooking up since Half Shadows.

TOKiMONSTA’s sound has always kept one foot in the pop stratosphere, but Lune Rouge finds her diving in with glee. Her effervescent beats serve as the perfect framework for these gorgeous songs: Malaysian singer-songwriter Yuna weaves in and out of water-droplet tones and a stuttering chipmunk’d sample on lead single “Don’t Call Me.” “I’m super grateful to have created a song with Yuna,” Lee gushes. “I was a fan of hers for a while, so I have to shout out the world wide web for allowing two people on different continents the ability to create together. The message of the track is really more than unwanted phone calls, but the idea of people deciding to show up only when they need you.”

“I chose the title Lune Rouge, which translates to ‘red moon’, because I think people perceive it to hold ominous weight,” Lee explains her thinking behind the album’s title. “However, a red moon is rare and pretty awesome event from a scientific perspective and, to me, means significant change.” And Lune Rouge is the latest change in her prismatic career—a testament to the healing powers of art in the face of insurmountable difficulty.


1 / 3812345...102030...最後 »
Top