Author: PLANCHA

GREG FOX (Liturgy, Guardian Alien, Zs) JAPAN TOUR 2017

Liturgy、Guardian Alien、Zsのドラマーとしてだけでなく、怒濤のソロ・パフォーマンスでも衝撃を走らせている、ブルックリンの超絶変態ドラマー / トラックメイカー、Greg Fox。かつてThe Village Voiceにて“Best Drummer in New York”と称され、Ben Frostの最新作に参加したことも話題となった彼のGreg Fox名義でのジャパン・ツアーが決定!
ライヴ共演者もMELT-BANANA、Moan、YPY、MikaTen(T.美川 × テンテンコ)、中田粥、anndoe(jailbird Y)等、各所で強力メンツが目白押し。また、ソロだけでなく、東京SOUP公演では以前も好評だったDustin Wongとのコラボも再び実現。
是非お見逃し無く!

なお、今回のグレッグのelectronic / drummingのパフォーマンスはぐっとアップグレードされたものになっています。
米ニューヨークに拠点を置くSunhouseが開発したアコースティックドラムの表現力を豊かにするシステム「Sensory Percussion」を駆使しての演奏になります。
Sensory Percussionとは

“振動センサを内蔵したガジェットを、バス、スネア、タムタムの各ドラムの側面に引っかけることで、ドラムの振動をじかに捉えて、たたく強さや位置により違った音色を出す。ミックスされた新しい音色を作りだすこともできる。各ドラムに装着されたセンサガジェットは、一般的なオーディオインターフェースを経由してMac/Windows PCに接続する。専用ソフトウェアで出力パターンをセットすれば、簡単にユニークなドラム演奏が楽しめる。”

という画期的なシステムです。グレッグの卓越されたドラミングと融合する様相を是非生で体感してください。

Sensory Percussionとは(動画有り):
日本語 https://fabcross.jp/news/2015/07/20150714_sensory_percussion.html
English http://sunhou.se/

GREG FOX JAPAN TOUR 2017

・03/09(木) 東京 @八丁堀・七針 | ソロ・ワンマン(electronic / drumming)
・03/11(土) 東京 @落合SOUP | セッション(w/ Dustin Wong) 共演:MELT-BANANA
・03/12(日) 京都 @外 | 共演:Moan / YPY
・03/13(月) 大阪 @難波BEARS | 共演:MikaTen / YPY / 中田粥
・03/14(火) 広島 @ONDO | 共演:anndoe(jailbird Y) / 他

詳細・チケット予約などに関しては以下をご覧ください。
greg

0007223938_10

photo by Peter Gannushkin

東京公演①

日程:3/9(木)
会場:八丁堀・七針 (map)
時間:OPEN 19:30 / START 20:00
料金:予約 2,000円 / 当日 2,500円

出演:
Greg Fox (electronic / drumming)

※ご予約はこちらから↓

お名前[カタカナ] (必須) | name:
メールアドレス (必須) | e-mail address:
※メールアドレスをお間違えになられますと返信できませんので、お気をつけください。
ご連絡先電話番号 (必須) | tel:
ご希望枚数 (必須) | QTY:
ご質問・お問い合わせなど:

※ご連絡が無いキャンセルはお控えください。
※確認メールはすぐに届きます。数分待っても届かない場合は kunii@artuniongroup.co.jp までご連絡ください。
※携帯電話の場合PCからのメールの受信をできる設定にしてください。
※gmailなどフリーメールの方で未着の方はスパム・メールのフォルダもご確認ください。
※当日受付けでお名前を言っていただき、前売りの料金をお支払いいただきます。
〆切: 2017年3月9日13時到着分まで

Facebook_logo
また、Facebookページにて「参加する」ボタンを押していただければ前売りチケットのお取り置き(当日清算)致します。(お名前は表示されません)
FACEBOOKイベントページ


東京公演②

日程:3/11(土)
会場:落合・soup (map)
時間:OPEN 19:00 / START 19:30
料金:予約 3,000円 / 当日 3,500円

出演:
Greg Fox + Dustin Wong
MELT-BANANA

※ご予約はこちらから↓

お名前[カタカナ] (必須) | name:
メールアドレス (必須) | e-mail address:
※メールアドレスをお間違えになられますと返信できませんので、お気をつけください。
ご連絡先電話番号 (必須) | tel:
ご希望枚数 (必須) | QTY:
ご質問・お問い合わせなど:

※ご連絡が無いキャンセルはお控えください。
※確認メールはすぐに届きます。数分待っても届かない場合は kunii@artuniongroup.co.jp までご連絡ください。
※携帯電話の場合PCからのメールの受信をできる設定にしてください。
※gmailなどフリーメールの方で未着の方はスパム・メールのフォルダもご確認ください。
※当日受付けでお名前を言っていただき、前売りの料金をお支払いいただきます。
〆切: 2017年3月11日13時到着分まで

Facebook_logo
また、Facebookページにて「参加する」ボタンを押していただければ前売りチケットのお取り置き(当日清算)致します。(お名前は表示されません)
FACEBOOKイベントページ


京都公演

日程:3/12(日)
会場:京都・外
時間:OPEN 18:30 / START 19:00
料金:予約 2,500円 / 当日 3,000円

出演:
Greg Fox
Moan
YPY

※ご予約はこちらから↓

お名前[カタカナ] (必須) | name:
メールアドレス (必須) | e-mail address:
※メールアドレスをお間違えになられますと返信できませんので、お気をつけください。
ご連絡先電話番号 (必須) | tel:
ご希望枚数 (必須) | QTY:
ご質問・お問い合わせなど:


大阪公演

『AIR TOWEL』
日程:3/13(月)
会場:大阪・Namba BEARS
時間:OPEN 18:30 / START 19:00
料金:予約/当日 2,300円

出演:
MikaTen
YPY
中田粥
Greg Fox

※ご予約はこちらから↓

お名前[カタカナ] (必須) | name:
メールアドレス (必須) | e-mail address:
※メールアドレスをお間違えになられますと返信できませんので、お気をつけください。
ご連絡先電話番号 (必須) | tel:
ご希望枚数 (必須) | QTY:
ご質問・お問い合わせなど:


広島公演

日程:3/14(火)
会場:広島・ONDO
時間:OPEN / START 後日発表
料金:前売 2,000円(+1D) / 当日 2,800円(+1D)

出演:
Greg Fox
anndoe(jailbird Y)
etc…

※ご予約はこちらから↓
[広島公演前売券予約サイト]
https://mailform.mface.jp/frms/pexpox/rfbzl0xb2tlq
*お名前、メールアドレス 公演日付、チケット予約枚数をご入力後送信ください。


_IMG1429

photos by Cole Wilson

Greg Fox (Liturgy, Guardian Alien, Zs):

ブルックリンを拠点に活動しているドラマー。ブラック・メタル・バンド、Liturgy(一度脱退するが2014年に復帰)、自身のソロ・プロジェクトであるGDFの進化形態であるバンド、Guardian Alien、そしてNYのアヴァン・ミニマル・ジャズ・トリオ、Zsのメンバーとしての活動している。近年ではアイスランドのプロデューサー/ポスト・クラシカルの作曲家、Ben Frostの最新作『A U R O R A』に参加したことも話題となった。多彩な変拍子からブラスト・ビートまでを自在に操る、凄まじい手数とテクニックのドラミングは圧巻で、NYの情報誌The Village Voiceにて“Best Drummer in New York”と称された。2013年にはZsのメンバーとして、2014年にはGuardian Alienとしても来日を果たす。バンドだけではなく、ソロ、そして盟友Dustin Wong、七尾旅人とのセッションなどでその卓越されたドラミングを披露し、日本のオーディエンスに衝撃を走らせた。また、GDFX名義ではドラミングではなく、エレクトロニックなトラック・メイキングもしており、そちらも秀逸だ。

http://infinitelimbs.com/

 

Dustin Wong

photo by Hiromi Shinada

Dustin Wong(落合SOUP公演に出演):

ハワイで生を受け、2歳の時に日本へと移住。高校卒業までを日本で過ごし、大学進学のため再渡米。エクスタティック・サンシャイン、ポニーテイルでの活動を経て、ソロとしてスリル・ジョッキーと契約。足元に並べた多数のエフェクターを駆使し、ミニマルでカラフルなレイヤーを描き出していく万華鏡のごときギター・パフォーマンスは各所で話題となる。日米をまたにかけ活動し、2012年は朝霧JAMへの出演、さらには盟友であるダーティー・プロジェクターズ(2012年)、ビーチ・ハウスのジャパン・ツアー(2013年、2016年)のオープニングもつとめた。2013年5月には嶺川貴子との共作をリリースし、FUJI ROCK ‘13に出演。2017年4月5日に嶺川とのデュオ第3弾『Are Euphora』をリリース予定。

https://www.facebook.com/minekawawong

 

MxBxPhoto01-color300MELT-BANANA(落合SOUP公演に出演):

MELT-BANANAは東京を拠点として活動する2人編成のバンドである。
メンバーはYAKO(vo.)とAGATA(g.)。
現在までに7枚のスタジオ・アルバム、2枚のライブ・アルバム、2枚のシングル集をリリースしている。
MELT-BANANAは今までに全世界で約1500回以上のライブを行い、WireやMr.Bungle、FantomasやTool、MGMTのツアーをサポートしたり、はたまた、シドニーオペラハウスでの故Lou Reed主宰のイベントに出演したり、Mike PattonやShellacをはじめ、WireやMogwai、またUnderworldのKarl Hyedeと親交があったり、でも国内ではハードコアやノイズなシーンにいたり、その活動の幅広さは、もはや、ある種正体不明であり、はたまた神出鬼没、時々、奇想天外なのだ。
以前はフルバンド編成でライブを行っていた時期もあったが、現在はPCを駆使した2人編成でのライブを行っており、国内外を問わず、精力的に活動している。
2015年には、2000年から2009年にリリースしたシングルを集めたコンピレーション・アルバム”Return of 13 Hedgehogs”のリリース、それに合わせてアメリカ・ツアーを行ったが、その際にはBon IverのJustin Vernon主宰のEaux Claires Fes(USA)に出演、また、BatimoreでのMaryland Death Festにも出演。
国内ではアニメーション「Ninja Slayer from Animation」の第2話エンディング曲を担当し、その活動の場を広げている。
また、2016年の春にはNapalm Deathとthe Melvinsと共にアメリカ・ツアー行い、また、イギリスのRaw Power FestivalやチェコのObscene Extreme Festival等に出演、冬にはフランスとドイツをツアーするなど、MELT-BANANAの前進振りは健在。次はどんな世界をみせてくれるのか、どこに進んで行くのか、楽しみなバンド である。

http://www.melt-banana.net/


Teen Dazeの新作『Themes For Dying Earth』のアルバム・ヴィジュアル・トレイラーが公開&npr musicで全曲フル試聴が開始!

1/25に日本先行リリース致しました、Teen Dazeの新作『Themes For Dying Earth』のアルバム・ヴィジュアル・トレイラーが公開され、npr musicにて全曲フル試聴も開始されました。

artpl-085
Artist: Teen Daze
Title: Themes For Dying Earth
Cat#: ARTPL-085
Format: CD / Digital

※ボーナス・トラック1曲収録
※正方形紙ジャケット仕様
※歌詞・対訳付き

Release Date: 2017.01.25
Price(CD):
2,000yen + 税


カナダのドリーム・ポップ才人、Jamison Isaakによるソロ・プロジェクト、Teen Dazeの、フル・アルバムとしては通算5作目となる新作が完成!これまでのキャリアの素養を見事に昇華した現時点での最高傑作と言える力作。
Sean Carey、Dustin Wong、Sound of Ceres、Nadia Hulett等が参加。

Read More →


BRAIDS JAPAN CIRCUS TOUR 2017

2015年に傑作サード・アルバム『Deep In The Iris』(カナダのグラミーといわれるJuno Awards 2016にてオルタナティヴ・アルバム・オブ・ザ・イヤーを受賞!)を引っさげ初来日を果たし、その圧倒的なパフォーマンスがロック〜クラブ・リスナーの垣根を越えて各所で絶賛された(CHVRCHESのローレン嬢も大ファンであることを公言)、モントリオールのアート・ロック〜エクスペリメンタル・ポップ・バンド、BRAIDSの2度目の来日!
東京、大阪とも会場はCIRCUSで開催のCIRCUS TOURです!
さらに進化した彼らの姿は観逃し厳禁!

大阪公演には日本とアメリカを行き来しながら活動し、2017年4月には待望となる1st Album『Say Goodbye to Memory Den』をリリースをするブライテスト・ホープ、DYGLが追加ゲスト出演決定!

※大阪公演のチケット価格表記に誤りがありました。お詫びして訂正させていただきます(2017/2/15更新)
BRAIDS_omote

BRAIDS JAPAN CIRCUS TOUR 2017

3/4(SAT) 東京公演

“BRAIDS JAPAN TOUR 2017 in TOKYO”

日程:2017/3/4(土)
会場:CIRCUS TOKYO
開場 18:00 / 開演 18:30
LIVE:BRAIDS
料金:前売り ¥3,500 / 当日 ¥4,000(税込/1D別)
チケット(発売中):ぴあ(P-CODE:322841) / ローチケ(L-CODE:76556) / e+ / Peatix

3/5(SUN) 大阪公演

“BRAIDS JAPAN TOUR 2017 in OSAKA”

日程:2017/3/5(日)
会場:CIRCUS OSAKA
開場 18:00 / 開演 18:30
LIVE:BRAIDS
GUEST: DYGL <NEW!!!
料金:前売り ¥3,000 / 当日 ¥3,500(税込/1D別)
チケット(発売中):ぴあ(P-CODE:322842) / ローチケ(L-CODE:57051) / e+ / Peatix

主催:CIRCUS
協力:PLANCHA

Read More →


Lusine

Lusine_1_2017-Photo_Credit-Sarah_McIlwainテキサス出身のJeff McIlwainによるソロ・プロジェクト。L’usineやLusine Iclなどの名義でも活動を続してきた。デトロイト・テクノと初期IDMの影響を受けて制作を始め、メランコリックでメロディックなダウンビート・テクノとでも呼ぶべき独自のサウンドを生みだしたエレクトロニック・ミュージック界の才人のひとり。1998年よりカリフォルニア芸術大学で20世紀エレクトロニック・ミュージックとサウンド・デザイン、映画を専行、そこでShad Scottと出会い、1999年にL’usine名義でファースト・アルバム『L’usine』をIsophlux Recordsよりリリース。新人アーティストの作品としては異例なほど高い支持を受ける。2002年には、URB誌恒例のNext 100にも選出され、アメリカのエレクトロニック・ミュージックの今後を担う重要アーティストと位置づけられた。その後2002年後半からシアトルに移り現在に至るまで拠点にしている。様々なレーベルを股にかけ活動し、『A Pseudo Steady State』、『Coalition 2000』(U-Cover)、『Condensed』、『Language Barrier』(Hymen)、『Serial Hodgepodge』、『Podgelism』、『A Certain Distance』、『The Waiting Room』(Ghostly International)などのアルバム、数々の12インチ・シングル、EPなどをリリース。また、Funckarma、 Marumari、Lawrence、School of Seven Bells、Tycho、Max Cooperなどのリミックス、McIlwainは、Mute、!K7、Kompakt、Asthmatic Kitty、Shitkatapultなど様々なコンピレーション、さらにはフィルム・プロジェクトのスコア制作など、多岐にわたる活動を展開。シアトルに移ってからはエレクトロニック・ミュージックの優良レーベルGhostly Internationalを母体にリリースをしている。

http://www.lusineweb.com/


LUSINE “Sensorimotor” [ARTPL-086]

ARTPL-086
Artist: LUSINE
Title: Sensorimotor

Cat#: ARTPL-086
Format: CD / Digital

※解説・歌詞・対訳付き
※正方形紙ジャケット仕様

Release Date: 2017.03.03
Price(CD): 2,000yen + tax


メランコリック・エレクトロニカの最高峰!Lusineの4年ぶりのニュー・アルバムが完成!
ゼロ年代初頭から頭角を現したエレクトロニカ〜IDMのオリジネーターの1人であり、今日においてもその進化を止めないLusineが辿り着いたイマジネティヴでドリーミーな極上サウンド

Read More →


NVのアルバム『BINASU』から「KATA」のMVが公開!

昨年11月に日本でCDリリース致しました、ロシアのシンセポップ超新星NVのアルバム『BINASU』から“あの”日本語にしか聞こえないキラー・チューン「KATA」のMVが公開されました!
Kateのキュートな魅力が見事に反映された素敵なビデオに仕上がっております!


Artist: NV
Title: Binasu
Cat#: ARTPL-081
Format: CD
解説: Dirty Dirt
※歌詞・対訳付き
※日本のみでCD化
※ボーナス・トラック2曲収録

Release Date: 2016.11.02 ※タワーレコード先行(10/19)発売
Price(CD): 1,900 yen + 税


ロシア発!ポストGrimes的シンセポップ超新星NVが遂に日本デビュー!
ボーナス・トラックにDeradoorianとの共演曲「Konicchiwaa (ft. Deradoorian)」収録!

Read More →


Teen Dazeの新作『Themes For Dying Earth』からセカンド・シングルとしてS. Careyをフィーチャーした「First Rain」がリリース&公開!

いよいよ今月1/25に日本先行発売となります、Teen Dazeの通算5作目となるニュー・アルバム『Themes For Dying Earth』からセカンド・シングルとして、ボン・イヴェールのバンド・メンバーとしても知られる、マルチ・プレイヤー、S. Careyをフィーチャーした「First Rain」がリリース&公開されました。

First Rain
Artist: Teen Daze
Title: First Rain (with S. Carey)

Label: PLANCHA (JP) / FLORA / sounds and visions
Format: Digital (Single)
Release Date: 2017.01.13

iTunes: https://itunes.apple.com/jp/album/id1194424909/

artpl-085
Artist: Teen Daze
Title: Themes For Dying Earth
Cat#: ARTPL-085
Format: CD / Digital

※ボーナス・トラック1曲収録
※正方形紙ジャケット仕様
※歌詞・対訳付き

Release Date: 2017.01.25
Price(CD):
2,000yen + 税


カナダのドリーム・ポップ才人、Jamison Isaakによるソロ・プロジェクト、Teen Dazeの、フル・アルバムとしては通算5作目となる新作が完成!これまでのキャリアの素養を見事に昇華した現時点での最高傑作と言える力作。
Sean Carey、Dustin Wong、Sound of Ceres、Nadia Hulett等が参加。

Read More →


TYCHO JAPAN TOUR 2017のゲスト・アクトにNitemovesが決定!

TYCHO JAPAN TOUR 2017のオープニング・アクトとして、TYCHOのサウンドの根幹を支える辣腕ドラマー、Rory O’connorによるソロ・プロジェクト、Nitemovesの出演が決定致しました!サード・アルバム『Don’t Ask!』をリリースしたばかりの彼のパフォーマンスは必見です!是非お見逃し無く!

cxilxjcweaapdoj-jpg_largeTYCHO JAPAN TOUR 2017
(Guest: Nitemoves)

2017/1/12 (Thu) @Osaka BIG CAT
OPEN 18:30 START 19:30
スタンディング 前売り:¥6,500 ※ドリンク代別
お問合わせ: 06-6535-5569(SMASH WEST)

2017/1/13 (Fri) @Shinagawa Prince Stellar Ball
OPEN 18:30 START 19:30
1F スタンディング 2F 指定席 前売り:¥6,500 ※ドリンク代別
お問合わせ: 03-3444-6751(SMASH)

公演・チケット詳細:http://smash-jpn.com/live/?id=2613

 

Processed with VSCOcam with p5 presetNitemoves(ナイトムーヴス):
かつてはコム・トゥルーズ、現在はティコのドラマーとしてサウンドの根幹を支える、ワシントンDC在住のローリー・オコナーによるソロ・プロジェクト。そのメカニカルな適格性とヒューマニックなダイナミズムを兼ね備えた圧巻のドラミングに大きな注目が集まっているが、バンド活動の傍ら、4 tracksとアナログ・シンセを用い、10年以上前から創作に励んできた。2012年にファースト・アルバム『Longlines』を発表し、続いて2013年にはセカンド・アルバム『Themes』をリリース(2014年にPLANCHAからCD化)。そして2016年末に3作目となる新作『Don’t Ask!』をリリースしたばかり。持ち前のタフ且つリズミカルなドラミングに、レトロ/ヴィンテージ・テイストのカラフルなシンセやエレクトロニクスが、絶妙の低音やリヴァーブに彩られながら浮遊し描き出されるメロディックでグルーヴィな世界観は極めて独創的だ。これまでナイトムーヴスとして2015年に、ティコのドラマーとして2013年、2016年のTAICOCLUB、2015年のジャパン・ツアーで来日を果たしている。

Facebook
SoundCloud
Twitter

artpl-084
Artist: Nitemoves
Title: Don’t Ask!
Cat#: ARTPL-084
Format: CD / Digital

※解説付き
※ボーナス・トラック収録

Release Date: 2016.12.21
Price(CD:JP): 1,900yen + tax
Price(Digital:JP): 1,500yen(Album) / 200yen(1 Track)


Tychoの辣腕ドラマー、Rory O’connorによるソロ・プロジェクト、Nitemovesの新作!

Read More →


YOUNG MAGIC – LIVE IN TOKYO – 2017/1/28 (SAT) @ SOUP

Carparkのドリーム・ポップ・デュオ、Young Magicの初来日東京公演が決定!

これまで名門Carparkから3枚のアルバムをリリースしている、ニューヨークのエクスペリメンタル・ソウル〜エレクトロニック・ドリーム・ポップ・グループ、Young Magicの初来日公演が決定致しました!
1/28(土)に落合SOUPにて開催致します。
詳細、チケットのご予約に関しましては以下をご確認ください。

young_magic

YOUNG MAGIC – LIVE IN TOKYO –

2017/1/28 (SAT) – TOKYO @SOUP

日程:2017/1/28(土)
会場:落合・SOUP (map)

OPEN 18:30 / START 19:00
予約 3,000円(税込) / 当日 3,500円(税込)

出演:
Young Magic
Cuushe
Daisuke Tanabe

※前売ご予約の受付は終了致しました。当日券は18:30より会場入り口にて販売致します。

主催:PLANCHA


Read More →


Teen Dazeが新作へむけてドキュメンタリーを公開!

Teen Dazeが新作『Themes For Dying Earth』へむけてショート・ドキュメンタリー・フィルムを公開!
前作『Morning World』のツアーでの経験や、ストレスや消耗によって誘発された不安をどのように改善したか、そしてニュー・アルバム『Themes For Dying Earth』での経験とストーリー、さらには自身が暮らすフレイザーバレーからもたらされるインスピレーションや地球温暖化のことに関しても語っております。

そしてアルバムの詳細も発表!

artpl-085
Artist: Teen Daze
Title: Themes For Dying Earth
Cat#: ARTPL-085
Format: CD / Digital

※ボーナス・トラック1曲収録
※正方形紙ジャケット仕様
※歌詞・対訳付き

Release Date: 2017.01.25
Price(CD):
2,000yen + 税


カナダのドリーム・ポップ才人、Jamison Isaakによるソロ・プロジェクト、Teen Dazeの、フル・アルバムとしては通算5作目となる新作が完成!これまでのキャリアの素養を見事に昇華した現時点での最高傑作と言える力作。
Sean Carey、Dustin Wong、Sound of Ceres、Nadia Hulett等が参加。

Read More →


TEEN DAZE “Themes For Dying Earth” [ARTPL-085]

ARTPL-085
Artist: Teen Daze
Title: Themes For Dying Earth
Cat#: ARTPL-085
Format: CD / Digital

※ボーナス・トラック1曲収録
※正方形紙ジャケット仕様
※歌詞・対訳付き

Release Date: 2017.01.25
Price(CD):
2,000yen + 税


カナダのドリーム・ポップ才人、Jamison Isaakによるソロ・プロジェクト、Teen Dazeの、フル・アルバムとしては通算5作目となる新作が完成!これまでのキャリアの素養を見事に昇華した現時点での最高傑作と言える力作。
Sean Carey、Dustin Wong、Sound of Ceres、Nadia Hulett等が参加。

Read More →


SLOW MAGIC @KATA 2016/12/13(TUE)

Slow Magicの3度目となる来日公演が急遽決定!

今年4月にJapan Tour(東京&京都)を行ったカラフルな覆面を被った謎のプロデューサー、Slow Magicの一夜限りの東京公演が決定致しました。会場は恵比寿LIQUID ROOMの2FのKATAです。
Slow Magicの祝祭的パフォーマンスを間近で観られる貴重な機会です!
キャパシティが限られておりますので、ご予約はお早めにお願いします。
詳細は以下をご確認くださいませ。ご来場をお待ちしております!
※前売りご予約の受け付けは締め切りました。当日券は若干数販売する予定です。

NEWS (12/5 update):

  1. Slow Magicのリミックス「Heaven With You (Slow Magic Remix)」も収録した新作EP『Dollhouse』をリリースしたばかりのDream AngelとSlow MagicのB2B DJ Setがオープニングに決定(開場から開演までの間)
  2. 限定スペシャルTシャツの販売決定(サイズS/M/L/XL)
  3. 当日のタイムテーブルを公開

cy9xyyeucaa87jd-jpg_largeSLOW MAGIC @KATA

12/13(TUE) – TOKYO

日程:2016/12/13(火)
会場:恵比寿・KATA (map)

OPEN 19:30 / START 20:30
予約 2,800円(税込) 受け付け終了 / 当日 3,300円(税込)
※前売りご予約の受け付けは締め切りました。
※当日券は若干数販売する予定です。

出演:
Slow Magic (LIVE)
Slow Magic B2B Dream Angel (DJ Set)

TIME TABLE:
19:30 OPEN
19:30 – 20:30 Slow Magic b2b Dream Angel (DJ Set)
20:30 – 21:30?? Slow Magic (LIVE)

主催:PLANCHA

限定スペシャルTシャツ販売が決定!

※サイズはS/M/L/XLございますが、数量限定のため、各サイズ無くなり次第販売終了となります。
販売価格:2,500円(税込)

sample


 

Read More →


Teen Dazeのニュー・アルバムのリリース決定!先行シングルが公開!

Teen Dazeの通算5作目となるニュー・アルバム『Themes For Dying Earth』のリリースが決定!
日本盤は2016/1/25に先行発売致します。ボーナス・トラック1曲収録、解説・歌詞・対訳付き。
それに伴いアルバムからの先行デジタル・シングル「Cycle」がリリース&公開されました!

01-cycle
Artist: Teen Daze
Title: Cycle

Label: PLANCHA (JP) / FLORA / sounds and visions
Cat#: FL-01
Format: Digital

iTunes: https://itunes.apple.com/jp/album/cycle-single/id1174733430

ニュー・アルバム『Themes For Dying Earth』1/25に日本先行発売決定!

np
Artist: Teen Daze
Title: Themes For Dying Earth
Cat#: ARTPL-085
Format: CD / Digital

※解説・歌詞・対訳付き
※ボーナス・トラック1曲収録

Release Date: 2017.1.25
Price(CD:JP): 2,000yen + tax
Price(Digital:JP): 1,500yen(Album) / 200yen(1 Track)

※詳細は追ってお知らせ致します。

 


NITEMOVES “Don’t Ask!” [ARTPL-084]

artpl-084
Artist: Nitemoves
Title: Don’t Ask!
Cat#: ARTPL-084
Format: CD / Digital

※解説付き
※ボーナス・トラック収録

Release Date: 2016.12.21
Price(CD:JP): 1,900yen + tax
Price(Digital:JP): 1,500yen(Album) / 200yen(1 Track)


Tychoの辣腕ドラマー、Rory O’connorによるソロ・プロジェクト、Nitemovesの新作!

NitemovesことRory O’connorは現在はTychoのドラマー(かつてはCom Truiseのドラマー)としての活動をメインにしているが、元々4Tracksとアナログ・シンセ(Arp Odyssey)を用いて、10年以上前から創作に励んできた。このソロ・プロジェクトから彼の音楽的な素養とサウンド・クリエイターとしてのセンスがひしひしと窺える。

本作は2013年にリリースした『Themes』以来となる3作目。活動拠点であるワシントンDCにて2014年から2016年にかけて録音した本作は、作曲、プロデュース、ミックスまですべてをRory本人が行っている。マスタリングは数々の作品を手掛けているNYのSalt MasteringのPaul Goldが担当。

Tychoでも存分に発揮されている持ち前のタフ且つリズミカルなドラミングに、レトロ/ヴィンテージ・テイストのカラフルなシンセやエレクトロニクスが絶妙の低音やリヴァーブに彩られながら浮遊する、メロディックでグルーヴィな世界観はそのままに、エモーショナル且つダイナミックなテイストが増し、さらに彩り豊かなサウンドへと昇華している。ギターなどの生音のオーガニックな質感も効果的に加味され、様々なエレクトニック・ミュージックのエッセンスにポストロックが融合していくかのようなドリーミーな高揚感に引き込まれる。Tychoの新作『Epoch』に共振する部分も多々あるので、是非合わせてお聴きになっていただきたい。


All songs written, produced, & mixed by Rory O’Connor.
Mastered by Paul Gold at Salt Mastering.

Recorded in Washington, DC between 2014-2016 by Rory O’Connor with the invaluable help and support of Audrey Melton, Scott Hansen, Zac Brown, Alexander King, Martin Reisch, Anthony Gallo, Richard Howard, Evan Napala, Qi Shen, and the Wikipedia Creative Commons.


TRACK LIST:

01. ADIZ
02. Tonopah Gothic
03. Rosencroix
04. Harbinger Group
05. The Work
06. ZEVZ
07. Dead Drop
08. Tacit Blue
09. Rendition
10. Theme from “Diego Garcia”
11. Ask Me Anything!
12. Redacted [Bonus Track]

 


Ex Confusionの新作『Last』から「Voices」が公開!

Bibioに絶賛され昨年はコラボも果たし、国内外で注目を集める邦人アーティスト、オオモリアツヒトによるソロ・プロジェクト、Ex Confusionの11/23にリリースとなります待望の新作『Last』から「Voices」が公開されました。
感傷的で美しいトラックです!

Read More →


1 / 2412345...1020...最後 »
Top