Artist: Kllo
Title: Maybe We Could
Cat#: ARTPL-125
Format: CD / Digital

※解説: 野田努 (ele-king)
※歌詞・対訳付き

※日本のみでCD化

Release Date: 2020.07.17
Price(CD): 2,000 yen + 税


オーストラリアはメルボルンを拠点に活動している、Simon LamとChloe Kaulの従兄弟によるエレクトロニック・ミュージック・デュオ、Klloのセカンド・アルバム『Maybe We Could』がついに完成!

各所で高い評価を得た、2017年のデビュー作『Backwater』のリリースからの2年間に及ぶワールド・ツアー、幾つかのシングル・リリースの後、両者は互いにソロ作品に取り組んでいた。そういった経験を経て、再び共に創作を始めた彼らは新たなスタートを迎え完成させた、ダンス・ミュージックのリズムと感情的なコードやメロディを組み合わせた珠玉の10トラック。

リード・シングルである「Still Here」は、センシティヴなピアノ・バラードの下に90年代のレイヴスタイルのドラムが駆け抜ける切なく疾走感のあるトラック。「この決定を信じるのにはかなりの時間がかかりました」とChloeは語っているが、結果的に両者が好む2つのスタイルを見事に融合させたダンサブルで美しいサウンドに仕上がった。「Insomnia」では柔らかなキーに硬いビートを絡め、メランコリックで滑らからサウンドを展開。この曲は活動休止中に両者が北米にいたときに素材を提供しあったもので、別々の場所から書かれた初めてのトラックであ。その感触は時差ぼけの喜びと変位の感覚を反映しており、北米での時間に大きく影響受けている。
そして、アルバムのハイライトは、「Somehow」。アンバランスな関係を切り取った渦巻くようなダンス・トラックで、パーカッシブなビートの上でシンセラインは静止状態からスパイラル状に変化し、目まぐるしくも心地よく展開する。「Ironhand」では喪失と変化への恐れに対峙するほろ苦いR&Bをみせるなど、実に多彩で、繊細かつ力強い2人の持ち味が実直に反映されている。

片思い、疑い、欲望、決断などの衝動に従いながら、より滑らかでニュアンスのあるトーンを取り入れている。もちろんこれまでのKlloならではのダイナミズムもあるが、年齢と経験を重ね、より上品で味わい深い作品に仕上がっており、さらなるブレイクに期待高まる。
なお、CDリリースは現状日本のみ。


TRACK LIST:

01. Cursed
02. Still Here
03. Insomnia
04. My Gemini
05. Somehow
06. Maybe We Could
07. Ironhand
08. 1 Up
09. A Mirror
10. Just Checking In

Related Post

HELIOS “Domicile” Artist: Helios Title: Domicile Cat#: ARTPL-147 Format: CD ※ボーナス・トラック1曲収録予定 ※日本独自CD化 Release Date: 2020.12.11 Price(CD): 2,200 yen + 税 ...
COM TRUISE “In Decay, Too” Artist: COM TRUISE Title: In Decay, Too Label: PLANCHA Cat#: ARTPL-146 Format: CD ※日本独自CD化 Release Date: 2020.12.04 Price(CD): 2,200y...
TOBACCO “Hot Wet & Sassy” Artist: TOBACCO Title: Hot Wet & Sassy Label: PLANCHA / Ghostly International Cat#: ARTPL-141 / GI-366J Format: CD ※国内流通仕様盤 Release ...
PREP “Futures” Artist: PREP Title: Futures Cat#: ARTPL-144 Format: CD ※日本独自CD化再発 ※紙ジャケット仕様 ※ボーナス・トラック3曲収録 Release Date: 2020.10.30 Price(CD): 1,800yen ...