CARIBOU - Suddenly | 2020.02.28 Release
ASA TONE - Temporary Music | 2020.01.31 Release
RECONDITE - Dwell | 2020.01.24 Release
KYSON - Kyson | 2020.01.17 Release
previous arrow
next arrow
 

Teen Dazeが名門Cascineと契約してのニュー・アルバム『Interior』が12/10リリース決定!先行ファースト・シングル「Swimming」のリリース&ミュージック・ビデオが公開!

photo credit: Hana Pesut

photo credit: Hana Pesut

カナダはブリティッシュ・コロンビア州のプロデューサー、Jamison Isaakによるソロ・プロジェクトTeen Dazeが名門Cascineと契約してのニュー・アルバム『Interior』が12/10リリース決定しました。

先行ファースト・シングルとして、ソフトフォーカスしたリズムが特徴の「Swimming」がリリース、そしてNicole Ginelliが監督したミュージック・ビデオも公開されました。

Teen Dazeは「この曲は、3年ほど前に、このアルバムのために最初に作った曲の一つです。この曲は、Joel Fordの指導にとても助けられました。最初にオリジナルのデモを彼に送ったとき、彼は”2000年代初期のフレンチ・ハウス・ミュージックの断片が聴こえる”と言いましたが、私が聴いていたのはもっと冷たいモジュラー・ベースのシンセ・サウンドでした。とにかく、その言葉をきっかけにして、今日聴いていただいているようなレコードにたどり着きました。「Swimming」は、その言葉の恩恵を最も受けた曲のひとつです。この曲は、まさにダンス・フロアのための曲です。私はここ数年、”踊れるアンビエント・ミュージック”を作ろうとしてきましたが、この曲はDJツールに近いものです。」と語っています。

Nicole Ginelli監督「Swimming」について:
「私にとってこの曲は、再び一緒に踊ることへの祝福と、その瞬間への期待を表しています。私自身の抽象的なアバターを使用して、私の動きやダンスが反応するアニメーションを引き起こし、私の周りのインタラクティブな空間を引き起こします。リアルタイムのモーションキャプチャーを使用したVRで作られています。」

 

Teen Daze new single “Swimming” out now


“Swimming – Edit”
Apple Music: https://geo.music.apple.com/jp/album/swimming-edit/1590307961?app=music
iTunes: https://geo.itunes.apple.com/jp/album/swimming-edit/1590307961?app=itunes
Spotify: https://open.spotify.com/track/1c4LGptQBQROAjZBM4WEHc?si=8ab9a8502e574efe

Swimming (Official Video): https://www.youtube.com/watch?v=O5OUXftnYtg

 

Teen Daze new album “Interior” 12/10 release


Artist: Teen Daze
Title: Interior
Label: PLANCHA / Casine
Cat#: ARTPL-163
Format: CD / Digital
Release Date: 2021.12.10
Price(CD): 2,200 yen + 税
※日本盤ボーナス・トラック1曲収録


Teen Daze新章へ。名門Casineと契約し、オリジナル・アルバムとしては2019年の『Bioluminescence』以来となるニュー・アルバムを完成。ベッドルームを飛び出しフロアも飛び越えていくドリーミー・ダンス・ミュージック!Teen Dazeのキャリア史上最もエレガントで魅力的な作品!

カナダはブリティッシュ・コロンビア州のプロデューサー、Jamison IsaakことTeen Dazeは、大人になって世界を股にかけるようになるとは予想だにしていなかったが、10代の頃に見たフランスのハウス・ミュージックのビデオに魅了され、それが今でも続いているのだという。”10代の頃に見たフランスのハウス・ミュージックのビデオが彼に魔法をかけたのです”と語っている。

海の向こうの合成された景色や音に刺激された彼は、プリミティヴなソフトウェアや録音プログラムを根気よく独学し、ずっと彼を魅了し続けたダンス・ミュージックの頭脳的でうっとりするような世界をリバースエンジニアリングしていた。そして10年後、ドリーミーなシンセポップとロマンティック・エレクトロニカの広大なディスコグラフィーを蓄積し、その過程で何度も地球を横断してきた彼のプロジェクトの旅のサブテキストは、「Teen Dazeは夢の実現である」という明確なものだった。

本作『Interior』はYumi Zoumaなどを輩出してきた名門Cascineと契約してのニュー・アルバム。Oneohtrix Point Neverなどの仕事でも知られるJoel Fordがミックス、Dave Cooleyがマスタリングを担当したこのアルバムは、ベッドルームから大部屋まで、恍惚とした高さで垣間見えるエレクトリックな未来への頌歌であり、知恵、傷、そして驚きのプリズムを通して屈折した初恋のようなアルバム。フィルター・ハウスと点滅するライト、ソフト・アシッドと蒸気のようなネオン、まるで『Akira』のティーンエイジャーが聴いているかもしれないような。

『Interior』は全8曲(日本盤はボーナス・トラック1曲追加の計9曲)。ジャズとアンビエントを横断するような作風をみせ、また、DIANA、Destroyer、The War on Drugs等の作品への参加でも知られるマルチ・インストゥルメンタリストのJoseph Shabason(崇高なファンタジアのオープニング曲「Last Time In This Place」)とヴォーカリストのセシル・ビリーヴ(グリッチ・グラマラスなアンセム「2AM (Real Love)」)によるコラボレーションは、このレコードのパレットを喚起的に広げている。『Interior』はJamisonによる自身の芸術的覚醒へのラブ・レターであり、若き日の発見と遠隔地での夢のパラダイムシフトへのラブ・レター。「Nite Run」、「Nowhere」、「Translation」などの曲は、Teen Dazeの数多い楽曲の中でもひときわ際立っており、テクスチャーの繊細さと感情の起伏が見事に融合している。スカイライン、逃避行、官能的なエネルギーが合わさった音楽であり、終わることのない夜の中で永遠に上昇していくかのよう。

ベッドルームを飛び出しダンス・フロアも超えてドリーミーに浮遊していくサウンド。間違いなくTeen Dazeのキャリア史上最もエレガントで魅力的な作品だ。


Track List (Digital):
1. Last Time In This Place (feat. Joseph Shabason)
2. Swimming
3. Nite Run
4. Nowhere
5. Interior
6. Still Wandering
7. 2 AM (Real Love) (feat. Cecile Believe)
8. Translation
9. Thru The City (Bonus Track)
10. Swimming – Edit
11. Interior – Edit
12. 2 AM (Real Love) (Feat. Cecile Believe) – Edit
13. Translation – Edit

Track List (CD):
1. Last Time In This Place (feat. Joseph Shabason)
2. Swimming
3. Nite Run
4. Nowhere
5. Interior
6. Still Wandering
7. 2 AM (Real Love) (feat. Cecile Believe)
8. Translation
9. Thru The City (Bonus Track)

 

Teen Daze:

現在はカナダはブリティッシュ・コロンビア州を拠点に活動しているJamisonによるエレクトロニック・ドリーム・ポップ・ソロ・プロジェクト。元々は セルフでデジタル・リリースしていた音源がチルウェイヴ・ムーヴメントに乗って注目を集め頭角を現したが、ロックからクラブ・ミュージックまで幅広い音楽 的素養を持つ彼は着実な進化をみせ、もはやその範疇に収まらないサウンドを構築している。2012年にファースト・アルバム『All Of Us, Together』、セカンド・フル『The Inner Mansions』を立て続けにリリースし、2013年には早くもサード・アルバム『Glacier』を発表。これまでの流れを汲みつつアンビエント・テイストを深めたサウンドを披露し、さらなる評価を高め、初来日も果たした。そして2015年初頭に新作EP『A World Away』をBandcampにてセルフ・リリース。その後ボーナス・トラックを含めたアルバム仕様にてPLANCHAからCD化された。2015年には4作目となるフル・アルバムにして初のバンド編成での作品『Morning World』をリリース。2017年には再びソロに戻り、多数のゲスト迎えた5作目『Themes For Dying Earth』を発表し、3度目の来日ツアーも果たした。2019年にはデジタルとナチュラルの見事な調和をみせたアルバム『Bioluminescence』をリリース、2020年には日常をリフレッシュするコンセプチャルな音源シリーズ、『Reality Refresh』を見せた。2021年、名門Casineと契約しニュー・アルバムのリリースを発表した。また、リミキサーとしても多数のアーティストを手掛けている才人である。


NYのエクスペリメンタル・ポップ・グループ Mr Twin Sisterの通算4作目のフル・アルバム『Al Mundo Azul』のリリースが決定!先行シングル「Ballarino」が公開!

Credit: Hannah Kristina Metz

Credit: Hannah Kristina Metz

NYを拠点に活動するエクスペリメンタル・ポップ・グループ、Mr Twin Sisterの2018年の『Salt』以来となる通算4作目のフル・アルバム『Al Mundo Azul』のリリースが決定。
先行シングル「Ballarino」が公開されました。

表向きはアルバムの中で最もストレートでポップなものですが、この変幻自在で中毒性ののあるトラックは、ラブ・ソングを皮肉ったものです。
「Ballarino」についてEstella(they/them)は次のように説明しています。
「スマートフォンにアクセスできること、そしてそれが私のライフスタイルをどのように変えたかについてです。テーマは何か新しいものの感覚です。不思議です。」

ニュー・アルバム『Al Mundo Azul』はデジタルで11月19日リリース、CDは日本のみで12月中旬リリース予定です。

 

Mr Twin Sister new single “Ballarino” out now


YouTube (Official Audio): https://youtu.be/IApxTeNlZEE

※YouTubeのリンクと埋め込みが誤っておりましたので、差し替え致しました(2021.10.24)

 

Mr Twin Sister new album “Al Mundo Azul” 11/19 release


Artist: Mr Twin Sister
Title: Al Mundo Azul
Label: PLANCHA / Twin Group
Cat#: ARTPL-162
Format: CD / Digital
Release Date: 2021.11.19 (Digital) / CDは12月上〜中旬発売予定
Price(CD): 2,200 yen + 税


NYのエクスペリメンタル・ポップ・グループ、Mr Twin Sisterの3年ぶりとなる通算4作目が完成!「最もアップビートなアルバムを作ろう」と、バンドの方向性を一変させた、これまでで最も刺激的でダンサブルなサウンド。
英語とスペイン語を織り交ぜ、クラブ・ミュージックやラテンの要素も巧みに消化し、進化を止めないバンドが到達した新境地!

冒頭の「Fantasy」から、このグループのかつての抑制されたクールさとは打って変わって、目を覚ましたようなニヤリとした表情を見せ、アルバムは一気に加速していく。本作『Al Mundo Azul』のきっかけは、2018年の『Salt』の後にシンガーのAndrea Estellaが”私たちの最もアップビートなアルバムを作ろう。何か軽快で速いものを”という提案だった。先行シングルの時点でそのプランが実行されたことが垣間見られ、「Expressions」は2018年の名曲「Echo Arms」の長尺のディスコを明るく艶やかなポップスに磨き上げ(両曲ともトップラインにこだわるEric Cardonaの手腕が光っている)、「Diary」と「Polvo」はアシッドに焼かれたピアノ・ハウスと強烈で混乱したラテン・ポップを浮遊させる。

メンバーのGabel D’Amicoは、このアルバムのサウンド的なアプローチについて次のように述べている。”私たちは、スタイルのスイッチを正反対の位置に切り替えたかったのです。複雑さよりも即効性、自然な音よりも異質な音、完璧なテイクよりもルーズな演奏。私たちが作ってきた夜の音楽の後に来る、明るいレコードです」。メンバーのUdbhav Guptaは、「それぞれの要素を強く、特徴的にし、スペースを確保し、あまりきれいではないが個性のあるものを強調する」ことの重要性を指摘している。その結果、これまでとは一線を画す、際立ったレコードが出来上がった。

このグループはこれまでにも二ヶ国語での曲作りに取り組んできたが、『Al Mundo Azul』では初めてスペイン語の音楽が不可欠となった。アルバムのハイライトである「Polvo」、「Carmen」、「Al Mundo Azul」はスペイン語で歌われており、”歌詞とストーリーテリングが(スペイン語で)再び新しく感じられた”と、ヴォーカルのAndreaの自信と勢いが満ちている。。移民の両親のもと、バイリンガルの家庭で育ったAndreaは、幼い頃にスペイン語を話していたにもかかわらず、大人になってからスペイン語と疎遠になってしまったことの影響について、いまだに悩んでおり、曲を作ることは、まだ残っている不安感を払拭する機会となったという。”時間がないように感じていました。機会を逃したくなかったので、”もういいや “と言うしかありませんでした”とAndreaは語っている。

『Al Mundo Azul』の楽曲のキャラクター達は、トラックが次々と切り替わるたびに、注目を集めようと躍起にんる。「Carmen」は嘆きながら休息を求め、「Beezle」は嘲笑しながら冷たい目を向け、「Pine」は炎上し、「Al Mundo Azul」は息を吐きながら、青の彼方に向かっていく。Andreaは生涯の試金石として童話を挙げ、”子供の物語は、人生で対処しなければならない困難なことに取り組むところが好きです。子供の頃、父がニュースを流すと、深刻で悲劇的な内容のニュースが流れていました。私はその時、子供っぽいことは絶対に手放さないと決心しました”と語っており、『Al Mundo Azul』も同様に、鮮やかでシュールなポップスを使って、頭でっかちなアイデアや感情を解き明かしている。”私は、暗いものと明るいものが混在しているのが好きです。そのバランスが好きなのは、それが現実の人生だからです”。

バンドのターニング・ポイントになることは間違いないアルバム。多彩な展開と秀逸なポップ・センスが光る眩く躍動感に満ちた傑作だ。


TRACK LIST:

1. Fantasy
2. Expressions
3. Youth Obsessed
4. Carmen
5. Beezle
6. Ballarino
7. Polvo
8. Diary
9. Pine
10. Despoil
11. Al Mundo Azul

 

Mr Twin Sister:

ニューヨークはロングアイランドで、それぞれ別のバンドで演奏していた、ヴォーカリストのAndrea Estella(彼女は人気テレビ・ドラマ・シリーズ『Veronica Mars』の映画版のキャストに抜擢されるなど、女優としても活動)、ベーシストのGabe D’Amico、ドラマーのBryan Ujueta、キーボーディストのDev “Udbhav” Gupta, ギタリスト/ヴォーカリストのEric Cardonaの5人が出会い、2008年に結成。当時はTwin Sister名義で活動していたが、現在Bryan Ujuetaは脱退し、4人編成となっている。

結成してまもなく最初のEP『Vampires with Dreaming Kids』をリリース。ファースト・ライヴをSXSWで行い、tUnE-YarDs、Xiu Xiuとのツアーを経た後、セカンドEP『Color Your Life』をInfinite Bestより発表。2011年にDomino Recordsと契約し、ファースト・アルバム『In Heaven』をリリース。そしてDead OceansからリリースしたLuyasとのスプリットのシングル「Meet The Frownies」はKendrick Lamar「The Recipe Ft. Dr. Dre」にサンプリングされるなど話題となる。

順調な活動をしていく中、2013年にアンドレアは多発性硬化症と診断され、フロリダ州タラハシーでツアー中に交通事故にあうなど、災難に見舞われる。その後復活までに少し時間を要したものの、プロデューサーのJon LowとAva Lunaのメンバーの助けを借りて録音し、自身のレーベルTwin Groupを立ち上げ、名義をMr Twin Sisterに改名し、セルフ・タイトルのセカンドアルバムを完成させた。

その後目立った活動は見られなかったが、2018年にカムバックし、4年の歳月をかけて完成させたサード・アルバム『Salt』をリリースした。


dip in the poolの最新曲で、1992年にMr.Fingers名義でリリースされたLarry Heardのカヴァー「What about this love」が配信開始。10/20発売のアルバム『8 red noW』に収録。


近年は世界的な再評価も高まっている木村達司(track)と甲田益也子(vo)によるデュオ、dip in the poolが1997年にリリースしていたポップでカラフルなアルバム『Wonder 8』から6曲を抜粋しリマスタリング、そして新曲2曲を追加してアップデートした10月20日リリースの『8 red noW』から「What about this love」が配信開始されました。

「What about this love」はdip in the poolの最新曲で、1992年にMr.Fingers名義でリリースされたLarry Heardのリリカルなチルアウト・ハウスのカヴァー「What about this love」です。

なお、『Wonder 8』のCDはこの秋〜冬に開催されるツアー『Departures』の初演である、10月8日Billboard Live TOKYOでのワンマン・ライヴ会場で先行発売も決定しております。

 

dip in the pool new single “What about this love”


Artist: dip in the pool
Title: What about this love
Label: grandisc
Format: Digital Single

1. What about this love
2. What about this love – instrumental

iTunes / Apple: https://music.apple.com/jp/album/what-about-this-love/1582424703?i=1582425261
Spotify: https://open.spotify.com/album/3tOgEplNLNK2FNH0iEqp1Q?si=VkPK1aUrTk6JdvFhvSroNA&dl_branch=1
Bandcamp: https://ditp.bandcamp.com/album/what-about-this-love

dip in the pool – What about this love (126sec. teaser)
https://www.youtube.com/watch?v=oS2BOEsrtxg

 

dip in the pool “8 red noW” 10/20 release


Artist: dip in the pool
Title: 8 red noW
Label: PLANCHA / grandisc
Cat#: ARTPL-158
Format: CD
Release Date: 2021.10.20
Price(CD): 2,300 yen + 税

※歌詞カード付き
※正方形紙ジャケット仕様(帯付き)


海外からの再評価が進み、国内外の様々なアーティストからラブコールを受けているdip in the poolが1997年にリリースしていたポップでカラフルなアルバム『Wonder 8』から6曲を抜粋しリマスタリング、そして新曲2曲を追加してアップデートした新たな8つのワンダフルな曲世界『8 red noW』。

1983年に作/編曲を担当する木村達司(track)と、モデル、女優としても活動している作詞担当の甲田益也子(vo)によって結成されたデュオ。86年にイギリスの名門ROUGH TRADEよりデビューし話題となった。木村達司が構築する巧みなトラックに甲田益也子の幻想的なヴォーカルを融合させる確固たるスタイルで、マイペースに活動を続け、今日までに計10枚のアルバムをリリース。昨今の80年代日本音楽の世界的評価の流れもあり、近年はVisible Cloaksと共作するなど、海外からの再評価が著しく、国内外から脚光を浴びている。

90年代後半に一時期活動を休止し、2011年に再開したのだが、その休止前最後にリリースしていたのが『Wonder 8』である。ドリーム・ポップやアンビエントなどにリンクする幽玄的なサウンドを披露してきた彼らだが、『Wonder 8』ではそういった要素は残しつつも一際ポップなサウンドを見せている。小気味良いビートと様々な音色がシンプルながら綿密にレイヤードされたトラックに、たおやかなヴォーカルが漂う心地よくカラフルな音世界。本作『8 red noW』は『Woder 8』から6曲を抜粋し、リマスタリングし、2021年9月にリリースした、最新曲で、1992年にMr.Fingers名義でリリースされたLarry Heardのリリカルなチルアウト・ハウスのカヴァー「What about this love」、そして兼ねてから交流が深く、日本でライヴ共演も果たした、モントリオールを拠点に活動しているプロデューサーCFCFとの共作曲「Colour of Life」を追加収録し、新たな8曲にアップデートした作品。

元々は97年の作品であるにも関わらず、全く色褪せることはなく、時代が転換したこともあり、むしろ現代的にすら感じられ、時を超えて聴かれるべき新鮮な息吹を放っている。

清水靖晃、Satoshi Tomiie、窪田晴男、バカボン鈴木、水政創史郎、古川初穂、赤木りえ、松田幸一、CFCFが参加。

アートワーク/アート・ディレクションは盟友Mic*Itayaが担当。


TRACK LIST:

01. Lucy
02. What about this love
03. I feel so good
04. Spring of love
05. 緑の光線
06. She’s a fruit
07. On LINE
08. Colour of life

Guest Musicians:
Yasuaki Shimizu, Satoshi Tomiie, Haruo Kubota, Vagabonde Suzuki, Soshiro Mizumasa, Hatsuho Furukawa, Rie Akagi, Kohichi Matsuda and CFCF

 

dip in the pool tour 2021“Departures”

Departures TOKYO

日程:2021年10月8日(金)
会場: Billboard Live TOKYO
時間:
1stステージ Open 14:00 / Start 15:00(当初の予定から変更となっております)
2ndステージ Open 17:00 / Start 18:00(当初の予定から変更となっております)

チケット:
サービスエリア 6,000円
カジュアルエリア 5,500円(1ドリンク付き)
配信ライヴ 2,800円

出演:dip in the pool
Member:
甲田益也子(Vo.)
木村達司(Key.)
ゲスト
Daniel Baeder(Dr.)
松井敬治(Ba.)
窪田晴男(Gt.)
角銅真実(Vib./etc.)

詳細:http://www.billboard-live.com/pg/shop/show/index.php?mode=detail1&event=12861&shop=1

Departures GATE 02 KYOTO

日程:2021年11月13日(土)
会場: Moxy Kyoto Nijo https://www.marriott.co.jp/hotels/travel/ukyox-moxy-kyoto-nijo
時間:Open 17:30 / Start 18:30
料金:3,800 yen(+1 drink fee)
チケット:★ご予約は下記メールアドレスまで①予約公演名[Departures / dip in the pool] / ②お名前 / ③人数 / ④お電話番号 をお知らせください。
Mail : info@moxynijo.com Tel. : 075-801-2200

出演:dip in the pool / 角銅真実

Departures GATE 03 SAPPORO

日程:2021年12月5日(日)
会場: Precious Hall http://www.precioushall.com/
時間:Open 18:30 / Start 19:30
料金:3,800 yen
★全自由席となりますので当日会場エントランスにて入場料をお支払いください。
Tel.:011-200-0090

出演:dip in the pool / Kuniyuki

●コロナ禍による影響で開催日時が変更になる可能性がございます。予めご了承ください。
●文化庁「ARTS for the future!」補助対象事業

 

この投稿をInstagramで見る

 

dip in the pool(@dipinthepool)がシェアした投稿

 

dip in the pool:
1983年に作/編曲を担当する木村達司(track)と、作詞担当の甲田益也子(vo)が結成したデュオ。独特の音楽センスとファッショナブルなヴィジュアルが話題を呼び、86年にイギリスはROUGH TRADEよりデビュー。国内では86年MOON RECORDS(現在はワーナーミュージック内のレーベル)よりデビューアルバムをリリース。88年にTV-CMに使用されたシングル「Miracle Play ~ 天使の降る夜」で大きな人気を集めた。
過去にレコーディング参加したミュージシャンは、佐久間正英、清水靖晃、窪田晴男、富家哲、トニー・レヴィン、ミノ・シネル、モーガン・フィッシャー、ピーター・シェラー(アンビシャス・ラバーズ)、といった個性豊かな実力者ばかりであった。
マイペースな活動と並行して、甲田益也子が89年に映画『ファンシイダンス』で役者としてもデビューし、映画『白痴』では主演をつとめた。木村達司は他アーティストのプローデュース、アレンジやCM、映画音楽制作等、個々の活動も多彩に展開している。
MOON RECORDSでアルバム4枚、EPIC SONY (現在のEPIC RECORD)で3枚、EAST WORKSでアルバム1枚を発表。98年にはEAST WORKSより作曲及びプロデューサーに細野晴臣、清水靖晃、テイ・トウワ、ゴンザレス三上、ピーター・シェラー、etc.という豪華な顔ぶれを迎えた甲田益也子のソロアルバムをリリース。
その後の活動休止を経て2011年に本格的に再始動、14年ぶりになるアルバム『brown eyes』をリリース。
2013年には木村達司がモーガン・フィッシャー、安田寿之と共にアンビエント・エレクトロニカ・アルバム『Portmanteau』をリリース。甲田益也子がゲストボーカルとして4曲参加している。
2015年1月に伊藤ゴロー、古川初穂らをゲストに迎えた10枚目のアルバム『HIGHWIRE WALKER』をリリース。
2016年にアムステルダムに本拠を置き世界中に多くのファンを擁する復刻レコード専門レーベルMusic From Memoryから89年に発表した『On Retinae』が12 inch・シングルとしてリイシューされ世界的に再評価される。
2017年にはアメリカのアンビエント・デュオVisible Cloaksからの依頼を受けシングルを共作リリースし、来日イベントでは共演も果たしている。
2018年、オーストラリアはメルボルンとシドニーのでのフェス、イベントに参加。
2019年、フランスはパリ、スウェーデンはストックホルムでのフェス参加、ライブ公演を行う。
2020年、カナダの奇才、CFCFとの共作曲をdip in the pool名義としては4年振りにシングルをリリース。
また、世界を三つのタイムゾーン(JST for Asia, Oceania, CET for Europe, Africa, CDT for North and South America.)に分け、それぞれのゾーンに向けたオンラインライブ配信=バーチャル・ワールドツアー ‘Around the World in a Day’ を開催し話題となる。
2021年、9/24リリースのシングル「What about this love」を含むニュー・アルバム『8 red noW』を10/20にリリース。

 


ロシアはモスクワをベースに活動する折衷的エクスペリメンタル・ポップアーティスト、Kate NVの「Du Na」のミュージック・ビデオが公開!『Room for the Moon Insrumentals』のCD版10/22リリース!


ロシアはモスクワをベースに活動する折衷的エクスペリメンタル・ポップアーティスト、Kate Shilonosovaによるソロ・プロジェクト、Kate NVが昨年RVNG Intl.からリリースした『Room for the Moon』から「Du Na」のミュージック・ビデオが公開されました。この曲は元々インストゥルメンタルで、アルバム・リリース1周年を記念した『Room for the Moon Insrumentals』にも収録されております。

『Room for the Moon Insrumentals』はデジタル版は9/24に発売され、日本のみのCDは、ボーナス・トラックとしてHyperdubから作品をリリースしているカナダ出身のプロデューサー/シンガーJessy LanzaによるリミックスとNina Kraviz主宰のレーベルТРИП (TRIP)からアルバムをリリースしたロシアのエレクトロニック・シンセ・デュオPTUリミックスが追加収録し、10/22にリリースされます。

※CD版は現状日本ではPLANCHA、海外はRVNGのWebショップのみの取り扱いです。

 

Kate NV — Du Na (Official Video)

YouTube: https://youtu.be/ZWEqYKe2ZM0

 

Kate NV “Room for the Moon Instrumentals”


Artist: Kate NV
Title: Room for the Moon Instrumentals
Cat#: ARTPL-159
Format: CD / Digital

※CDはPLANCHA、RVNG Intl.のBandcamp / web shopのみで販売
※日本のみでCD化

※ボーナス・トラック2曲収録

Release Date: 2021.09.24 (Digital) / 2021.10.22 (CD)
Price(CD): 2,000 yen + 税

Payment: PayPal / Shipping Worldwide: Post (small packet) ※日本でご購入の方はこちらから(クリックポストは送料無料)


ロシアはモスクワをベースに活動する折衷的エクスペリメンタル・ポップアーティスト、Kate Shilonosovaによるソロ・プロジェクト、Kate NVが昨年RVNG Intl.からリリースした『Room for the Moon』がリリース1周年でインストゥルメンタル版のリリースが決定。
自身のルーツである70年代〜80年代のロシアと日本のポップスからの影響をベースにしつつ、Orange Milk Recordsからリリースした『BINASU』のポップ・センスと、RVNGからリリースした『для FOR』で見せたアンビエント〜ミニマル〜ニューエイジが見事なバランスで融合したカラフルなサウンドの根幹とメロディや綿密なサウンド・プロダクションが垣間見れる貴重な作品。CDリリースは日本のみ。

自宅とモスクワのスタジオスペースにて録音されており、長年のコラボレーターであるJenya Gorbunov(ベース)、Vladimir Luchanskiy(サックス)、Quinn Oulton(ベース/サックス)が参加。

70年代〜80年代のロシアと日本のポップ・ミュージック&映画からの影響が色濃い本作は、Orange Milk Recordsからリリースした『BINASU』のポップ・センスと、RVNGからリリースした『для FOR』で見せたアンビエント〜ミニマル〜ニューエイジが見事なバランスで融合している。

ケイトのノスタルジックなおとぎ話「Room for the Moon」の楽しげなシンセ・ライン、推進力のあるポリリズム、そして暖かく気まぐれなメロディーとメモリーを、飾らない本質であらためて体験してください。

日本のみのCDにはHyperdubから作品をリリースしているカナダ出身のプロデューサー/シンガーJessy Lanzaによる「Lu Na」のリミックスとNina Kraviz主宰のレーベルТРИП (TRIP)からアルバムをリリースしたロシアのエレクトロニック・シンセ・デュオPTUによる「If Anyone’s Sleepy」のリミックスが収録。


TRACK LIST:

01. Not Not Not (Instrumental)
02. Du Na
03. Sayonara (Instrumental)
04. Ça Commence Par (Instrumental)
05. Marafon 15 (Instrumental)
06. Tea (Instrumental)
07. Lu Na (Instrumental)
08. Plans (Instrumental)
09. If Anyone’s Sleeping (Instrumental)
10. Telefon (Instrumental) https://katenv.bandcamp.com/track/telefon-instrumental
11. Lu Na (Jessy Lanza Remix) [Bonus Track]
12. If Anyone’s Sleepy (PTU Remix) [Bonus Track]

 

Kate NV:
ロシアはモスクワをベースに活動しているプロデューサー/DJ/演奏家/ヴォーカリスト、ケイト・シロノソヴァによるソロ・プロジェクト。元々はSonic YouthやDinosaur Jr.などに影響を受けたオルタナティヴ・ロック〜ポストパンク・バンド、Glintshakeのヴォーカルとして活動。また、同時に20世紀のクラシカルなミュージシャン達とCornelius Cardewのアイデアとアヴァンギャルドなコンポーズを再構築するMoscow Scratch Orchestraのメンバーでもある。それらと平行してソロとしてNVを始動させ、2014年にジャパニーズ・ポップスやニュージャックスウィング、90’s R&Bなどの影響を感じさせるEP『Pink Jungle』を発表し注目を集め、同年、Red Bull Music Academy Tokyoで初来日を果たす。2016年に待望のソロ・デビュー・フル・アルバム『Binasu』を2016年にGiant ClawとSeth Graham主宰の重要レーベル、Orange Milkからファースト・アルバム『BINASU』をリリース。各所で絶賛され、世界各国をライヴで飛び回る。その才能はエクスペリメンタル・ミュージック・シーンの最先鋭レーベルであるブリルックリンのRVNG Intl.の目にとまり、契約を果たし、2018年にセカンド・アルバム『для FOR』をリリースした。その後初の単独来日ツアーを成功させ、収録曲「вас YOU」は細野晴臣のラジオで2度に渡りプレイするなど、日本でも話題となり、浜離宮恩賜庭園で開催された花紅柳緑(RED BULL MUSIC FESTIVAL TOKYO 2019)への出演も果たした。2020年待望のサード・アルバムを完成。引き続き現代エクスペリメンタル・ミュージックの最先鋭レーベル、RVNG Intl.からリリースした。


Kate NVが昨年RVNG Intl.からリリースした『Room for the Moon』がリリース1周年でインストゥルメンタル版のCDリリースが決定!


ロシアはモスクワをベースに活動する折衷的エクスペリメンタル・ポップアーティスト、Kate Shilonosovaによるソロ・プロジェクト、Kate NVが昨年RVNG Intl.からリリースした『Room for the Moon』がリリース1周年でインストゥルメンタル版が本日9/24にデジタル・リリース、そして日本のみでのCDも10/22にリリースも決定致しました。

自身のルーツである70年代〜80年代のロシアと日本のポップスからの影響をベースにしつつ、Orange Milk Recordsからリリースした『BINASU』のポップ・センスと、RVNGからリリースした『для FOR』で見せたアンビエント〜ミニマル〜ニューエイジが見事なバランスで融合したカラフルなサウンドの根幹とメロディや綿密なサウンド・プロダクションが垣間見れる貴重な作品。

CDは日本のみで、ボーナス・トラックとしてHyperdubから作品をリリースしているカナダ出身のプロデューサー/シンガーJessy LanzaによるリミックスとNina Kraviz主宰のレーベルТРИП (TRIP)からアルバムをリリースしたロシアのエレクトロニック・シンセ・デュオPTUリミックスが追加収録されております。

 

Kate NV “Room for the Moon Instrumentals”


Artist: Kate NV
Title: Room for the Moon Instrumentals
Cat#: ARTPL-159
Format: CD / Digital

※CDはPLANCHA、RVNG Intl.のBandcamp / web shopのみで販売
※日本のみでCD化

※ボーナス・トラック2曲収録

Release Date: 2021.09.24 (Digital) / 2021.10.22 (CD)
Price(CD): 2,000 yen + 税

Payment: PayPal / Shipping Worldwide: Post (small packet) ※日本でご購入の方はこちらから(クリックポストは送料無料)


ロシアはモスクワをベースに活動する折衷的エクスペリメンタル・ポップアーティスト、Kate Shilonosovaによるソロ・プロジェクト、Kate NVが昨年RVNG Intl.からリリースした『Room for the Moon』がリリース1周年でインストゥルメンタル版のリリースが決定。
自身のルーツである70年代〜80年代のロシアと日本のポップスからの影響をベースにしつつ、Orange Milk Recordsからリリースした『BINASU』のポップ・センスと、RVNGからリリースした『для FOR』で見せたアンビエント〜ミニマル〜ニューエイジが見事なバランスで融合したカラフルなサウンドの根幹とメロディや綿密なサウンド・プロダクションが垣間見れる貴重な作品。CDリリースは日本のみ。

自宅とモスクワのスタジオスペースにて録音されており、長年のコラボレーターであるJenya Gorbunov(ベース)、Vladimir Luchanskiy(サックス)、Quinn Oulton(ベース/サックス)が参加。

70年代〜80年代のロシアと日本のポップ・ミュージック&映画からの影響が色濃い本作は、Orange Milk Recordsからリリースした『BINASU』のポップ・センスと、RVNGからリリースした『для FOR』で見せたアンビエント〜ミニマル〜ニューエイジが見事なバランスで融合している。

ケイトのノスタルジックなおとぎ話「Room for the Moon」の楽しげなシンセ・ライン、推進力のあるポリリズム、そして暖かく気まぐれなメロディーとメモリーを、飾らない本質であらためて体験してください。

日本のみのCDにはHyperdubから作品をリリースしているカナダ出身のプロデューサー/シンガーJessy Lanzaによる「Lu Na」のリミックスとNina Kraviz主宰のレーベルТРИП (TRIP)からアルバムをリリースしたロシアのエレクトロニック・シンセ・デュオPTUによる「If Anyone’s Sleepy」のリミックスが収録。


TRACK LIST:

01. Not Not Not (Instrumental)
02. Du Na
03. Sayonara (Instrumental)
04. Ça Commence Par (Instrumental)
05. Marafon 15 (Instrumental)
06. Tea (Instrumental)
07. Lu Na (Instrumental)
08. Plans (Instrumental)
09. If Anyone’s Sleeping (Instrumental)
10. Telefon (Instrumental) https://katenv.bandcamp.com/track/telefon-instrumental
11. Lu Na (Jessy Lanza Remix) [Bonus Track]
12. If Anyone’s Sleepy (PTU Remix) [Bonus Track]

 

Kate NV:
ロシアはモスクワをベースに活動しているプロデューサー/DJ/演奏家/ヴォーカリスト、ケイト・シロノソヴァによるソロ・プロジェクト。元々はSonic YouthやDinosaur Jr.などに影響を受けたオルタナティヴ・ロック〜ポストパンク・バンド、Glintshakeのヴォーカルとして活動。また、同時に20世紀のクラシカルなミュージシャン達とCornelius Cardewのアイデアとアヴァンギャルドなコンポーズを再構築するMoscow Scratch Orchestraのメンバーでもある。それらと平行してソロとしてNVを始動させ、2014年にジャパニーズ・ポップスやニュージャックスウィング、90’s R&Bなどの影響を感じさせるEP『Pink Jungle』を発表し注目を集め、同年、Red Bull Music Academy Tokyoで初来日を果たす。2016年に待望のソロ・デビュー・フル・アルバム『Binasu』を2016年にGiant ClawとSeth Graham主宰の重要レーベル、Orange Milkからファースト・アルバム『BINASU』をリリース。各所で絶賛され、世界各国をライヴで飛び回る。その才能はエクスペリメンタル・ミュージック・シーンの最先鋭レーベルであるブリルックリンのRVNG Intl.の目にとまり、契約を果たし、2018年にセカンド・アルバム『для FOR』をリリースした。その後初の単独来日ツアーを成功させ、収録曲「вас YOU」は細野晴臣のラジオで2度に渡りプレイするなど、日本でも話題となり、浜離宮恩賜庭園で開催された花紅柳緑(RED BULL MUSIC FESTIVAL TOKYO 2019)への出演も果たした。2020年待望のサード・アルバムを完成。引き続き現代エクスペリメンタル・ミュージックの最先鋭レーベル、RVNG Intl.からリリースした。


LA拠点のアーティストHana VuがGhostly Internationalと契約しDay Waveを共同プロデューサーに迎えてリリースするニュー・アルバム『Public Storage』の日本盤リリースが決定。先行サード・シングル「Keeper」がリリース&ミュージック・ビデオが公開。

Photo by Corinne Schiavone

Photo by Corinne Schiavone

ロサンゼルスを拠点に活動するアーティスト、Hana VuがGhostly Internationalと契約し11月5日にリリースするニュー・アルバム『Public Storage』の日本盤リリースが決定しました。

本日「Maker」、「Everybody’s Birthday」に続く先行サード・シングル「Keeper」がリリース&ミュージック・ビデオが公開されました。「Keeper」は、ドリーミーなシンセサイザーとクールな声のナレーターが印象的な、ニュー・ウェイヴ的楽曲です。

Meagen Houangが監督、Jas Linが振り付けを担当したビデオでは、Vuが音的にも肉体的にも芸術的な技巧に磨きをかけています。このビデオは、撮影監督のAndrew Yuyi Truongによって、16mmフィルムで1テイクで撮影されています。
“「Keeper』の撮影は、本当に強烈な経験でした”とHana Vuは言います。事前に何度か振り付けのリハーサルを行い、撮影当日は約9時間のリハーサルを行い、最後の1時間だけ撮影したという。

“「Keeper」を聴いたとき、私たちは皆、仕事、家族、友人、あるいは自分の中の悪魔など、さまざまな社会的期待に囚われているのではないかと考えました”とHouang監督は言います。
“本当は爆発したいのに、人に見られたくないという気持ちを表現したビデオを作りたかったのです。ワン・テイクで撮影することで、観客の目を逸らさないようにしました。私たちもHanaと同じように、常に無視されるというサイクルに閉じ込められています。この作品では家族を舞台にしていますが、これは視聴者が家族というものに安心・安全感を抱くからです。家族という環境は、ハナのはじけるようなパフォーマンスとのコントラストを生み出し、時には身内からも見向きもされない辛さを際立たせています。”

 

Hana Vu New Single “Keeper” out now


YouTube (Official Video): https://www.youtube.com/watch?v=3dC62iOkIXw

 

Hana Vu New Album “Public Storage” 11/5 release


Artist: Hana Vu
Title: Public Storage
Label: PLANCHA / Ghostly International
Cat#: ARTPL-160
Format: CD
Release Date: 2021.11.05
Price(CD): 2,000 yen + 税


ロサンゼルス在住の21歳のアーティスト、Hana VuがGhostly Internationalに移籍して初のフル・アルバム『Public Storage』のリリースが決定。グランジからニュー・ウェイヴまでを横断し、メランコリックで内省的ながら、現代の孤独に寄り添うような心を揺さぶるエモーショナルなサウンドが心を鷲掴みに。共同プロデュースはDay WaveことJackson Phillips。

Storage=倉庫には、外界から一時的に隔離された所有物や、時間や場所を再び結びつけることができるオブジェが収められている。ハナ・ヴーは、引っ越しが多く、家族でロサンゼルスの公共倉庫=Public Storageを定期的に利用しながら育ったようで、それがこのアルバムのタイトルの由来となっている。数年ごとに引っ越しをしていたので、神聖なものと日常的なものが混在し、コンクリートやスチールの中に置かれていたと言い、現在21歳のミュージシャンである彼女は、曲を作ってリリースするという芸術をそれと同じような意味で捉えている。「思考、感情、荷物、経験を公に表現することで、毎年蓄積され、”アルバム”という小さな単位を埋めていくのです」。

Ghostly Internationalと契約してのニュー・アルバムとなる本作を書き始めたとき、彼女はそのような建物(Public Storage)の隣に住んでいた。その建物のそびえ立つような存在感は、このアルバムのサウンドが、ベッドルーム・ポップを飛び越えはるかに大きなスケールになっていることを暗示している。ドライヴィンなギターのポップ・ソングのエモーショナルな動産は、公共倉庫に散らばる様々な箱を表している。それらの箱は、元々はそれぞれ一人の人間のものであったが、置き去りにされたことによって、1箱ごとに陰鬱な内省のトーンを与えている。彼女はアルバム全体を通して、記憶、ムード、想像上のシーンを、主体性・カリスマ性・信念を持って積み上げたり、崩したりしながら、人間の内的な世界を掘り起こしている。

「幼少期は毎日起きてはLAのALT 98.7(カリフォルニア州ロサンゼルスに認可された商業用オルタナティヴ・ロック・ラジオ局)を聴いていました。そこで90年代から00年代のオルタナティヴ・ロックに接し、高校に入ってからは地元のDIYシーンと出会いました。同級生のミュージシャンにはサーフ・ロックやパンク系のバンドが多かったので、彼らと一緒にギグをしていました。でも、当時聴いていた音楽(St. VincentやSufjan Stevens)は、自分が演奏するものとは全く違っていました」と振り返る。最終的に彼女は、Willow Smith(現在はWILLOW名義で活動)との穏やかなコラボレーションや、ザ・キュアーやフィル・コリンズのカヴァーなど、ベッドルーム・ポップの実験をBandcampに記録して、自分の活動を行っていった。そして彼女は人気音楽webメディアでもあるGorilla vs. Bearの耳に留まり、2018年にセルフ・プロデュースによるデビューEP『How Many Times Have You Driven By』を彼らのインプリント(Fat Possumと共同運営)であるLuminelle Recordingsからリリースし、翌年にはダブルEP『Nicole Kidman / Anne Hathaway』をリリースした。

正式なフル・アルバムとなる『Public Storage』は、初期作品のサウンドをベースにしつつ、ソングライターとしての彼女の強みを、さらに鮮烈に洗練している。自ら「とても侵略的で強烈なサウンド」と称し、現代のトレンドとは一線を画しており、音に身を任せるのではなく、共に関わるべき音楽であるという。また、このアルバムでは、初めて共同プロデューサーにDay WaveことJackson Phillipsを迎え、Jacksonはヴォーカルを伸びやかに拡張し、壮大で粒立ちの良い多面的な世界の創造に貢献している。

アルバム冒頭から作品全体に通底するある”力”がほとばしる。「私は無宗教ですが、これらの曲を書いているときには、ある種の荒んだ人物が、究極的に懲罰的な力に何かを求めて泣いている姿を想像していました。」と彼女は説明する。1曲目の「April Fool」では孤立したピアノの鍵盤にヴォーカルが融合しながら暖かなストリングスとセルフハーモニーへと変化。チャーミングなサウンドであるが、この曲の主人公は自分の周囲の環境やコミュニケーション能力を否定している。続くタイトル・トラックではノイジーなギターを主体にしつつ柔らかい琥珀色の光を拡散させながら、さらに暗く、濁った、騒がしい場所へと誘う。彼女はこの曲で、一連の反抗的な拒絶(失敗、家族、魔法)とカタルシスの要求を表しており、自叙伝的ではなく抽象的な表現を好むリリシストが、珍しくも力強い弱さを見せている。ディスコ風のシンセ・パターンとグルーヴ感のあるベースのスタブで構成された 「Aubade」は、その名の通り朝のような明るいバウンス感があり、アルバムのダウナーなテーマと巧みに対立する。このコントラストは「Keeper」でも続き、躍動感のあるニュー・ウェイヴ的サウンドで、ドリーミーなシンセサイザーが鳴り響き、クールな声のナレーターがダークながら心地よい音世界を演出している。「Gutter」では再びグランジな雰囲気に戻り、骨太で重厚なギター・リフがフィードバックの上で躍動し、オーケストラ・ストリングスと共にドラマティックに駆け上がり、最後には轟音で締めくくられる。

アルバムの後半にはハイライトがいくつもあり、リズミカルでフックの多い「Everybody’s Birthday」は現在の悪しき不条理、時代の終わりを語っている。最後飾る先行ファースト・シングルでもある「Maker」で実存的なものへの最後の挑戦を表している。優しいバンジョーの音色とピアノをベースに、Vuのハーモニーがエスカレートしていき、自責の念に駆られた吐息でクライマックスを迎える。長い間行方不明になっていたアクセサリーは、とても意味のあるもので、倉庫の奥にある箱の底に埋もれていた。あまりにも多くの場所を転々とする中、失われたものを認識する中で、変色した慰めの形見を見つけ、『Public Storage』の論理的な結論を導き出した。

自身の体験に基づきながら、人間の内側にある感情をドラマティック且つエモーショナルに音像化したそのサウンドは聴き手の魂を揺さぶり、否応無しに引き込まれる。テーマはダークではあるものの、楽曲には持ち前のソングライティングやポップ・センスが光っており、素晴らしい才能が今しか表現できない情熱を刻み込んだ輝かしい傑作である。


TRACK LIST:

01. April Fool
02. Public Storage
03. Aubade
04. Heaven
05. Keeper
06. Gutter
07. My House
08. World’s Worst
09. Anything Striking
10. Everybody’s Birthday
11. I Got
12. Maker

 


Hana Vu:

ロサンゼルスを拠点にするアーティスト。幼少期に父親の持っていたギターを手に取り、独学で弾き始め、毎日起きては、90年代や00年代のオルタナティヴ・ロックが流れるLAのALT 98.7を聴いていた。2014年、14歳になった彼女は、ベッドルーム・ポップの実験をBandcampで発表しはじめる。彼女のサウンドは、ギターと独特のコントラルトのヴォーカルで構築された、陰鬱でメロディックなポップスで、Willow Smithとのコラボレーションや、ザ・キュアーやフィル・コリンズのカヴァーなどをセルフ・リリースで展開していった。2018年のシングル「Crying on the Subway」がGorilla vs. Bearの耳に留まり、Gorilla vs. Bearは彼女のセルフ・プロデュースによるデビューEP「How Many Times Have You Driven By」を彼らとFat Possumが共同運営するレーベル、Luminelle Recordingsからリリース。Pitchfork、NME、The Faderなどで取り上げられ、The Faderでは「17歳の彼女は、あなたや私よりもクールだ」と評された。続いて2019年には、Luminelleから『Nicole Kidman / Anne Hathaway』というタイトルのダブルEPをリリースした。そしてGhostly Internationalと契約に至り、アルバム『Public Storage』のリリースが決定した。
また、ライヴ・パフォーマーとしては、これまでSoccer Mommy、Sales、Nilufer Yanya、Wet、Kilo Kish、Phantogramなどをサポートを務めている。


dip in the poolが1997年にリリースしていたアルバム『Wonder 8』を現代にアップデートした作品『8 red noW』が10/20リリース決定

Photo by Adi Putra

Photo by Adi Putra

近年は世界的な再評価も高まっている木村達司(track)と甲田益也子(vo)によるデュオ、dip in the poolが1997年にリリースしていたポップでカラフルなアルバム『Wonder 8』から6曲を抜粋しリマスタリング、そして新曲2曲を追加してアップデートした作品『8 red noW』が10月20日にリリース決定しました。

なお、この秋〜冬に開催されるツアー『Departures』の初演である、10月8日Billboard Live TOKYOでのワンマン・ライヴ会場で先行発売も決定しております。

 

dip in the pool “8 red noW” 10/20 release


Artist: dip in the pool
Title: 8 red noW
Label: PLANCHA / grandisc
Cat#: ARTPL-158
Format: CD
Release Date: 2021.10.20
Price(CD): 2,300 yen + 税

※歌詞カード付き
※正方形紙ジャケット仕様(帯付き)


海外からの再評価が進み、国内外の様々なアーティストからラブコールを受けているdip in the poolが1997年にリリースしていたポップでカラフルなアルバム『Wonder 8』から6曲を抜粋しリマスタリング、そして新曲2曲を追加してアップデートした新たな8つのワンダフルな曲世界『8 red noW』。

1983年に作/編曲を担当する木村達司(track)と、モデル、女優としても活動している作詞担当の甲田益也子(vo)によって結成されたデュオ。86年にイギリスの名門ROUGH TRADEよりデビューし話題となった。木村達司が構築する巧みなトラックに甲田益也子の幻想的なヴォーカルを融合させる確固たるスタイルで、マイペースに活動を続け、今日までに計10枚のアルバムをリリース。昨今の80年代日本音楽の世界的評価の流れもあり、近年はVisible Cloaksと共作するなど、海外からの再評価が著しく、国内外から脚光を浴びている。

90年代後半に一時期活動を休止し、2011年に再開したのだが、その休止前最後にリリースしていたのが『Wonder 8』である。ドリーム・ポップやアンビエントなどにリンクする幽玄的なサウンドを披露してきた彼らだが、『Wonder 8』ではそういった要素は残しつつも一際ポップなサウンドを見せている。小気味良いビートと様々な音色がシンプルながら綿密にレイヤードされたトラックに、たおやかなヴォーカルが漂う心地よくカラフルな音世界。本作『8 red noW』は『Woder 8』から6曲を抜粋し、リマスタリングし、2021年9月にリリースした、最新曲で、1992年にMr.Fingers名義でリリースされたLarry Heardのリリカルなチルアウト・ハウスのカヴァー「What about this love」、そして兼ねてから交流が深く、日本でライヴ共演も果たした、モントリオールを拠点に活動しているプロデューサーCFCFとの共作曲「Colour of Life」を追加収録し、新たな8曲にアップデートした作品。

元々は97年の作品であるにも関わらず、全く色褪せることはなく、時代が転換したこともあり、むしろ現代的にすら感じられ、時を超えて聴かれるべき新鮮な息吹を放っている。

清水靖晃、Satoshi Tomiie、窪田晴男、バカボン鈴木、水政創史郎、古川初穂、赤木りえ、松田幸一、CFCFが参加。

アートワーク/アート・ディレクションは盟友Mic*Itayaが担当。


TRACK LIST:

01. Lucy
02. What about this love
03. I feel so good
04. Spring of love
05. 緑の光線
06. She’s a fruit
07. On LINE
08. Colour of life

Guest Musicians:
Yasuaki Shimizu, Satoshi Tomiie, Haruo Kubota, Vagabonde Suzuki, Soshiro Mizumasa, Hatsuho Furukawa, Rie Akagi, Kohichi Matsuda and CFCF

 

dip in the pool tour 2021“Departures”

Departures TOKYO

日程:2021年10月8日(金)
会場: Billboard Live TOKYO
時間:
1stステージ Open 14:00 / Start 15:00(当初の予定から変更となっております)
2ndステージ Open 17:00 / Start 18:00(当初の予定から変更となっております)

チケット:
サービスエリア 6,000円
カジュアルエリア 5,500円(1ドリンク付き)
配信ライヴ 2,800円

出演:dip in the pool
Member:
甲田益也子(Vo.)
木村達司(Key.)
ゲスト
Daniel Baeder(Dr.)
松井敬治(Ba.)
窪田晴男(Gt.)
角銅真実(Vib./etc.)

詳細:http://www.billboard-live.com/pg/shop/show/index.php?mode=detail1&event=12861&shop=1

Departures GATE 02 KYOTO

日程:2021年11月13日(土)
会場: Moxy Kyoto Nijo https://www.marriott.co.jp/hotels/travel/ukyox-moxy-kyoto-nijo
時間:Open 17:30 / Start 18:30
料金:3,800 yen(+1 drink fee)
チケット:★ご予約は下記メールアドレスまで①予約公演名[Departures / dip in the pool] / ②お名前 / ③人数 / ④お電話番号 をお知らせください。
Mail : info@moxynijo.com Tel. : 075-801-2200

出演:dip in the pool / 角銅真実

Departures GATE 03 SAPPORO

日程:2021年12月5日(日)
会場: Precious Hall http://www.precioushall.com/
時間:Open 18:30 / Start 19:30
料金:3,800 yen
★全自由席となりますので当日会場エントランスにて入場料をお支払いください。
Tel.:011-200-0090

出演:dip in the pool / Kuniyuki

●コロナ禍による影響で開催日時が変更になる可能性がございます。予めご了承ください。
●文化庁「ARTS for the future!」補助対象事業

 

この投稿をInstagramで見る

 

dip in the pool(@dipinthepool)がシェアした投稿

 

dip in the pool:
1983年に作/編曲を担当する木村達司(track)と、作詞担当の甲田益也子(vo)が結成したデュオ。独特の音楽センスとファッショナブルなヴィジュアルが話題を呼び、86年にイギリスはROUGH TRADEよりデビュー。国内では86年MOON RECORDS(現在はワーナーミュージック内のレーベル)よりデビューアルバムをリリース。88年にTV-CMに使用されたシングル「Miracle Play ~ 天使の降る夜」で大きな人気を集めた。
過去にレコーディング参加したミュージシャンは、佐久間正英、清水靖晃、窪田晴男、富家哲、トニー・レヴィン、ミノ・シネル、モーガン・フィッシャー、ピーター・シェラー(アンビシャス・ラバーズ)、といった個性豊かな実力者ばかりであった。
マイペースな活動と並行して、甲田益也子が89年に映画『ファンシイダンス』で役者としてもデビューし、映画『白痴』では主演をつとめた。木村達司は他アーティストのプローデュース、アレンジやCM、映画音楽制作等、個々の活動も多彩に展開している。
MOON RECORDSでアルバム4枚、EPIC SONY (現在のEPIC RECORD)で3枚、EAST WORKSでアルバム1枚を発表。98年にはEAST WORKSより作曲及びプロデューサーに細野晴臣、清水靖晃、テイ・トウワ、ゴンザレス三上、ピーター・シェラー、etc.という豪華な顔ぶれを迎えた甲田益也子のソロアルバムをリリース。
その後の活動休止を経て2011年に本格的に再始動、14年ぶりになるアルバム『brown eyes』をリリース。
2013年には木村達司がモーガン・フィッシャー、安田寿之と共にアンビエント・エレクトロニカ・アルバム『Portmanteau』をリリース。甲田益也子がゲストボーカルとして4曲参加している。
2015年1月に伊藤ゴロー、古川初穂らをゲストに迎えた10枚目のアルバム『HIGHWIRE WALKER』をリリース。
2016年にアムステルダムに本拠を置き世界中に多くのファンを擁する復刻レコード専門レーベルMusic From Memoryから89年に発表した『On Retinae』が12 inch・シングルとしてリイシューされ世界的に再評価される。
2017年にはアメリカのアンビエント・デュオVisible Cloaksからの依頼を受けシングルを共作リリースし、来日イベントでは共演も果たしている。
2018年、オーストラリアはメルボルンとシドニーのでのフェス、イベントに参加。
2019年、フランスはパリ、スウェーデンはストックホルムでのフェス参加、ライブ公演を行う。
2020年、カナダの奇才、CFCFとの共作曲をdip in the pool名義としては4年振りにシングルをリリース。
また、世界を三つのタイムゾーン(JST for Asia, Oceania, CET for Europe, Africa, CDT for North and South America.)に分け、それぞれのゾーンに向けたオンラインライブ配信=バーチャル・ワールドツアー ‘Around the World in a Day’ を開催し話題となる。
2021年、9/24リリースのシングル「What about this love」を含むニュー・アルバム『8 red noW』を10/20にリリース。

 


MR TWIN SISTERがクラブ・ミュージックへとアプローチした新曲「Polvo」をリリース!


NYを拠点に活動するエクスペリメンタル・ポップ・グループ、MR TWIN SISTERのニュー・シングル「Polvo」がリリース。
これまでのスタイルを踏襲しつつ、本格的なクラブ・ミュージックへとアプローチしており、バンドのターニング・ポイントになるであろう曲です。

この曲はスペイン語で歌われていて、「Polvo」とはスペイン語で「ほこり」の意味。
私たちが常に死骸の粒子が肺を循環していると考えことがいかに奇妙かについて歌っており、シンガーのエステラは、
「『ポルボ』は、死がどのように生命を刺激するか、私たち全員がどのように繋がっているか、そして生きるためにどのように死ななければならないかについてです」
と述べています。

このような畏敬の念は、音楽そのものにも反映されています。しかし哲学的でも内省的でもなく、Bjorkが初めてクラブ・ミュージックに挑戦したときの恍惚とした憧れのように、エステラが幼少期にエルサルバドルで買ったクンビア・ミックスの影響を受けた尖ったダンス・ソングです。

また、この曲は近い将来リリースが予定されているというニュー・アルバム『Al Mundo Azul』に収録される予定です。

 

Mr Twin Sister – Polvo [New Single]

Aritist: Mr Twin Sister
Title: Polvo
Label: Twin Group
Format: Digital (Single)
Release Date: 2021年9月1日
https://ffm.to/polvo

Mr Twin Sister:
ニューヨークはロングアイランドで、それぞれ別のバンドで演奏していた、ヴォーカリストのAndrea Estella(彼女は人気テレビ・ドラマ・シリーズ『Veronica Mars』の映画版のキャストに抜擢されるなど、女優としても活動)、ベーシストのGabe D’Amico、ドラマーのBryan Ujueta、キーボーディストのDev “Udbhav” Gupta, ギタリスト/ヴォーカリストのEric Cardonaの5人が出会い、2008年に結成。当時はTwin Sister名義で活動していたが、現在Bryan Ujuetaは脱退し、4人編成となっている。

結成してまもなく最初のEP『Vampires with Dreaming Kids』をリリース。ファースト・ライヴをSXSWで行い、tUnE-YarDs、Xiu Xiuとのツアーを経た後、セカンドEP『Color Your Life』をInfinite Bestより発表。2011年にDomino Recordsと契約し、ファースト・アルバム『In Heaven』をリリース。そしてDead OceansからリリースしたLuyasとのスプリットのシングル「Meet The Frownies」はKendrick Lamar「The Recipe Ft. Dr. Dre」にサンプリングされるなど話題となる。

順調な活動をしていく中、2013年にアンドレアは多発性硬化症と診断され、フロリダ州タラハシーでツアー中に交通事故にあうなど、災難に見舞われる。その後復活までに少し時間を要したものの、プロデューサーのJon LowとAva Lunaのメンバーの助けを借りて録音し、自身のレーベルTwin Groupを立ち上げ、名義をMr Twin Sisterに改名し、セルフ・タイトルのセカンドアルバムを完成させた。

その後目立った活動は見られなかったが、2018年にカムバックし、4年の歳月をかけて完成させたサード・アルバム『Salt』をリリースした。


Matthewdavid主宰のLeaving Recordsがフックアップした期待のニュー・カマーCollobohの日本盤リリースが決定!


Matthewdavid主宰のLeaving Recordsが新たに契約した注目のエレクトロニック・ミュージック・プロデューサーの日本盤リリースが決定!
ナイジェリアで生まれ、現在はメリーランド州ボルチモアを拠点とする26歳の若き逸材Collins Obohによるソロ・プロジェクトColloboh。
5曲入りデビューEP『Entity Relation』にデビュー曲「Zero Day」さらに未発表曲の「Let Love」の計2曲をボーナスとして追加しての日本独自CD化!

「私は間違いが大好きです。私の音楽は間違いでいっぱいで、それが私の音楽を(特に私が非人間的な音を使用しているので)人間の耳にとってより楽しいものにしていると思います」

 

Colloboh “Entity Relation” 9/10 release


Artist: Colloboh
Title: Entity Relation
Label: PLANCHA / Leaving Records
Cat#: ARTPL-154
Format: CD / Digital
Release Date: 2021.09.10
Price(CD): 2,000 yen + 税

※ボーナス・トラック2曲収録
※日本独自CD化


Matthewdavid主宰のLeaving Recordsがフックアップした期待のニュー・カマー!デビューEP『Entity Relation』にボーナス2曲を加えて日本独自CD化決定!
ナイジェリア出身で現在はボルチモアを拠点に活動しているアーティスト、Collobohの5曲入りデビューEPに、ボーナス・トラック2曲を追加して日本のみでCD化!温故知新なアプローチでモジュラーを駆使しフロアとリスニングを横断するカラフルで極上なエレクトロニック・ミュージック!

詳しい素性は今のところ謎に包まれているナイジェリア発ボルチモア拠点の若きエクスペリメンタル・プロデューサー、Collins Obohによるソロ・プロジェクト、Colloboh。モジュラー・シンセサイザーを駆使して、色彩豊かなエレクトロニック・ミュージックを紡ぎ出す期待の逸材である。本作は先鋭的なアーティストを輩出し続ける、Matthewdavid主宰のLeaving Recordsからリリースとなる5曲入りデビューEP『Entity Relation』にデビュー曲「Zero Day」さらに未発表曲の「Let Love」の計2曲をボーナスとして追加しての日本独自CD。

図太く軽快なビートに煌めきと浮遊感が融合するウワモノのレイヤーが絶妙のバランスで交錯し、リズミカル且つドリーミーに展開するエレクトロニック・ミュージックに引き込まれる。Aphex TwinなどのWarp直径のIDM〜エレクトロニカ的展開からヴォーカルをフィーチャーしたソウルフルな様相、LAビート的なチル〜幻想感などがフットワーク軽く展開し、多彩/多才なアプローチが見られ、その完成度はデビュー間も無いとは思えない一線を画したものを感じさせる。メロディ・センスも巧みで、流れるように展開する全7曲は決して聴き飽きることなくフロアとリスニングを横断するよう。ここ日本でも幅広い層から支持を得られることは間違いない。

なお、本編のマスタリングは同じくLeavingから作品をリリースしているZeroh。ボーナス・トラックは「Let Love」をMatthewdavid、「Zero Day」をDaddy Kevがそれぞれ手がけており、デザインはバーガーキングのリブランディングのデザイン・ディレクターも務めたJustin Finesが担当している。


TRACK LIST:

1. Turning&
2. Borderline
3. RPM+
4. One2MANY
5. Reasons (feat. Bahdboi Ena)
6. Let Love (Bonus Track)
7. Zero Day (Bonus Track)

 

Colloboh:
ナイジェリアで生まれ、現在はメリーランド州ボルチモアを拠点とする26歳のプロデューサーCollins Obohによるソロ・プロジェクト。モジュラー・シンセサイザーを中心に多彩なエレクトロニック・ミュージックを構築している。その才能はMatthewdavidの目に留まり、Leaving Recordsと契約。2021年6月にBandcamp経由でシングル「ZeroDay」をリリースしデビュー。そしてこのたび、リリースとなる5曲入りEP『Entity Relation』にボーナス・トラック2曲を追加した日本独自CDのリリースが決定した。現在のところあまり多くの情報は明らかになっていないミステリアスなニュー・カマー。

 


インド古典音楽の伝統的な響きをモジュラー・シンセサイザーで再現するサウンドで各所から注目を集めているArushi Jainが日本デビュー決定!

Photo credit: Ishita Singh

インド古典音楽の伝統的な響きをモジュラー・シンセサイザーで再現するサウンドで各所から注目を集めている、インド生まれでアメリカ在住のArushi JainのLeaving Recordsからの本名名義でのデビュー作『Under the Lilac Sky』で日本デビュー決定!
幼少期から北インドに特有の古典流派であるヒンドゥスターニー音楽、そしてその伝統の中心にあるラーガを学び、カリフォルニアへと移住し大学で工学とプログラミングを習得した彼女にならではのアンビエント・シンセサイザー・ラーガ!

 

Arushi Jain “Under the Lilac Sky” 9/10 release


Artist: Arushi Jain
Title: Under the Lilac Sky
Label: PLANCHA / Leaving Records
Cat#: ARTPL-157
Format: CD / Digital
Release Date: 2021.09.10
Price(CD): 2,200 yen + 税

※ボーナス・トラック1曲収録
※日本独自CD化
※解説付き


各所から注目を集めているインド出身アメリカ在住のモジュラー・プリンセスArushi Jainが遂に本邦初登場!
インド古典音楽の伝統的な響きをモジュラー・シンセで再現し、日没を彩る黄昏のアンビエント・シンセサイザー・ラーガ!

インド生まれでアメリカ在住の作曲家、モジュラー・シンセサイザー奏者、ヴォーカリスト、テクノロジスト、エンジニアであるArushi Jain。かつてはOSE名義で自らが創設したレーベルで、ラジオ番組/キュレーター・プロジェクトでもあるghunghruから作品をリリースしていたが、Leaving Recordsへと移籍し、本名名義でのデビュー作「Under the Lilac Sky」を完成。

Arushiは伝統的なインド古典音楽を電子楽器のレンズを通して再解釈することに焦点を当てている。スザンヌ・シアニやテリー・ライリーなどの電子音楽の名手たちを継承しつつ、自身の音楽的遺産や生い立ちを個人的に探求しながら、古代の音を現代的な枠組みの中で再構成している。本作は、映画のような意思表示であり、Arushiが音楽の歴史に敬意を表しつつ、大胆なサウンドの視点を提示したアルバム。このアルバムは、ヒンドゥスターニー・クラシックとモジュラー・シンセサイザーという2つの異なる文化が融合したもので、インドとカリフォルニアで過ごした間に、自身の音楽性を構成する2つの部分が1つに進化したことを表している。現代的な電子音楽の中にヒンドゥスターニー音楽の躍動感を引き出しており、モジュラー・シンセサイザー、サンプラー、そして自分の声を使って、アンビエントなテクスチャー、歪んだリズム、幻惑的なグリッチに重点を置いたヒンドゥスターニー音楽の相互作用を作り上げ、極めて独創的なサウンドを構築している。

本作は時間帯と、それが音楽との関わり方に与える影響も大きなテーマになっており、6曲のアンビエント・シンセサイザー・ラーガは、日没の時間帯に聴くことを意図しており、意識的に聴くことで、リスナーを自分自身への内面へと誘う。Arushiは「太陽が空に別れを告げて、色が紫やピンクなどの美しい色合いに変わる瞬間を知っていますか?それは、このアルバムが最も輝く瞬間なのです。深く聴けば聴くほど、より多くの色合いが見えてきます」「インド古典音楽には、時間と季節の概念があります。それぞれのラーガ(インド古典音楽の音楽理論に現れる旋法/メロディーの枠組み)には、その真価を発揮するために聴かれるべき特定の時間帯があります。これは、あなたを取り巻く環境が、あなた自身の音や呼吸と最も調和しているのはいつなのか、そしてそれは、あなたがその瞬間のビジョンを実現するためにどのようにサポートされているのか、という問いを示唆しています。このアルバムは、そのようなタイムリーな儀式への頌歌であり、自分の好きなことをするための時間をとっているときに聴くのが一番です」と述べている。

幼少期から北インドに特有の古典流派であるヒンドゥスターニー音楽、そしてその伝統の中心にあるラーガを学び、カリフォルニアへと移住し大学で工学とプログラミングを習得した彼女にしかできない、伝統的な響きをモジュラーシンセサイザーで再現する独特の手腕は、極めて独創的で注目すべき才能である。

本作は日本のみでリリースされる独自CD盤。ボーナス・トラックとして2019年にサンフランシスコのMEZZANINEでのライヴからピックアップした音源がボーナス・トラックとして収録されている。(マスタリングはMatthewdavidが担当)


TRACK LIST:

1. Richer Than Blood
2. Look How Far We Have Come
3. The Sun Swirls Within You
4. My People Have Deep Roots
5. Cultivating Self Love
6. Under The Lilac Sky
7. Live at MEZZANINE, San Francisco 2019 (excerpt) [Bonus Track]

 

Arushi Jain:
インド出身、アメリカ在住の作曲家、モジュラー・シンセサイザー奏者、ヴォーカリスト、テクノロジスト、エンジニア。幼少期から北インドに特有の古典流派であるヒンドゥスターニー音楽のヴォーカル・トレーニングを始め、ラヴィ・シャンカル音楽芸能学院へと入学。その後インド・モーツァルト合唱団の一員として、インドとオーストリアをツアーしながら西洋クラシック音楽にも触れる。そしてスタンフォード大学に通うためにカリフォルニアへと移住し、工学とプログラミングを学んだ。古典音楽とコンピューター・サイエンスを何年も学んだことで伝統的な響きを非伝統的なモジュラー・シンセサイアーで再現し、独特のアンビエント・シンセサイザー・ラーガを構築している。レーベルで、ラジオ番組/キュレーター・プロジェクトでもあるghunghruを自ら設立し、OSEという名義で作品をリリースしてきた他、ロンドンのNTSやインドのboxout.fmでラジオのレギュラー番組を担当している。また、コンテンポラリー・ダンス集団とのコラボレーションや、伝説的なシンセサイザー・アーティスト、スザンヌ・シアニの前座を務めるなど、多岐に渡る活動をしている。

 


Top