PHOTO BY JANOSCH PUGNAGHI

PHOTO BY JANOSCH PUGNAGHI

ニューヨーク生まれでベルリンを拠点に活動するミュージシャン/マルチメディア・アーティスト、JJ Weihlによるエクスペリメンタル・ポップ・プロジェクトDiscovery Zoneが、RVNG Intl. / PLANCHAから2024年3月8日にリリースするセカンド・アルバム『Quantum Web』から、TopsのJane Pennyも参加したサード・シングル「All Dressed Up With Nowhere To Go」をリリースし、ミュージック・ビデオも公開。

この新曲では本エクスペリメンタル・ポップ・プロジェクトの首謀者であるJJ Weihlが「庭」に佇み、重なり合うヴォーカルと転がるようなシンセ・ラインが長調の空想を織り交ぜて、 ある世界から別の世界への入り口に飾られているかもしれない象牙を想起させる。Weihlの繊細な歌声は、この冒険の景色の選択を祝福しており、この感情は、Weihlが共同プロデューサーのE.T.とともに手がけた瑞々しいプロダクションは、TopsのJane Pennyが奏でる温かみのあるフルートの華やかさや、説得力がありながらも心地よいカシオのドラムマシンのサンバなどと相まって、60年代のFMサイケデリアや80年代のソフィスティ・ポップを思い起こさせる。

「All Dressed Up With Nowhere to Go」のビデオは、天使のアバターが仮想世界を探検し、地上の庭につながる炎のポータルに出くわすという内容だ。仮想世界は『Second Life』のようなゲームに似ているが、決まった目的はなく、私たちの現実にも明確な目的がないことを映し出している。天使とアバターは、神学における人工知能に似た知性やメッセンジャーの概念を反映し、人間に似た実体のない形態として類似している。天使のアバターが非物質的な庭と物質的な庭の両方を体現しているように、物質的な現実を超えたところに存在するバーチャルな領域と精霊の領域が絡み合っている。このビデオは、堕天使が住む天上の庭園とコード化された庭園の融合を探求している。監督・編集はJanosch Pugnaghi。

 

Discovery Zone new single “All Dressed Up With Nowhere to Go”


Artist: Discovery Zone
Title: All Dressed Up With Nowhere to Go
Label: PLANCHA / RVNG Intl.
Format: Digital Single
Buy/Listen: https://orcd.co/32lqojd

Discovery Zone – All Dressed Up With Nowhere to Go (Official Video)
YouTube: https://www.youtube.com/watch?v=OvBBV8g4bzM

Concept by JJ Weihl and Janosch Pugnhaghi
Video shot, directed and edited by Janosch Pugnaghi
Extra material taken from Second Life
Video assistance and BTS Pics by Marcel Sygula
Hair and Makeup by Eve Litus

Music and Lyrics by Discovery Zone
Produced by ET & Discovery Zone
Mixed by ET
Performed by Discovery Zone
Flute written and performed by Jane Penny

Mastered by Heba Kadry, New York City

 

Discovery Zone new album “Quantum Web” out March 8, 2023


Artist: Discovery Zone
Title: Quantum Web

Label: PLANCHA / RVNG Intl.

Cat#: ARTPL-207
Format: CD / Digital

※解説・歌詞対訳付き予定

Release Date: 2024.03.08

Price(CD): 2,200 yen + tax


ニューヨーク生まれでベルリンを拠点に活動するミュージシャン/マルチメディア・アーティスト、JJ Weihlによるエクスペリメンタル・ポップ・プロジェクトDiscovery Zoneのニュー・アルバム。80年代のソフィスティ・ポップ、現代のハイパー・デジタル・バブルガム、初期のエレクトロなどを横断し、ダウンテンポやシティ・ポップのエッセンスも垣間見える、 才気に満ちた多彩な作品。

2010年代初頭に生まれ故郷のニューヨークからベルリンに移り住んだソングライター、ヴォーカリスト、マルチ・インストゥルメンタリストのJJは、2020年に『Discovery Zone with Remote Control』を発表する前に、愛すべきアート・ロック・バンド、FensterのメンバーとしてMorr Musicなどから4枚のアルバムを発表し、音楽活動を発展させた。JJはDiscovery Zoneを、迷路やクライミング・ストラクチャーで埋め尽くされた屋内型の青少年向け娯楽施設チェーンにちなんで命名した。この施設は商業主義から生まれたもので、彼女は「見栄を張った檻」と表現しているが、それでも彼女や他の何百万人もの子供たちに探検する自由を提供していた。Discovery Zoneの音楽は、必然的な企業による社会的統制という認識と戯れながら、制度的な出所を曖昧にする音に独自の力と解放を見出している。

サイバネティクスやニューラル・ネットワークの可能性と同様に、広告や企業文化の遍在にインスパイアされたDiscovery Zoneは、『Quantum Web』で不気味の谷に突入する。Discovery ZoneことJJ Weihlは、2021年に委嘱されたマルチメディア・パフォーマンス『Cybernetica』のために、『Quantum Web』の楽曲の多くを書き下ろした。彼女は日々の活動を分析すべきデータとしてカタログ化し、自分の人生を統計的に分解してステージ上でライブの観客に提示した。機械に媒介されたポップスターであり、作品に匿名で没頭することを厭わない。

Discovery Zoneは『Quantum Web』で、光り輝くヴォーカルとバロック調の楽器の華やかさを散りばめたワイドスクリーンのポップ・サウンドを探求している。JJの歌声は、コンポジションの中心で焦点の定まった魅惑的なものだが、彼女は高解像度のシンセシスと時間を薄めるアンビエンスによって、明瞭な瞬間と難解な戦略を対比させている。ヴォコーデッド・テクスチャーは、濃密なコーラス・ネットワークに重層し、A.I.の音声合成は、瞑想セッションのアナウンスのように突然ミックスを襲う。JJの実体のない声のスタッカート・サンプルがアレンジを彩り、ヴォーカル・テイクというよりはシンセ・パッチに近い役割を果たす独自の点描的ハーモニック・システムを描き出している。『Quantum Web』は、JJの肉体の形から生まれた音からどれだけ離れたとしても、これらの形はJJの核となる自己を表しているのだ、と提唱するかのように、この複合的なモザイク・インプットからパワーを引き出している。

現代のラジオ・ポップスのような鮮明な忠実度で届けられるが、私たちが『Quantum Web』で出会う制作記号は、むしろVHSテープのような木目とゆがみを帯びて私たちに届くべきもののように思える。JJはプロデューサーのE.T.と協力し、80年代のソフィスティ・ポップ、現代のハイパー・デジタル・バブルガム、初期のエレクトロなど、数十年にわたるスタイルのプールに浸かった。賑やかなコンポジションにはモーターのような勢いがあり、ダウンテンポやシティ・ポップの影が控えめな瞬間の照明を落としている。エレクトロニックなアレンジが突然、クリスタルのようなギター・リフを奏でたり、エレクトリックなベースラインが鳴り響いたりするのは、JJが10代の頃にギターとベースを弾き、10年間伝統的な「ロック・バンド」で過ごした音楽的な教育を思い起こさせる。エレクトロニック・ポップ・ソングライティングの順列としてコード化された『Quantum Web』の作品の中に、1分ほどの間奏曲のシリーズが挟み込まれ、みずみずしいテクスチャーの彫刻や純粋なアンビエント・ドリフトへとダイヤルを回していく。

『Quantum Web』とは、私たちの個人的なつながりの網であり、ワールド・ワイド・ウェブであり、私たちが互いに言い合う嘘の網である。それは罠であり、身の回りにある比喩的なホログラムである。私たちは、そこから逃れることが不可能であることを認める。それでも私たちは、ログインし直すとき、タクシーの後部座席に取り付けられた小さなスクリーンでトリビア・ゲームをするとき、ショッピング・モールを歩いて無限の天井や空を見上げるとき、単純な喜び、あるいは少なくとも散文的な不可解さに立ち向かうスリルを見出すのだ。

このリリースの収益の一部は、国境なき医師団に寄付されます。国境なき医師団は、70カ国以上で紛争、疾病の発生、自然災害、人災、医療からの排除などの影響を受けている人々に、独立した公平な医療人道支援を提供しています。


TRACK LIST:

01. Supernatural
02. Pair A Dice
03. Ur Eyes
04. FYI
05. Qubit Lite
06. Test
07. Out
08. Operating System
09. Mall Of Luv
10. Kite
11. All Dressed Up With Nowhere to Go
12. Undressed
13. Qubit QT
14. Keep It Lite
15. Xrystal

 

Related Post

Discovery ZoneがRVNG Intl.から3/8にリリースする新作アルバム『Quantu... Discovery Zoneが3/8にRVNG Intl.からリリースするニュー・アルバム『Quantum Web』から最後の先行シングルとなる「Pair a Dice」がリリース、そして同時にJennifer Juniper Stratford (TelefantasyTV)が手がけたミュ...
ニューヨーク生まれでベルリンを拠点のJJ Weihlによるエクスペリメンタル・ポップ・プロジェクトD... Photo: Neelam Khan Vela ニューヨーク生まれでベルリンを拠点に活動するミュージシャン/マルチメディア・アーティスト、JJ Weihlによるエクスペリメンタル・ポップ・プロジェクトDiscovery Zoneが、2024年3月8日にリリースとなるセカンド・アルバム『Qua...
NY出身で現在はベルリンを拠点に活動するミュージシャン/マルチメディア・アーティスト、JJ Weih... Photo Credit: Andie Riekstina ニューヨーク生まれでベルリンを拠点に活動するミュージシャン/マルチメディア・アーティスト、JJ Weihlのエクスペリメンタル・ポップ・プロジェクト、Discovery Zoneが、神秘的な新種の形而上学的変化を探求する、天体のよう...
自身のルーツであるサイケデリック・フォークの枠を遥かに超え 、実験的なサウンドと橋渡し、生々しく境界... Credit: Camilla Padgitt-Coles 自身のルーツであるサイケデリック・フォーク(サイケデリック・フォーク・バンド、Spires That in the Sunset Riseのメンバーとしても活動してきた)の枠を遥かに超え 、実験的なサウンドと橋渡し、生々しく境界を押...