photo by Ann Stephenson

photo by Ann Stephenson

Lori ScaccoはかつてToo Pureから作品をリリースしていたシューゲイザー〜ドリーム・ポップ系バンド、Seelyのピアニスト/ギタリストをつとめていた女性アーティスト。2004年ににソロ・デビュー・アルバム『Circles』発表。リリース時、HeftyオーナーJohn Hughesをして、”my favorite female instrumentalist”と言わしめた。

現在はSavath y SavalasのメンバーであるEva Puyuelo Munsとのデュオ、Stormsとして活動し、2010年にファースト・フル・アルバム『Lay Your Sea Coat Aside』をリリース。またEvaと同じくSavath y SavalasのメンバーであるHelado Negroのライヴ時のバンド・メンバーとしても活動している。2014年には久しぶりのリリースとなるシングル『Colores (Para Lole Pt.2)』をデジタル・リリースし、patten(WARP)のリミックスも含む7インチもリリースした。

2014年に『Circles』がリリース10周年を記念し、ボーナス・トラックを加えCD再発され、ロングセラーとなり、2018年遂に14年ぶりとなるセカンド・アルバムを完成させた。

Lori Scacco is a musician, composer and sound artist based in New York City. Co-founder and former guitarist of Seely, the first American band on UK imprint Too Pure, she released her first solo recording, Circles, on Prefuse 73’s Eastern Developments label. Her music has since appeared on No Pain in Pop, Fire Records UK, dublab, and the Japanese labels Flau, Home Normal, and Plancha / Art Union. She has been a performing member of Savath + Savalas and Helado Negro and is currently one half of Storms with Eva Puyuelo (Savath + Savalas). Through her site-specific installations Scacco investigates the tactile and experiential, using micro-sound, melody, and heightened acoustic resonance to subvert traditional musical tropes within a physical space. Her works have been presented by Harvestworks, Regina Rex, Chashama Gallery, and the Wallis Annenberg Center for the Performing Arts.

http://loriscacco.com/

 

Related Post

HANA VU ロサンゼルスを拠点にするアーティスト。幼少期に父親の持っていたギターを手に取り、独学で弾き始め、毎日起きては、90年代や00年代のオルタナティヴ・ロックが流れるLAのALT 98.7を聴いていた。2014年、14歳になった彼女は、ベッドルーム・ポップの実験をBandcampで発表しはじめる。彼女のサ...
DIP IN THE POOL 1983年に作/編曲を担当する木村達司(track)と、作詞担当の甲田益也子(vo)が結成したデュオ。独特の音楽センスとファッショナブルなヴィジュアルが話題を呼び、86年にイギリスはROUGH TRADEよりデビュー。国内では86年MOON RECORDS(現在はワーナーミュージック内のレーベル)よ...
Arushi Jain Photo credit: Ishita Singh インド出身、アメリカ在住の作曲家、モジュラー・シンセサイザー奏者、ヴォーカリスト、テクノロジスト、エンジニア。幼少期から北インドに特有の古典流派であるヒンドゥスターニー音楽のヴォーカル・トレーニングを始め、ラヴィ・シャンカル音楽芸能学院へ...
Colloboh ナイジェリアで生まれ、現在はメリーランド州ボルチモアを拠点とする26歳のプロデューサーCollins Obohによるソロ・プロジェクト。モジュラー・シンセサイザーを中心に多彩なエレクトロニック・ミュージックを構築している。その才能はMatthewdavidの目に留まり、Leaving Records...