これまで主にソウル系の作品のプロデュースを手掛けてきたエディ・ベザレル。そのエディが地方のレコード・ショップでレコードを見ている時に、ふと、あるアイデアを思いついた。「腕利きのミュージシャンを集めて、素晴らしい歌の数々をカヴァーするプロジェクトをやってみたらどうだろう」。そして、誕生したのがヘッドレス・ヒーローズだった。

思い立ったら吉日。まずエディはプロデューサー/エンジニアとして、レディオヘッドやベックなどのエンジニアやプロデュースを手掛けてきた友人のヒューゴ・ニコルソンに声をかけた。そして、ヒューゴのレコード・コレクションを漁りながらカヴァーする原曲をピックアップ(選曲には二人の友人、デヴィッド・ホルムズも一枚噛んだらしい)。同時にエディはプロジェクトの核となるシンガーを探し始めた。そこでネットを通じて見つけ出したのが、ネヴァダ・シティ出身のシンガー・ソングライター、アリーラ・ダイアンだった。アリーラは03年に自主制作盤『Forest Parade』でデビュー。04年にCD-Rで発表したファースト・アルバム『パイレーツ・ゴスペル』が06年に公式リリースされると、ラフ・トレード・ショップの〈アルバム・オブ・ジ・イヤー〉に選ばれて一躍注目を浴びた。折しも、英米ではフリーク・フォーク・ムーヴメントが巻き起こってきた頃。同郷のジョアンナ・ニューサムとも仲が良かったアリーラもまた、ジョアンナ同様に新世代のフォーク・シンガーとして脚光を浴び始めていた。ラフ・トレードのオーナー、ジャフ・トラヴィスはアリーラを「サンディ・デニーやカレン・ダルトンにもひけをとらないシンガー」と絶賛。彼女とレーベル契約を結び、今年2月には新作『To Be Still』がリリースされたばかりだ。

そんな彼女をバックアップするミュージシャンたちもまた、選りすぐりのメンバーが揃っている。まず、ギター、ベース、オルガンなど様々な楽器をこなし、バンドの中核となったのはジョシュ・キングホッファー。ベックやPJハーヴェイなど、錚々たるアーティストのサポートを務めてきたジョシュは、とりわけジョン・フルシアンテと親交が深く、共作アルバムもリリースしている。またギターのウッディ・ジャクソンは元フレンズ・オブ・ディーン・マルチネスのメンバーで、マニー・マークやヴィンセント・ギャロなどとの共演以外に、デヴィッド・ホルムズのもとで『オーシャンズ』シリーズのサントラにも参加してきた。今回、ストリングス・アレンジを担当したレオ・エイブラハムズもデヴィッド・ホルムズとの仕事が多いが、ブライアン・イーノからニック・ケイヴまで数々の大物たちと共演してきたUK出身のミュージシャン。さらにドラムでベックやR.E.M.が絶大な信頼を置くジョーイ・ワロンカーが参加するなど、おもに西海岸を代表するセッション・ミュージシャンたちが一堂に顔を揃えている。

(日本盤ライナーノーツより抜粋)

Related Post

TESS ROBY Photo Credit: Hugo Bernier 1993年トロントに生まれで、現在はモントリオールを拠点に活動するミュージシャン/フォトグラファー。幼少のころから両親の音楽に囲まれて育ち、トロントの子供オペラ・カンパニーへ参加し、8年間学んだ後、父親のレコーディング・スタジオでギター、...
HANA VU ロサンゼルスを拠点にするアーティスト。幼少期に父親の持っていたギターを手に取り、独学で弾き始め、毎日起きては、90年代や00年代のオルタナティヴ・ロックが流れるLAのALT 98.7を聴いていた。2014年、14歳になった彼女は、ベッドルーム・ポップの実験をBandcampで発表しはじめる。彼女のサ...
DIP IN THE POOL 1983年に作/編曲を担当する木村達司(track)と、作詞担当の甲田益也子(vo)が結成したデュオ。独特の音楽センスとファッショナブルなヴィジュアルが話題を呼び、86年にイギリスはROUGH TRADEよりデビュー。国内では86年MOON RECORDS(現在はワーナーミュージック内のレーベル)よ...
Arushi Jain Photo credit: Ishita Singh インド出身、アメリカ在住の作曲家、モジュラー・シンセサイザー奏者、ヴォーカリスト、テクノロジスト、エンジニア。幼少期から北インドに特有の古典流派であるヒンドゥスターニー音楽のヴォーカル・トレーニングを始め、ラヴィ・シャンカル音楽芸能学院へ...