Caribou

Caribouの新作の楽曲のFloating Pointsのリミックスがリリース!Four Tet、Morgan Geistのリミックスと合わせて限定12インチのリリースも決定!

Caribouが今年発表したニュー・アルバム『Suddenly』の楽曲をFour Tetに続き、盟友Floating Pointsがリミックスした2曲がリリース。
今年のリアル・ダンス・アンセムの呼び声も高い「Never Come Back」とアルバムの冒頭を飾る「Sister」です。
そして先日リリースされたFour Tet、Morgan Geistのリミックスと合わせて限定12インチのリリースが決定しました。
2種類共に全世界2000枚限定、初回プレスのみ。激レア化必至です。

Never Come Back / Sister (Floating Points Remixes)


Aritist: Caribou
Title: Never Come Back / Sister (Floating Points Remixes)
Label: PLANCHA / City Slang
Format: Digital (Single)
※日本テリトリーは7月1日 AM0:00から配信開始となります。

iTunes / Apple Music: https://itunes.apple.com/album/id1514407039
Spotify: http://open.spotify.com/album/2u3wG8PlrOMCEIX6hQLm0g

 

リミックスの限定12インチ・リリース決定!


Aritist: Caribou
Title: Four Tet / Morgan Geist Remixes
Label: City Slang
Cat#: Slang50298
Format: 12 inch – 140g Black Vinyl (LTD 2000)
Price: Open
Release Date: 2020年7月31日

Track list:
A1 Never Come Back (Four Tet Remix)
B1 Never Come Back (Morgan Geist Remix)

 


Aritist: Caribou
Title: Floating Points Remixes
Label: City Slang
Cat#: Slang50299
Format: 12 inch – 140g Black Vinyl (LTD 2000)
Price: Open
Release Date: 2020年7月31日

Track list:
A1 Never Come Back (Floating Points Remix)
B1 Sister (Floating Points Remix)

 


ニュー・アルバム『Suddenly』発売中


Artist: Caribou
Title: Suddenly
Label: PLANCHA / City Slang
Cat#: ARTPL-128
Format: CD / Digital
※解説・歌詞・対訳付き予定
※紙ジャケット仕様
Release Date: February 28, 2020
Price(CD): 2,200yen + 税


カナダ出身で現在はロンドンを拠点に活動している、ダン・スナイスによるCaribouの数々のメディアの年間ベスト上位に選出された『Our Love』以来約5年ぶりとなる新作『Suddenly』完成!
「これまでで最も驚くべき予測不可能なCaribouのアルバム」という本作は、トレードマークであるドリーミーな暖かさとテクニカラーは保持されつつ、曲がりくねるような予想外の変化が「突然」ちりばめられており、彼の音楽制作への情熱と喜びは相変わらず新鮮なままであることが窺える傑作!

カナダ出身ロンドン在住、ダン・スナイスのソロ・プロジェクト、Caribouの約5年ぶりとなるニュー・アルバムが完成!

昨年長い沈黙を破り突如リリースされた、Gloria Barnesの同名曲をサンプリングした先行ファースト・シングル「Home」ではFour Tetのアレンジも施され、Donuts時のJ Dillaを想起させるようなトラックで、暖かでオーガニックなサウンドを展開し、そのニュー・フェーズを感じさせる展開で衝撃を走らせた。

続くセカンド・シングル「You And I」に関して本人は
“「You and I」は、私がアルバムを制作し始めた際、最初に着手したトラックの1つであり、最後に仕上げたトラックの1つで、レコードを制作するすべての段階で何らかの形で存在していました。それはまた、レコードとアルバムのタイトルについての多くがキャプチャされており、トラックは突然、予想外に変化するのですが、それは突然起こった私の人生の変化についてなのです。”
と語っており、クラウトロック的なリズムの上で次々と起こる変化とキラキラとした音像、そして繰り出されるサンプリングと繊細なヴォーカルのコンビネーションはまさにこのアルバムのハイライトになっている。

“これまでで最も驚くべき予測不可能なCaribouのアルバム”という本作は、トレードマークであるドリーミーな暖かさとテクニカラーは保持されつつ、曲がりくねるような予想外の変化が「突然」ちりばめられており、彼の音楽制作への情熱と喜びは相変わらず新鮮なままであることが窺える傑作の誕生。
奇抜な展開をみせながらもアルバム全体を通じてサウンドの心地よさを失わせないセンスはさすがだ。


TRACK LIST:

01. Sister
02. You and I
03. Sunny’s Time
04. New Jade
05. Home
06. Lime
07. Never Come Back
08. Filtered Grand Piano
09. Like I Loved You
10. Magpie
11. Ravi
12. Cloud Song

 

Caribou:

カナダ出身ロンドン在住、ダン・スナイスのソロ・プロジェクト。元々はマニトバ名義で活動をスタートし、名門Leafから『Start Breaking My Heart』(2001年)『Up in Flames』(2003年)にリリースした後、現在のCaribouに名義に変更する。そして2005年にサード・アルバム『The Milk of Human Kindness』を発表し、初来日を果たす(共演はフォー・テット、ムーギーソン)。その後City Slang / Mergeへと移籍し4作目『Andorra』をリリースし、カナダの”マーキュリー・プライズ” にあたる国民的音楽賞、ポラリス・ミュージック・プライズを受賞した。2010年にリリースした『Swim』も高い評価を経て、ポラリス・ミュージック・プライズにノミネートされる。2012年にはフジロックに初出演し、ホワイト・ステージでパフォーマンスを行った。2014年にリリースした『Our Love』はさらに高い評価を得て、その年の様々な媒体の年間ベストの上位に名を連ね、グラミー賞の最優秀エレクトロニック・ダンス・アルバム賞にもノミネートされ話題となった。リリースするたびにその評価を高め続ける中、ついに約5年ぶりのアルバムを完成させた。

 


CARIBOUのPrimavera Sound 2015でのフル・ライヴ映像公開


CARIBOUのPrimavera Sound 2015に出演した際のフル・ライヴ映像(60分)がCARIBOUのYouTubeチャンネルにて公開されました。

CARIBOU – Live at Primavera Sound. May 30, 2015
https://youtu.be/_N3nCR2S4PI

今年開催予定だったPrimavera Soundに出演予定だったものの、COVID-19(新型コロナウイルス感染症)の影響により延期になりました。しかしすでに発表されました来年の6月開催予定のPrimavera Sound 2021への出演が発表されております。


Caribou「Never Come Back」の盟友Four TetによるRemixがリリース!


2/28におよそ5年ぶりのニュー・アルバム『Suddenly』をリリースしたDan SnaithによるCaribou。アルバム収録曲から今年のリアル・ダンス・アンセムの呼び声も高い「Never Come Back」の、アルバムにも参加している盟友Four Tetによるリミックスがリリースされました。

このリミックスはFour Tetが先日の「Boiler Room: Streaming from Isolation」でのDJセットで初披露し話題となっていたものです。

“Kieran is already part of my music before he remixes it. He spent hours listening to drafts of tracks from ‘Suddenly’ and giving me feedback, as he has done with my previous albums. I love that when people think of us as musical allies that they are seeing something real and genuine, not music industry artifice. We are the closest friends -so much so that I feel like we are family -and I love that people who listen to our music can feel that. So of course I thought of Kieran as the person to take on remixing ‘Never Come Back’. Needless to say he has smashed it -creating a warped and beautiful techno banger that, as it’s inclusion in his recent Boiler Room stream showed, will get people dancing whatever the circumstances.”


Aritist: Caribou
Title: Never Come Back (Four Tet Remix)
Label: PLANCHA / City Slang
Format: Digital (Single)

iTunes / Apple Music: https://itunes.apple.com/album/id1511693316
Spotify: http://open.spotify.com/album/75RNsIuL9cOnbuLsanE44v
YouTube: https://youtu.be/eS7GstfXPwg

ニュー・アルバム『Suddenly』発売中


Artist: Caribou
Title: Suddenly
Label: PLANCHA / City Slang
Cat#: ARTPL-128
Format: CD / Digital
※解説・歌詞・対訳付き予定
※紙ジャケット仕様
Release Date: February 28, 2020
Price(CD): 2,200yen + 税


カナダ出身で現在はロンドンを拠点に活動している、ダン・スナイスによるCaribouの数々のメディアの年間ベスト上位に選出された『Our Love』以来約5年ぶりとなる新作『Suddenly』完成!
「これまでで最も驚くべき予測不可能なCaribouのアルバム」という本作は、トレードマークであるドリーミーな暖かさとテクニカラーは保持されつつ、曲がりくねるような予想外の変化が「突然」ちりばめられており、彼の音楽制作への情熱と喜びは相変わらず新鮮なままであることが窺える傑作!

カナダ出身ロンドン在住、ダン・スナイスのソロ・プロジェクト、Caribouの約5年ぶりとなるニュー・アルバムが完成!

昨年長い沈黙を破り突如リリースされた、Gloria Barnesの同名曲をサンプリングした先行ファースト・シングル「Home」ではFour Tetのアレンジも施され、Donuts時のJ Dillaを想起させるようなトラックで、暖かでオーガニックなサウンドを展開し、そのニュー・フェーズを感じさせる展開で衝撃を走らせた。

続くセカンド・シングル「You And I」に関して本人は
“「You and I」は、私がアルバムを制作し始めた際、最初に着手したトラックの1つであり、最後に仕上げたトラックの1つで、レコードを制作するすべての段階で何らかの形で存在していました。それはまた、レコードとアルバムのタイトルについての多くがキャプチャされており、トラックは突然、予想外に変化するのですが、それは突然起こった私の人生の変化についてなのです。”
と語っており、クラウトロック的なリズムの上で次々と起こる変化とキラキラとした音像、そして繰り出されるサンプリングと繊細なヴォーカルのコンビネーションはまさにこのアルバムのハイライトになっている。

“これまでで最も驚くべき予測不可能なCaribouのアルバム”という本作は、トレードマークであるドリーミーな暖かさとテクニカラーは保持されつつ、曲がりくねるような予想外の変化が「突然」ちりばめられており、彼の音楽制作への情熱と喜びは相変わらず新鮮なままであることが窺える傑作の誕生。
奇抜な展開をみせながらもアルバム全体を通じてサウンドの心地よさを失わせないセンスはさすがだ。


TRACK LIST:

01. Sister
02. You and I
03. Sunny’s Time
04. New Jade
05. Home
06. Lime
07. Never Come Back
08. Filtered Grand Piano
09. Like I Loved You
10. Magpie
11. Ravi
12. Cloud Song

 

Caribou:

カナダ出身ロンドン在住、ダン・スナイスのソロ・プロジェクト。元々はマニトバ名義で活動をスタートし、名門Leafから『Start Breaking My Heart』(2001年)『Up in Flames』(2003年)にリリースした後、現在のCaribouに名義に変更する。そして2005年にサード・アルバム『The Milk of Human Kindness』を発表し、初来日を果たす(共演はフォー・テット、ムーギーソン)。その後City Slang / Mergeへと移籍し4作目『Andorra』をリリースし、カナダの”マーキュリー・プライズ” にあたる国民的音楽賞、ポラリス・ミュージック・プライズを受賞した。2010年にリリースした『Swim』も高い評価を経て、ポラリス・ミュージック・プライズにノミネートされる。2012年にはフジロックに初出演し、ホワイト・ステージでパフォーマンスを行った。2014年にリリースした『Our Love』はさらに高い評価を得て、その年の様々な媒体の年間ベストの上位に名を連ね、グラミー賞の最優秀エレクトロニック・ダンス・アルバム賞にもノミネートされ話題となった。リリースするたびにその評価を高め続ける中、ついに約5年ぶりのアルバムを完成させた。

 


Caribou「Never Come Back」のMorgan Geistリミックスが公開!

2/28におよそ5年ぶりのニュー・アルバム『Suddenly』をリリースしたDan SnaithによるCaribou。アルバム収録曲から今年のリアル・ダンス・アンセムの呼び声も高い「Never Come Back」のMetro Areaとしての活動で広く知られ、 Daniel WangやKelly Pollar等を擁するレーベルENVIRONも主催し、NYディスコダブの立役者としても知られるMorgan Geistのリミックスがリリース!同時にCaribouがキュレートしたAlterのプレイリストがSpotifyで公開されました!


Aritist: Caribou
Title: Never Come Back (Morgan Geist Remix)
Label: PLANCHA / City Slang
Format: Digital (Single)

Spotify: https://open.spotify.com/album/5Lxg6gNwtI8Hnt0SBY7dzP?si=zr6J8g90RRS-LZdYWMOp2g
iTunes / Apple Music: https://music.apple.com/jp/album/never-come-back-morgan-geist-remix/1506733725?i=1506733730

Produced, written, recorded and arranged by Dan Snaith.
Mastered by Matt Colton at Metropolis Mastering.
Art direction by Jason Evans.
Design by Matthew Cooper.

Alter (Spotify Playlist)
This week, Caribou curates Altar with his selection of alternative electronic tracks.
https://open.spotify.com/playlist/37i9dQZF1DXa71eg5j9dKZ

 

ニュー・アルバム『Suddenly』発売中


Artist: Caribou
Title: Suddenly
Label: PLANCHA / City Slang
Cat#: ARTPL-128
Format: CD / Digital
※解説・歌詞・対訳付き予定
※紙ジャケット仕様
Release Date: February 28, 2020
Price(CD): 2,200yen + 税


カナダ出身で現在はロンドンを拠点に活動している、ダン・スナイスによるCaribouの数々のメディアの年間ベスト上位に選出された『Our Love』以来約5年ぶりとなる新作『Suddenly』完成!
「これまでで最も驚くべき予測不可能なCaribouのアルバム」という本作は、トレードマークであるドリーミーな暖かさとテクニカラーは保持されつつ、曲がりくねるような予想外の変化が「突然」ちりばめられており、彼の音楽制作への情熱と喜びは相変わらず新鮮なままであることが窺える傑作!

カナダ出身ロンドン在住、ダン・スナイスのソロ・プロジェクト、Caribouの約5年ぶりとなるニュー・アルバムが完成!

昨年長い沈黙を破り突如リリースされた、Gloria Barnesの同名曲をサンプリングした先行ファースト・シングル「Home」ではFour Tetのアレンジも施され、Donuts時のJ Dillaを想起させるようなトラックで、暖かでオーガニックなサウンドを展開し、そのニュー・フェーズを感じさせる展開で衝撃を走らせた。

続くセカンド・シングル「You And I」に関して本人は
“「You and I」は、私がアルバムを制作し始めた際、最初に着手したトラックの1つであり、最後に仕上げたトラックの1つで、レコードを制作するすべての段階で何らかの形で存在していました。それはまた、レコードとアルバムのタイトルについての多くがキャプチャされており、トラックは突然、予想外に変化するのですが、それは突然起こった私の人生の変化についてなのです。”
と語っており、クラウトロック的なリズムの上で次々と起こる変化とキラキラとした音像、そして繰り出されるサンプリングと繊細なヴォーカルのコンビネーションはまさにこのアルバムのハイライトになっている。

“これまでで最も驚くべき予測不可能なCaribouのアルバム”という本作は、トレードマークであるドリーミーな暖かさとテクニカラーは保持されつつ、曲がりくねるような予想外の変化が「突然」ちりばめられており、彼の音楽制作への情熱と喜びは相変わらず新鮮なままであることが窺える傑作の誕生。
奇抜な展開をみせながらもアルバム全体を通じてサウンドの心地よさを失わせないセンスはさすがだ。


TRACK LIST:

01. Sister
02. You and I
03. Sunny’s Time
04. New Jade
05. Home
06. Lime
07. Never Come Back
08. Filtered Grand Piano
09. Like I Loved You
10. Magpie
11. Ravi
12. Cloud Song

 

Caribou:

カナダ出身ロンドン在住、ダン・スナイスのソロ・プロジェクト。元々はマニトバ名義で活動をスタートし、名門Leafから『Start Breaking My Heart』(2001年)『Up in Flames』(2003年)にリリースした後、現在のCaribouに名義に変更する。そして2005年にサード・アルバム『The Milk of Human Kindness』を発表し、初来日を果たす(共演はフォー・テット、ムーギーソン)。その後City Slang / Mergeへと移籍し4作目『Andorra』をリリースし、カナダの”マーキュリー・プライズ” にあたる国民的音楽賞、ポラリス・ミュージック・プライズを受賞した。2010年にリリースした『Swim』も高い評価を経て、ポラリス・ミュージック・プライズにノミネートされる。2012年にはフジロックに初出演し、ホワイト・ステージでパフォーマンスを行った。2014年にリリースした『Our Love』はさらに高い評価を得て、その年の様々な媒体の年間ベストの上位に名を連ね、グラミー賞の最優秀エレクトロニック・ダンス・アルバム賞にもノミネートされ話題となった。リリースするたびにその評価を高め続ける中、ついに約5年ぶりのアルバムを完成させた。

 


CaribouがでBCC Radio 1のEssential Mixで披露した最新ミックスをSOUNDCLOUDで公開!Daphni名義での6曲の未発表曲やJamie XXの新曲?と言われているトラックも収録!


2/28におよそ5年ぶりとなるアルバム『Suddenly』をリリースし、FFKTでの来日も決定しているCaribouが英BBC Radio 1のミックス番組『BBC Radio 1’s Essential Mix』で披露した最新ミックスが本人のSOUNDCLOUDで公開されました。
Daphni名義での6曲の未発表曲やJamie XXの新曲ではないかと言われている未発表トラックも収録されております。

Caribou – Essential Mix – Feb 2020
https://soundcloud.com/caribouband/caribou-essential-mix-feb-2020

Tracklisting:
0:00:00 Koreless – Joy Squad
0:00:23 Floating Points – Karakul
0:03:37 Lanier – 25 Hours (Daphni Edit)
0:07:27 Rene and Angela – I Love You More (Daphni Edit)
0:10:06 EYE – Yellow Density
0:10:51 Testpattern – Souvenir Glace
0:10:51 Paul Johnson – I’m Alone Until You Show Me
0:14:15 Midas T – Who’s This
0:14:45 Fango – Admire
0:17:59 Neba Solo – Can 2002
0:21:39 Daphni – Climbing
0:22:09 Logic 1000 – DJ Logic Please Forgive Me
0:25:30 Daphni – Clavicle
0:27:17 Donnell Pitman – Do You Want To (Daphni Edit)
0:33:06 Shirley Lites – Heat You Up Melt You Down
0:33:06 Stone Cold Classics – Untitled (Vocal Mix)
0:37:55 Daphni – Do Without You
0:40:07 Lifelike – Discomachine
0:41:09 Ludacris – The Potion
0:42:37 Daphni – Fridizzle
0:43:07 Grain – Untitled (Turn the Lights Down)
0:46:32 DJ Falcon – Untitled
0:46:59 DJ Rush – Stomp
0:48:31 Kevin McCord – Never Say (Daphni Edit)
0:52:31 Wookie – Battle
0:55:28 Rosalia – De Aqui No Sales (Cap.4: Disputa) (Pearson Sound Edit)
0:57:44 Logic1000 – ???
1:02:08 Caribou – Ravi
1:05:48 Daphni – Time Enough
1:08:03 Jesse Gould – Out of Work (Sam FP’s Birthday Dub For Dan Club Mix)
1:13:22 Oliver Coates – Charlev
1:14:52 INSTINCT – Someone
1:16:19 Sadhana Sargam – Saat Samunder Paar (Daphni Edit)
1:20:31 Love Committee – Just As Long As I Got You (Daphni Edit)
1:24:51 Nathan Fake – Eris & Dysnomia
1:26:05 Midas T – Who’s This
1:28:13 Kraftwerk – Kometenmelodie 2
1:28:41 Daphni – Divaar
1:29:54 EYE – Yellow Density
1:30:21 Levon Vincent – Kiss Marry Kill
1:36:37 Caribou – Never Come Back
1:42:01 Flukes – Wifey Riddim
1:43:26 DJ Rush – Stomp
1:45:40 KW Griff – Be Ya Girl
1:46:10 Jamie XX – ???
1:52:37 Jonny L – Tychonic Cycle
1:53:20 Floating Points – Karakul
1:54:14 Caribou – Magpie


FFKT 2020にCaribou、Telefon Tel Avivの出演決定!

5月30日(土) – 31日(日)に信州やぶはら高原 こだまの森で開催される“FFKT 2020”に2月28日におよそ5年ぶりとなる新作『Suddenly』をリリースするCaribou、昨年10年ぶりのアルバム『Dreams Are Not Enough』をリリースしたTelefon Tel Avivが出演します。本日第一弾ラインナップとして発表されました。
発表されたその他の出演者、イベント詳細は以下のプレス・リリースをご確認ください。

2度目の開催となるTAICOCLUB創設メンバーによる後継フェスティバル“FFKT 2020” 1stラインナップ発表

長野県・こだまの森において2006年より13年にわたって開催されてきたTAICOCLUB。その創設メンバーによって主催され、2度目の開催となる『FFKT 2020』が満を持して1stラインナップを発表します。

Andy Stott
青葉市子
Caribou
Chee Shimizu + miku-mari
Demdike Stare
DJ Python
Donna Leake
Gigi Masin
Hibiya Line
Luxixi
Maayan Nidam
Mars89
MOCKY
MOODMAN
Neon Chambers
Parris
ryoji ikeda
Telefon Tel Aviv
Theo Parrish
Total Freedom
Wool & The Pants
¥ØU$UK€ ¥UK1MAT$U
Zakia

More to be announced soon.

出演は、5年ぶりとなるニューアルバム『Suddenly』の発表をひかえるCaribou。前作も各メディアで年間ベスト上位に選出されており、早くも今年ベストの呼び声高い彼の新作を、ぜひLIVEで体験してください。また昨年後半に3年ぶりのアルバムをリリースしたAndy Stott、10年ぶりとなるアルバムをリリースしたTelefon Tel AvivもLIVE出演。2019年Resident Advisorの年間ベストアルバム8位に選ばれたDJ Pythonは日本発となるLIVEセットを披露します。日本を代表するビジュアル・アーティストの一人ryoji ikedaによるLIVE、世界NO.1のハウスDJと言って過言でないTheo Parrish、アメリカを代表するカルチャー誌Interview Magazineに「現時点のアメリカ国内最高のDJ」と言わしめるTotal Freedom、ベトナムからHibiya Line、中国新鋭Luxixiなど多彩な計40組以上のラインナップが、3つのステージに出演いたします。音楽だけでなく、屋外フェスティバルでは味わえないような有名レストランの出店から、世界が注目する美術家のインスタレーションまで、野外フェスの定義を革新し続ける『FFKT』。今後のアーティストラインナップもご期待ください。

FFKT 2020

■ WEBサイト:http://ffkt.jp/2020/
■ 開催日時:2020年5月30日(土) – 31日(日) オールナイト公演
■ 開催場所:信州やぶはら高原 こだまの森(長野県木曽郡木祖村大字小木曽3362)
■ 主催:FFKT事務局

■ チケット:
入場チケット ¥15,000
駐車場チケット ¥3,000(1台)
テント利用チケット ¥3,000 (1張)
※駐車券のみの販売は行っておりません。

CARIBOU

CARIBOU “Suddenly” [ARTPL-128]

TELEFON TEL AVIV

TELEFON TEL AVIV “Dreams Are Not Enough” [ARTPL-118]


Caribouのおよそ5年ぶりのニュー・アルバムより最後の先行シングルとなる「Never Come Back」が公開


Dan SnaithによるCaribouの、2014年の『Our Love』以来となるおよそ5年ぶりのニュー・アルバムより最後の先行シングルとなる「Never Come Back」がAnnie Mac on BBC 1でプレミアされ、リリースされました。

“これまでで最も驚くべき予測不可能なCaribouのアルバム”というニュー・アルバム『Suddenly』から「Home」、「You and I」に続く本シングルはディスコハウスにソウルとレイヴのエッセンスを塗し、人々を踊り続けさせる2020年のリアル・ダンス・アンセムとなること必至のトラックです。


Aritist: Caribou
Title: Never Come Back
Label: PLANCHA / City Slang
Format: Digital (Single)

Spotify: https://open.spotify.com/album/0crXOulcx1R7BKNx0qJXqC?si=g0DqQfJjSpiIaRIwYLJsow
iTunes / Apple Music: https://itunes.apple.com/jp/album/id1496320017
※iTunes / Apple Musicのリリースは時差の関係で日本では1/30 午前0時からとなります。

Produced, written, recorded and arranged by Dan Snaith.
Guitar and tenor saxophone by Colin Fisher.
Mixed by David Wrench at Studio Bruxo, London. Assisted by Grace Banks.
Mastered by Matt Colton at Metropolis Mastering.
Art direction by Jason Evans.
Design by Matthew Cooper.
Animation by 555×5555.

 

ニュー・アルバム『Suddenly』は2020年2月28日発売


Artist: Caribou
Title: Suddenly
Label: PLANCHA / City Slang
Cat#: ARTPL-128
Format: CD / Digital
※解説・歌詞・対訳付き予定
※紙ジャケット仕様
Release Date: February 28, 2020
Price(CD): 2,200yen + 税


カナダ出身で現在はロンドンを拠点に活動している、ダン・スナイスによるCaribouの数々のメディアの年間ベスト上位に選出された『Our Love』以来約5年ぶりとなる新作『Suddenly』完成!
「これまでで最も驚くべき予測不可能なCaribouのアルバム」という本作は、トレードマークであるドリーミーな暖かさとテクニカラーは保持されつつ、曲がりくねるような予想外の変化が「突然」ちりばめられており、彼の音楽制作への情熱と喜びは相変わらず新鮮なままであることが窺える傑作!
すでにコーチェラ、プリマヴェーラ・サウンドなど大型フェスへの出演も決定!

カナダ出身ロンドン在住、ダン・スナイスのソロ・プロジェクト、Caribouの約5年ぶりとなるニュー・アルバムが完成!

昨年長い沈黙を破り突如リリースされた、Gloria Barnesの同名曲をサンプリングした先行ファースト・シングル「Home」ではFour Tetのアレンジも施され、Donuts時のJ Dillaを想起させるようなトラックで、暖かでオーガニックなサウンドを展開し、そのニュー・フェーズを感じさせる展開で衝撃を走らせた。

続くセカンド・シングル「You And I」に関して本人は
“「You and I」は、私がアルバムを制作し始めた際、最初に着手したトラックの1つであり、最後に仕上げたトラックの1つで、レコードを制作するすべての段階で何らかの形で存在していました。それはまた、レコードとアルバムのタイトルについての多くがキャプチャされており、トラックは突然、予想外に変化するのですが、それは突然起こった私の人生の変化についてなのです。”
と語っており、クラウトロック的なリズムの上で次々と起こる変化とキラキラとした音像、そして繰り出されるサンプリングと繊細なヴォーカルのコンビネーションはまさにこのアルバムのハイライトになっている。

“これまでで最も驚くべき予測不可能なCaribouのアルバム”という本作は、トレードマークであるドリーミーな暖かさとテクニカラーは保持されつつ、曲がりくねるような予想外の変化が「突然」ちりばめられており、彼の音楽制作への情熱と喜びは相変わらず新鮮なままであることが窺える傑作の誕生。
奇抜な展開をみせながらもアルバム全体を通じてサウンドの心地よさを失わせないセンスはさすがだ。


TRACK LIST:

01. Sister
02. You and I
03. Sunny’s Time
04. New Jade
05. Home
06. Lime
07. Never Come Back
08. Filtered Grand Piano
09. Like I Loved You
10. Magpie
11. Ravi
12. Cloud Song

 

Caribou:

カナダ出身ロンドン在住、ダン・スナイスのソロ・プロジェクト。元々はマニトバ名義で活動をスタートし、名門Leafから『Start Breaking My Heart』(2001年)『Up in Flames』(2003年)にリリースした後、現在のCaribouに名義に変更する。そして2005年にサード・アルバム『The Milk of Human Kindness』を発表し、初来日を果たす(共演はフォー・テット、ムーギーソン)。その後City Slang / Mergeへと移籍し4作目『Andorra』をリリースし、カナダの”マーキュリー・プライズ” にあたる国民的音楽賞、ポラリス・ミュージック・プライズを受賞した。2010年にリリースした『Swim』も高い評価を経て、ポラリス・ミュージック・プライズにノミネートされる。2012年にはフジロックに初出演し、ホワイト・ステージでパフォーマンスを行った。2014年にリリースした『Our Love』はさらに高い評価を得て、その年の様々な媒体の年間ベストの上位に名を連ね、グラミー賞の最優秀エレクトロニック・ダンス・アルバム賞にもノミネートされ話題となった。リリースするたびにその評価を高め続ける中、ついに約5年ぶりのアルバムを完成させた。

 


CARIBOU

カナダ出身ロンドン在住、ダン・スナイスのソロ・プロジェクト。元々はマニトバ名義で活動をスタートし、名門Leafから『Start Breaking My Heart』(2001年)『Up in Flames』(2003年)にリリースした後、現在のCaribouに名義に変更する。そして2005年にサード・アルバム『The Milk of Human Kindness』を発表し、初来日を果たす(共演はフォー・テット、ムーギーソン)。その後City Slang / Mergeへと移籍し4作目『Andorra』をリリースし、カナダの”マーキュリー・プライズ” にあたる国民的音楽賞、ポラリス・ミュージック・プライズを受賞した。2010年にリリースした『Swim』も高い評価を経て、ポラリス・ミュージック・プライズにノミネートされる。2012年にはフジロックに初出演し、ホワイト・ステージでパフォーマンスを行った。2014年にリリースした『Our Love』はさらに高い評価を得て、その年の様々な媒体の年間ベストの上位に名を連ねた。リリースするたびにその評価を高め続ける中、ついに約5年ぶりのアルバム『Suddenly』を完成させた。また、並行して変名ダンス・プロジェクト、ダフニ(Daphni)名義でも活動し、ハウス・シーンでも高い注目を得ている。


CARIBOU “Suddenly” [ARTPL-128]


Artist: Caribou
Title: Suddenly
Cat#: ARTPL-128
Format: CD / Digital
※解説: 小野島大
※歌詞・対訳付き
※ダブル紙ジャケット仕様

Release Date: February 28, 2020
Price(CD): 2,200yen + 税
Landing Page: https://orcd.co/ew2jk8e


カナダ出身で現在はロンドンを拠点に活動している、ダン・スナイスによるCaribouの数々のメディアの年間ベスト上位に選出され、グラミー賞にもノミネートされた『Our Love』以来約5年ぶりとなる新作『Suddenly』完成!
「これまでで最も驚くべき予測不可能なCaribouのアルバム」という本作は、トレードマークであるドリーミーな暖かさとテクニカラーは保持されつつ、曲がりくねるような予想外の変化が「突然」ちりばめられており、彼の音楽制作への情熱と喜びは相変わらず新鮮なままであることが窺える傑作!
すでにコーチェラ、プリマヴェーラ・サウンドなど大型フェスへの出演も決定!FFKT 2020での来日も決定!

カナダ出身ロンドン在住、ダン・スナイスのソロ・プロジェクト、Caribouの約5年ぶりとなるニュー・アルバムが完成!

昨年長い沈黙を破り突如リリースされた、Gloria Barnesの同名曲をサンプリングした先行ファースト・シングル「Home」では盟友Four Tetのアレンジも施され、Donuts時のJ Dillaを想起させるようなトラックで、暖かでオーガニックなサウンドを展開し、そのニュー・フェーズを感じさせる展開で衝撃を走らせた。

続くセカンド・シングル「You And I」に関して本人は
“「You and I」は、私がアルバムを制作し始めた際、最初に着手したトラックの1つであり、最後に仕上げたトラックの1つで、レコードを制作するすべての段階で何らかの形で存在していました。それはまた、レコードとアルバムのタイトルについての多くがキャプチャされており、トラックは突然、予想外に変化するのですが、それは突然起こった私の人生の変化についてなのです。”
と語っており、クラウトロック的なリズムの上で次々と起こる変化とキラキラとした音像、そして繰り出されるサンプリングと繊細なヴォーカルのコンビネーションはまさにこのアルバムのハイライトになっている。

“これまでで最も驚くべき予測不可能なCaribouのアルバム”という本作は、トレードマークであるドリーミーな暖かさとテクニカラーは保持されつつ、曲がりくねるような予想外の変化が「突然」ちりばめられており、彼の音楽制作への情熱と喜びは相変わらず新鮮なままであることが窺える傑作の誕生。
奇抜な展開をみせながらもアルバム全体を通じてサウンドの心地よさを失わせないセンスはさすがだ。


TRACK LIST:

01. Sister
02. You and I
03. Sunny’s Time
04. New Jade
05. Home
06. Lime
07. Never Come Back
08. Filtered Grand Piano
09. Like I Loved You
10. Magpie
11. Ravi
12. Cloud Song

CARIBOU

 


Caribouのおよそ5年ぶりの新作『Suddenly』リリース決定!先行セカンド・シングル「You and I」が公開!

Dan SnaithによるCaribouの、2014年の『Our Love』以来となるニュー・アルバム『Suddenly』が2020年2月28日にリリース決定致しました。

“これまでで最も驚くべき予測不可能なCaribouのアルバム”という本作は、トレードマークであるドリーミーな暖かさとテクニカラーは保持されつつ、曲がりくねるような予想外の変化が「突然」ちりばめられており、彼の音楽制作への情熱と喜びは相変わらず新鮮なままであることが窺える傑作。

すでに公開されている「Home」に続き、セカンド・シングル「You and I」も発表されました。

「 You and I」は、私がアルバムを制作し始めた際、最初に着手したトラックの1つであり、最後に仕上げたトラックの1つで、レコードを制作するすべての段階で何らかの形で存在していました。それはまた、レコードとアルバムのタイトルについての多くがキャプチャされており、トラックは突然、予想外に変化するのですが、それは突然起こった私の人生の変化についてなのです。

さらなる詳細は追ってお知らせ致します。


Artist: Caribou
Title: Suddenly

Label: PLANCHA / City Slang
Cat#: ARTPL-128
Format: CD / Digital

※解説・歌詞・対訳付き

Release Date: Feburary 28, 2020
Price(CD): 2,200yen + 税(予定)

Tracklist:

01. Sister
02. You and I
03. Sunny’s Time
04. New Jade
05. Home
06. Lime
07. Never Come Back
08. Filtered Grand Piano
09. Like I Loved You
10. Magpie
11. Ravi
12. Cloud Song


Top