Author: PLANCHA

SCHOOL OF SEVEN BELLS

sviib2004年に当時ベンジャミン・カーティスがメンバーであったシークレット・マシーンズと、アレハンドラ、クラウディアの、双子のデヘーザ姉妹がメンバーであったオン!エアー!ライブラリー!がインターポールのツアーのオープニング・アクトを務めた際に出会い、結成に至る。バンド名はツアー中に夜中のPBS(アメリカの公共放送)で放送していた、1980年代に南米に存在してかもしれないという伝説のスリ養成学校「School of Seven Bells」が元となっている。

まずは07年にUKのシューゲイザー系のレーベル、Sonic Cathedralからシングル”My Cabal”でデビュー。その後クラウディアと共にア・クラウド・ミレヤというデュオでも作品をリリースした、ギレルモ・スコット・ヘレンによるプレフューズ73の作品『プレパレイションズ』のリード・トラック「クラス・オブ・73・ベルズ」にフィーチャーされたことで一躍注目を集め、その後ツアーも共にする。他にもブロンド・レッドヘッドなどとのツアーを経て、エクスペリメンタル系のレーベル、テーブル・オブ・ジ・エレメンツのロック・セクションであるラディウムから12インチ、『Face to Face on High Places』をリリース。翌08年、老舗インディ・レーベル、Suicide Suqueezeから7インチ、『Silent Grips』のリリースした後、Ghostly Internationalと契約。ファースト・アルバム『アルピニズムス』をリリースした。幅広い層のリスナーから支持を集め、日本でも08年末の代官山UNITのカウントダウン・イベントのメイン・アクトとして初来日、09年にはサマー・ソニックに出演。その後も世界各地をツアーで回り、2010年に待望のセカンド・アルバム、『ディスコネクト・フロム・デザイア』をリリース。こちらも各所で好評を博し、バンドは順風満帆だった。そんな中、2010年秋のツアー中にクラウディアが突如脱退を発表。しかしバンドは活動を休止することなく、当時すでにアナウンスされていた来日公演もベンジャミン、アレハンドラ、そして当時のサポート・ドラマー、SHIGETOと共に行われた。

その後はソロに専念することとなったSHIGETOに代わり、ライヴのサポート・ドラマーをブルックリンの5人組、ソフトの元メンバーでもあるクリストファー・コリーが務め活動を続行。2012年2月に2人編成となってからは初となるサード作にして、ラファイエという主人公の女の子と、彼女に取り憑く幽霊にまつわる架空のストーリーを元にしたコンセプト・アルバム、『ゴーストーリー』をリリースした。クラウディアの脱退によりヴォーカル・ハーモニーは失ってしまったが、残された2人はこのピンチを見事にプラスに昇華し、アーティストとしてのさらなる成長が窺える作品を完成させた。もちろんメロディ・センスやアトモスフィアは前作までの流れを汲むものであるが、彼らは失ったものを単に補うのではなく、自らが進化することでサウンドを別の次元へと到達させている。ヴァリエーション豊かなギターを核にしたトラックは、80年代ポップス、シューゲイザー、アンビエント・エレクトロニックなどのレイヤーがサウンドまでが重層的に融合しており、これまでには無いスケールと質感で、ヴォーカルとメロディを立体的に描き出していくようなムードがある秀作だ。

3rdアルバムリリース後はクリストファーに加え、クラウディアのポジションとなるキーボード/ヴォーカルにワシントンのシンセ・ポップ・バンド、ペインティッド・フェイス(Painted Face)のメンバー、アリー・アルヴァラド(Allie Alvarado)を迎え、4人編成でライヴを行っていたが、4thアルバム制作中にベンジャミンがT細胞性リンパ芽球性リンパ腫に倒れ、2013年末に惜しくも他界した。


STORMS [Lori Scacco & Eva Puyuelo]

かつてToo Pureから作品をリリースしていた、シューゲイザー~ドリーム・ポップ系バンド、Seelyのピアニスト/ギタリストとして活躍し、スコット・ヘレンの レーベル、Eastern Developmentsから傑作ソロ作品『Circles』を2004年にリリースし、HeftyオーナーJohn Hughesをし、”my favorite female instrumentalist”と言わしめた女性アーティスト、Lori Scaccoと、現在Savath & Savalasのメンバーとして活動している女性アーティスト、Eva Puyuelo Munsとのニュー・プロジェクト、Storms。元々Loriが新作の制作を行っていた際、Savathのレコーディングでニューヨークを訪れていた Evaにヴォーカルでの参加を呼びかけたところ、意気投合し、スタジオで自然とこのプロジェクトへと発展した。日本人エレクトロニカ・アー ティスト、ausが何度も自身のレーベル、flauのコンピに収録するなど、Loriの創り出すサウンドは日本での評価も高く、多くのファ ンが新作を待ち望んでいた。この作品は彼女の約6年ぶりとなる作品である。
[photo by fausett-land.com]

Read More →


TAKAKO MINEKAWA & DUSTIN WONG

Photo by Hiromi Shinada

Photo by Hiromi Shinada

2011年の夏、ダスティンのライヴを観に行った嶺川と、元々彼女のファンであったダスティンが知り合う。この出会いをきっかけに交流が始まった両者は、音楽や宇宙、神話談義で盛りあがり、セッションを重ねていき、コラボレーションへと派生していった。2013年にファースト・アルバム『TOROPICAL CIRCLE』をリリースし、レコ発を含む都内でのライヴを経て、FUJI ROCK FESTIVALに出演。2014年にはセカンド・アルバム『SAVAGE IMAGINATION』をリリースし、1ヶ月に及ぶ北米ツアーを成功させ、昨年は初の中国で12都市をまわるツアーを果たすなど、お互いのソロと平行しつつ、精力的に活動している。ダスティンのギターと嶺川のサンプラーキーボードの間に1本のマイクをシェアし、それをまるごと構築していき、ひろがる二人の奇妙なサウンドは生まれたばかりのアメーバのように変化し続けている。また、音だけにとどまらず、絵や映像も二人で共作しており、作品のジャケットやMVも自らが手がけている。

In the Summer of 2011 Takako went to go see Dustin’s show in Tokyo. He was a fan of her music from the past and through that meeting they began corresponding. They also found many similar interests in music, the universe and mythology. When Dustin was in Japan they went in to a rent by the hour rehearsal studio to loosely do some musical improvisations and this led to a natural collaboration. They also collaborate visually, the album cover and music video is a result of that.

Instagram
http://instagram.com/takako_dustin/

Soundcloud
https://soundcloud.com/takakominekawadustinwong

嶺川貴子 Twitter
https://twitter.com/tm_meandcat

Dustin Wong Twitter
https://twitter.com/dustinwong

嶺川貴子 & ダスティン・ウォングへのお仕事(音楽制作、ライヴ出演など)のご依頼は
info@7ep.net(※以前の連絡先から変更になりました)
までよろしくお願い致します。


TEAMS

TEAMSは現在LAを中心に活動しているのショーン・ボウイなる黒人ビート・メイカー/プロデューサーのソロ・プロジェクト。2011年に相棒とも言える、マンチェスターのプロデューサーであり、各所から注目を集めている、Darren WilliamsによるStar Slingerとのコラボ作をリリースしたことを皮切りに一気に注目を集める。これまでデジタルを主体に楽曲を発表(2010年に発表した『Catch Pool EP』は2011年にカセット・リリースされている。)。本作は彼のファースト・フル・アルバムで、2011年にAMDISCSから250枚限定でヴァイナル・リリースもされた。
Read More →


TEEN DAZE

teendaze現在はカナダはブリティッシュ・コロンビア州を拠点に活動しているJamisonによるエレクトロニック・ドリーム・ポップ・ソロ・プロジェクト。元々は セルフでデジタル・リリースしていた音源がチルウェイヴ・ムーヴメントに乗って注目を集め頭角を現したが、ロックからクラブ・ミュージックまで幅広い音楽 的素養を持つ彼は着実な進化をみせ、もはやその範疇に収まらないサウンドを構築している。2012年にファースト・アルバム『All Of Us, Together』、セカンド・フル『The Inner Mansions』を立て続けにリリースし、2013年には早くもサード・アルバム『Glacier』を発表。これまでの流れを汲みつつアンビエント・テイストを深めたサウンドを披露し、さらなる評価を高め、初来日も果たした。そして2015年初頭に新作EP『A World Away』をBandcampにてセルフ・リリース。その後ボーナス・トラックを含めたアルバム仕様にてPLANCHAからCD化された。2015年には4作目となるフル・アルバムにして初のバンド編成での作品『Morning World』をリリース。2017年には再びソロに戻り、S. Carey、Dustin Wong等、多数のゲスト迎えた5作目『Themes For Dying Earth』を発表し、3度目の来日ツアーも果たした。また、リミキサーとてもTycho、Sun Glitters、Giraffage Feat. XXYYXXなど多数のアーティストを手掛けている才人である。

http://asilentplanet.com/
Read More →


TYCHO

Reuben_Wu_Tycho2サンフランシスコを拠点に活動するScott Hansen(スコット・ハンセン)によるミュージック・プロジェクト。彼はISO50というヴィジュアル・ワークの名義も持つ。2002年にセルフ・リ リースにて『The Science of Patterns EP』をリリースしてデビュー。2004年にファースト・アルバム『Sunrise Projector』を自主レーベル、Gammaphoneからリリース。このアルバムは程なく廃盤となるが、2006年には曲を一部新曲に入れ替えリマ スターし、リミックスを加え、さらにはアートワーク、そしてタイトルも『Past Is Prologue』と一新して2000枚限定でMerckからリイシューされた(2012年にPLANCHAからCD再発、2013年にGhostly Internationalから初ヴァイナル化された)。その後名門Ghostly Internationalと契約し、デジタルとヴァイナルでのEPリリースを経て、2011年にセカンド・フル・アルバム『Dive』をリリース。その 頃からバンド編成でのライヴを開始し、『Dive』にも参加していた盟友Zac Brown(ベース、ギター)と、Nitemovesとしても活動しているRory O’connor(ドラム)にメンバーが固定されると、正式なバンド形態へと拡張。2013年にはTAICO CLUBにて初来日を果たす。そして2014年サード・アルバム『Awake』がリリースされた。独特のレトロ・テイストのローファイ感を基調とつつ、エ レクトロニカ~アンビエント~ドリームポップ~ポストロックまでを股にかけるサウンドは多岐に渡るリスナーに支持されている。
http://tychomusic.com/awake/

As Tycho, Scott Hansen blends swirling melodies into vaguely triumphant arcs that crisscross between stuttering beats and vocal samples, creating rolling sonic landscapes that extend into the horizon. Known in the design world as ISO50, the San Francisco-based artist is famed for his warm, textured design style, which serves as a backdrop and mirror for his musical output.

Hansen began releasing music over 10 years ago with The Science of Patterns EP. His first full-length, Sunrise Projector, came out in 2004, and as the critical acclaim continued in 2006 with the release of Past Is Prologue. He eventually met Ghostly and, like everybody else, we simply had to work with him.

It was around 2008 that URBmagazine noted Tycho as one of the

Next 100 artists to watch, and Hansen continued to release singles and experiment with more live instrumentation. In 2011, his meticulous process saw the release of Dive, his debut full-length for Ghostly International. Tranquil, nostalgic and melodic, the record established him beyond the realm of IDM and ambient.

Now with Awake, Tychos second Ghostly LP, the project returns as a true three-piece band comprised of Zac Brown (guitar, bass) and Rory O’Connor (live drums). Lengthy touring for Dive brought Tycho to its full potential, and in efforts to capture the energy on the road Hansen invited Brown and O’Connor in to the creative process. Both the sound and artwork of Awake capture Hansens stylistic shift, conjuring a more kintetic and percussive sensory experience.


WOODS

ヴィヴィアン・ガールズ、ウェイヴス…90年代初期のローファイ・ムーヴメントを想起させつつも、全く新しい感性が横溢するバンドたちを輩出し、一躍シーンのメッカとなったブルックリンの新進レーベル、ウッジスト。そのオーナーでもあるジェレミー・アールが率いるウッズは、もともとミネガーというパンク・バンドのメンバーだったジェレミーとクリスチャン・デロエックの2人による、フォーク寄りのサイド・プロジェクトとしてスタートしたものだ。ミネガーではそれぞれドラムとギターを担当していた彼らだが、ウッズでは互いに曲を持ち寄り、ヴォーカルも2人で分担。2005年にはジェレミーが主宰するカセット・テープ専門レーベルのファック・イット・テープスより、ファースト・アルバムとなるカセット2本組の『How To Survive In + Woods』をリリースしているが、これはニール・ヤングやタイニー・ティムを思わせるジェレミーのファルセット・ヴォイスと、いかにもパンク畑出身らしいエモーショナルなクリスチャンの歌声が奇跡的なバランスで同居した作品で、特に2人のデュエットによる「Silence Is Golden」は、涙なしには聴けない名曲だった。2007年にはルー・バーロウのセントリドーやマウンテン・ゴーツの初期作品で知られるカリフォルニアのシュリンパーから、セカンドの『At Rear House』をリリース。続けてファースト・アルバムもCDでリイシューされているが、この2作はどちらも当時ミネガーのメンバー4人が共同生活を送っていたブルックリンの通称“Rear House”(ミネガーのファースト・アルバム『I Was Born At The Night』のジャケットでその外観を確認することができる)でホーム・レコーディングされたもので、アートワークも対になっていることから、デュオ時代の2部作と言ってもいいだろう。
Read More →


CLIVE TANAKA Y SU ORQUESTA “Jet Set Siempre 1°” [ARTPL-017]


Artist: CLIVE TANAKA Y SU ORQUESTA
Title: Jet Set Siempre 1°
Cat#: ARTPL-017
Format: CD

※日本のみでCD化
※ボーナス・トラック2曲収録
Territory: Worldwide
Release Date(CD) : 2011.06.15
Price(CD): 2,000yen + 税


遂に日本発!グローファイ〜チルウェイヴ以降を感じさせる新たな才能!「北海道のひきこもり」と言われているものの、その正体は謎のベールに包まれている逆輸入アーティスト、Clive Tanaka。
Read More →


BIG TROUBLES “Worry” [ARTPL-016]


Artist: BIG TROUBLES
Title: Worry
Cat#: ARTPL-016
Format: CD
※解説、歌詞・対訳付き
JP Release Date(CD) : 2011.05.18
UK Release Date(CD) : 2011.06
US Release Date(CD) : 2011.06
Territory: Worldwide
Price(CD): 2,200yen + 税


まさに現代US インディ・シーンの大・問・題!遂にCD リリース!!

リアル・エステイトのギタリストにしてソロ・プロジェクト Ducktails としても活動している才人、Matt Mondanile の愛弟子であるニュージャージーの若きバンド、Big Troubles の昨年ヴァイナルのみでリリースされていたデビュー作が遂にCD 化(ボーナス8 曲追加!)!The Pains of Being Pure at Heart からDeerhunter、The Drums、Yuck などのファンまで必聴のノイジー且つ爽快なサウンド!

Read More →


BLACKBIRD BLACKBIRD “Summer Heart” [ARTPL-015]


Artist: BLACKBIRD BLACKBIRD
Title: Summer Heart
Cat#: ARTPL-015
Format: CD (worldwide)

※ボーナス・トラック収録
※解説・歌詞対訳付き

Release Date(CD) : March 2nd 2011
Price(JP): 2,200yen + 税


WASHED OUT以降のチルウェイヴ・シーンに、遂に真打ち登場!カリフォルニアはサンフランシスコで活動する若干23歳のドリーム・ポップ・ワンダーキッド、 Mikey Sandersによるソロ・プロジェクト、BLACKBIRD BLACKBIRD!デビュー作「SUMMER HEART」!PLANCHAからワールドワイド・リリース決定!2011年を席巻すること間違い無し!
Read More →


Top