幼少期に母の教えでピアノを始める。11歳の頃からギター・レッスンを受け始めたものの、一旦やめてしまうが、14歳の時に再びギターを弾き始め、本格的にソング・ライティングに興味を持つ。その後バンドFloristを結成し、2013年に6曲入りEP『We Have Been This Way Forever』でデビュー。もう一枚の自主制作EPを経て、Double Double Whammyと契約し、2015年にリリースしたEP『Holdly』でStereogumの「50 Best New Bands Of 2015」に選出される。2016年に『The Birds Outside Sang』、2017年に『If Blue Could Be Happiness』の2作のアルバムを発表し、インディ・ミュージック・リスナーから多くの支持を受ける。その活動と並行し、Emilyはモジュラー・シンセサイザーを用いたアンビエント・ミュージックの制作を開始しセルフ・リリースした『Water Memory』、「Mount Vision」が高い評価を得ている。

Related Post

Galcher Lustwerk クリーブランド出身で、現在はニューヨークはブルックリンを拠点に活動しているプロデューサー/DJ。Young MaleとDJ Richardによって設立されたWhite Materialから2013年にデビューEP『Tape 22』をリリースし、その後Yaeji、Helm、CFCF、Ben UFO等も...
Steve Hauschildt Photo by Maria Tzeka Emeraldsのメンバーとして2000年代中期から活動を開始し、それと並行してソロ活動も行う。Emeraldsの活動中にKrankyから2作「Tragedy & Geometry」(2011)「Sequitur」(2012)のアルバムをリリ...
Pitchfork Best New Reissue獲得!Emily A. Sprague『Wate... 6/7に日本盤リリースとなりますEmily A. Sprague『Water Memory / Mount Vision』がPitchforkにて「Best New Reissue」を獲得(8.2点)! 日本盤はオリジナル・アートワークをアレンジし、ボーナス・ディスクを加えたスペシャル・エ...
Emily A. Sprague “Water Memory / Mount Visio... Artist: Emily A. Sprague Title: Water Memory / Mount Vision (Special Japanese Edition) Cat#: ARTPL-116 Format: 2CD ※解説:佐々木敦(HEADZ) ※オリジナルのアー...