昨年ヴァンクーバーの注目のカセット/デジタルレーベルである1080pから本名名義では初のフル・レングスとなるアンビエント・アルバム『Clouds of David』をリリースした、Magic Touchとしても活動しているDamon Eliza Palermo。Magic Touchとしては来日を果たしておりますが、Damon Eliza Palermoとしての日本初ライヴが決定です!
共演は盟友Dustin Wongと、かつてMagic Touchとコラボ作もリリースしているSapphire Slowsです。

damon0507Damon Eliza Palermo
“Ambient Show in Tokyo”

日程:2016/05/07(日)
会場:落合SOUP (map)

時間:OPEN 19:00 / START 19:30
料金:前売 2,500円 / 当日 3,000円

LIVE:
Damon Eliza Palermo
Dustin Wong
Sapphire Slows

TOTAL INFO: PLANCHA

Facebook_logo
また、Facebookページにて「参加する」ボタンを押していただければ前売りチケットのお取り置き(当日清算)致します。(お名前は表示されません)
FACEBOOKイベントページ

 

damonDamon Eliza Palermo (1080p, Los Angeles):

かつてはMi Amiのドラマーとして、近年はMagic Touch名義でハウス/ディスコ・ミュージックを制作し、100% Silkからヒット作「I Can Feel The Heat」をリリースするなど、ハウス・ブームの火付け役として注目を集めてきたDamon Eliza Palermo。彼はMagic Touchとしての活動の傍ら、本名名義でアンビエント〜ニュー・エイジ的作風のアプローチをしており、CD-Rのミックスなどを自主制作してきたが、昨年ヴァンクーバーの注目のカセット/デジタルレーベルである1080pから初のフル・レングスとなる『Clouds of David』をリリースした。Yamaha SU700を駆使し、シンセ、サンプル、ギター、ピアノによって録音されており、学生時代に好んだシューゲイズ、クラウトロック、そしてポストロック的エッセンスまでが融合された、ノスタルジックでエモーショナルな音像の流麗なアンビエント作となっている。今回のライヴが本名名義での初日本ライヴとなる。

 

Asha_dustinDustin Wong:

ダスティン・ウォングはハワイで生を受け、2歳の時に日本へと移住。そして高校卒業までを日本で過ごし、大学進学のため渡米。渡米後はエクスタ ティック・サンシャイン、ポニーテイルでの活動を経て、ソロとしてスリル・ジョッキーと契約。多数のエフェクター足元にならべ、ディレイ、ループ 等様々なエフェクトを駆使し、ミニマルでカラフルなレイヤーを描き出していく万華鏡のごときギター・パフォーマンスは各所で話題となる。日米をま たにかけ活動し、2012年は朝霧JAMへの出演、さらには盟友であるダーティー・プロジェクターズ、ビーチ・ハウスのジャパン・ツアー (2013年)のオープニングもつとめた。2013年5月には嶺川貴子との共作をリリースし、FUJI ROCK ’13に出演。そして通算5作目となるニュー・アルバム『Mediation of Ecstatic Energy』がリリースされた。 2014年には嶺川貴子との共作2作目となる『Savage Imagination』を発表し、デュオでの約1ヶ月に渡る北米ツアーも行い、2015年には初の中国ツアーも慣行した。2015年秋には再びビーチ・ ハウスのサポート・アクトとしてヨーロッパ・ツアーに帯同。現在はソロ、デュオの他、鈴木慶一の新バンド、鈴木慶一with マージナル・タウン・クライヤーズのメンバーとしても活動している。

http://www.artuniongroup.co.jp/plancha/top/artists/dustin-wong/

 

time5Sapphire Slows:

東京在住の若きプロデューサー/DJ。シンセサイザー、打ち込み、サンプリングなどを使い作り上げたトラックに浮遊感のあるヴォーカルをのせ、実験的でありながらも美しく耳に残る独特な世界を作り出していく。2011年に自宅の寝室で楽曲制作を開始して間もなく、LAのアンダーグラウンドレーベルNot Not Funと日本の名門インディー・レーベルBig Loveからデビュー。瞬く間に世界中のアンダーグラウンド・シーンから注目を集め、すでに2度の北米ツアーとヨーロッパ・ツアーを行った。DJとしても国内外のイベントでプレイを重ね、インディー、ハウス、テクノなど新旧さまざまなエレクトロニック・ミュージックをミックスしていくアナログ中心のプレイが評価されている。2015年にはパリで開催されたRed Bull Music Academyに参加しており、海外でも精力的に活動を続けている。

Related Post

dip in the pool によるユニークなライブイベントの第一弾として『Immersive... 近年は世界的な再評価も高まっている木村達司(track)と甲田益也子(vo)によるエレクトリック・デュオ、dip in the pool。昨年、1997年にリリースしていたポップでカラフルなアルバム『Wonder 8』から6曲を抜粋しリマスタリング、そして新曲2曲を追加してアップデートした『8 re...
Kankyō Recordsが新たにスタートするリスニング・イベント“Kanshō”の第一回目にSa... アンビエント作家であり、建築家でもあるH.Takahashi氏が昨年三軒茶屋にオープンしたKankyō Recordsが新たにスタートする、劇場で映画を楽しむように、良いリスニング環境で音楽を鑑賞するイベント “Kanshō” 。 Kankyō Recordsがおすすめするアーティストのアルバムを...
本日ニュー・アルバム『ashbalkum』をリリースした韓国ソウルのアンビエント・デュオSalama... 本日サード・アルバム『ashbalkum』をリリースし、日本デビューも果たした、韓国はソウルを拠点活動しているSalaことUman ThermaとMandaことYetsubyによるアンビエント・デュオ、Salamandaの『FESTIVAL de FRUE 2022』への出演が決定致しました。S...
Telefon Tel AvivのFFKTに続き1夜限りの東京Contact Tokyo公演決定!y... エレクトロニカ〜IDMからポストロックまで、ゼロ年代の音楽シーンに確かな軌跡を残し後続のアーティストに多大な影響を与えてきたTelefon Tel Aviv。2016年にJoshua Eustisのソロ・プロジェクトとして活動を再開し、2017年には11年ぶり2度目の来日にして、初の国内ヘッドラ...