Indian-Wells-1-Credit-Leonardo-Calvano-770x468

photo by Leonardo Calvano

南イタリアのプロデューサー、Pietro Iannuzziによるプロジェクト。ドイツの優良ネット・レーベル、Bad Panda Recordsから2012年にファースト・アルバム『Night Drops』を、2015年にはセカンド『Pause』をリリース。Indian Wellsはテニスの国際大会が開催されることで有名はカリフォルニア州の地名であるが、かつては自身を”Sofa Tennis Player”と称し、テニスの音や実況をサンプリングしてユニークなダウンテンポ・サウンドを生成し、それを自らテニストロニックと例え活動していた。特にカラフルなラケットが模されたデザインのジャケットが印象的だったシングル「Racquets」は各所で話題となり、やがてShlohmoやGroundislava、Deruなどを排出してきたLAの名門レーベル、Friends of Friendsの目にとまり、契約に至る。そしてこのたびリリースされるのが3作目となる本作『Where The World Ends』である。

Related Post

HELIOS 米ペンシルバニア出身のプロデューサー、Keith Keniffによるプロジェクト。様々なサウンドトラックやCM音楽など多岐に渡る音楽制作や、ポスト・クラシカル的な路線のGoldmund、奥方ホリーとのユニットMint Julep、双子の兄弟とのSONOとしても名を馳せるが、本名義では2004年からエ...
TOBACCO ペンシルバニアのエクスペリメンタルアーティスト、Tom Fecのレコーディング・プロジェクト。エレクトロ・サイケデリック・バンドBlack Moth Super Rainbowでダークでビート中心の分派として登場して以来、TOBACCOは完全に独自のものへと変貌を遂げてきた。過去20年間、Fecの私...
KHOTIN Photo by Lindsay Mcnab カナダはエドモントンを拠点に活動しているプロデューサー、Dylan Khotin-Footeによるソロ・プロジェクト。最初期はHappy Trendy名義で活動していたが、2014年にKhotinへと変名。様々なアーティストを輩出するカナダの優良...
LUCRECIA DALT コロンビア出身で現在はベルリンに在住のエクスペリメンタル・アーティスト。哲学、映画、神話、未来のテクノロジーに影響を受けた実験的なエレクトロニック・ミュージックを制作している。2009年の『Congost』(その時の名義はSound of Lucrecia)など、彼女の初期のアルバムは歌詞と曲構成に...