MaryLattimore_Master
Artist: MARY LATTIMORE
Title: At The Dam
Cat#: ARTPL-074
Format: CD / Digital

※解説: 栗本 斉
※正方形紙ジャケット仕様
※ボーナス・トラック1曲収録

Release Date: 2016.05.182016.05.31 ※変更になりました
Price(CD): 2,000yen + tax


この人のハープを夜空の下で再生したことがあります、夏至の天草で。
空間が歪み、地面が鏡になるような不思議で素敵な錯覚を覚えました。
今作はどんな仕掛けがあるだろう。
― Shhhhh

その才能は多くのミュージシャンから賞賛されているフィラデルフィアの女性ハーピストMary Lattimoreによる極上アンビエント傑作日本のみでCD化!

これまでThurston Moore、Sharon Van Etten、Meg Baird、Julia Holter、Jarvis Cocker、Kurt Vile、Steve Gunn、Ed Askewなど様々な名だたるアーティストの録音やライヴのサポートをし、その才能は多くのミュージシャンから賞賛されているフィラデルフィアの女性ハーピスト、Mary Lattimore。

2014年にPew Center for Arts & Heritageのフェロー賞を受賞し、アメリカ国内を友人とロードトリップする基金を得た。そしてアメリカを横断しながら訪れる土地土地でインスピレーションを受け、それを反映しながらハープとラップトップを駆使して作曲・録音をしていった。そして完成したのが本作『At The Dam』。タイトルはCélineの2015年春夏キャンペーンの広告塔になったことでも話題となった、『en:Slouching Towards Bethlehem(ベツレヘムに向け、身を屈めて)』などの著書で知られるアメリカの小説家・エッセイストJoan Didionのエッセイから取ったものだ。

様々な場所で彼女が感じ、吸収した事象が、美しくつま弾かれる繊細且つ凛々しいハープの音色に乗って音像化され、エレクトロニクスやディレイなどが絶妙なアクセントとなり、要所で巧み起伏を与えながら漂っていく。そのたおやかなサウンドにぐいぐいと引き込まれる。空間と音響に彩られ、彼女の心象風景や様々な景色が想起される、アンビエント〜フォークからポスト・クラシカル的なサウンドまでを横断するかのような傑作。

本作はGhostly Internationalからヴァイナル・リリースされているが、CDリリースは日本のみ。ボーナス・トラック1曲収録。

For Fans of: Brian Eno、Colleen、Lori Scacco、Julia Holter、Julianna Barwick、Dorothy Ashby、Joanna Newsom、Grouper、Goldmund… etc.


TRACKLISTING:

01. Otis Walks Into the Woods
02. Jimmy V
03. The Quiet at Night
04. Jaxine Drive
05. Ferris Wheel, January
06. Mira Built a Bonfire (Bonus Track for Japan)


レビュー掲載情報:
POPEYE – No. 830
Pen – No.405
FIGARO japon – No.480
PASTEL RECORDS
Pitchfork (7.8点)