ARTPL-055
Artist: Foxes in Fiction
Title: Ontario Gothic
Cat#: ARTPL-055
Format: CD / Digital
※ボーナス・トラック3曲収録
※正方形紙ジャケット仕様
※日本のみでCD化
解説・歌詞対訳: 清水祐也

Release Date: September 17
, 2014
Price(CD):
2,000yen + 税


カナダのオンタリオ州トロント出身で、現在はブルックリンで活動しているWarren Hildebrandによるソロ・プロジェクト、Foxes in Fictionの待望のニュー・アルバムが完成!Owen Pallettをはじめ、Rachel Levy, Caroline White, Sam Ray, Ansel Cohen, Beau Sorensenが参加!

カナダのオンタリオ州トロント出身で、現在はブルックリンで活動しているWarren Hildebrandによるソロ・プロジェクト、Foxes in Fictionは15歳の時にサンプル・コラージュ・プロジェクトとして始動し、2010年に自身のレーベルOrchid Tapesよりデジタル・リリースしたEP、『Alberto』でデビュー。そして同年ファースト・アルバムは『Swung From the Branches』を発表。これは当初は自身のサイトでフリー・ダウンロード公開していたが、その後Ghostly International所属のJakub Alexanderが運営する名門デジタル・レーベルMoodgadgetからリリースされた。DeerhunterのBradford Coxによるプロジェクト、Atlas Soundの影響も感じさせる幽玄的なアンビエント〜ドリーム・ポップで、当時のムーヴメントであったチルウェイヴ、さらにはシューゲイザーにも共振し、各所から高い評価を得た。

彼の弟は2008年に16歳の若さで突然この世を去った。その死の悲劇と喪失感に向き合いながら徐々に立ち直って行く5年間の過程が反映された作品がこの『Ontario Gothic』である。2011年秋から2014年春にかけてトロントとニューヨークで録音された。もちろんこれまでの延長線上のアンビエント〜ドリーム・ポップ・テイストの作品であるが、女性ヴォーカルが多数フィーチャーされており、ストリングスにOwen Pallettがフィーチャーされるなど、サウンドのスケールはぐっと増している。プロダクションもアトモスフェリックながらより立体感を帯び、メランコリックなムードと壮大な臨場感が印象的だ。

シンプルなビートの上を浮遊感に満ちたキーボードやギター、サンプリングなどのレイヤーが揺らぎながら重なり、リヴァービーなヴォーカルが溶け込んでいくサウンドは、聴き手を緩やかに引き込む。Owen Pallettのストリングス・アレンジも実に巧みで、随所でドラマティックなムードを拡張される重要なアクセントになっている。

Warrenの心象風景が見事に音像化さた儚く美しい名作だ。

Ontario Gothic is an album comprised of seven songs dealing with individual instances of loss, grief and the process of healing over the five years following my younger brother’s death in 2008 and how I navigated life in the wake of that tragedy. It was recorded in Toronto and New York between fall 2011 and spring 2014.

Features contributions from Rachel Levy, Caroline White, Sam Ray, Ansel Cohen, Beau Sorensen and Owen Pallett.


TRACKLISTING:

01 March 2011
02 Into The Fields
03 Glow (v079)
04 Shadow’s Song
05 Ontario Gothic
06 Amanda
07 Altars
08 Rearrange *
09 Ontario Gothic (Alternate Version) *
10 Quiet in Kinmount *

* = Bonus Track