Artist: BLUE HAWAII
Title: Untogether
Cat#: ARTPL-034
Format: CD / Digital

※歌詞・対訳・解説付き
※ボーナス・トラック2曲収録

Release Date: 2013.02.27
Price(CD): 1,886yen + 税


PitchforkでBEST NEW MUSICを獲得した「Try To Be」収録!アニコレ・フォロワーのインディ・ロック・バンド、BRAIDSのメンバーであるRaphaelle Standell-Preston嬢と、トラック・メイカーAlex Cowanによるカナダはモントリオールのエレクトロニック・ドリーム・ポップ・デュオ、BLUE HAWAIIの正式なファースト・フル・レングスが遂にリリース!

2010年にリリースしたデビューEP、『Blooming Summer』から約2年を経て、遂に待望のファースト・フル・レングスが完成。そのサウンドは革新的な進化を遂げている。

『Blooming Summer』リリース時はチルウェイヴ的なアーティストとして位置づけられていた。もちろん本作でもその流れを汲むサウンドではあるものの、ローファイなテイストは薄れ、全体的にハイファイな立体感を纏い、カットアップなどを駆使して細部まで緻密にエディットされたプロダクション、4/4から最新鋭のビート・ミュージックのエッセンスまでが多彩に盛り込まれたヴァリエーション豊かなリズム、そしてRaphaelle嬢の幽玄的且つ表現力豊かなヴォーカルが、幻想的でポップな桃源郷を築き上げる。

キー・トラックはPitchforkで“BEST NEW MUSIC”を獲得した「Try To Be」と、組曲的構成の「In Two」~「In Two II」。「Try To Be」はセンシティヴなアコギのフレーズと多重コーラスをループさせ、ビートと共に一体感を増していく中、心地よいメロディとヴォーカルが重なっていくドリーミーなトラック。「In Two」はポスト・ダブステップ的なムードも感じさせるビートにスペーシーなシンセや複雑に入り組むヴォーカルのタペストリーが渦巻き、そのまま続く「In Two II」では、4/4ビートを基調にしたダンサブルなサウンドへと移行する秀逸なトラック。

本アルバムは、いずれのトラックにもBlue Hawaiiらしいメロディと浮遊感は失ってはいないが、全体的なサウンドの進化は飛躍的であり、聴くたびに新たな発見を感じることができる。元々はレーベル・メイトであるGrimesや、チルウェイヴ周辺、さらにはBroadcastやBeach House、School of Seven Bellsなどのファンにもアプローチできる感触のある作品だ。


TRACKLISTING:

01. Follow
02. Try To Be
03. In Two
04. In Two II
05. Sweet Tooth
06. Sierra Lift
07. Yours To Keep
08. Daisy
09. Flammarion
10. Reaction II
11. The Other Day
12. Sunshines [ボーナス・トラック]
13. Strawberries and White Light [ボーナス・トラック]