サンフランシスコをベースに活動しているプロデューサー/ビート・メイカー、Charlie Yinのソロ・プロジェクトGiraffageの初来日公演が決定!同時に最新作『No Reason』の日本盤もリリース!ボーナス・トラックとして、世界が注目する札幌在住の20歳の女性トラックメイカー、Qrionのリミックスを収録!
Qrionは東京公演にもサポート・アクトとして出演致します!

プリントGIRAFFAGE JAPAN SHOW 2015

一夜限りの東京公演

日程:2015/6/23(火)
会場:渋谷 TSUTAYA O-nest
開場 19:00 / 開演 19:30
出演:Giraffage / Qrion
前売¥3,500(税込/1D別) / 当日¥4,000(税込/1D別)
チケット販売:LAWSON(72275) / e+ / O-nest店頭 受付終了

メール、FBでの前売りご予約の受付は終了致しました。
当日券の販売は開場時間の19時から開始致します。

チケット詳細・ツアーお問い合わせ:
DUM-DUM LLP
03-6304-9255
http://dum-dum.tv


GIRAFFAGE:
Giraffage_Press1
Giraffageはサンフランシスコをベースに活動しているプロデューサー/ビート・メイカー、Charlie Yinのソロ・プロジェクト。彼の特徴的なエレクロニック・ポップなトラック・メイクはPitchfork、 FADER、XLR8Rなど多くのメディアで絶賛されている。2011年にデビューEP『Pretty Things』で、彗星のごとくシーンに登場し、その後ドリーミーなシンセポップ・アルバム『Comfort』をリリース。XLR8Rにて「エレクトロニック・ポップのあふれんばかりの断片に心地よいアンビエントとサンプルを含んだイントゥルメンタル」と評された。2012年には盟友XXYYXXとの共作トラック「Even Though」がTeen DazeやSlow Magicのリミックスを含む5曲入りEPとしてKitsuneからリリース。そして2013年2月にDaddy Kev率いる西海岸ビート・シーンの重要レーベル、Alpha Pupからミックス・テープ『Needs』をドロップ。Pitchforkは彼のことを”雑食音楽愛好家”と称したが、80〜90年代のポップ〜ソウル・ミュージックの大胆なサンプリングと巧みなエディットは見事で、まさにその多才ぶりが炸裂した作品だった。続く2014年も活発に活動し、Janet Jacksonの「Someone To Call My Lover」のリミックスをサウンドクラウド上で公開し100万再生を超えるなど、その注目度が高まり続ける中、プロデューサー/DJのA-Trakが主宰するエレクトロニック・ダンス・ミュージックの優良レーベル、Fool’s Goldと契約。彼のキャリアのターニング・ポイントとなるEP『No Reason』をリリース。本作はヴァイナルもプレスされ、彼の初のフィジカル・リリースとなった。中でもチョップされたヴォーカルとバブル・ラップ・リフが印象的な「Tell Me」はキラー・チューンとしてネット界隈を中心に話題となっている。また、ライヴ・パフォーマンスにも定評があり、これまでPhantogram、Flume、XXYYXXなどとのツアーやPorter Robinsonのワールド・ツアーのメイン・サポートをつとめた他、Treasure Island、HARD Day of The Dead、Splash House、Lightning in a Bottle、Roskilde in Europeなどの多数フェスティヴァルに出演を果たした。アジア・ツアーは今回が初めてで、同時に最新EP『No Reason』の日本盤がリリースされることも決定しており、ここ日本でのブレイクにも期待が高まる。

https://www.facebook.com/giraffage
https://soundcloud.com/giraffage


ARTPL-064
Artist: Giraffage
Title: No Reason
Cat#: ARTPL-064
Format: CD / Digital

※解説付き
※ボーナス・トラック1曲収録 “Tell Me (Qrion Remix)
※正方形紙ジャケット仕様

Release Date: June 10, 2015
Price(CD):
1,500yen + 税


初来日公演も決定したサンフランシスコをベースに活動しているプロデューサー/ビート・メイカー、Charlie Yinのソロ・プロジェクトGiraffageが最新作『No Reason』で日本デビュー!日本のみのボーナス・トラックとして世界から注目を集める札幌在住の20歳の女性トラック・メイカー、Qrionのリミックスを収録!

Giraffageはサンフランシスコをベースに活動しているプロデューサー/ビート・メイカー、Charlie Yinのソロ・プロジェクト。彼の特徴的なエレクロニック・ポップなトラック・メイクはPitchfork、FADER、XLR8Rなど多くのメディアで絶賛されている。

2011年にデビューEP『Pretty Things』で、彗星のごとくシーンに登場し、その後ドリーミーなシンセポップ・アルバム『Comfort』をリリース。XLR8Rにて「エレクトロニック・ポップのあふれんばかりの断片に心地よいアンビエントとサンプルを含んだイントゥルメンタル」と評された。2012年には盟友XXYYXXとの共作トラック「Even Though」がTeen DazeやSlow Magicのリミックスを含む5曲入りEPとしてKitsuneからリリース。Pitchforkは彼のことを”雑食音楽愛好家”と称したが、80〜90年代のポップ〜ソウル・ミュージックの大胆なサンプリングと巧みなエディットは見事で、まさにその多才ぶりが炸裂した作品だった。さらには同年5月には盟友XXYYXXとの共作トラック「Even Though」がTeen DazeやSlow Magicのリミックスを含む5曲入りEPとしてKitsuneからリリース。

続く2014年も活発に活動し、Janet Jacksonの「Someone To Call My Lover」のリミックスをサウンドクラウド上で公開し100万再生を超えるなど、その注目度が高まり続ける中、プロデューサー/DJのA-Trakが主宰するエレクトロニック・ダンス・ミュージックの優良レーベル、Fool’s Goldと契約を果たす。

そして初のフィジカル・リリースでもあり、彼のキャリアのターニング・ポイントとなったEPが本作『No Reason』である。これまでのアプローチがより洗練された印象のサウンドで、チル、トラップなどを巧みに横断するフューチャー・ベース〜ビート・ミュージック。中でもチョップされたヴォーカルとバブル・ラップ・リフが印象的な「Tell Me」はキラー・チューンとしてネット界隈を中心に話題となっている。最近では初来日も果たした新星R&Bプリンセス、Tinasheのリミックスを手掛けた事も話題となり、すでに70万再生を超えている。

また、本作のボーナス・トラックとしてRyan Hemsworthとの共作「Every Square Inch」(with Qrion)も話題となり、世界から注目を集めている札幌の若手女性トラックメイカー、Qrionによる「Tell Me」のリミックスが収録!

Giraffage’s signature remixes of R&B favorites quickly took him from blogs to Boiler Room and beyond, as he won over dancefloors worldwide with lush, bass-driven sets. No Reason marks another new turning point for this artist, who has grown from flipping Janet Jackson songs to crafting indelible slow jams of his own. The chopped vocals and bubble wrap riffs of “Tell Me” combine for a Tumblr-era love ballad like none other, and the entire EP is as heartfelt as it is head-nodding.


TRACKLISTING:

01. Hello
02. Tell Me
03. Chocolate
04. Anxiety
05. Be With You
06. Tell Me (Qrion Remix) [Bonus Track]


Qrion:
qrion1994年生。札幌在住。
現役女子高生で―(red)と―(blue)、2枚のEPをSenSeから2週連続でリリース。
10代の繊細な心境、女性の感性に留まらないメロディがインターネットユーザーを中心に注目を集め、初LIVEからすぐにエレクロニックミュージックを主としたアーティストが国内外より数多く出演する「Out of Dots 2013」に出演。LIVEも各地で精力的に行う。
2014年5月にミニアルバム「sink」をフリーダウンロードでリリース。Qrionの世界をより深く、海に沈んでいくような5曲に、京都の若手トラックメイカー”Madegg”、エレキネシスでも共演を果たしたカナダの”i am robot and proud”らがRemixerで参加し、レーベルのサーバーが一時ダウンする程ダウンロードされ話題になる。Twitterでのふとした交流からカナダのプロデューサー”Ryan Hemsworth”との共作「Every Square Inch」(with Qrion)をsoundcloud上にて発表。瞬く間に世界中にQrionの名が広がり、海外からのオファーが殺到。
http://qrion.net/

Related Post

Lori Scacco & Certain Creatures Japan Tour 20... 2004年にPrefuse 73こと、Guillermo Scott Herren主宰のEastern Developmentsからリリースされた『Circles』が知る人ぞ知る名作として一部で語り継がれ、2014年にリリース10周年で再発されると、異例のロングセラーとなり、その評価が高まる中、20...
SUMMER SONICへの出演が決定しているPREPの単独公演が決定!... SUMMER SONIC 2019への出演も決定している現代のシティ・ポップ・ムーヴメントを牽引するロンドンの4人組PREPの単独公演が決定致しましました。 PREP SUMMER SONIC EXTRA 日程:2019年8月19日(月) 会場:代官山 SPACE ODD 時間:O...
TOKiMONSTAのSUMMER SONICの出演が決定!新曲も発表!... 2017年に難病を乗り越えアルバム『Lune Rouge』をリリースし、グラミー賞にもノミネートされたTOKiMONSTAのSummer Sonicへの初出演が決定いたしました! 8/17(土)に大阪、8/18(日)に東京に出演致します。 また、TOKiMONSTAは『Lune Rouge』...
Julianna Barwick & Mary Lattimore 来日公演... ジャンルの垣根を越え、その才能を多数のミュージシャンから賞賛されているアンビエントの才媛2組のダブル・ヘッドライナー公演が遂に日本でも実現! 夢幻のヴォーカル・タペストリーで天空の賛美歌のごとき幻想的な世界を描き出すJulianna Barwickと、流麗なハープとエフェクトで美しく崇高なアン...