ARTISTS

TOKiMONSTA

TOKiMONSTA

LAの南海岸出身の韓国系アメリカ人ジェニファー・リーによるソロ・プロジェクト。トキモンスタの”トキ”とは韓国語でウサギの意味で、そこへモンスターを合わせて命名した。幼少からクラシック・ピアノ、クラリネット、ギター、ドラム等を習うことのできる恵まれた環境で音楽的素養を身につけた後、ヒップホップ、初期のレイヴ・シーン、そしてエレクトロニック・ミュージックに感化され、ビートメイカー/プロデューサーとしての活動を開始する。クラシック・ピアノのバッググラウンドを活かした叙情的なメロディと、生楽器、パーカッション、デジタル機器、そしてアナログ・レコードまでを使用し構築するサウンドは、その美貌も相まって注目を集め、Flying Lotus主宰Brainfeeder初の女性アーティストとなる。2010年にはRed Bull が主催するミュージック・アカデミーRed Bull Music Academyへ参加、そしてファースト・アルバム『Midnight Menu』をリリース。一躍西海岸ビート・シーンの中心へと躍り出て、その人気は瞬く間にヨーロッパや日本へも波及し、初来日も果たす。2011年にはBrainfeederからEP『Creature Dreams』を発表。2012年には坂本龍一、Shing02と大飯原発再稼働反対トラックを制作した。その後SkrillexやDiploとのツアーを経て、コーチェラなど様々なフェスティヴァルへも出演。2013年にはセカンド・アルバム『Half Shadows』をUltra Recordsからリリースした。順調な活動をしていたが、サード・アルバムの制作に取りかかった2015年の後半に脳血管障害「もやもや病」を発病。二度の大きな脳の手術とリハビリを乗り越え回復し、本作『Lune Rouge』を完成させた。

As TOKiMONSTA, California producer Jennifer Lee’s charted a fascinating career over the past seven years, and Lune Rouge is her exhilarating next step. The third proper long-player from TOKiMONSTA is both a logical progression of her sound and a surprising left turn from an artist that rarely ceases to surprise. A smoky, patient, and altogether lovely collection, Lune Rouge mixes modern sensibilities with old-school sounds to make for a heady brew of moonlit music.

Lee’s work as TOKiMONSTA gained widespread recognition from the very start: her 2010 debut album, Midnight Menu, saw release on Flying Lotus’ Brainfeeder imprint and cemented her reputation as a formidable presence of the then-emerging West Coast beat scene. 2011’s Brainfeeder release Creature Dreams EP expanded on Midnight Menu’s palette with successful forays into vocal-led cuts thanks to the presence of regular collaborator Gavin Turek; the 2013 LP and Ultra Music debut Half Shadows found Lee exploring darker shades of her sound with guests such as Kool Keith and MNDR in tow.

Following Half Shadows’ release, Lee collaborated with artists like Jessie Ware, Anderson .Paak, and Kelly Rowland, while also putting out several records on her own Young Art Records imprint that served as practical blueprints for the dusky environs of Lune Rouge. Mini-albums Desiderium from 2014 and last year’s FOVERE elegantly deployed pitch-shifted vocal samples to add new textures to the TOKiMONSTA sound, and in 2015 she added her capable touch to Turek’s own mini-album, You’re Invited. All these roads lead to Lune Rouge, a lush work that stands as the summation of what she’s been cooking up since Half Shadows.

TOKiMONSTA’s sound has always kept one foot in the pop stratosphere, but Lune Rouge finds her diving in with glee. Her effervescent beats serve as the perfect framework for these gorgeous songs: Malaysian singer-songwriter Yuna weaves in and out of water-droplet tones and a stuttering chipmunk’d sample on lead single “Don’t Call Me.” “I’m super grateful to have created a song with Yuna,” Lee gushes. “I was a fan of hers for a while, so I have to shout out the world wide web for allowing two people on different continents the ability to create together. The message of the track is really more than unwanted phone calls, but the idea of people deciding to show up only when they need you.”

“I chose the title Lune Rouge, which translates to ‘red moon’, because I think people perceive it to hold ominous weight,” Lee explains her thinking behind the album’s title. “However, a red moon is rare and pretty awesome event from a scientific perspective and, to me, means significant change.” And Lune Rouge is the latest change in her prismatic career—a testament to the healing powers of art in the face of insurmountable difficulty.


GARDEN CITY MOVEMENT

GCM1イスラエルはテルアヴィヴにてRoi Avital (Vocals, Keyboards, Guitars), Joe Saar (Guitars, Sampler, Keyboards), Johnny Sharoni (Vocals, guitars,Sampler, Percussion)の3人により2013年に結成。

地元の優良レーベルBLDG5 Recordsに所属し、これまでEP4枚をリリースしている。Disclosure, Bondax, Blonde Redhead, Apparatなど様々なアーティストと共演を果たし、そのロック/ポップからクラブ・ミュージックまで、様々なエッセンスを絶妙な塩梅で融合させたハイブリッドなサウンドは、Pitchfork、The fader、Stereogum、The 405など、海外の主要メディアでも賞賛されている。

EPs:
Entertainment (2013)
Bengali Cinema (2014)
Modern West (2015)
She’s So Untouchable (Single+Remixes) (2017)

Others:
BLDG5 ‘Ground Floor’ Compilation (2013)
Entertainment / Bengali Cinema LP (2014)
Ninja Jamm – EP Bundle 5 (2014)

Tel Aviv based Garden City Movement is a top notch electronic music project consisting of Joe and Roi formerly part of “Lorena B”. They’ve performed with Disclosure, Bondax, Blonde Redhead and Apparat to name a few. Johnny, the third member, is a well known music journalist, radio DJ and nightlife persona who has played alongside artists such as Floating Points, Koreless, Oneman and many more. Together, the three produce a blend of perfectly beautiful mixes drawn from their diverse cultural worlds. The result ranges from sweet hypnotic beats to ground floor based tracks.
After signing with BLDG5 records, GCM released Their four track ‘Entertainment’ EP worldwide and it quickly won praise in leading publications; ‘Casa Mila’, described as “glitchy, summery goodness” by The 405, the strung out slo-jam ‘Move On’ was featured on Pitchfork, Majestic, Fader & Stereogum.

“Sharp notes ring out, falling like suspended water droplets that form a babbling brook, all that remains as the final coda crumbles” (pitchfork)
“A frenetic fusion of dancefloor-ready beats and intertwining vocals which seem to wrap themselves around your cerebral cortex” (Clash magazine)
“A very, very pretty piece of work” (Stereogum)
“Song’s gorgeous, though; their vocal-pitching’s without peer” (The Fader)


INDIAN WELLS

Indian-Wells-1-Credit-Leonardo-Calvano-770x468

photo by Leonardo Calvano

南イタリアのプロデューサー、Pietro Iannuzziによるプロジェクト。ドイツの優良ネット・レーベル、Bad Panda Recordsから2012年にファースト・アルバム『Night Drops』を、2015年にはセカンド『Pause』をリリース。Indian Wellsはテニスの国際大会が開催されることで有名はカリフォルニア州の地名であるが、かつては自身を”Sofa Tennis Player”と称し、テニスの音や実況をサンプリングしてユニークなダウンテンポ・サウンドを生成し、それを自らテニストロニックと例え活動していた。特にカラフルなラケットが模されたデザインのジャケットが印象的だったシングル「Racquets」は各所で話題となり、やがてShlohmoやGroundislava、Deruなどを排出してきたLAの名門レーベル、Friends of Friendsの目にとまり、契約に至る。そしてこのたびリリースされるのが3作目となる本作『Where The World Ends』である。


COM TRUISE

com-truise-photo-credit-effixx-4Com Truiseはニューヨークの北部で生まれ育ちで、現在はLAを拠点に活動している、プロデューサー/デザイナー、Seth Haleyによるソロ・プロジェクト。彼のシンセサイザーやサイエンスフィクションに特化した独特のメロディのノスタルジックなビート・ミュージックは幅広い支持を得ている。

彼は15年以上に渡り音楽制作をしており、元々影響を受けているJoy DivisionやNew Order、Cocteau Twinsなどのサウンドのエッセンスは随所に垣間みられるものの、彼のサウンドは決して過去からのものではなく、レトロ・フューチャー的に精巧に練り上げている。

2010年にAMDISCSからEp『Cyanide Sisters』をリリース。そのキャッチーでユニークなIDMやトリッピーなシンセ・ファンクを融合させたサウンドに目を付けたGhostluy Internationalが契約し、2011年にデビュー・フル・アルバム『Galactic Melt』を発表。その後いくつかのEPやB面曲や未発表曲をコンパイルした編集盤『In Decay』をリリース。2017年6年ぶりのオリジナル・アルバムとなる『Iteration』が完成。

Com Truise is the nom de guerre of producer and designer Seth Haley, born-and-raised in upstate New York and currently working out of Los Angeles. His synth- and sci-fi-obsessed records are as infectious as they are expansive. From 2011’s Galactic Melt LP to its long-awaited follow-up, Iteration, Com Truise has refined his singular style of melodic beat music. Each piece ties together his ideas of “synth-wave” and “slow-motion funk” amidst a glowing backdrop of rich, nostalgic pathos.

Haleys been making music for over 15 years, dabbling as a DJ and with a number of aliases before locking into Com Truise. Though undoubtedly influenced by his parents’ record collections and old, faded product design, the Com Truise project doesn’t only pull from the past. Hints of Joy Division, New Order, and Cocteau Twins bubble up in every prismatic piece, but it’s as if they’re processed through a waterlogged game consolewarped, cybernetic, and high-definition. Somehow, Com Truise sounds both familiar and uncanny, and always beautifully handmade.

The first Com Truise release was the Cyanide Sisters EP, where mellow zone-outs were juxtaposed

with IDM bangers and bumpy, trippy synth-funk. Once Haley joined the Ghostly roster, his tale of the character “Com Truise”, the first robot astronaut, took flight on his debut album, the critically acclaimed Galactic Melt. Multiple EPs and 2012’s In Decay, a collection of B-sides and rarities, expanded the backstory and narrative, taking the AI protagonist through unknown galaxies and war-torn planets. He even finds love and wrestles with heartbreakof course, only in the ways a sophisticated android can.

Six years after this saga began, Iteration finally wraps up Haley’s sprawling narrative, doing so with the most refined music of his career. The album illustrates the last moments Com Truise spends on the perilous planet Wave 1, before he and his love escape its clutches to live in peace. It’s also the most personal record Haley has written to date, as the story mirrors his personal struggles of moving across the country and overcoming creative burnout. But Iteration is ultimately a story of triumph and self-realization, told by the singular, emotionally resonant sound of a man and his machines.


TOPS

TOPS_profileカナダはモントリオール〜ケベックをベースに活動しているインディ・ロック・バンド。シンセ・ポップ・バンド、Silly KissersのメンバーであったJane Penny(ヴォーカル/ソングライター)、David Carriere(ギター/ソングライター)、Riley Fleck(ドラム)が同バンドの解散に伴い2011年に結成。Silly KissersもリリースしていたGrimes、Blue Hawaii、Braidsなどを輩したことでも知られるモントリオールの名門、Arbutusと契約し、2012年に『Tender Opposites』でデビュー。リリース後からしだいに注目を高め、Gorilla vs. Bearの年間ベストの12位にランクインした。2014年にセカンド・アルバム『Picture You Staring』をリリース(アートワークにはLAのJessica Dean Harrisonをフィーチャー)。さらなる評価を獲得し、2015年には初来日ツアーも行った。そのレトロ且つ煌びやかなポップ・サウンドは幅広いリスナーに支持を得ている。

http://tttopsss.com/


Lusine

Lusine_1_2017-Photo_Credit-Sarah_McIlwainテキサス出身のJeff McIlwainによるソロ・プロジェクト。L’usineやLusine Iclなどの名義でも活動を続してきた。デトロイト・テクノと初期IDMの影響を受けて制作を始め、メランコリックでメロディックなダウンビート・テクノとでも呼ぶべき独自のサウンドを生みだしたエレクトロニック・ミュージック界の才人のひとり。1998年よりカリフォルニア芸術大学で20世紀エレクトロニック・ミュージックとサウンド・デザイン、映画を専行、そこでShad Scottと出会い、1999年にL’usine名義でファースト・アルバム『L’usine』をIsophlux Recordsよりリリース。新人アーティストの作品としては異例なほど高い支持を受ける。2002年には、URB誌恒例のNext 100にも選出され、アメリカのエレクトロニック・ミュージックの今後を担う重要アーティストと位置づけられた。その後2002年後半からシアトルに移り現在に至るまで拠点にしている。様々なレーベルを股にかけ活動し、『A Pseudo Steady State』、『Coalition 2000』(U-Cover)、『Condensed』、『Language Barrier』(Hymen)、『Serial Hodgepodge』、『Podgelism』、『A Certain Distance』、『The Waiting Room』(Ghostly International)などのアルバム、数々の12インチ・シングル、EPなどをリリース。また、Funckarma、 Marumari、Lawrence、School of Seven Bells、Tycho、Max Cooperなどのリミックス、McIlwainは、Mute、!K7、Kompakt、Asthmatic Kitty、Shitkatapultなど様々なコンピレーション、さらにはフィルム・プロジェクトのスコア制作など、多岐にわたる活動を展開。シアトルに移ってからはエレクトロニック・ミュージックの優良レーベルGhostly Internationalを母体にリリースをしている。

http://www.lusineweb.com/


TELEFON TEL AVIV

tta1999年にアメリカのニューオリンズで高校時代の友人を通じて知り合った、Charles CooperとJoshua Eustisにより結成。当時は2人はそれぞれ別々のバンドに在籍しており、Charlesがパンク、Joshuaがインダストリアル系の音楽を演奏していた。アルバムをリリースする前に、Nine Inch Nailsの『The Fragile』のリミックス盤である『Things Falling Apart』に参加したことで話題となった。その後シカゴのHefty Recordsと契約。彼らもシカゴに拠点を移し、2001年にファースト・アルバム『Fahrenheit Fair Enough』をリリース。翌2002年にはL’altraのLindsay Andersonをゲスト・ヴォーカルに迎え、EP『Immediate Action #8』をリリース。2004年には引き続きLindsay、そしてBuild An ArkのDamon Aaronをフィーチャーし、ヴォーカル主体に構成したセカンド・アルバム『Map Of What Is Effortless』を発表。2007年にはリミックスをコンパイルした『Remixes Compiled』、そして2009年にEllen Allien率いるベルリンのDJ/プロデューサー、Ellen Allien主宰のレーベル、BpitchControlから3作目『Immolate Yourself』を1/20にリリースしたが、1/27にMyspace上でCharles Cooperが1/22に亡くなったことを明かした。その後1人となったJoshuaはNine Inch Nailsのツアー・メンパーやソロ・プロジェクト、Sons of Magdaleneなどで活動していたが、2016年にTelefon Telefon Avivとして再始動。同年のファースト・アルバムがリリース15周年を記念してアーカイヴ音源を追加収録し、Ghostly International / PLANCHAからリイシュー。そして2017年5月に実に8年ぶりとなる新曲を披露し、セカンド・アルバムも蔵出しの坂本龍一リミックス音源を追加し再発された。

The late 1990s was a fertile time in the American electronic underground. A growing body of artists, spread around the nation, were engaging in the latest round of a decades-long transatlantic musical conversation. At the convergence of hip-hop, electronic, and soul music, these artists sought to carve out their own lane. In September 2001, New Orleans’ Telefon Tel Aviv, high school friends Joshua Eustis and the late Charles Cooper, joined the conversation with their debut album, Fahrenheit Fair Enough, released by Hefty Records. A labour of love, Fahrenheit was an attempt by the pair “to contribute something meaningful” Eustis says today, “something definitely American, and kinda southern too.” On the fifteenth anniversary of its release, Ghostly International is reissuing Fahrenheit Fair Enough with a vinyl edition and bonus digital material.

Living in New Orleans in the late 1990s, Eustis and Cooper were in the thrall of two musical orbits: black America – New Orleans’ bounce, Detroit’s techno, Chicago’s house – and British electronica – Autechre, Aphex Twin, Jega. Recorded over the course of a year in Eustis’ childhood bedroom in the Riverbend neighborhood of New Orleans, Fahrenheit mapped out a potential for American electronic music in a time of hope. The music features delicate Rhodes and guitar instrumentation wrapped in a southern bounce shell, smothered in r&b, and cut up by digital rhythm programming. The tracks were meant to be “constantly, evolving sculptures.” Fascinated

by IDM, the pair sought to inject “some swagger into it, loosen it up a little but also make it hyper romantic.”

Eustis and Cooper had imagined making a “hard club record,” but instead Fahrenheit came to be seen as a delicate slice of electronica by fans and critics who misconstrued its stylistics roots. This was, perhaps, hardly surprising. Telefon Tel Aviv arrived at a time when there was no roadmap for an American electronic music scene comparable to what the UK had produced in the 1990s. They were the latest artists to find themselves in a strange middle ground between hip-hop and electronic music that had yet to be understood.

Following the loss of Cooper in 2009, Eustis spent years unwilling to revive the Telefon Tel Aviv project, doubting his ability to do it justice. But time is a great healer. After seven years Eustis is now working on new Telefon Tel Aviv material. And time is also proving the pair right. The sonic sculptures of Fahrenheit Fair Enough they spent “thousands of hours” carving have proven resilient. The music sounds all the more relevant in 2016 because the roadmap Eustis and Cooper desired then exists today. And because today everyone listens to what the South has to say.

“We just wanted to see if we could make it work,” recalls Eustis. “We didn’t know. Our aim was to make something we could be proud of.”


NV

image3ロシアはモスクワ出身のプロデューサー/DJ/演奏家/ヴォーカリスト、ケイト・シロノソヴァによるソロ・プロジェクト。元々はSonic YouthやDinosaur Jr.などに影響を受けたオルタナティヴ・ロック・バンド、Glintshakeのヴォーカルとして活動。また、同時に20世紀のクラシカルなミュージシャン達とCornelius Cardewのアイデアとアヴァンギャルドなコンポーズを再構築するMoscow Scratch Orchestraのメンバーでもある。それらと平行してソロとしてNVを始動させ、2014年にジャパニーズ・ポップスやニュージャックスウィング、90’s R&Bなどの影響を感じさせるEP『Pink Jungle』を発表し注目を集め、同年、Red Bull Music Academy Tokyoで初来日を果たす。2016年に待望のソロ・デビュー・フル・アルバム『Binasu』をUSのカセット・レーベル、Orange Milk Recordsからリリース。カセットはすでに廃盤となっているが、日本のみでCD化されることが決定した。

Soundcloud
Facebook
Twitter
Tumblr
YouTube


EX CONFUSION

ex-confusion-2オオモリアツヒトによるソロ・プロジェクト。
2010年に活動開始。主にギター、ピアノ、古いテープレコーダーを用いて楽曲を製作している。
活動開始後、数々の海外ネットレーベルより作品をリリース、コンピレーションアルバムへの参加を果たす。
2010年にU-Coverから限定CD-R作品『Something To Remember』をリリースし、2012年、2013年にはn5MDより2枚のアルバムを発表。2014年にはFoxes In Fictionが運営するレーベルOrchid Tapesから『Flow』をリリースした。そして2015年にはBibioとのコラボを果たし、Bibio + Ex Confusion名義にて共作曲『Swift』が公開された。

Solo project by Atsuhito Omori.
Project has been started since 2010. Producing music mainly with guitar, piano, and old tape recorder.
After starting the project, its work as been released from numerous internet labels from abroad, and joined in compilation albums as well. Ex Confusion released limited CD-R “Something To Remember” from U-Cover in 2010, and have released 2 albums from n5MD in 2012 and 2013. In 2014, “Flow” has been released from Orchid Tapes, a label founded by Foxes In Fiction. In 2015, the project collaborated with Bibio and co-worked song “Swift” was released by the name of Bibio + Ex Confusion.

Soundcloud
Facebook
Twitter
Last.fm


YOHUNA

yohuna

photo by Brian Vu

Yohunaは女性ソングライター、Johanne Swansonによるソロ・プロジェクト。彼女はウィスコンシンで生まれ育ち、その後ニュー・メキシコ州の交換留学プログラムに参加。その時に Yohunaとしての活動を開始し、2011年にデビューEP『Revery』を発表。その後学校を卒業し、ロサンゼルス、オークレア、ボストン、ベルリンなど様々な土地を渡り歩き、様々なインスピレーションと経験を得る。そしてそれらを反映させて完成したのがファースト・フル・アルバム 『Patientness』である。


1 / 612345...最後 »
Top