credit Ryan Molnar

credit Ryan Molnar,

2018年にItalians Do It Betterからアルバム『Beacon』で輝かしくデビューし、各所で高い評価を得た、モントリオールの才人、Tess Robyの4/22にリリースされる待望のセカンド・アルバム『Ideas of Space』から先行セカンド・シングル「Up 2 Me」がデジタル・リリース、ミュージック・ビデオも公開されました。

この曲はTess Robyが作曲、演奏、プロデュースし、ドラムはAustin Tufts (BRAIDS)がプログラミングしています。ミュージック・ビデオはTess本人が監督し、Hugo Bernierが撮影したものです。

Up 2 Me」の制作について、Tessは次のように語っています。”この曲の制作は、とても瞑想的でした。この曲は、私の精神状態が悪化し、長い間スタジオから遠ざかっていた状況の後に書いた最初の曲です。最初の制作は2020年の夏に行われ、しばらくはインストゥルメンタルのデモとして眠っていました。アルバムの完成が近づいた頃、最後の1曲を見つけるために、すべての録音を探したのですが、この曲が浮上してきました。ヴォーカルのメロディを書き、アレンジを施した後、インストゥルメンタルをビートと一緒にAustin Tuftsの所に持ち込み、彼にプログラミングとアイデアの拡張を依頼しました。この時点で私たちはすでに一緒に仕事をしていたので、彼は私の音の世界にすっかり入り込んでいて、私が求めているムードを知っていました。私が初めてドラムの入ったトラックを聴いたのは、2021年4月の早春でした。モントリオールの門限は午後8時で、午後7時半頃、私はアパートを出て、外で聴くことができました。日が暮れて、通りには誰もいなくて、家に帰るまでその曲を繰り返し聴いたのです。”

Tessは続けてこう語っています。”このアルバムの作曲とレコーディングのプロセスは、癒しだった。人として、アーティストとして、自分自身について多くを学びました。この曲は、自分自身を信頼すること、そしてネガティヴな感情を捨て去ることを歌っています。ビデオでは、リスナーが私の世界を垣間見ることができるようにしたかった。「Ideas of Space」のビデオとは全く対照的で、リスナーと私の違った面を共有することに興味があります。このアルバム、そしてこの曲の多くは、私のホーム・スタジオで書かれたものだから、このビデオでそれが表現されているのはとても嬉しいです。ビデオは、私のスタジオと凍てつくような広場の間で切り替わり、アルバム全体に流れる二元性のテーマ、そして心と体、物理的/非物理的空間の間の押し引きに呼応しています。”

 

Tess Roby new single “Up 2 Me” out now

Artist: Tess Roby
Title: Up 2 Me
Label: PLANCHA / SSURROUNDSS
Format: Digital Single
Release Date: 2022.03.09

Written, Performed and Produced by Tess Roby
Drum programming, Recording and Mixing by Austin Tufts
Mastered by Nik Kozub

Buy / Listen: https://orcd.co/24y5xx1

Tess Roby – Up 2 Me (Official Video)

YouTube: https://www.youtube.com/watch?v=E0kZkxzqpio

Directed & Edited by Tess Roby
Shot by Hugo Bernier

 

Tess Roby new album “Ideas of Space” 4/22 release


Artist: Tess Roby
Title: Ideas of Space
Label: PLANCHA / SSURROUNDSS
Cat#: ARTPL-166
Format: CD / Digital
Release Date: 2022.04.22
Price(CD): 2,200 yen + 税

※日本独自CD化
※解説・歌詞・対訳付き予定

Pre-order / Pre-save: https://orcd.co/y6avmkk


2018年にItalians Do It Betterからアルバム『Beacon』で輝かしくデビューし、各所で高い評価を得た、モントリオールの才人、Tess Robyの待望のセカンド・アルバム『Ideas of Space』。ぐっと進化を遂げた印象で、多彩且つ独特なシンセサイザーに、オペラのバックグラウンドを持つ崇高なヴォーカルを織り交ぜたアンビエント〜オルタナティヴ・フォークを横断するようなドリーミーなエレクトロニック・シンセポップ。その幻想的な世界観が聴き手を桃源郷へと誘う。BraidsのAustin Tufts、Joseph Shabason、Ouri等がコラボレーターとして参加。
3月〜4月にはMen I Trustのカナダ・ツアーのサポート・アクトも決定。

トロント出身で現在はモントリオールを拠点に活動しているTess Robyのセカンド・アルバムが完成し、日本デビューが決定。2018年にChromaticsなどをリリースする名門Italians Do It Betterからリリースしたファースト・アルバム『Beacon』で高い評価を得たが、本作『Ideas of Space』では自らのレーベルSSURROUNDSSを立ち上げ、ソングライター、プロデューサー、ミュージシャン、ミュージック・ビデオとアート・ディレクターまでを自ら務め、完全な芸術的独立を見せている。

前作リリース以降ミュージシャンとしての自信も技術も向上しており、より充実した制作を行うことができたようで、サウンドの構造はより広大になっている。コラボレーターとしてBraidsのAustin Tufts(ドラム/ドラム・プログラミング)、昨年Western Vinylから傑作をリリースしたマルチ・インストゥルメンタリストのJoseph Shabason(木管楽器/ドラム/フィールド・レコーディング)、Ghostly Internationalから作品をリリースしているOuri(チェロ)、そして実弟のEliot Roby(ギター)等が参加し、Tessが描き出す音の風景に複雑なテクスチャを加え彩りを添えている。

パーカッシヴなリズムに揺らめくシンセのレイヤーとTessのたおやかなヴォーカルが絡み合う「Century」で幕を開け、ドラムの上で浮遊感のあるギターとヴォーカルのタペストリーが印象的な「Eyes Like Babylon」を経て、ファースト・シングルにもなったタイトル・トラック「Ideas of Space」へ。うねるような躍動感のある催眠的なシンセとビートに迷い、問いかける声と、道しるべとなる声が交錯するある種のパワーと緊迫感を見せ、Tessの新章を明確に始まりを感じさせる曲。その後もドリーミーでアトモスフェリックなシンセと表情豊かなヴォーカルのレイヤーでそしてゲスト陣の演奏やアレンジをアクセントに、アンビエントとドリーム・ポップを融合させたような世界観を描き出し、リスナーをアーティストの内面へと引き込む。そこでは、心は部屋であり、身体は家。光と闇、重さと熱気、物理的なものと非物理的なものという二面性が、互いを行き来する。そしてTessの歌詞は、夢、記憶、現実の間を漂い、彼女の声の豊かな親密さによって生命を吹き込まれる。シンセのループは、織り成すヴォーカル・パターンとともに上昇〜下降することで、ミニマルかつ複雑なサウンドスケープを違和感なく構築している。

勿論ファースト・アルバムの延長線上にあるサウンドであるが、前述したように格段にスケールアップしている。しかしそれは決して仰々しい訳ではなく、淡く重層的でありながらも音の立体感は絶妙なバランス感を保っている。8年以上のオペラの経験に裏打ちされたヴォーカルの技術と先見性を持ったエレクトロニック・ミュージックのスキル、そしてリズムへの探求も感じられ、アーティストとしての明確な進化が伺える美しい傑作。


Track List:
01. Century
02. Eyes Like Babylon
03. Ideas of Space
04. Path
05. Walls Surrounding Water
06. Euphoria in August
07. Up 2 Me
08. House/Home
09. Cloud Cover
10. Elegy Revisited

All songs written and performed by Tess Roby
Produced by Tess Roby
Recorded in Montreal at Studio Toute Garnie with Austin Tufts, at The Bottle Garden with Peter Woodford, and at home
Mixed by Austin Tufts
Mastered by Nik Kozub
Album Cover & Graphic Design by Hugo Bernier

Synths, piano and vocals by Tess Roby
Drums and drum programming by Austin Tufts
Additional drums and drum programming by Tess Roby
Woodwinds on “Century”, “Eyes Like Babylon”
and “Elegy Revisited” by Joseph Shabason
Additional production, arrangement and drums on “Century”
by Joseph Shabason
Guitar on “Eyes Like Babylon” by Eliot Roby
Cello on “Euphoria in August” by Ouri
Field Recordings on “Elegy Revisited” by Joseph Shabason

Tess Roby:
1993年トロントに生まれで、現在はモントリオールを拠点に活動するミュージシャン/フォトグラファー。幼少のころから両親の音楽に囲まれて育ち、トロントの子供オペラ・カンパニーへ参加し、8年間学んだ後、父親のレコーディング・スタジオでギター、シンセ、ドラムマシンを試し、ソロ作品を制作し始める。
イギリスのダルトンにあるAshurst’s Beaconという18世紀の監視塔にちなんだ彼女のデビュー・アルバム『Beacon』は、この地域出身であった父親の死後、2015年に書かれたもので亡き父へ捧げられている。弟のEliotと共に録音したこの作品は、2018年にItalians Do It Betterレーベルからリリースされた。各所で高い評価を得て次作への期待が高まる中、遂にセカンド・アルバム『Ideas of Space』のリリースが決定しました。またフォトグラファーとしてCFCFやTOPSなどのアーティスト写真も手がけ、現在はビデオ&アート・ディレクターとしても活動を開始し、多岐にわたる才能を見せている。

Related Post

独自のサウンドで現代シンセポップ・シーンとは一線を画す逸材、モントリオールのTess Robyが4/... credit Ryan Molnar "Tess Robyが、現代のシンセポップ界に君臨するアーティストたちと一線を画しているのは、Robyのサウンドが現代のシーンとは全く違う音を出しているという事実である。Peter GabrielとNicoの間に生まれた不浄な愛の子(ただし、シンプルで甘...
モントリオールの才人Tess Robyのセカンド・アルバム『Ideas of Space』が4/22... Photo Credit: Hugo Bernier 2018年にItalians Do It Betterからアルバム『Beacon』で輝かしくデビューし、各所で高い評価を得た、モントリオールの才人、Tess Robyの待望のセカンド・アルバム『Ideas of Space』が4/22にリ...
90年代ローファイとシューゲイザーを交錯させる衝撃的なサウンドで20年代のオルタナ〜インディ・シーン... 90年代ローファイとシューゲイザーを交錯させ感情を揺さぶるJohn Cudlipによるプロジェクト、LaunderがGhostly Internationalと契約し、7/15に発売する衝撃のデビュー・アルバム『Happening』から新曲「Intake」が公開されました。 アルバム『Ha...
ベルリン在住のコロンビア人エクスペリメンタル・アーティスト、Lucrecia DaltのRVNG I... photo by Aina Climent コロンビア出身で現在はドイツはベルリンをベースに活動しているエクスペリメンタル・アーティスト、Lucrecia Daltの2020年の『No era sólida』以来となる新作にして、RVNG Intl.に移籍してから3作目となる新作アルバム『¡...