札幌出身で現在はサンフランシスコを拠点に活動しているDJ/プロデューサー、Qrion(クリョーン)が、スタイリッシュ且つディープなハウス・サウンドをみせた2018年のEP『GAF 1』、『GAF 2』の楽曲が待望の12inch化が決定。RECORD STORE DAY 2019のアイテムとして4/13にリリースされます。Qrionにとって初のヴァイナル・リリースとなります。

なお、Qrionは4/27〜4/28にかけて京都のスチールの森で開催される『ボタとサーカス』への出演が決定しています。

Artist: Qrion
Title: GAF
Label: PLANCHA
Cat#: ARTPL-113
Format: 12inch
Release Date: 2019/04/13 RECORD STORE DAY 2019
Price: 2,000yen + tax
※12inch化に際してトラック・リストがデジタル版から一部変更されております。

[su_column size=”1/4″][su_column]Side A:
1. GAF
2. Used To Be
3. 23[/su_column]Side B:
1. GAF 2.0 feat. ELOQ
2. IMYSB

Qrion:

札幌出身、現在はアメリカはサンフランシスコを拠点とするトラックメイカー/プロデューサー。10代の頃からオンラインを中心に音源をリリースし注目を集め、Ryan Hemsworth, How To Dress Well, Giraffage、i am robot and proud ら海外のプロデューサーと共作が一挙に話題となり、瞬く間に世界中にQrionの名が広がり、海外からのオファーが殺到、Fool’s Gold、Carpark Records、NestHQ、Secret Songsなどの世界中のレーベルからリリース、『Trip』、『Just a Part of Life』といった自身の作品のほか、TOKiMONSTA、Giraffage、Slow Magicなどのリミックスもリリースしている。

さらにQrionは世界中をツアーしており、Slow Magicとの28日間の北米ツアーや、Porter Robinson、Ryan Hemsworth、Cashmere Cat、Giraffageのツアーにも帯同。2018年秋『GAF』リリース・ツアーでは、LA、ニューヨーク、サンランシスコ、札幌、東京など、アメリカと日本で全8公演を成功。更には、世界最大級のダンス・ミュージック・フェスティヴァルTomorrowland 2018出演を始め、HARD Summer、Holy Ship、Moogfest、NoisePop、SXSWのショーケース、Serentiy Fest、更には日本のTAICOCLUB’18など、多くのフェスティヴァルでもプレイ。 世界基準で話題を集める、今最も注目すべきアーティスト。


LIVE情報

『ボタとサーカス』

【日程】
2019年4月27日(土) 09:00 ~ 21:00
2019年4月28日(日) 09:00 ~ 19:00

【出演】
-第一弾出演アーティスト(A-Z)-

青葉市子
chelmico
田我流
glitsmotel (HANG × 唾奇)
Qrion
Shing02
Sweet William × Jinmenusagi
U-zhaan × 環ROY × 鎮座DOPENESS
VaVa
DJ:DISCO MAKAPU’U (川辺ヒロシ / サイトウ”JxJx”ジュン)
屋台:Buttah / 台風飯店

【料金】
イープラス、楽天チケット、ローソンチケット、チケットぴあにて1月28日(月)より発売開始!

《入場券》
・2日通し入場券(27日&28日):8,800円(税込)
・1日入場券(28日のみ):5,800円(税込)

《テントサイト券》
・テントサイト券:2,000円(税込)

《オートキャンプテントサイト券》
・特設オートキャンプ券: 5,000円(税込)
・第1&第3&第4オートキャンプ券: 8,000円(税込)

《駐車券》
・駐車券:1,500円

【会場】
スチールの森 京都
http://forest-hiyoshi.jp/

【公式サイト】
http://buttahandcircus.com/

Related Post

Com Truiseの12/4リリースの『In Decay,Too』からリリース前の最後の先行シング... ヴェイパーウェイヴにも共振する、シンセ・ウェイヴ〜スローモーション・ファンクの重要人物Com Truiseの2014年にリリースされた音源集『In Decay』の第二弾となる、新たな過去の未発表音源やレア音源をコンパイルしたレアリティ・コレクション『In Decay,Too』からリリース前の最後...
Heliosの12/11リリースの新作『Domicile』から「Domain」が公開... 新作をリリースしたばかりのポスト・クラシカル的なアプローチのGoldmund、ドリーミーな作風の妻のホリーとのユニットMint Julep、双子の兄弟とのユニットSONOとしての活動でも知られ、数多くのサウンドトラック、CM音楽なども手掛ける、米ペンシルベニア出身のマルチなコンポーザー、Keit...
Emily A. Spragueが”究極のMoogシンセサイザー”とも言われ... 本日新作『Hill, Flower, Fog』をリリースした(CD、デジタルは本日、LPは後日)Emily A. Spragueが"究極のMoogシンセサイザー"とも言われるMoog Oneを使用して制作した新曲「Chasing Light」を披露するビデオが Moog Music IncのYo...
Pauline Anna Stromの30年以上ぶりとなる新作『Angel Tears in Sun... ニュー・エイジ〜アンビエントの生ける伝説的存在の盲目の電子音楽家・シンセ奏者、Pauline Anna Stromのおよそ32年ぶりとなる新作『Angel Tears in Sunlight』が完成。2/19にリリースが決定しました。 そして先行ファースト・シングルとして「Marking ...