エレクトロニック・ミュージックの不朽のカルト的存在、Nathan JenkinsによるBullion。これまでYoung、The Trilogy Tapes、Jagjaguwar、そして自身のレーベルDEEK Recordings等から作品をリリース。アーティスト、ジャンル、そしてUKサブカルチャーをつなぐプロデューサーであり、ソングライターでもあり、Carly Rae Jepsen、Ben Howard、Nilüfer Yanya、Avalon Emersonのブレイク・アルバム『& The Charm』から、WestermanやJovialeのレコードまで多岐にわたる作品を手がけて来た彼がGhostly Internationalとサインして、Panda Bear、Carly Rae JepsenやCharlotte Adigéry等が参加した新作『Affection』を4/26にリリース決定!

現在アルバム収録曲から「A City’s Never (ft. Panda Bear)」、「Affection 」、「Rare (feat. Carly Rae Jepsen)」の3曲が先行公開されております。

 

BULLION new album “AFFECTION” out on April 26th

Artist: Bullion

Title: Affection
Label: PLANCHA / Ghostly International
Format: CD
※解説/歌詞・対訳付き予定
Release Date (CD): 2024.04.26

Price(CD): 2,300 yen + tax


アーティスト、ジャンル、そしてUKサブカルチャーをつなぐプロデューサーであり、ソングライター、Nathan JenkinsによるBullionのGhosrtlyへ移籍しての新作!
Panda BearをはじめCarly Rae JepsenやCharlotte Adigéryも参加し、ネクスト・レヴェルのポップ・ミュージックを披露!

Bullionは、エレクトロニック・ミュージックの不朽のカルト的存在、Nathan Jenkins。アーティスト、ジャンル、そしてUKサブカルチャーをつなぐプロデューサーであり、ソングライターでもある。Carly Rae Jepsen、Ben Howard、Nilüfer Yanya、Avalon Emersonのブレイク・アルバム『& The Charm』から、WestermanやJovialeのレコードまで、彼の手掛けた作品は多岐にわたる。Bullionが驚きをもって発表したこのニュー・アルバム『Affection』では、このクリエイティヴな赤い糸が結ばれている。

『Affection』は、Nathanが2018年に移住先のリスボンからロンドンに戻ってきたことから始まった。元来、消極的でたどたどしい性格であることを自認していたNathanは、個人的な経歴のない場所に身を置くことで解放された。故郷に戻ったネイサンは、世界における自分の居場所について考えることが多くなり、シニシズムの代わりに愛情を求めるようになった。

Bullionの音楽は常に、その特徴を特定するのは難しく、完全に独特なものだ。『Affection』では、この妥協のないアプローチが、部分的には柔らかくなることで強化されるのを聴くのが豊かな楽しみだ。このアルバムは、他者や自己との関係における親密さの意味について、声を大にして疑問を投げかけている。ワールド・トレインの「帽子立てと時計」に見られるように、男らしさやその他の現代的な関心事は、旧世界の魅力によって強調されている。影響を受けたのは、朝の水泳から思春期の恐怖、そして父親が若い頃に書いた詩集まで。『Affection』は結局のところ、私たちがどのように人を理解するかを問うているが、より無防備になることで、少なくとも相手がどう思うかを少しは気にしないようにしようともしている。

自分自身のアドバイスを受け入れることが不可欠であり、Nathanはスタジオで長年他のアーティスト達に勧めてきたこと、つまり冒険にオープンであることを本作で実践している。Carly Rae JepsenやCharlotte Adigéryといったコラボレーターが、固定された意味よりもフィーリングを優先した楽曲を彩っている。例えば『Rare』は、Jepsenの最近のアルバムのためのトロントでのセッションで生まれた。一方、「World_train」は、Bullionのポップへの愛情をエキセントリックで見事なまでに奇妙な角度から表現したもので、その機関車のようなパワーは、日常の不確かさの中で失われた過去を呼び起こす。「本当の男になるためには何が必要なのか、ほとんど理解できない」とBullionは歌う。「そして誰もそれができない」とAdigéryは認める。NoahとNathanが同時期にリスボンに住んでいたにもかかわらず、実際には出会うことがなかったことから、 Panda Bearとのコラボレーション「A City’s Never」が生まれた。Bullionにとって、他人を曲作りのプロセスに積極的に参加させることは、作品や人物をより良くするためであると同時に、アルバムの世界を切り開くためでもある。

観察的なものと内省的なものを曖昧にすることで、『Affection』のアヴァン・ポップ・タッチはカテゴリー分けを放棄している。アルバムの歌詞は、無防備で献身的であると同時に、別のあり方を探求している。ネイサンは自分のサウンドをマスターしたが、人生-その期待、矛盾、衝動、欲望-をコントロールすることは不可能なままだ。『Affection』は、より慈愛に満ちた自信の形を淡々と力強く追求している。


TRACK LIST:

01. A City’s Never (ft. Panda Bear)
02. Affection
03. Rare (ft. Carly Rae Jepsen)
04. Your Father
05. The Flooding
06. Cinch
07. World_Train (ft. Charlotte Adigéry)
08. Cavalier
09. Once, in a Borrowed Car
10. Open Hands
11. 40 Waves
12. Hard to Do

Bullion – A City’s Never (feat. Panda Bear) [Official Visualizer]
YouTube: https://www.youtube.com/watch?v=TULv2vN1kBo

Bullion – Affection (Official Visualizer)
YouTube: https://www.youtube.com/watch?v=EipV-vUAuG4

Bullion – Rare (feat. Carly Rae Jepsen) [Official Audio]
YouTube: https://www.youtube.com/watch?v=E_G1_cZMpJM

 

Related Post

Matthewdavid, Fumitake Tamura, J Foerster + N Kram... 昨年ニュー・アルバムをリリースし、Green-Houseと共に来日公演を行った、LAのLeaving RecordsのボスであるMatthewdavidと、Leaving Recordsから傑作アンビエント・コラボレーション・アルバムをリリースし、日本のみでCD化も決定したJ Foerster / ...
Tashi Wadaのニュー・アルバム『What Is Not Strange?』がRVNG Int... フルクサスの中心人物でもあった故Yoshi Wada氏のご子息でもあるロサンゼルスを拠点とするコンポーザーTashi Wadaのニュー・アルバム『What Is Not Strange?』がRVNG Intl.から6月7日にリリース決定。 先行ファースト・シングルとして長年のコラボレーターであ...
LORAINE JAMES // WHATEVER THE WEATHER JAPAN TOUR 2... 2022年の初来日公演が各所で絶賛され、2023年にLoraine James名義でHyperdubからリリースした最新作『Gentle Confrontation』が様々なメディアの年間ベスト・アルバムにも名を連らね、現代のエレクトロニック・ミュージック・シーンにおける再注目の存在であるLorai...
『Under the Lilac Sky』で大ブレイクしたモジュラー・プリンセスArushi Jai... 2021年にLeaving Recordsからリリースした『Under the Lilac Sky』で大ブレイクしたインド出身アメリカ在住のモジュラー・プリンセス、Arushi Jainの待望のニュー・アルバム『Delight』の日本のみのCDリリースが決定致しました。 ロングアイランドに...