インド古典音楽とドリーミーなシンセを用いて独自の世界観をを描き出す、ボルチモア出身のパンジャブ系アメリカ人シタール奏者、ソングライター、アンビエント・ミュージシャンのAmi DangがLeaving Recordsからは2作目となるニュー・アルバム『The Living World’s Demands』で日本デビュー決定。
ボーナス・トラック1曲を加えて、日本のみのCDを12/16にリリース致します。
北インド古典音楽とエッジの効いたユーフォリック・ポップを融合させた魅惑の傑作です。

Ami DangはこれまでAnimal Collective、Future IslandsのWilliam Cashion、James Acaster、Thor Harrisらとコラボレートし、Beach House、black midi、Grimes、Lower Dens、Florist等とステージを共にしています。

 

Ami Dang “The Living World’s Demands” 12/9 release


Artist: Ami Dang
Title: The Living World’s Demands
Label: PLANCHA / Leaving Records
Cat#: ARTPL-186
Format: CD / Digital
Release Date: CD – 2022.12.16 / Digital – 2022.11.04
Price(CD): 2,200 yen + tax

※ボーナス・トラック1曲収録
※日本独自CD化
※解説付き


ボルチモア出身のパンジャブ系アメリカ人シタール奏者、ソングライター、アンビエント・ミュージシャンのAmi DangのLeaving Recordsに移籍後2作目となるアルバムで本邦初登場!
北インド古典音楽とエッジの効いたユーフォリック・ポップを融合し、独自の世界観を確立した極めて魅力的な傑作!

“古代の物語の印象を現代の音で紡ぐ...世代を超えて受け継がれるあらゆるディテールとひねりは、深い精神的な響きを持つ…”
Pitchfork

“1時間のラーガを4分に圧縮した氷河のような静けさを体験するように...自信に満ちた挑戦的なコレクションだ”
The Guardian

人類が世界と自分自身に課してきた課題への嘆きとして構想された本作は、2019年の『Parted Plains』インドの要素とシンセサイザーの音やテクスチャーを融合させたエレクトロニック・アンビエント・トラックで浮遊感と至福のアンビエンスを見せたが、2020年のコラボ作品『Galdre Visions』(Green-HouseとNailah Hunterも参加する真正のアンビエント・スーパー・グループ)ではヴォーカル主体のポップ界の領域を開拓した。

今作は『The Living World’s Demands』というタイトルにあるように、生きている世界と同じように複雑でニュアンスがあり、貴重な、非常に喚起的で表現力豊かなコレクションである。トラウマ、サバイバル、抵抗、自暴自棄、正義の憎悪、貪欲、恐怖、不正などを反映するテーマが含まれているが、その音楽は陶酔的で、息を呑むほど魅力的で美しい。軽快なシタールのラインは、予想外に幅広いシンセシスのスペクトルで輝きを放ち、インド古典打楽器はドラムプログラミングを通してガタガタと蛇のように鳴り響く。そして、英語とパンジャブ語の歌詞を持つAmiの驚くべき歌声は、現代と伝統の両方のテクスチャーを持つ絹のような糸で巧みに彼女の2つの世界を織り上げている。


TRACK LIST:

01. A Muted Crime
02. Sensations
03. Bālnā | ਬਾਲਣਾ
04. Betting on the Bull
05. Oh Dha Ta Na (Tarana)
06. A Windy Mind (prologue)
07. ਸੰਤਹੁ ਮਨ ਪਵਨੈ ਸੁਖੁ ਬਨਿਆ (Unstruck Sound)
08. Circuit
09. Become
10. Cerulean (CD Bonus Track)

“A Muted Crime”
YouTube: https://www.youtube.com/watch?v=EaNwK_tzSL0

“Sensations”
YouTube: https://www.youtube.com/watch?v=gnxo1SNgVJo

“Bālnā | ਬਾਲਣਾ”
YouTube: https://www.youtube.com/watch?v=fY5-7tij0bo

 

Ami Dang:
Amrita “Ami” Kaur Dangはニューデリーとメリーランドで北インド古典音楽(声楽とシタール)を学び、オベリン音楽院でミュージック・テクノロジーと作曲の学位を取得。ラヴィ・シャンカールやフィリップ・グラスのようなアーティストの足跡をたどりながら、ヴォーカルやシタール、ラーガ、サンプリングを通して、南アジアのサウンドで現代の実験音楽、ポップ、電子音楽を進化させようとしている。これまでにAnimal Collective、Future IslandsのWilliam Cashion、James Acaster、Thor Harrisらとコラボレートしている。また、Beach House、black midi、Grimes、Lower Dens、Floristなどともステージを共にしている。

 

Related Post

「Back yard (feat. Andy Shauf & Sam Wilkes)」で新... Photo credit: Neil Kryszak 先日シンガー・ソングライターのAndy Shaufをドラムに、LAジャズ界の重鎮Sam Wilkesをベースにフィーチャーしたシングル「Back yard」でジャズとヴィンテージ・ポップの豊かなタペストリーからインスピレーションを得た新章...
Tashi Wadaが6/7にRVNG Intl.からリリースする新作『What Is Not St... ロサンゼルスを拠点とするコンポーザーTashi Wadaが6/7にRVNG Intl.からリリースするニュー・アルバム『What Is Not Strange?』からパートナーであるJulia Holter、そしてEzra Buchla、Dev Hoff、Corey Fogelをフィーチャーした最後...
およそ9年ぶりとなるバンドセットでの来日も発表となり話題沸騰中のCARIBOUが新曲「Broke M... Photo Credit: Fabrice Bourgelle 先週およそ9年ぶりとなるバンドセットでの来日も発表となり話題沸騰中のカナダ出身ロンドン在住のダン・スナイスによるソロ・プロジェクトCARIBOUが、先日3年振りにリリースした「Honey」に続く新曲「Broke My Heart...
3年振りの新曲「Honey」をリリースしたCARIBOUの約9年ぶりのバンドセットによる来日公演が決... Credit: Fabrice Bourgelle 2020年に傑作アルバム『Suddenly』をリリースしたもののコロナ禍により、惜しくもリリース後の来日が叶わなかったカナダ出身ロンドン在住のダン・スナイスによるソロ・プロジェクト CARIBOU。 先日、盟友Four Tetもアレンジで...