ロサンゼルスを拠点にするアーティスト。幼少期に父親の持っていたギターを手に取り、独学で弾き始め、毎日起きては、90年代や00年代のオルタナティヴ・ロックが流れるLAのALT 98.7を聴いていた。2014年、14歳になった彼女は、ベッドルーム・ポップの実験をBandcampで発表しはじめる。彼女のサウンドは、ギターと独特のコントラルトのヴォーカルで構築された、陰鬱でメロディックなポップスで、Willow Smithとのコラボレーションや、ザ・キュアーやフィル・コリンズのカヴァーなどをセルフ・リリースで展開していった。2018年のシングル「Crying on the Subway」がGorilla vs. Bearの耳に留まり、Gorilla vs. Bearは彼女のセルフ・プロデュースによるデビューEP「How Many Times Have You Driven By」を彼らとFat Possumが共同運営するレーベル、Luminelle Recordingsからリリース。Pitchfork、NME、The Faderなどで取り上げられ、The Faderでは「17歳の彼女は、あなたや私よりもクールだ」と評された。続いて2019年には、Luminelleから『Nicole Kidman / Anne Hathaway』というタイトルのダブルEPをリリースした。そしてGhostly Internationalと契約に至り、アルバム『Public Storage』のリリースが決定した。
また、ライヴ・パフォーマーとしては、これまでSoccer Mommy、Sales、Nilufer Yanya、Wet、Kilo Kish、Phantogramなどをサポートを務めている。

Related Post

TESS ROBY Photo Credit: Hugo Bernier 1993年トロントに生まれで、現在はモントリオールを拠点に活動するミュージシャン/フォトグラファー。幼少のころから両親の音楽に囲まれて育ち、トロントの子供オペラ・カンパニーへ参加し、8年間学んだ後、父親のレコーディング・スタジオでギター、...
LA拠点のアーティストHana VuがGhostly Internationalと契約しDay Wa... photo credit - David Okolo 11/5にリリースとなるロサンゼルスを拠点に活動する21歳のアーティスト/ソングライターHana VuがGhostly Internationalへ移籍してのフル・アルバム『Public Storage』から最後の先行シングルとなる、「G...
DIP IN THE POOL 1983年に作/編曲を担当する木村達司(track)と、作詞担当の甲田益也子(vo)が結成したデュオ。独特の音楽センスとファッショナブルなヴィジュアルが話題を呼び、86年にイギリスはROUGH TRADEよりデビュー。国内では86年MOON RECORDS(現在はワーナーミュージック内のレーベル)よ...
HANA VU “Public Storage” Artist: Hana Vu Title: Public Storage Cat#: ARTPL-160 Format: CD ※解説: 清水祐也(Monchicon!) ※歌詞・対訳付き Release Date: 2021.11.05 Price(CD): 2,...