Giraffage_Press3Giraffageはサンフランシスコをベースに活動しているプロデューサー/ビート・メイカー、Charlie Yinのソロ・プロジェクト。彼の特徴的なエレクロニック・ポップなトラック・メイクはPitchfork、 FADER、XLR8Rなど多くのメディアで絶賛されている。2011年にデビューEP『Pretty Things』で、彗星のごとくシーンに登場し、その後ドリーミーなシンセポップ・アルバム『Comfort』をリリース。XLR8Rにて「エレクトロニック・ポップのあふれんばかりの断片に心地よいアンビエントとサンプルを含んだイントゥルメンタル」と評された。2012年には盟友XXYYXXとの共作トラック「Even Though」がTeen DazeやSlow Magicのリミックスを含む5曲入りEPとしてKitsuneからリリース。そして2013年2月にDaddy Kev率いる西海岸ビート・シーンの重要レーベル、Alpha Pupからミックス・テープ『Needs』をドロップ。Pitchforkは彼のことを”雑食音楽愛好家”と称したが、80〜90年代のポップ〜ソウル・ミュージックの大胆なサンプリングと巧みなエディットは見事で、まさにその多才ぶりが炸裂した作品だった。続く2014年も活発に活動し、Janet Jacksonの「Someone To Call My Lover」のリミックスをサウンドクラウド上で公開し100万再生を超えるなど、その注目度が高まり続ける中、プロデューサー/DJのA-Trakが主宰するエレクトロニック・ダンス・ミュージックの優良レーベル、Fool’s Goldと契約。彼のキャリアのターニング・ポイントとなるEP『No Reason』をリリース。本作はヴァイナルもプレスされ、彼の初のフィジカル・リリースとなった。中でもチョップされたヴォーカルとバブル・ラップ・リフが印象的な「Tell Me」はキラー・チューンとしてネット界隈を中心に話題となっている。また、ライヴ・パフォーマンスにも定評があり、これまでPhantogram、Flume、XXYYXXなどとのツアーやPorter Robinsonのワールド・ツアーのメイン・サポートをつとめた他、Treasure Island、HARD Day of The Dead、Splash House、Lightning in a Bottle、Roskilde in Europeなどの多数フェスティヴァルに出演を果たした。アジア・ツアーは今回が初めてで、同時に最新EP『No Reason』の日本盤がリリースされることも決定しており、ここ日本でのブレイクにも期待が高まる。

Giraffage is San Francisco-based producer and beat guru, Charlie Yin. His signature sound of electronic pop has won him praise from musical tastemakers Pitchfork, FADER and XLR8R. He burst onto the music scene with his debut Pretty Things EP. It was immediately followed by his dreamy synth-pop debut album, Comfort, which XLR8R called “[an] ebullient slice of electronic pop with pleasantly ambient and sample-laden instrumentals.” In February 2013, he released his lush Needs mixtape via Alpha Pup Records, showing his versatility as a producer and “omnivorous music lover,” as noted by Pitchfork. Giraffage’s staying power was fully cemented when he remixed one the sexiest albums of the decade, The-Dream’s Love/Hate, and turned it on its head. FADER backed the project saying, “Trying to remember a moment of anticipation right before hitting the play button as happy as the one I just experienced.” He most recently dropped his No Reason EP via Fool’s Gold, the first release to ever feature Charlie’s original work. He has toured with Phantogram, Flume, XXYYXX and served as the main support on Porter Robinson’s massive “Worlds Tour.” He has performed at staple music festivals such as Treasure Island, HARD Day of The Dead, Splash House, Lightning in a Bottle and Roskilde in Europe.

https://www.facebook.com/giraffage
https://soundcloud.com/giraffage
https://www.youtube.com/watch?……Hv1DElPXV0 “Tell me” (new video)
https://www.youtube.com/watch?……rpXSly9gHY “Even though” ft. XXYYXX
https://www.youtube.com/watch?……PVWP1Zrh4Q “Live Boiler Room”
https://www.youtube.com/watch?……yGuYtpM9o4 “KEXP”
https://www.youtube.com/watch?……smUa3FIuLQ

Related Post

TESS ROBY Photo Credit: Hugo Bernier 1993年トロントに生まれで、現在はモントリオールを拠点に活動するミュージシャン/フォトグラファー。幼少のころから両親の音楽に囲まれて育ち、トロントの子供オペラ・カンパニーへ参加し、8年間学んだ後、父親のレコーディング・スタジオでギター、...
HANA VU ロサンゼルスを拠点にするアーティスト。幼少期に父親の持っていたギターを手に取り、独学で弾き始め、毎日起きては、90年代や00年代のオルタナティヴ・ロックが流れるLAのALT 98.7を聴いていた。2014年、14歳になった彼女は、ベッドルーム・ポップの実験をBandcampで発表しはじめる。彼女のサ...
DIP IN THE POOL 1983年に作/編曲を担当する木村達司(track)と、作詞担当の甲田益也子(vo)が結成したデュオ。独特の音楽センスとファッショナブルなヴィジュアルが話題を呼び、86年にイギリスはROUGH TRADEよりデビュー。国内では86年MOON RECORDS(現在はワーナーミュージック内のレーベル)よ...
Arushi Jain Photo credit: Ishita Singh インド出身、アメリカ在住の作曲家、モジュラー・シンセサイザー奏者、ヴォーカリスト、テクノロジスト、エンジニア。幼少期から北インドに特有の古典流派であるヒンドゥスターニー音楽のヴォーカル・トレーニングを始め、ラヴィ・シャンカル音楽芸能学院へ...