Episodic_Press_2ブルックリンを拠点に活動しているインディ・ロック・バンド。2010年にヴォーカル/ギターのRachel Browneとプロデューサー/ギターのAndrew Futralの2人によって結成。2012年にSMALL PLATESからファースト・7インチ・シングル「You Guys Are Gonna Wake Up My Mom」を発表。その後LEFSEからも「How Do You Know」の7インチをリリースし、いずれも即完売となるなど、インディ・リスナーから熱い支持を集めて来た。そして自主制作リリースしたものの廃盤となっていたアルバム『You Are Here』(2010年作)が、昨年最新音源を追加して日本のみでCD化(現在は完売・廃盤)される。その後流動的なメンバー形態を経た後、Saysha Heinzman(bass)、Tim McCoy(drums)を加えた4ピースとなり、2014年に初のフル・アルバム『Hold Still Life』をリリース。そして現在はZoë Browne(synth/rhodes/vocals)を加えた5人編成で活動している。セカンド・アルバム『Episodiac』は5人になってからは初となるアルバム。

If 2014’s Hold Still Life was the fruition of Field Mouse’s evolution from a fiery two-piece into a fully-fledged band, then new album Episodic (August 5, Topshelf Records) is the letting go; the abandonment of past persuasions for something altogether more untamed. Where the band’s initial work was self-recorded by founding members Rachel Browne and Andrew Futral, the new record signifies the first time that the quintet has composed an album together from start-to-finish – and the result is a record that feels altogether more defined.

http://fieldmousemusic.com/

Related Post

Arushi Jain Photo credit: Ishita Singh インド出身、アメリカ在住の作曲家、モジュラー・シンセサイザー奏者、ヴォーカリスト、テクノロジスト、エンジニア。幼少期から北インドに特有の古典流派であるヒンドゥスターニー音楽のヴォーカル・トレーニングを始め、ラヴィ・シャンカル音楽芸能学院へ...
Colloboh ナイジェリアで生まれ、現在はメリーランド州ボルチモアを拠点とする26歳のプロデューサーCollins Obohによるソロ・プロジェクト。モジュラー・シンセサイザーを中心に多彩なエレクトロニック・ミュージックを構築している。その才能はMatthewdavidの目に留まり、Leaving Records...
QUICKLY, QUICKLY オレゴン州ポートランド出身のGraham Jonsonは、幼児期にピアノを弾き始め、小学5年生でJ Dillaの音楽に出会い、16歳までにシングルを自主リリースするなど、早くから音楽の世界へと飛び込む。2017年にquickly, quicklyという名前で初めて登場した彼のプロジェクトは、その後、...
MATTHEW DEAR 1979年生まれのプロデューサー/ヴォーカリスト/ソングライター/DJ。テキサス出身でティーンエイジャーの時にミシガン、デトロイトへの移り住み、ミシガン大学のパーティーでSam Valenti IVと出会い、共にGhostly Internationalとダンスフロア部門であるSpectral So...