com-truise-photo-credit-effixx-4Com Truiseはニューヨークの北部で生まれ育ちで、現在はLAを拠点に活動している、プロデューサー/デザイナー、Seth Haleyによるソロ・プロジェクト。彼のシンセサイザーやサイエンスフィクションに特化した独特のメロディのノスタルジックなビート・ミュージックは幅広い支持を得ている。

彼は15年以上に渡り音楽制作をしており、元々影響を受けているJoy DivisionやNew Order、Cocteau Twinsなどのサウンドのエッセンスは随所に垣間みられるものの、彼のサウンドは決して過去からのものではなく、レトロ・フューチャー的に精巧に練り上げている。

2010年にAMDISCSからEp『Cyanide Sisters』をリリース。そのキャッチーでユニークなIDMやトリッピーなシンセ・ファンクを融合させたサウンドに目を付けたGhostluy Internationalが契約し、2011年にデビュー・フル・アルバム『Galactic Melt』を発表。その後いくつかのEPやB面曲や未発表曲をコンパイルした編集盤『In Decay』をリリース。2017年6年ぶりのオリジナル・アルバムとなる『Iteration』が完成。

Com Truise is the nom de guerre of producer and designer Seth Haley, born-and-raised in upstate New York and currently working out of Los Angeles. His synth- and sci-fi-obsessed records are as infectious as they are expansive. From 2011’s Galactic Melt LP to its long-awaited follow-up, Iteration, Com Truise has refined his singular style of melodic beat music. Each piece ties together his ideas of “synth-wave” and “slow-motion funk” amidst a glowing backdrop of rich, nostalgic pathos.

Haleys been making music for over 15 years, dabbling as a DJ and with a number of aliases before locking into Com Truise. Though undoubtedly influenced by his parents’ record collections and old, faded product design, the Com Truise project doesn’t only pull from the past. Hints of Joy Division, New Order, and Cocteau Twins bubble up in every prismatic piece, but it’s as if they’re processed through a waterlogged game consolewarped, cybernetic, and high-definition. Somehow, Com Truise sounds both familiar and uncanny, and always beautifully handmade.

The first Com Truise release was the Cyanide Sisters EP, where mellow zone-outs were juxtaposed

with IDM bangers and bumpy, trippy synth-funk. Once Haley joined the Ghostly roster, his tale of the character “Com Truise”, the first robot astronaut, took flight on his debut album, the critically acclaimed Galactic Melt. Multiple EPs and 2012’s In Decay, a collection of B-sides and rarities, expanded the backstory and narrative, taking the AI protagonist through unknown galaxies and war-torn planets. He even finds love and wrestles with heartbreakof course, only in the ways a sophisticated android can.

Six years after this saga began, Iteration finally wraps up Haley’s sprawling narrative, doing so with the most refined music of his career. The album illustrates the last moments Com Truise spends on the perilous planet Wave 1, before he and his love escape its clutches to live in peace. It’s also the most personal record Haley has written to date, as the story mirrors his personal struggles of moving across the country and overcoming creative burnout. But Iteration is ultimately a story of triumph and self-realization, told by the singular, emotionally resonant sound of a man and his machines.

Related Post

Arushi Jain Photo credit: Ishita Singh インド出身、アメリカ在住の作曲家、モジュラー・シンセサイザー奏者、ヴォーカリスト、テクノロジスト、エンジニア。幼少期から北インドに特有の古典流派であるヒンドゥスターニー音楽のヴォーカル・トレーニングを始め、ラヴィ・シャンカル音楽芸能学院へ...
Colloboh ナイジェリアで生まれ、現在はメリーランド州ボルチモアを拠点とする26歳のプロデューサーCollins Obohによるソロ・プロジェクト。モジュラー・シンセサイザーを中心に多彩なエレクトロニック・ミュージックを構築している。その才能はMatthewdavidの目に留まり、Leaving Records...
QUICKLY, QUICKLY オレゴン州ポートランド出身のGraham Jonsonは、幼児期にピアノを弾き始め、小学5年生でJ Dillaの音楽に出会い、16歳までにシングルを自主リリースするなど、早くから音楽の世界へと飛び込む。2017年にquickly, quicklyという名前で初めて登場した彼のプロジェクトは、その後、...
MATTHEW DEAR 1979年生まれのプロデューサー/ヴォーカリスト/ソングライター/DJ。テキサス出身でティーンエイジャーの時にミシガン、デトロイトへの移り住み、ミシガン大学のパーティーでSam Valenti IVと出会い、共にGhostly Internationalとダンスフロア部門であるSpectral So...