ARTPL-057
Artist: Mister Lies
Title: Shadow
Cat#: ARTPL-057
Format: CD / Digital

※ボーナス・トラック3曲収録
※正方形紙ジャケット仕様
解説・歌詞・対訳付き

Release Date: October 15, 2014
Price(CD):
2,000yen + 税


ポスト・ダブステップ以降のキーマン的存在としてファースト・アルバム『Mowgli』が高い評価を得た、Mister Liesのセカンド・アルバムが完成!自身のヴォーカルを積極的に取り入れ、トリップホップに触発されたパーカッションと明瞭なヴォーカル・サンプルを導入。ソウルフルでポップなソングライティングとオーガニックなインストゥルメーションが融合したことで、これまでのリスナーに加え、アルバム・リーフやレディオヘッドなど、エレクトロニック且つエモーショナルなポップを横断するようなサウンドを好むリスナーにもアプローチ。

コネチカット州出身で、シカゴを経て、現在はニューヨークとグリーンマウンテンを拠点に活動している、プロデューサー/ビート・メイカー、マルチ・インストゥルメンタリスト、Nick Zancaによるプロジェクト、Mister Liesの待望のセカンド・アルバムが完成。

コネチカット州の郊外で生まれ育った彼は進学のためにシカゴに引っ越し、寄せ集めた楽器とキーボードとラップトップで音楽を制作を開始。Mister Liesとして2012年にセルフ・リリースにて『Hidden Neighbors EP』をBandcampで発表。中でもジョニ・ミッチェルをサンプリングした収録曲「False Astronomy」のMVはYouTube驚異的な再生回数を記録(現在は270万再生超え)し、ポストダブステップ以降のビート〜エレクトロニック・ミュージック・シーンで注目を集め、ネットを主体に話題となる。
そして2013年にリリースしたファースト・アルバム『Mowgli』ではR&B、トリップホップ、エレクトロニカ、ダブステップなど、様々なエッセンスを吸収・消化したドリーミーなビート・ミュージックを構築し、James BlakeやBalam Acab、Burial、Flying Lotusなどとも比較され評価を決定付けた。

本作『Shadow』では、シカゴからニューヨーク〜グリーン・マウンテンへを移り住む間ニック自身は過去作から意識の違いが生じ、モチベーションを取り戻す2年間を費やして制作されている。サウンドはこれまでのエッセンスも含まれているが、大きく変化しており、自身のヴォーカルを積極的にフィーチャーし、トリップホップに触発されたパーカッションと明瞭なヴォーカル・サンプルが導入され、ソウルフルでポップなソングライティングとオーガニックなインストゥルメーションが融合した仕上がり。これまでのリスナーに加え、アルバム・リーフやレディオヘッドなど、エレクトロニック・ミュージックとエモーショナルなポップ・ソングを横断するようなサウンドを好むリスナーにもアプローチできる作品だ。

なお、このアルバムはFoxes in Fiction主催のOrchid Tapesからリリースされるが、CDリリースは日本のみ。

Mister Lies is the multimedia project of artist Nick Zanca. While living in Chicago, he was best known for his work as an electronic producer with the 2012 release of the downtempo, sample-driven Hidden Neighbors EP as well as his atmospheric, tribal-inspired debut full-lengthMowgli released the following year. After several months of touring, Zanca returned to his studio space in Vermont and began work on his upcoming release. Now based between New York City and the Green Mountains, he is teaming up with Brooklyn-based DIY powerhouse label Orchid Tapes to release that sophomore effort, Shadow. In the liner notes of the record, Zanca states that he “wrote and recorded this album during a two-year period where I was discovering motivation out of naivety; when the Mister Lies project was established I was writing music without context or a deeper understanding of the craft and I felt like I had nothing to write about. But as time wore on and I connected with more people, I quickly began learning.” Consequently, the album’s sound is a significant departure from his previous work; replacing trip-hop inspired percussion and distinct vocal samples with organic instrumentation and vocal performaces from Zanca himself. Shadow is out October 28th and features contributions from New York singer Harrison Lipton and Mister Lies’ Portland-based labelmate, Arrange.


MLTRACKLISTING:

01 Nymph
02 Deepend
03 New Woof
04 A Room Without
05 High (ft. Harrison Lipton)
06 Pill
07 Stuck / Ouija Fade (ft. Arrange)
08 Push Becoming Shove
09 Hendra*
10 July 1988 (ft. Arrange)*
11 Medusa*

*=Bonus Track