エレクトロニカとヒップホップを繋ぐ架け橋として、そしてJ・ディラとフライング・ロータスを点と点で結ぶ作品として、今日においても揺るぎない評価を得ている、00年代エレクロニック・ミュージックにおける重要作、Dabryeのファースト・アルバム『One/Three』のリマスター復刻盤をリリースします。
Daddy Kevによる最新リマスターでボーナス・トラック3曲追加。
CDリリースは日本のみ。


Artist: Dabrye
Title: One/Three [2018 Remaster]
Cat#: ARTPL-101
Format: CD / Digital

※解説: 原雅明
※リマスター: Daddy Kev
※ボーナス・トラック3曲収録

Release Date(CD): 2018.03.23
Price(CD):
2,000yen + tax


エレクトロニカとヒップホップを繋ぐ架け橋として、そしてJ・ディラとフライング・ロータスを点と点で結ぶ作品として、今日においても揺るぎない評価を得ている、00年代エレクロニック・ミュージックにおける重要作、Tadd Mullinixによるソロ・プロジェクト、Dabryeのファースト・アルバム『One/Three』がDaddy Kevによる最新リマスターでボーナス・トラック3曲を加えて新装復刻リリース。CDリリースは日本のみ!

本作『One/Three』は2001年はGhostly InternationalからリリースされたDabryeのファースト・アルバムにして、三部作の第一章(先日12年ぶりの新作にして最終章の『Three/Three』がリリースされたばかり)。

Tadd Mullinixは90年代後半にDTMソフトウェア(All Sound Tracker)を駆使してジャングル、テクノ、ハウス、ヒップホップなどに親しんでいた。2000年にミシガン州はアナーバーのレコードショップ、Dubplate Pressureで働いていた際、GhostlyのオーナーであるSam ValentiにDabryeの初期のデモが収録されたカセットを渡したことをきっかけにGhostlyとの契約に至る。

Dabryeは彼のヒップホップのワイルドスタイルであり、自身がインスパイアされた穏やかなヴァイブスのミッドウェスタン・ヒップホップとイーストコーストのブーム・バップ、UMMAH期のJay Dee(J・ディラ)のフューチャリスティック・ファンク、そしてデトロイトのダンス・ミュージックの計算された繊細さの魅惑的なコラージュである。

『One/Three』には明らかなヒップホップの曲はない。しかし、その代わりに、90年代のヒップホップ・インストゥルメンタルの独創的なミニマリズムを取り入れ、鋭いリズムと暖かく弾力のあるベースラインに満ちた、しなやかに激しく陽と陰を横断するメランコリックなトラックを構築する。
冒頭の「The Lish」ではデジタル的に断片化されたメロディに艶かしいサックスを絡め、「How Many Times (With This)」で小気味良いギターのエッジで引き込み、「The Smoking The Edge」のつっかえるようなリズミカルなビートでにニヤリとさせられる。彼の音楽はインストゥルメンタルであるが、想像的な韻のためにダウンビートを挿入し、ブレイクダウンのためにラガ・ジャングルの複雑さを取り入れている。しかし、『One/Three』で本当に定義しているのは、Mullinixが熱心に学んだデトロイトのヒップホップ・プロダクションのリズミカルなセンスとメトリック・モジュレーション(リズムの転調)であり、ビートは常に固定されたテンポのグリッドを回避しているように感じられるが、実際はかなりタイトだ。

結果『One/Three』はデトロイトのヒップホップ・グループ、スラム・ヴィレッジのスムーズ且つ無骨なヒップホップ・サウンドを好むリスナーとSchematicのようなレーベルからリリースされていたアメリカ独特のIDMリスナーの双方のファンから支持を受けた非常に希有な作品である。そして彼は当時頭角を現したPrefuse 73と並び、新世代の騎手として注目されることとなったのだ。

そして本作は今日において、J・ディラとフライング・ロータスを繋ぐ、インストゥルメンタル・ヒップホップのひとつの教科書のようなものとなっている。

今回のリイシューに辺り、LOW END THEORYの、またレーベルALPHA PUPの主宰者であり、フライング・ロータスなど、様々なアーティストのマスタリングを手がけて来た辣腕エンジニア、Daddy Kevがマスタリングを施し、ソリッド且つマッシヴに、楽曲に新たな息吹をもたらしている。また、今回の再発のボーナス・トラックとしてOutputmessageとPrefuse 73のリミックスを含む『Payback EP』の計3曲がボーナス・トラックとして追加収録。全エレクトロニック・ミュージック・リスナー必聴の重要作。

It was chance that brought about the release of One/Three, Dabrye’s debut album. Early demos were tucked on the B side of a cassette Tadd Mullinix passed to Sam Valenti in 2000 while working at the Dubplate Pressure record shop in Ann Arbor. Mullinix had spent the late ’90s producing jungle, techno, house, hip-hop and more using the All Sound Tracker software as a primary instrument. Each style pulled from a similar sound palette as Mullinix used limitations to define the contours of different musical personalities. Dabrye was his hip-hop wildstyle, a captivating collage of sparse instrumentals inspired by the laid back vibes of midwestern hip-hop and east coast boom bap, the futuristic funk of Umma-era Jay Dee, and the calculated subtlety of Detroit dance music. Released in 2001 as the first in an intended trilogy, One/Three announced Dabrye’s arrival with an unavoidable contribution to Detroit hip-hop. Ghostly International is reissuing the album in 2018 for the first time, including a long overdue vinyl edition remastered by Daddy Kev.

On its release One/Three was the rare album that appealed to both fans of Slum Village’s smooth yet rugged hip-hop and enthusiasts of the distinct American IDM released by labels like Schematic. Over the following decade, the inadvertent demo submission turned into a body of work that placed Dabrye alongside innovators such as Prefuse 73 amid the cannon of a new generation of producers. Today, One/Three remains a concise and intriguing study in instrumental hip-hop that helps join the dots between J Dilla and Flying Lotus.

One/Three is a record that says much with little. There are no obvious hip-hop tropes. Instead Mullinix captures the ingenious minimalism of ’90s hip-hop instrumentals to build tracks both supple and hard, joyous and melancholy, full of sharply angled rhythms and warm rubbery basslines: ‘The Lish’ throws a sickly sweet saxophone against digitally fragmented melodies; ‘How Many Times (with this)’ draws you in with an irresistible, clipped guitar groove; the rhythmic stutter of ’Smoking The Edge’ makes your head spin with pleasure. Playing with his inspirations, Mullinix injects omitted downbeats for imagined rhymes and repurposes the intricacy of ragga jungle for breakdowns.

But what really defines One/Three is the rhythmic sensibility and metric modulation of Detroit’s school of hip-hop production, which Mullinix was a fervent student of. The beats feel like they’re constantly escaping a rigid tempo grid even though they are, in fact, pretty tight. “A lot of it is nuance,” Mullinix explains. “I’ve been known to say that I’m not impressed by spectacle. I think that nuance is what really captivates people.”


TRACK LIST:

01. The Lish
02. We’ve Got Commodity
03. With A Professional
04. I’m Missing You
05. How Many Times (With This)
06. Truffle No Shuffle
07. Hyped-Up Plus Tax
08. Smoking The Edge
09. So Scientific
10. Hot Mating Ritual
11. Making It Pay [Bonus Track]
12. Hyped-Up Plus Tax (Outputmessage RMX) [Bonus Track]
13. Dabrye 73.3 (Prefuse 73 Megamix) [Bonus Track]

 

Related Post

SLOW MAGIC JAPAN SHOW 2018 カラフルな覆面を被った謎のプロデューサー、Slow Magicの4度目となる来日公演が決定! 昨年サード・アルバム『Float』を発表し、さらなる評価を高める中、待望の再来日となります🇯🇵 その圧倒的な祝祭的パフォーマンスをお観逃しなく! ※サポート・アクトとして、Slow Magicと交...
TOPS来日、大阪・CONPASS、仙台・SHAFT公演の出演中止のお知らせ... TOPSの2018年ジャパン・ツアー、9月8日(土)大阪・CONPASS、9月10日(月)仙台・SHAFT公演に関しまして。 バンドは9/7(金)に大阪に到着の予定でしたが、 直前の台風21号の被害に伴う関西国際空港の国際線の長期のフライトの欠航に伴い、大阪への到着が不可能となったため、 各公...
BLUE HAWAII JAPAN TOUR 2018 昨年、4年ぶりとなる待望の新作『Tenderness』をリリースしたモントリオールのドリーム・ポップ・デュオ、Blue Hawaiiの2014年以来となる来日が決定!今回の来日は初となる大阪公演もございます。 「Björk meets the xx and DJ Koze」とも称された最新作で...
Kllo初来日公演『OMSOC feat. Kllo』 昨年傑作ファースト・アルバム『Backwater』をリリースしたオーストラリアの大注目の男女デュオ、Klloの初来日公演が、TSUTAYA O-nestが立ち上げた新たな深夜イベント【OMSOC】の第一弾として決定致しました! PLANCHAはこの公演に協力しております。 時にアッパーに、時...