ARTISTS

FOXES IN FICTION

FOXES IN FICTION地元トロントにて2005年、15歳の時にサンプル・コラージュ・プロジェクトとして始動。テープ・マシン、フィールド・レコーディング、デジタ ル・マニュピレーションなどを駆使して作品を制作。そして2010年に自身のレーベルOrchid Tapesを立ち上げ、デビューEP『Alberto』をリリース。同年ファースト・アルバムは『Swung From the Branches』を発表。当初は自身のサイトでフリー・ダウンロード公開していたが、その後Ghostly International所属のJakub Alexanderが運営する名門デジタル・レーベルMoodgadgetからリリースされた。『Ontario Gothic』はそれ以来のアルバムとなる。またOrchid Tapesは自身のみならず、様々なアーティストの作品をデジタル、カセット、ヴァイナルでリリースしている。

 


CHRISTOPHER WILLITS

201501_Willits-Japan_IMG-pクリストファー・ウィリッツ(Christopher Willits)はミズーリ州はカンザスシティ出身で、現在はサンフランシスコを拠点に活動しているミュージシャン/アーティストである。彼は地元カンザ スシティのアート研究所で絵画、写真、ビデオ/インスタレーション・アート、サウンド・アートを学んでおり、ミルズカレッジではフレッド・フリス (Fred Frith)やポーリン・オリヴェロス(Pauline Oliveros)に師事し、電子音楽の修士号も取得している。多岐に渡るその活動はコンポーザー、プロデューサーに留まらず、フォトグラファー、フィル ムメイカー、システム・デザイナーにまで及ぶマルチぶりだ。電子音楽とギターを融合させるスタイルのパイオニアであり、自身が作成したソフトウェアを駆使 して、複雑に練り込まれたパターン、テクスチャー、ハーモニーなどで彩り豊かな視聴覚パフォーマンスをみせ、音と光が重なり合い、没入させる独特のサウン ドを構築している。それはかつてピッチフォークに「ギターでペイントをしているようだ」、Nownessに「魅惑的で複雑なエレクトロニック・サウンドス ケイプ」と称された。90年代後半から音楽活動を開始し、自身のソロだけでなく、坂本龍一やブルックリンのサウンド・アーティスト、テイラー・デュプリー (Taylor Duepree)等とのコラボ、マトモス(Matmos)とのサブコンシャス・アトラクション・ストラテジーズ(Subconscious Attraction Strategies)、ヘラ(Hella)のドラマーで、先日惜しくも解散したデス・グリップス(Death Grips)のメンバーでもあった、ザック・ヒル(Zach Hill)とブレイクコアのパイオニア的存在、キッド606(Kid 606)とのトリオ編成によるフロッシン(Flossin)などのプロジェクトがあり、これまでに20枚以上の作品をリリースしている。それらは自身の主 宰するOverlapをはじめ、テイラーの12K、Fällt、Sub Rosa、Nibble Records、Ache Recordsなど様々なレーベルから発表されており、近年はGhostly Internationalに所属している。2014年には、これまでの集大成とも言えるオーディオ・ヴィジュアル・プロジェクト作品『OPENING』 をリリースした。

http://www.christopherwillits.com/

 


GUARDIAN ALIEN

Guardian Alien at Duna Jam 2014Guardian Alien at Duna Jam 2014ガーディアン・エイリアンはブラック・メタル・バンド、Liturgy(リタジー)のドラマーとして活動していたグレッグ・フォックス率いるグループで、 彼ら無しにはニューヨークのアヴァンギャルド・シーンを語れない存在である。元々はグレッグのソロ・プロジェクト、GDFの延長として始まったものであったが、徐々にバンド形態へと進化した。メンバーは流動的でり、5~6人になることもある。これまで自主制作のLPを1枚と、スリル・ジョッキーからアル バム2枚をリリースしている他、グレッグの瞑想中の実体験を再現したビデオをリリースしている。
グレッグ自身の師匠でもあるミルフォード・グレイブスや、ボアダムス、またミニマリストの作曲家として名高いリース・チャタムらなどの先駆者に影響を受 け、今までに確立された音楽の形をはねつけると同時に、その多くの要素をねじ曲げあげた独自のユニークな形態へと仕上げている。彼らの最新作「スピリチュ アル・エマージェンシー」では、アコースティック・サウンドと電子音のバランスを上手く興じたユニークな音をプロデュースしており、不安定さと宇宙の変動 とを生かした様々な音を、あらゆる方向へと一斉に押し出すような、ポストモダン時代のニューヨーク・アンダーグラウンド・シーンの軸となる節目を、彼らは その音から作り出している。

Guardian Alien, led by the unparalleled drumming of Greg Fox, is an integral part of a new wave of New York avant-garde musicians. Taking inspiration from those that came before, such as Milford Graves (with whom Fox has studied), and the great minimalist composer Rhys Chatham, Guardian Alien rejects previously established forms while selectively contorting elements of many into a wholly unique and personal new order. Striking a unique balance between sounds produced acoustically and electronically, its latest work, Spiritual Emergency, shows the group harnessing instability and cosmic fluctuations, pushing its sound in multiple directions simultaneously to create a pivotal moment in the post-modern New York underground.

Greg Fox is joined on this recording by Alexandra Drewchin (vocals/electronics), Bernard Gann (guitar), Turner Williams (shahai baaja) and Eli Winograd (bass). Spiritual Emergency was recorded by legendary engineer and producer Wharton Tiers (Sonic Youth, Glenn Branca). Wharton mixed the album live, riding the faders as he imparted his distinctive sonic presence. The album’s first side consists of a series of radically different improvised vignettes, beginning with the hushed, intricate tabla rhythms and cut-up vocals of “Tranquilizer” before launching into the brief, ecstatic bursts of “Mirror” and the robotic syncopation of “Vapor,” finally peaking with the fuzzed-out wall of drone that is “Mirage.”

The sidelong titular composition that resides on the flip begins with a recording of Stanislav Grof reading from his book from which the album takes its name, literature that informs the structure and nature of the music to come. When Fox’s polyrhythmic pounding and Drewchin’s bubbling electrics enter, the piece quickly escalates and never sits still, the quintet reveling in the metaphysical revelation that results in the ensuing 20 minutes of reflective frenzy. The piece, which was honed on the road for over a year before being laid to tape, is the most definitive statement of intent the band has released and is a harbinger of the wildly eclectic things to come.

Shortly following the recording of Spiritual Emergency, Williams and Winograd left New York to pursue other opportunities, cementing Guardian Alien as the current trio of Fox, Gann, and Drewchin. Fox, who also currently plays as a member of Zs, has continued to collaborate with a remarkable array of musicians, including Ben Frost, Colin Stetson, Dustin Wong and Kid Millions. Guardian Alien will tour extensively in 2014.


NITEMOVES

Processed with VSCOcam with p5 presetかつてはコム・トゥルーズ、現在はティコのドラマーとしてサウンドの根幹を支える、ワシントンDC在住のローリー・オコナーによるソロ・プロジェクト。そのメカニカルな適格性とヒューマニックなダイナミズムを兼ね備えた圧巻のドラミングに大きな注目が集まっているが、バンド活動の傍ら、4 tracksとアナログ・シンセを用い、10年以上前から創作に励んできた。2012年にファースト・アルバム『Longlines』を発表し、続いて2013年にはセカンド・アルバム『Themes』をリリース(2014年にPLANCHAからCD化)。そして2016年末に3作目となる新作『Don’t Ask!』をリリースしたばかり。持ち前のタフ且つリズミカルなドラミングに、レトロ/ヴィンテージ・テイストのカラフルなシンセやエレクトロニクスが、絶妙の低音やリヴァーブに彩られながら浮遊し描き出されるメロディックでグルーヴィな世界観は極めて独創的だ。これまでナイトムーヴスとして2015年に、ティコのドラマーとして2013年、2016年のTAICOCLUB、2015年のジャパン・ツアーで来日を果たしている。

Facebook
SoundCloud
Twitter

Nitemoves is the electronic guise/internet handle of musician/producer Rory O’Connor. Starting over a decade ago with a four track and an Arp Odyssey, O’Connor has been writing intricate and melodic arrangements under various monickers; always striving to incorporate his rhythmic sensibilities as a life-long drummer.

In the time since he began augmenting Ghostly International veterans Com Truise and Tycho on stages across the world, Nitemoves has released one full length and a handful of singles on ambient wizard Jakub Alexander’s Moodgadget label. His sophomore effort, Themes, will be available in the summer of 2013.


KYSON

de-1109-533046-237755-backオーストラリアはアデレード出身で現在はベルリンをベースに活動している25歳の若きコンポーザー/プロヂューサー/エレクトロニック・ミュージシャン、Jian Kellet Liewによるソロ・プロジェクト。2011年にスウェーデンのダウンテンポ~エレクトロニカ系レーベル、Mareldから『Musk – EP』でデビュー。そして2012年にGhostly International所属のJakub AlexanderとAdam E. Huntが2004年に設立した、エレクトロニック・ミュージックをポジティヴに拡大解釈したデジタル・レーベル、Moodgadget(SHIGETOなども輩出した)からEP『PATIENCE』、『BLACKSTONE』のリリースを経て、ShlomoなどもリリースしているLAのビート・ミュージックの名門レーベル、Friends of Friendsから『THE WATER’S WAY』をリリースした。

Kyson is composer/producer/vocalist Jian Kellet Liew. The Adelaide-born, Berlin-based artist sees music as the platform through which he feels most comfortable – projecting his imagination through musical narratives; embracing and documenting the images and sounds of the world he’s traveled – from the chaos and cacophony of bustling cities, to the peaceful, sun-drenched comfort of his own hometown.
Experimenting with analog synthesizers and obscure percussion instruments helped Kyson create the melancholic atmosphere of “The Waters Way”, the title of his new LP and first with Friends of Friends Music, due out September 24th – a reflection of his time living in the long and harsh European winter.

Kyson weaves together layers of foggy synths and his own smeared, gauzy vocal take into a chilly, slowly shifting web of sound – (Pitchfork)

Kyson’s tracks have an uplifting, self-reflective quality – (XlR8R)


YUKARI

704904_387377501344784_90659924_o韓国はソウルを拠点に活動している若き女性エレクトロニック・ドリームポップ・トラックメイカー。父の影響で幼少期からピアノを習い、ベースなど 様々な楽器を手にしつつ過ごして行き、大学で電子音楽を専攻してコンピューターを使って音楽を作り始める。キャリアこそ長くは無いが、そのトラッ クからは高い将来性とセンスを感じさせる期待のアーティストだ。 Read More →


FIELD MOUSE

Episodic_Press_2ブルックリンを拠点に活動しているインディ・ロック・バンド。2010年にヴォーカル/ギターのRachel Browneとプロデューサー/ギターのAndrew Futralの2人によって結成。2012年にSMALL PLATESからファースト・7インチ・シングル「You Guys Are Gonna Wake Up My Mom」を発表。その後LEFSEからも「How Do You Know」の7インチをリリースし、いずれも即完売となるなど、インディ・リスナーから熱い支持を集めて来た。そして自主制作リリースしたものの廃盤となっていたアルバム『You Are Here』(2010年作)が、昨年最新音源を追加して日本のみでCD化(現在は完売・廃盤)される。その後流動的なメンバー形態を経た後、Saysha Heinzman(bass)、Tim McCoy(drums)を加えた4ピースとなり、2014年に初のフル・アルバム『Hold Still Life』をリリース。そして現在はZoë Browne(synth/rhodes/vocals)を加えた5人編成で活動している。セカンド・アルバム『Episodiac』は5人になってからは初となるアルバム。

If 2014’s Hold Still Life was the fruition of Field Mouse’s evolution from a fiery two-piece into a fully-fledged band, then new album Episodic (August 5, Topshelf Records) is the letting go; the abandonment of past persuasions for something altogether more untamed. Where the band’s initial work was self-recorded by founding members Rachel Browne and Andrew Futral, the new record signifies the first time that the quintet has composed an album together from start-to-finish – and the result is a record that feels altogether more defined.

http://fieldmousemusic.com/


TEEN DAZE “Glacier” Japanese version CD [ARTPL-042]


Artist: Teen Daze
Title: Glacier [Japanese Version] Cat#: ARTPL-042
Format: CD
Release Date: 2013.09.17
Price(CD): 1,980
yen (Tax in)

 


Autumnal days feel exceptionally short in Abbotsford, BC, Canada. The sun rises but hardly invites. The inevitability of night is impending.

As 2012 came to a close, Teen Daze entered a state of repose. He chose the company of insular, droning ambient music. He wrote new material, and for the first time he found the process not to be a means of escape or refuge. Rather than imagining an outward utopia, or seeking an inward sanctuary, he simply engaged his work with his reality, his physical world.

Like its namesake, Glacier is more than solidified water adrift in a sea of home-produced electronic music. It is a collection of moments, historical particles and physical experiences, gathered into a whole. A testament to self-editing and sequencing, the 40-minute album merges hours of abstract instrumental work with more structured compositions. Varied yet cohesive, Glacier finds Jamison confident both as a drifter and a romantic. Lyrics are used personally and sparingly, often drifting in and out on a single phrase. “No one sees you, the way I see you”, he repeats through opener “Alaska”. Album centerpiece “Ice On The Windowsill” celebrates the notion of remaining indoors with the one you love as the world frosts over. Connecting each epiphany are wordless ruminations—like the twisted pitch of “Tundra”, the cool warmth of “Forest At Dawn”—some of the most evocative sound design in Teen Daze’s career to date. “Walk” is the rightful closer, an affectingly repetitious four chord salute to a fallen day.

The album’s fixation on manifesting physicality translates to being a highly performative production. The role of live instruments, field recordings, and general human presence is evident in these songs, just as millennia-old organisms lay suspended in a frozen core. This was a deliberate choice; Teen Daze plans to tour in support of the release for the first time as a full band—essentially to actualize Glacier in the physical world.


TRACKLISTING:

01. Alaska
02. Autumnal
03. Ice On The Windowsill
04. Tundra
05. Flora
06. Listen
07. Forest At Dawn
08. Walk
09. Leaf Canopy *
10. Forest At Dusk *
11. Sunrise *
12. Piano Room *

*= Glacier “B Sides” [Japanese Bonus Tracks]


SHIGETO

photo by Kristin Adamczyk

photo by Kristin Adamczyk

デトロイト在住のトラック・メイカー/ドラマー、Zach Saginawによるソロ・プロジェクト。かつてはSchool of Seven Bellsのサポート・ドラマーとして活動したこともあったが、現在は自身のソロ活動に専念している。幼少期からジャズ・ドラマーを目指すが、友人から勧められたSquarepusherを聴きエレクトロニック・ミュージックに開眼し、トラック・メイクを始める。そしてデジタル・レーベルMoodgadgetで作品をリリースした後、名門Ghostly Internationalと契約。現在までにリミックス盤を含むEPを4作、ミニ・アルバムを1枚フル・アルバムを3枚リリースしている。Star Slinger、Mount Kimbie、Matthewdavid、Bonobo、Tychoなど多数のアーティストとツアーを回り、ジャズ・カルテットへの参加、多数のリミックス・ワークなど、多岐にわたる活動をしており、ビート~エレクトロニック・ミュージック・シーンのキーマンとしてその存在を確立している。また、エレクトロニクスと生ドラムを駆使したアグレッシヴなパフォーマンスは各所で絶賛されている。近年は自身のレーベルPortage Garage Soundsを立ち上げ、ヴァイナルをリリースしている他、デトロイトのヒップホップ・アーティスト、ZelooperZと共にサイド・プロジェクト、ZGTOを始動させる等、活発な活動が目立つ中、2017年に通算3作目となるフル・アルバム『The New Monday』をリリース。そのデトロイト愛に満ちたサウンドは各所で絶賛されている。

Official Website
Facebook
Twitter
SoundCloud
Instagram
Read More →


ACTIVE CHILD

activechild_new

photo: Dan Busta

Active ChildことPat Grossiの本名はPatrick James Grossi。ロサンゼルス生まれ。父親がプライオリティ・レコードで働いていた関係で、ヒップホップ/ラップ・ミュージックに囲まれて育っていった。フリースタイル・バトルやビート・ボックスに挑戦していた時もあるらしい。また時を同じくして、学校の聖歌隊に参加。そこでの実力が認められ、周囲に薦められて名門・フィラデルフィア少年合唱団(Philadelphia Boys’ Choir)のオーディションを受け、見事合格する。そこで構築されたアレンジのゴスペルなどを学び、自身のヴォーカル・スタイルが形成されていった。Active Childとしての活動を始めるのは2008年の暮れから。大学卒業後に移り住んだデンヴァーで宅録やプログラミングの技術を3~4年磨いた後にスタートさせた。ちなみに現在は再びロサンゼルスに居を移し、そこを活動の拠点としている。MySpace上に楽曲を発表していく過程でイギリスのから声がかかり、2010年の初夏に6曲入りのデビューEP『Curtis Lane』がリリースされる運びとなる。その『Curtis Lane』に収められていたノスタルジックなシンセ・ポップは、グローファイ/チルウェイヴの波に乗って一挙に注目を集め、Active Childの名は世界に知れ渡ることとなった。その後はSchool of Seven Bellsとツアーを行い、互いの楽曲をリミックスしたスプリット7インチをからリリース。さらにはチルウェイヴ系のカセット・レーベルからはカセットEPと、矢継ぎ早に音源をリリース。当然のようにインディー音楽を扱う耳の早いメディアにもキャッチされ、NMEの「50 BEST NEW BANDS OF 2010」にも選出された。その勢いはとどまることを知らず、順調にVagrantとの契約に至り、2011年にファースト・アルバム『You Are All I See』発表。2013年にMikky EkkoやEllie GouldingをフィーチャーしたEP『Rapor』を経て、遂にセカンド・フル・アルバム『Mercy』がリリースとなる。


Top