Reuben_Wu_Tycho2サンフランシスコを拠点に活動するScott Hansen(スコット・ハンセン)によるミュージック・プロジェクト。彼はISO50というヴィジュアル・ワークの名義も持つ。2002年にセルフ・リ リースにて『The Science of Patterns EP』をリリースしてデビュー。2004年にファースト・アルバム『Sunrise Projector』を自主レーベル、Gammaphoneからリリース。このアルバムは程なく廃盤となるが、2006年には曲を一部新曲に入れ替えリマ スターし、リミックスを加え、さらにはアートワーク、そしてタイトルも『Past Is Prologue』と一新して2000枚限定でMerckからリイシューされた(2012年にPLANCHAからCD再発、2013年にGhostly Internationalから初ヴァイナル化された)。その後名門Ghostly Internationalと契約し、デジタルとヴァイナルでのEPリリースを経て、2011年にセカンド・フル・アルバム『Dive』をリリース。その 頃からバンド編成でのライヴを開始し、『Dive』にも参加していた盟友Zac Brown(ベース、ギター)と、Nitemovesとしても活動しているRory O’connor(ドラム)にメンバーが固定されると、正式なバンド形態へと拡張。2013年にはTAICO CLUBにて初来日を果たす。そして2014年サード・アルバム『Awake』がリリースされた。独特のレトロ・テイストのローファイ感を基調とつつ、エ レクトロニカ~アンビエント~ドリームポップ~ポストロックまでを股にかけるサウンドは多岐に渡るリスナーに支持されている。
http://tychomusic.com/awake/

As Tycho, Scott Hansen blends swirling melodies into vaguely triumphant arcs that crisscross between stuttering beats and vocal samples, creating rolling sonic landscapes that extend into the horizon. Known in the design world as ISO50, the San Francisco-based artist is famed for his warm, textured design style, which serves as a backdrop and mirror for his musical output.

Hansen began releasing music over 10 years ago with The Science of Patterns EP. His first full-length, Sunrise Projector, came out in 2004, and as the critical acclaim continued in 2006 with the release of Past Is Prologue. He eventually met Ghostly and, like everybody else, we simply had to work with him.

It was around 2008 that URBmagazine noted Tycho as one of the

Next 100 artists to watch, and Hansen continued to release singles and experiment with more live instrumentation. In 2011, his meticulous process saw the release of Dive, his debut full-length for Ghostly International. Tranquil, nostalgic and melodic, the record established him beyond the realm of IDM and ambient.

Now with Awake, Tychos second Ghostly LP, the project returns as a true three-piece band comprised of Zac Brown (guitar, bass) and Rory O’Connor (live drums). Lengthy touring for Dive brought Tycho to its full potential, and in efforts to capture the energy on the road Hansen invited Brown and O’Connor in to the creative process. Both the sound and artwork of Awake capture Hansens stylistic shift, conjuring a more kintetic and percussive sensory experience.