TEAMSは現在LAを中心に活動しているのショーン・ボウイなる黒人ビート・メイカー/プロデューサーのソロ・プロジェクト。2011年に相棒とも言える、マンチェスターのプロデューサーであり、各所から注目を集めている、Darren WilliamsによるStar Slingerとのコラボ作をリリースしたことを皮切りに一気に注目を集める。これまでデジタルを主体に楽曲を発表(2010年に発表した『Catch Pool EP』は2011年にカセット・リリースされている。)。本作は彼のファースト・フル・アルバムで、2011年にAMDISCSから250枚限定でヴァイナル・リリースもされた。

Born 22 years ago in Miami Florida, but now residing in Los Angeles California, Teams (aka Sean Bowie) first started writing and recording music at the age of 16, with his first digital release ‘Catch Pool’ coming in the summer of 2010. Two further releases followed, the gloriously tranquil yet toweringly powerful ‘We Have A Room With Everything’ and a collaborative project alongside the UK based producer Star Slinger entitled ‘Teams vs. Star Slinger’ on the Mexican Summer imprint. It was this EP that really demonstrated just how versatile, innovative and exciting Teams could be, with a collection of vinyl samples reworked and slotted into a matrix of hip hop beats with a sophisticated electronic flavour.