Episodic_Press_2ブルックリンを拠点に活動しているインディ・ロック・バンド。2010年にヴォーカル/ギターのRachel Browneとプロデューサー/ギターのAndrew Futralの2人によって結成。2012年にSMALL PLATESからファースト・7インチ・シングル「You Guys Are Gonna Wake Up My Mom」を発表。その後LEFSEからも「How Do You Know」の7インチをリリースし、いずれも即完売となるなど、インディ・リスナーから熱い支持を集めて来た。そして自主制作リリースしたものの廃盤となっていたアルバム『You Are Here』(2010年作)が、昨年最新音源を追加して日本のみでCD化(現在は完売・廃盤)される。その後流動的なメンバー形態を経た後、Saysha Heinzman(bass)、Tim McCoy(drums)を加えた4ピースとなり、2014年に初のフル・アルバム『Hold Still Life』をリリース。そして現在はZoë Browne(synth/rhodes/vocals)を加えた5人編成で活動している。セカンド・アルバム『Episodiac』は5人になってからは初となるアルバム。

If 2014’s Hold Still Life was the fruition of Field Mouse’s evolution from a fiery two-piece into a fully-fledged band, then new album Episodic (August 5, Topshelf Records) is the letting go; the abandonment of past persuasions for something altogether more untamed. Where the band’s initial work was self-recorded by founding members Rachel Browne and Andrew Futral, the new record signifies the first time that the quintet has composed an album together from start-to-finish – and the result is a record that feels altogether more defined.

http://fieldmousemusic.com/

Related Post

KAITLYN AURELIA SMITH 米国ワシントン州のオーカス島出身で現在はLAを拠点に活動している、プロデューサー/コンポーザー。 自然に囲まれた環境で育ったのち、バークリー音楽大学での研究から得られた技術的センスを組み合わせた独自の音楽性を確立している。彼女は元々クラシック・ギターを演奏していて、大学時代は同大学に通っていたマル...
KLLO オーストラリアはメルボルン出身のSimon Lam(プロダクション)とChloe Kaul(ヴォーカル)による従兄弟デュオ。ツーステップ・ガラージやコンテンポラリーなR&Bから影響を受けたエレクトロニック・ミュージックを制作しており、元々はKloという名義で活動していたが、現在はKlloに改...
DRAMA オースティンで生まれ両親がレゲエ・バンドで演奏していたという音楽一家で育ったヴォーカルのVia Rosaと、シカゴ生まれで幼少期からDJカルチャーに夢中になり、音楽制作とエンジニアリング開始したというNa'el Shehadeにより結成。Viaは14歳から音楽をはじめ、THEMPeopleやSave...
CARIBOU カナダ出身ロンドン在住、ダン・スナイスのソロ・プロジェクト。元々はマニトバ名義で活動をスタートし、名門Leafから『Start Breaking My Heart』(2001年)『Up in Flames』(2003年)にリリースした後、現在のCaribouに名義に変更する。そして2005年にサード...