SHIGETO_NITEMOVES_1109随分と久しぶりですが、ブログを書いてみます。少々長いですが、最後までお読みいただけますと幸いです。

いよいよ間もなくの開催となりますが、PLANCHAの7周年イベントを代官山UNITにて開催致します。新作『Intermission』をリリースしたばかりのデトロイトのトラックメイカー/ドラマー、SHIGETOと、TYCHOのドラマーとしてもお馴染みのRory O’Connorによるプロジェクト、Nitemovesの共演です。個人的にも大変楽しみな組み合わせですので、是非多くの方にご覧いただければと思っております。

実はUNITはとても思い入れのある会場でして、7周年はUNITでやろうと心の中では密かに決めておりました。なぜかと言いますとレーベル立ち上げ間もなくリリースしましたSchool of Seven Bells(以降SVIIB)が初来日をした会場だったからです。SVIIBはレーベルを始めると決めた際に絶対にリリースしたいと思い、アルバムが完成する前からコンタクトを取っていました。そしてGhostly Internationalからファースト・アルバム『Alpinisms』のリリースが決定し、日本盤はPLANCHAからリリースすることができました。『Alpinisms』リリース時、弊レーベルは立ち上げたばかりの全く無名の存在でしたが、その作品力で瞬く間にヒットしていったのです。そしてリリース後ほどなくして2008年末の代官山UNITのカウントダウン・パーティへの出演が決定。自分のリリースしたアーティストが来日するという経験自体初めてのことで、とても戸惑い緊張しましたが、彼らの初の日本ライヴは好評で、イベントも成功に終わりました。その時に僕は彼らに初めて会ったのですが、スタイリッシュなのに凄く気さくな人達で、わずか3日の滞在でしたが、非常に楽しい時間を過ごす事ができ、同時に仕事に対してのプロフェッショナルな姿勢も目の当たりにして、とても刺激を受けました。初めての事づくしだったこともあり、印象深く、今でも良い思い出として残っております。

もちろん当時はレーベルが7年も続けられるとは思っていませんでしたが、SVIIBの“7”にちなんで、もし7周年をすることが出来るなら、思い入れのあるUNITで出来ればと、漠然と思っていたのです。そして何とかレーベルは7年続けられる事ができました。しかし大変残念なことにそのアニヴァーサリーをSVIIBで行うことは出来ません。フロントマンであるBenjamin CurtisはT細胞性リンパ芽球性リンパ腫で2013年末に他界しました。彼が病に倒れた時は本当にショックでしたが、気丈に闘病する様子に「きっと彼は病を克服して戻って来る」と信じ、そう願っていました。しかし若年の癌の進行は非常に早く、その願いは叶いませんでした。正直な話、おそらく彼がいなかったらレーベルをここまで続けることは出来ていなかったと思います。SVIIBをリリースしたことで、駆け出しのレーベルが認知度やヴァリューを持てた事は事実ですし、Ghostly Internationalとの関係を築くことも出来ました。彼があの時全く無名の日本のレーベルをリリース元に選んでくれなかったらSHIGETOもTYCHOもNitemovesにも出会えていないでしょう。なので僕は本当に彼に感謝しかありません。

SHIGETOことZach SaginawはかつてSVIIBのサポート・ドラマーとして活動していた時期があります。SVIIBのセカンド・アルバム『Disconnect From Desire』のリリース後の初の単独公演の際、彼はドラマーとして来日し、その時に初めて会いました。生ドラムを叩くトラックメイカーとして活動していたことは存じていましたが、生で観るそのドラミングは見事で、且つ人物も魅力的だったので、いつか何か一緒に出来ればと思っておりました。その後彼はソロ・プロジェクトへと専念するためにSVIIBを離れますが、以降着実にエレクトロニック・ミュージック・シーンで頭角を現していきました。そして2013年には彼の作品の日本盤をリリースし、来日ツアーを実現することもできました。また、その来日前のインタビューにて

「School of Seven Bells(以下SVIIB)とのツアーは、フルタイムミュージシャンとしての最初のキャリアだった。今でも覚えているよ。最初のツアーは6週間で約40公演だった。ほんとツアリングミュージシャンの研修みたいな感じだったよ。メンバーのBenjamin Curtisには今でも多くインスピレーションを受けていて。彼は真剣に音楽と向き合っているし、本当に才能があると思っている。」
2013年11月のUNCANNYのインタビューより)

と語っており、Benjaminは彼にとっても恩人のようです。

今年SHIGETOの2年ぶりとなる6曲入り新作『Intermission』のリリースも決まったことで、7周年は彼で、そしてやはりUNITで行おうと決めました。共演には彼の盟友で、共にMoodgadgetからのリリース暦のある、TYCHOのドラマー、RoryによるNitemovesです。MoodgadgetはGhostlyのA&Rで、かつてTYCHOのマネージャーも務めていた、Heathered PearlsことJakub Alexanderの運営するデジタル・レーベルです。ちなみにJakubはかつてBenjaminのルーム・メイトだったことのある人物でもあります。

(1曲目「Pulse」のブレス・パーカッションはSVIIBのAlejandraによるものです)

sviib先日発表されましたが、SVIIBは2016年2月にファイナル・アルバムとなる4作目『SVIIB』をリリースします。昨年デジタル・リリースされたBenjaminの病室で彼のラップトップを使って録音したJoey Ramoneのカヴァー「I Got Knocked Down (But I’ll Get Up)」が最後のレコーディング音源であることは事実なのですが、このニュー・アルバムは2012年に録音されていた音源です。Benjaminは当時Alejandra Dehezaと共に新作アルバムのレコーディングをしていたのですが、その終盤に病魔に倒れたのです。2010年にオリジナル・メンバーで双子の片割れClaudia Dehezaが脱退、そしてBenjaminは他界し、Alejandraは最後の一人となってしまいました。もうSVIIBとして活動することはできません。しかし彼女はこの残された音源を完成させたいと、LAへと移り、プロデューサーMeldal-Johnsenと共に完成させたのです。

Friends,

Benjamin and I wrote this record during a tour break in the summer of 2012. I can easily say that it was one of the most creative and inspired summers of our lives. What followed was the most tragic, soul shaking tidal wave that life could deliver, but even that wouldn’t stop the vision for this record from being realized. This is a love letter from start to finish. It’s the story of us starting from that first day we met in 2004, and that’s the story of School of Seven Bells. So much love to all of you. Thank you for being a constant light in our lives.

This record is for you.

-Alejandra

Alejandra曰く「始めから終わりまでラヴ・レター」というこの作品は、SVIIBの最終作に相応しいサウンドに仕上がっております。日本盤はPLANCHAからリリース致しますので、ぜひご期待ください。

長くなりすぎてとりとめのない文章になってしまいましたが、11/9の7周年イベント、そしてSVIIBのニュー・アルバムをどうぞよろしくお願い致します!

 

SHIGETO_NITEMOVES_1109PLANCHA 7th Anniversary

SHIGETO × NITEMOVES

11/9 (Mon) Tokyo @UNIT

日程:2015年11月9日(月)
会場:代官山UNIT
OPEN 19:00 / START 20:00
前売 4,500円 / 当日 5,000円 (共に+1ドリンク)
ぴあ(コード:275-834) / LAWSON(コード:75142) / e+ / RA Tickets
※チケット好評発売中!

出演:
SHIGETO
NITEMOVES (from TYCHO)
Special Opening Act: submerse (new!)
VJ: DEJAMAIS (new!)

企画制作:PLANCHA

公演詳細:http://www.artuniongroup.co.jp/plancha/top/news/plancha-7th-anniversary-shigeto-nitemoves/