先日Qeticのニュース記事でも掲載されましたが、6/12リリースとなったアイルランドはコークの男女デュオ、Young Wonderは同郷のクリエイティヴ集団、FEEL GOOD LOSTが見出した逸材です。
チルウェイヴ以降、チルステップ〜フローファイなど、ビート〜ベース・ミュージックと リンクしつつ、新たな潮流が生まれつつありますが、その周辺をフォローしているリスナーであれば、FEEL GOOD LOSTという名前を一度は目にしたことがあるかもしれません。
FEEL GOOD LOSTは主に映像を手掛けておりまして、これまでに、Blackbird Blackbird、Slow Magic、Keep Shelly In Athens、Mmoths、Sun Glitters、Giraffage & XXYYXX、Beat Cultureなど、前述したシーンのキーとなるアーティストのミュージック・ビデオを多数手掛けています。それらはこのプレイリストからチェックできますので是非。

そしてそのFEEL GOOD LOSTが発掘し、初めてリリースするアーティストがYoung Wonder。FEEL GOOD LOSTのBrendan Cantyがトラック・メイカーであるIan Ringと仕事を始めて間もなく、彼のプロデューサーとしてのポテンシャルを見抜き、女性ヴォーカリスト、Rachel Keomanと引き合わせ、結成されました。

今回PLANCHAからリリースされたCDは、彼等がデジタルでリリースしている2作のEPをコンパイルした日本独自企画盤。前半は彼らのデビューEPである『Young Wonder』、後半は最新EP『Show Your Teeth』が収録。主にクラブ・ミュージックに精通しているIanが生み出すトラックと、ビョークを彷彿とさせる圧倒的な表現力を持つRachalのヴォーカルが絶妙のバランスで融合し、極めて個性的なサウンドが制裁されています。レイチェル曰く、ヤング・ワンダーの音楽を3つの言葉で表すとすれば、「Eclectic(折衷)」、「Ethereal(幽玄)」、「Distinctive(独特)」。エディットやポスト・プロダクションが多様されていて、ベース・ミュージックの影響も窺えるダンサブル且つ複雑なリズムやビートを核にしつつ、 カットアップやループを多用する目まぐるしい展開は非常に刺激的です。今後シーンの中心へと躍り出ることは間違いない実力を感じさせるので、是非注目を!

もちろんYoung Wonderの映像は全てFEEL GOOD LOSTが手がけております。是非ご覧になってみてください!


Artist: Young Wonder
Title: Young Wonder + Show Your Teeth
Cat#: ARTPL-038
Format: CD / Digital
※日本のみでCD化
※解説・歌詞・対訳付き
Release Date: 2013.06.12
Price(CD): 2
,100yen(税込)/2,000yen(税抜)

BUY CD >>> | BUY DIGITAL >>>

さらなる詳細はこちら