RELEASE INFO BIOGRAPHY MUSIC VIDEO LIVE INFO COMMENTS

ARTPL-053


Takako Minekawa & Dustin Wong

Savage Imagination

嶺川貴子 & ダスティン・ウォング 『サヴェッジ・イマジネイション』

Label: PLANCHA
Cat#: ARTPL-053
Format: CD / Digital
※本人達による全曲解説付
Price(CD/Digital): 2,300 yen + tax / 1,800 yen (tax in)

August 27, 2014 on sale


『TOROPICAL CIRCLE』から約1年、嶺川貴子とダスティン・ウォングの共作第2弾『SAVAGE IMAGINATION』が完成!ヒューマニックな温かさと親しみやすいメロディはそのままに、リズミック且つダイナミックな彩りを増した、唯一無二のダンス・パーティ・ミュージック。その独特の歪でファニーな世界観に身を委ねると、頬が緩み自然と体が動きだす!


嶺川貴子にとってアルバムとしては『Maxi On』以来13年ぶりの作品で、ダスティン・ウォングとの初共作となった『TOROPICAL CIRCLE』から約1年、彼等のコラボレーション作第2弾『SAVAGE IMAGINATION』が完成した。

本作もすべて2人のセルフ・プロデュースにより制作されており、キーボードやギター、ドラム・マシンやサンプリングに、ヴォーカルやコーラスを交えてループを駆使していく手法は同様である。『TOROPICAL CIRCLE』でスタイルを確立し、やわらかでファニーだった音は、継続的な制作やライヴを経て、さらにお互いのことを理解し合っていった事で、ぐんと開放的になった両者のストレンジで奇抜な感性が本作で躊躇なくぶつかり合い、サウンドは革新的な変化を遂げた。互いがアイデアを出し合う掛け合いのようなセッションの中から生み出されて行くサウンドの構造は、より緻密で遊び心に満ちたものとなっていると共に、リズムやダイナミズムが強調され、楽曲に生き生きとした息吹が宿っている!

リズミックになったことで楽曲のヴァリエーションはさらに多彩になり、且つ、ダスティンのヴォーカルの比重が増えると共にソロでも導入しているオート・チューンを効果的に使用することで、楽曲に膨よかなニュアンスが加味され、縦の揺れと横の揺らぎが絶妙なバランスで同居。さらにはレイヤードされていく様相の臨場感と立体感が増したことで、マジカルな魅力が存分に引き出され、ぐいぐいと引き込まれる。そしてヒューマニックな温かさと親しみやすいメロディはそのままに、カラフルで幻惑的な情景を醸し出しつつ、躍動感と高揚感がかけめぐる!

変拍子やポリリズムも介入するユニークで多彩なリズムに、様々なフレーズやヴォーカルが次々と重ねられていき、奇妙に転調するプログレッシヴな展開や、エスノ、アンビエント、ミニマルなどジャンルレスな要素が幾多も交錯するが、結果として形容不能で極めてオリジナリティに満ちたものになっている。変則的ながら心地よい緩急が効いており、浮遊感とパワフルでリズミカルな展開が巧みに配され、エモーションとクライマックスが意表を突いて訪れる。

両者のソロとは異なる未開の地へと手を取り合う事で着地した唯一無二のダンス・パーティ・ミュージック。その歪でファニーな世界観に身を委ねると、頬が緩み自然と体が動きだす!

※アルバムからファースト・シングル「She He See Feel」を公開中です↓


TRACK LIST:

01. Pale Tone Wifi
02. Dancing Venus of Aurora Clay
03. Dimension Dive part 1: Aether Curtain
04. Dimension Dive part 2: Earth Drum
05. Dimension Dive part 3: Deep Sea Dance
06. Ancient Aluminum Forest
07. Dioramasaurus
08. Luminescent Earth Traveler
09. She He See Feel
10. Pastel Ice Date
11. Young Tree Tree (Bonus Track)
12. A Cat Walks Into A Bar (Bonus Track)


BIOGRAPHY:

Photo by Hiromi Shinada

Photo by Hiromi Shinada

2011年の夏、ダスティンのライヴを観に行った嶺川と、元々彼女のファンであったダスティンが知り合う。この出会いをきっかけに交流が始まった両者は、音楽や宇宙、神話談義で盛りあがり、セッションを重ねていき、ごく自然な流れでコラボレーションへと派生していった。2013年にファースト・アルバム『TOROPICAL CIRCLE』をリリースし、レコ発を含む都内でのライヴを経て、FUJI ROCK FESTIVALに出演。その後仙台、京都、神戸のツアーも慣行。京都ではp-hourに出演し、Oorutaichi Loves The Acustico Paz Nova Bandと共演。2014年1月にはカナダの男女デュオ、Blue Hawaiiの来日公演に出演を果たす。音だけにとどまらず、絵や映像も二人で共作。本作のジャケット、MVも自らが手がけている。

 

新アーティスト写真公開!撮影は品田裕美さんです。
(クリックで拡大表示されます)



MUSIC VIDEO:

Takako Minekawa & Dustin Wong “She He See Feel” [Official MV]
Directed by Takako Minekawa & Dustin Wong.

Dustin Wong & Takako Minekawa – Pastel Ice Date (Official Music Video)
Directed by Takako Minekawa & Dustin Wong.

Dustin Wong & Takako Minekawa – Aether Curtain (Official Music Video)
Directed by Takako Minekawa & Dustin Wong.


LIVE SCHEDULE:

Nov 07, 2014 Northfield, MN The Cave at Carlton College
Nov 08, 2014 Chicago, IL The Hideout
Nov 09, 2014 Detroit, MI MOCA Detroit
Nov 10, 2014 Toronto, ON Handlebar
Nov 11, 2014 Montreal, QC Casa del Popolo
Nov 12, 2014 Pawtucket, RI Machines With Magnets
Nov 13, 2014 Princeton, NJ Terrace Club
Nov 14, 2014 Brooklyn, NY Pallisades
Nov 15, 2014 New York, NY Cake Shop
Nov 16, 2014 Philadelphia, PA Johnny Brenda’s
Nov 17, 2014 Baltimore, MD Floristree
Nov 19, 2014 Durham, NC The Pinhook
Nov 20, 2014 Atlanta, GA 529
Nov 21, 2014 Tallahassee, FL Club Downunder
Nov 24, 2014 Austin, TX Mohawk
Nov 26, 2014 Tempe, AZ 51 West
Nov 28, 2014 Los Angeles, CA Club Los Globos
Nov 29, 2014 San Francisco, CA Hemlock Tavern
Dec 01, 2014 Portland, OR Mississippi Studios
Dec 03, 2014 Seattle, WA Sunset Tavern
Dec 04, 2014 Boise, ID The Crux
Dec 06, 2014 Denver, CO Lost Lake Lounge

 


COMMENTS:
(到着順に掲載しております)

コメント画像

へこたれたって
くしゃくしゃになったって
どんなときだって。
存在は 永遠に 鮮度100%
時に わけもなく 光あふれている

火山は 今も 眠っている

泉に行けば 私に逢える
サイノウは いつでも バクハツする。

おんがくは 愛のパートナーとして

行動は ときに そのことばを超える

祝福の風船が 放たれるみたく
大空いっぱいの ありがとうを
お2人に贈ります

— YTAMO

嶺川さんとダスティンくんの新しいアルバムが早くも届いた。
前作の静かな出会いの喜びに満ちた響きは、さらに変化を遂げ2人のあらたな”宇宙時代の思い出”が花開いたようだ。

嶺川さんとダスティンくんに出会うと言い得れない気持ちがわく。
音楽を通して出会う人々や出来事には、今生では説明がつかない色々な縁を感じることが多いけど、
特に2人のたたずまにはそんなそんなことを強く感じるのだ。

きっと前の人生、2人は地球外をふるさとにする人で、そんな昔の旅の続きが詰まったようなアルバムだと思った。
地球に降り立ち冒険の時間の中で、過ぎ去っていく景色や感情を生々しくつづったかのような楽曲、全てを異にする星に畏敬を抱きながらきっと2人が出会ったものはすべてが驚きに満ちたものだったのだろう。
そして全てが美しかったのだろう。

savage imaginationと込められた想い。当たり前になりすぎた僕たちの世界にもう一度新鮮な喜びや宇宙を見いだすことを教えてくれているような気がする。

— オオルタイチ

Savage Imagination” is delightful and luminous, an enchanting celebration of two experimental pop masterminds: Dustin Wong and Takako Minekawa. Simple melodic phrases propagate into playful, intricately-layered symphonies of fluttering guitar loops, bleepy keyboard counterpoints, and trotting beats. Liliputian samples, post-lyrical singing, whistling, humming, clapping, and other percussive flourishes spark like fireflies, drifting through the duo’s rich and dulcet sonic domain.

『Savage Imagination』は2人の実験的ポップ職人たち(Dustin Wongと嶺川貴子)による、愉快で輝いている魅惑的な祝祭である。シンプルでメロディックなフレーズが遊び心たっぷりに広がっていき、ひらひらとしたギターのシンフォニーのループ、ブリーピーなキーボード、小気味良いビートなどが複雑且つ緻密に重ねられており、馴染み易いサンプル、ポスト叙情的な歌声、口笛、ハミング、手拍子、その他の躍動的な打楽器が蛍のようにキラメキ、このデュオの豊かで優しい音世界へと漂い誘われる。

— Liz Berg (WFMU)

透けてみえる!世界が透けて見える!!!!!!!! スケルトンの森、ガラス張りの町並み、澄み切った海洋、無色透明な皮膚、内臓まで、心臓まで、血管まで、曇りなく、水晶彫刻のように全てが透明に映り出す… そんな透き通った音達が、この銀盤の中で呼吸している!!!!!! フランスの人類学者レヴィ・ストロースは、ブリコラージュの様式を「野生の思考」と唱えたが、「野生」とは、大自然のことであり、澄み切った佇まいのことを指すのだと『SAVAGE IMAGINATION』は説いている!!!!!!!!!! ミネコさんは「海」で、ダスティンは「土」…ミネコさんは「空気」で、ダスティンは「光」…ミネコさんは「想い」で、ダスティンは「情景」…もしくはその逆、もしくはその逆の逆。「反対の反対は賛成なのだ」!!!!「賛成の賛成も賛成なのだ」!!!!!!!! これでいいのだ!!!!!!!!!! (c)赤塚不二夫 

— 宇川直宏(DOMMUNE)

うん、いいね。
この音はちっちゃな音で感じるのがいいね。
微か~~に感じるのがいいね。
ビニールホースに耳をあてて聴くのも(振り回すのも)ありだね。
壊れてるところが愛しいね。
知らんぷりして聴くのがいいね。
「文化」のちっちゃいのが庭先を駆け回ってるみたいだね。

— 清水靖晃 (作曲家・サキソフォン奏者)

「「「たかこちゃん!ダスティンくん!
わたし知ってるよ、この音楽かかってるディスコ!
そこに行くには
みどりがわしわし生えた森の中を新幹線を半分に割ったような、ジェットコースターみたいな
乗り物に乗って、びゅんびゅんと降りて行くよ。なにかにしがみついておかないと、
その乗り物、半分ないから、スピードで落ちそうになるんだけど、やっと着いたら、
地球の中で地底なんだけど、またそこには奇麗な空があるんよ。地球の内部なのに。
でね、茶色いレンガのような小さな平屋のおうちがたくさんあって、どんどん歩いて行ったら
小さな小川があって、白いほそーい橋がある。時々白いへびが渡ってるんよね。で、気にせず、
その橋渡ったらドアの異常に小さな陶器屋さん
があって、とてもかわいい陶器ばかりでそわそわするお店なのよね。
その陶器屋の横にツリーハウスがあって、誰か住んでるんだけど、そのはしごを目をつぶって
登ると全然ツリーハウスでない、別の建物の中にはいるんだけど、
そこがディスコなわけ。なに人かわからないんだけど、とても懐かしい人達で、
平和的で踊りが最高に巧い!のよ。そこでかかってる音楽が
まさに今回のSAVAGE IMAGINATIONなんよ。
ほんと、凄いよ。」」」

— YOSHIMIO


 

1st album “TOROPICAL CIRCLE” now on sale


Artist: Takako Minekawa & Dustin Wong 嶺川貴子&ダスティン・ウォング
Title: Toropical Circle トロピカル・サークル
Cat#: ARTPL-037
Format: CD / Digital
Territory: Worldwide
Release Date (CD: Japan / Digital: Worldwide): May 15, 2013
Release Date (CD: US, UK, Europe): June 4, 2013
Price(CD:JP):
2,200yen + 税
BUY CD >>> | BUY DIGITAL >>>
more info