Yohuna / Mirroring [ARTPL-117]

ARTPL-117

Yohuna / Mirroring [ARTPL-117]

(ARTPL-117)

ブルックリンを拠点に活動しているJohanne Swansonによるソロ・プロジェクト、Yohunaが多彩なゲストを交え、アコースティック且つフィジカルに彩りを増し、新たな境地へと到達した極上のドリーム・ポップ

オーウェン・パレットとの共同プロデュースによるデビュー作『Patientness』が「Cocteau Twins x Julia Holter」とも称され話題となった、ブルックリンの女性ソングライター/プロデューサー、Johanne Swansonによるソロ・プロジェクト、Yohunaが幻想的な世界観はそのままによりポップに彩りを増した待望のセカンド・フル・アルバム『Mirroring』。

『Patientness』はシンセのレイヤーを主体に制作されていたが、本作『Mirroring』はギターを主体に制作されており、幻想的な質感を残しつつも、よりフィジカルなカタルシスに満ちている。

Johanneが自身のベッドルームで作曲をしていたところ、ルームメイトのEric Littmann (Julie Byrne, Vagabon, Phantom Posse)は彼女にコラボレーションを勧め、Adelyn Strei(ギター、フルート)やOrchid TapesのオーナーでもあるFoxes in FictionことWarren Hildebrand(ギター)をはじめ、盟友であるEmily Yacina、LVL UPのMike Caridi、Greg Rutkin、Told SlantのFelix Walworthといった多数の友人であり実力者ミュージシャン達の協力を得て完成させた。

幽玄的なギターリフに寄り添うようなドラム、とベース・ライン、そしてフルート、チェロ、ハープなどが要所で巧みなアクセントとなり、ドリーミーながらリズミカルで一体感に満ちた音像を描き出していく。もちろん核となるのはJohanneのたおやかで表現力に満ちた夢幻的ヴォーカルであり、演奏と相まってぐいぐいと聴き手を引き込んでいく。

Cocteau Twins x Julia Holterとも称されたそのサウンドだが、そういったムードは残しつつも、生音が増え、より生き生きとした心地よいエナジーに満ち溢れており、チェンバー・ミュージック的なテイストからシューゲイザー的な展開までをアトモスフェリックな空間で緩急自在に横断する極上のドリーム・ポップ。

日本盤にはボーナス・トラック収録予定。


TRACK LIST:

01. Knowing U
02. Fades to Blue
03. Rain & Prairie Snow
04. See Me
05. Mirorring
06. Dead to Me
07. Find a Quiet Place
08. Strangers
09. Waiting
10. So Free

+ボーナス・トラック収録予定

在庫状態 : 在庫有り
¥2,200(税別)
数量