Shigeto_Master
Artist: Shigeto
Title: Intermission

Cat#: ARTPL-059
Format: CD / Digital

※日本のみでCD化
※解説付き

Release Date: 2015.10.28
Price(CD):
1,600yen+ 税


デトロイトのトラックメイカー/ドラマー、ZACH SAGINAWによるソロ・プロジェクト、SHIGETO。傑作セカンド・アルバム『NO BETTER TIME THAN NOW』から2年、遂に6曲入りの新作が完成!さらには11月に2度目となる来日公演(w/ NITEMOVES)も決定!

デトロイトのトラックメイカー/ドラマー、Zach Saginawによるソロ・プロジェクト、Shigetoの6曲入り新作が完成!2013年にリリースした『No Better Time Than Now』はele-kingにて野田努氏に“フライング・ロータス『アンティル・ザ・クワイエット・カムズ』以降のもっとも美しい作品ではないだろうか”と評され、E王も獲得した。その後初の来日ツアーも行い、緻密なエレクトロニクスとダイナミックなドラミングを駆使した圧巻のパフォーマンスは多くのオーディエンスに絶賛された。

セカンド・アルバムのリリース後、世界各国でライヴを行い、ジャズ・カルテットへの参加、Hundred Watersなど多数のアーティストへのリミックス・ワークなど、多忙な日々を過ごし、新しい音源が披露されることはなかったが、遂に完成したのが本6曲入りEP『Intermission』である。「まだ自分のためのあたらしいステップを見つけていない。まだそれを探している。」と本人は語っているが、本作はそのタイトル『Intermission』のとおり、彼のアイデアとインスピレーションの間の「過程」のスナップショットが刻み込まれたものである。

パーカッシヴ且つポリリズミックなグルーヴがミニマルにレイヤードしてシフトする「Pulse」で幕を明け、ヘヴィなドラムマシンのノックとジャジーなエレピやリヴァービーなカリンバが漂いアトモスフェリックで幻惑的な世界を描き出す「City Dweller」へと続き、神秘的なパッドが忍び込む浮遊感に満ちたアンビエント・トラック「Gently」はさみリリカルなカリンバとピッチシフトしたヴォーカル・ループが印象的なビート・トラック「Do My Thing」へと移行。ふたたびノンビートのアンビエント・トラック「Deep Breathing」を経て、カリンバのループにキーボードの緩やかなメロディにパーカッシヴなブレイクビーツが絡んで行く「Need Nobody」で幕を閉じる全6曲。いずれも見事なShigeto節のサウンドであるが、様々な要素が折衷している様相からは探究、興奮、そして自由な文体によるダイナミックな感覚を感じさせる。進化の過程だからこそのエネルギーが埋め込まれた重要作。

Two years after Shigeto released his second full-length, No Better Time Than Now, the busy Detroit polymath, born Zach Saginaw, has finally taken a break from his endless hustle to update everyone on his current musical headspace. “I’ve been on the road for a long time now and also have been working on other projects,” he explains. With projects that include working on a new live ensemble arrangement, playing electronics in a jazz quartet, recording with Detroit rappers, and building a new studio, it’s no wonder we haven’t heard much from him since 2013.

“I haven’t found the next step for me yet. I’ve been making loads of music as always, but I’m still looking for that concrete new path.” Shigeto’s Intermission EP takes its title quite literally, then, presenting a snapshot of the artist’s transition between ideas and inspiration. Indeed, listening to these six eclectic tracks evokes a dynamic sense of exploration, excitement, and stylistic freedom.

Saginaw describes Intermission as a collection songs that “point to the past, present, and future.” His inimitable hallmarks are certainly there: the heavy drum-machine knock and jazzy synth flourishes of “City Dweller”, that airy thumb piano in beat suite “Do My Thing”, and “Pulse”‘s percussive, polyrhythmic grooves. They mingle with some fresh sounds from Shigeto, too. Mystic pads creep into the mix—especially on beatless, textural drifts “Gently” and “Deep Breathing”—and there’s a decidedly unhinged touch to how the producer uses samples, almost like he’s teaching himself a new language. But don’t get it twisted, there’s no grand vision this time out. “They’re not meant as a strong message,” Saginaw clarifies, “but more of a taste, like a halftime show of sorts.” So if Intermission is here to hold us over until Shigeto’s next big event, the record’s palpable depth and complexity say quite a lot about where the man is now and where he’s headed.


TRACKLISTING:

01. Pulse
02. City Dweller
03. Gently
04. Do My Thing
05. Deep Breathing
06. Need Nobody