Author: PLANCHA

FOXES IN FICTION “Ontario Gothic” [ARTPL-055]

ARTPL-055
Artist: Foxes in Fiction
Title: Ontario Gothic
Cat#: ARTPL-055
Format: CD / Digital
※ボーナス・トラック3曲収録
※正方形紙ジャケット仕様
※日本のみでCD化
解説・歌詞対訳: 清水祐也

Release Date: September 17, 2014
Price(CD):
2,000yen + 税


カナダのオンタリオ州トロント出身で、現在はブルックリンで活動しているWarren Hildebrandによるソロ・プロジェクト、Foxes in Fictionの待望のニュー・アルバムが完成!Owen Pallettをはじめ、Rachel Levy, Caroline White, Sam Ray, Ansel Cohen, Beau Sorensenが参加!

Read More →


CHRISTOPHER WILLITS “Opening” [ARTPL-054]

ARTPL-054
Artist: Christopher Willits
Title: Opening
Cat#: ARTPL-054
Format: CD + DVD / Digital

※正方形紙ジャケット仕様
※日本盤のみDVD付き
解説付き

Release Date: September 3, 2014
Price(CD):
2,280yen + 税


サンフランシスコを拠点に活動しているサウンド・アーティスト、Christopher Willitsの、2012年にリリースした坂本龍一との共作『Ancient Future』以来となる新作!ウィリッツが4年間に渡って撮影してきた様々な国の壮大な風景、7枚の写真などを彼ならではのマルチな感覚でエディットした45分間の映像に、7曲のアンビエント・ミュージックが交錯するオーディオ・ビジュアル・プロジェクト!日本盤のみDVD付き。

Read More →


嶺川貴子 & Dustin Wongの共演第2作『Savage Imagination』が完成!

TAKAKO MINEKAWA & DUSTIN WONG “Savage Imagination” [ARTPL-053]8/27リリース!『TOROPICAL CIRCLE』から約1年、嶺川貴子とダスティン・ウォングの共作第2弾『SAVAGE IMAGINATION』が完成!ヒューマニックな温かさと親しみやすいメロディはそのままに、リズミック且つダイナミックな彩りを増した、唯一無二のダ ンス・パーティ・ミュージック。その独特の歪でファニーな世界観に身を委ねると、頬が緩み自然と体が動きだす!

Artist: Takako Minekawa & Dustin Wong
Title: Savage Imagination
Cat#: ARTPL-053
Format: CD / Digital
※正方形紙ジャケット仕様
※ボーナス・トラック2曲を追加収録
Release Date: August 27, 2014
Price(CD): 2,300yen + 税

Savage Imagination特設ページ:
http://www.artuniongroup.co.jp/plancha/top/takako-minekawa-dustin-wong-savage-imagination/

Savage Imagination商品ページ:
http://www.artuniongroup.co.jp/plancha/top/releases/artpl-053/

She He See FeelのMVが公開されました!


TAKAKO MINEKAWA & DUSTIN WONG “Savage Imagination” [ARTPL-053]

ARTPL-053
Artist: Takako Minekawa & Dustin Wong
Title: Savage Imagination
Cat#: ARTPL-053
Format: CD / Digital

※正方形紙ジャケット仕様
※ボーナス・トラック2曲を追加収録
解説付き
Release Date: August 27
, 2014
Price(CD):
2,300yen + 税


『TOROPICAL CIRCLE』から約1年、嶺川貴子とダスティン・ウォングの共作第2弾『SAVAGE IMAGINATION』が完成!ヒューマニックな温かさと親しみやすいメロディはそのままに、リズミック且つダイナミックな彩りを増した、唯一無二のダ ンス・パーティ・ミュージック。その独特の歪でファニーな世界観に身を委ねると、頬が緩み自然と体が動きだす!

Read More →


MARK『Maki・K』レコ発に嶺川貴子が出演

MARKこと加藤麻季さんの新作アルバム『Maki・K』のリリースを記念しましたレコ発イベントに、作品にも1曲参加しております嶺川貴子が出演致します。是非ご来場ください!

cheese burger records presents

140612-5aMARK『Maki・K』release party!

出演:
MARK ソロ
MARK with Lavendaas(中尾勘二 + α)
嶺川貴子
どついたるねん

日程:2014年8月23日(土)
開場 18:30 / 開演 19:00

会場:Live & Bar SHIBUYA 7th FLOOR
〒150-0044渋谷区円山町2-3 O-WESTビル7F
tel. 03-3462-4466 / http://7th-floor.net

チケット:前売 2,300円(ドリンク別) / 当日 2,800円(ドリンク別)

・6月18日(水)より7th FLOOR店頭(16:00~22:00)にて前売りチケット発売開始。
店電話予約開始:6月18日(水)~8月22日(金) 15:00~20:00 (tel. 03-3462-4466)

・6月18日(水)よりHEADZ (info@faderbyheadz.com) にて前売りメール予約受付開始。
前売りメール予約は8月22日(金)中まで受け付けます。
こちらのフォームからもご予約可能です。

お名前 (必須) | name:
メールアドレス (必須) | e-mail address:
※メールアドレスをお間違えになられますと返信できませんので、お気をつけください。
ご連絡先電話番号 (必須) | tel:
ご希望枚数 (必須) | QTY:
ご質問・お問い合わせなど:


※お席が限られております為、ご連絡が無いキャンセルはお控えください。
※確認はメールすぐに届きます。数分待っても届かない場合は info@faderbyheadz.com までご連絡ください。
※携帯電話の場合PCからのメールの受信をできる設定にしてください。
※gmailなどフリーメールの方で未着の方はスパム・メールのフォルダもご確認ください。
※当日受付けでお名前を言っていただき、前売りの料金をお支払いいただきます。
〆切 2014年8月22日24時到着分まで


お問い合わせ:HEADZ (tel. 03-3770-5721 / http://www.faderbyheadz.com

イベント・リリース詳細: http://www.faderbyheadz.com/release/headz194.html

Read More →


GUARDIAN ALIEN “Elf In μ” [ARTPL-052]

ARTPL-052
Artist: Guardian Alien
Title: Elf In μ
Cat#: ARTPL-052
Format: CD

※日本のみでリリース
※正方形紙ジャケット仕様
※来日公演決定!詳細間もなく発表!
Release Date: 2014.08.20
Price(CD): 2,000
yen + 税


NYのアヴァン・ミニマル・ジャズ・トリオ、Zsのドラマーとしても活動し、最近ではアイスランドのプロデューサー/ポスト・クラシカルの作曲家、Ben Frostの最新作『A U R O R A』に参加したことでも話題となったブルックリンの超絶変態ドラマー、グレッグ・フォックス率いるGuardian Alienの日本限定ライヴ盤!来日公演も決定!

NYの情報誌The Village Voiceにて“Best Drummer in New York”と称された、ブルックリンを拠点に活動する超絶変態ドラマー、グレッグ・フォックス(Greg Fox)。ブラック・メタル・バンド、Liturgyでの活動を経て、自身のソロ・プロジェクトの延長線上としてバンド形態へと発展したのがガーディアン・エイリアン(Guardin Alien)だ。

彼等は今年Thrill Jockeyからサード・アルバム『Spiritual Emergency』をリリースしたばかりであるが、遂に待望の初来日が決定。8月後半~9月中旬にかけて開催されるそのツアーに合せてリリースされるのが日本限定のライヴ盤の本作である。

GAのメンバーは非常に流動的で、最大6人になることもあるが、本作はドラム、エレクトロニクス、アレンジを手掛けるグレッグを中心に、ヴォーカル、シンセのアレックス・ドリューチン(ALEX DREWCHIN)、ギターのバーナード・ガン(BERNARD GANN)のトリオ編成で録音されており、「Tranquiiliizer」と「Emergence」を除き(それらもオリジナルとは異なるインプロヴィゼーション・ヴァージョン)全て未発表の新曲である。

ポリリズムも巧みに操る卓越した表現力のグレッグのテクニカルでトライバルなドラミングを基軸に、ヒプノティックなシンセ〜エレクトロニクス、重厚でサイケデリックなギターが渦巻く中、アレックスの呪術的なヴォーカルが漂い、瞑想から宇宙空間へと到達していくようなプリミティヴで摩訶不思議なサウンドを展開。(その音楽性はかつてPitchforkにて『形容不能なマントラのような音楽』と称された)そして言わずもがなであるが、彼等の真骨頂はライヴであり、その混沌とした音世界は唯一無二の魅力を放っている。

またグレッグはGAの活動と並行して、NYのアヴァン・ミニマル・ジャズ・トリオ、Zsのドラマーとしても活動し、最近ではアイスランドのプロデューサー/ポスト・クラシカルの作曲家、Ben Frostの最新作『A U R O R A』に参加したことでも話題となった。2013年にZsのメンバーとして初来日を果たし、Zsだけでなく、ソロ、そして盟友Dustin Wongとのセッションなどでその凄まじいドラミングを披露し、日本でもオーディエンスを震撼させたことも記憶に新しいだけに、是非とも注目して欲しい。


TRACKLISTING:

01 TRANQUIILIIZER
02 PARALYSER
03 EMERGENCE
04 SELECTION TEMPTATION
05 SINGLE SNOW FLAKE FALL
06 ALL A MUTE
07 MEMEORY TRANQUIILIIZER (GDF11 REMIX)


FIELD MOUSE “Hold Still Life” [ARTPL-051]

ARTPL-051
Artist: Field Mouse
Title: Hold Still Life
Cat#: ARTPL-051

Format: CD
※日本先行発売
※解説、歌詞・対訳付き
※ボーナス・トラック2曲収録
Release Date: 2014.07.16
Price(CD): 1,850
yen + 税


ブルックリンの4人組ドリーム・ポップ・バンドFIELD MOUSEの正式なファースト・フルが完成!
ドリーミーでリヴァービーなギターとシンセを基軸に、堅実且つダイナミックなリズム隊が絡み、心地よいメロディとヴォーカルが注がれ、そして随所ファズ・ギターのレイヤーを投下。ハード・エッジなインディ・ロックとアトモスフェリックなドリーム・ポップ~シューゲイザーが絶妙なバランスでブレンドされた浮遊感と疾走感が交錯するサウンドに否応無しに引き込まれる。

2010年にヴォーカル/ギターのRachel Browneとプロデューサー/ギターのAndrew Futralの2人によって結成されたバンド、Field Mouseの、ドラム、ベースを加え、4ピースのフル・バンドとなって初となるファースト・フル・レングスを完成。

2012年にSMALL PLATESからリリースした「You Guys Are Gonna Wake Up My Mom」とLEFSEからリリースした「How Do You Know」の7インチはいずれも即完売となるなど、インディ・リスナーから熱い支持を集めて来た。そして自主制作リリースしたものの廃盤となっていたアルバム『You Are Here』(2010年作)が、昨年最新音源を追加して日本のみでCD化され好評を博し、フル・アルバムへの期待が高まっていた。

レコーディングとライヴで4人編成でのスタイルを練り上げ、AndrewとRachelのプロデュースの元、ブルックリンのSeaside Loungeでレコーディングが行われ、ミックスはKyle Gilbride (Swearin’ Waxahatchee, Upset)が担当した。これまでの7インチでも見せてきたサウンドの延長線上であるが、さらなる進化を感じさせる仕上がりだ。ドリーミーでリヴァービーなギターとシンセを基軸に、堅実且つダイナミックなリズム隊が絡み、心地よいメロディとヴォーカルが注がれ、そして随所ファズ・ギターのレイヤーを投下。ハード・エッジなインディ・ロックとアトモスフェリックなドリーム・ポップ~シューゲイザーが絶妙なバランスでブレンドされた浮遊感と疾走感が交錯するサウンドに否応無しに引き込まれる。

Bandcampでシングル・リリースされMVも公開されたキラー・チューン「Tomorrow Is Yesterday」をはじめ、先述した『You Are Here』の日本限定CDにボーナス・トラックとして収録された「Reina」、「Everyone But You」の新テイクなどを含む計12曲(日本盤にはボーナス・トラックを収録予定)。

長らくアルバムのリリースが待たれていた彼等だが、遂にフルレングスが完成した。2014年のドリーム・ポップ~シューゲイザー・バンドの中心的存在となるだろう。


TRACKLISTING:

01. A Place You Return To In A Dream
02. Tomorrow Is Yesterday
03. Two Ships
04. Everyone But You
05. Asteroid
06. Reina
07. Netsuke
08. Horizon City
09. Bright Lights
10. Happy
11. Kids
12. Water In The Valley
13. Everyone But You (Acoustic) *
14. Water In The Valley (Acoustic)*

* = Bonus Track


嶺川貴子と朝生愛のツーマン・ライヴ @七針 2014.07.13(日)

ASO takako_minekawa嶺川貴子, 朝生愛

日程: 2014年7月13日(日)
会場: 七針 (MAP)

開場 19:00 / 開演 19:30
前売 2,000円 / 当日 2,500円 受付終了

企画: PLANCHA

※ご予約が定員に達しましたので、受け付けを終了させていただきました。
※キャンセル待ちの方の人数も一定数に達しましたので、そちらの受付も終了させていただきました。
※現在キャンセル待ちのお申し込みをいただいている方にはキャンセルがあった場合に随時お知らせさせていただきます。

takako_minekawa嶺川貴子 (Takako Minekawa):
’96年『Roomic Cube ~ a tiny room exhibition ~』、以後’00年の『Maxi On』まで国内と海外で8枚のアルバムをリリース。2013年5月にDustin Wong(ダスティン・ウォング)との共作『Toropical Circle』をPLANCHAとThrill Jockeyよりリリース。Takako Minekawa & Dustin Wongとしてデュオ・セットの活動を始め、昨年よりライヴを国内外で行っている。ソロとしてのライヴ活動も再開し、Lamp原宿『脳を刺激する特別な三日間』、VACANTでの『BOOMBOX-MELLOTRON PROJECT』でのラジカセメロトロンのパフォーマンス、浅草橋天才算数塾『カセット&ラジカセ普及企画ライブ』、神保町試聴室『上野洋子/植野隆司+嶺川貴子』、東高円寺U.F.O.CLUBでのMOMUS/BUDDY GIRL and MECHANICとの共演など。


ASO朝生愛 (Ai Aso):
2000年前後よりソロ・シンガーとして活動。
独特の透明感のある曲と歌声で注目を集める。
ペダル・レコーズより2004年に発表された「ラヴェンダー・エディション」では石原洋/プロデュース、中村宗一郎/エンジニアという布陣で制作され、次作「カモミールのプール」に於いても引き継がれている。
Editions MegoのIdeologic organより2014年に発表された最新作「Lone」はBBC RadioでのオンエアやThe New York Timesのレコード評に取り上げられるなど注目を集める。
近年のライブ活動では、Sunn O)))、Boris、Hisato Higuchi、The Space Lady、Mark Fly、Simon Finnなどと共演。
2007年、ゆらゆら帝国のシングル「美しい」及び同年リリースのアルバム「空洞です」にゲスト参加。

 


Oorutaichiの『Flower Of Life EP』にDustin Wongのリミックスが収録

FOL昨年のクリスマスに配信され反響を呼んだオオルタイチのダブル・シングル。6/6にアナログ12インチ『Flower Of Life EP』として枚数限定でリリースされますが、そこにDustin Wongのリミックスが収録されます。

Oorutaichi
『Flower Of Life EP』
Label: OKIMI RECORDS
Cat#: OKIMI-015
Format: 12 inch (枚数限定)
Release Date: 2014.06.06
Price: ¥1,800 (税込)

1.Flower Of Life / 7:57
2.Flower Of Life
– HAPPY JEEZUZ MIX / 5:51
(Remixed by Dustin Wong)
3.Beauty Step / 5:09
4.Minor / 6:30
(※全曲ダウンロードコード付属 )

昨年のクリスマスに配信され反響を呼んだダブルシングルが枚数限定アナログ12インチでリリース。発売日は6月6日、自身のレーベルOKIMI RECORDSより。
シングル2曲に加え、未発表曲”Minor”、そしてDustin Wongのリミックスを収録した計4曲。
一昨年より始動したオオルタイチのアコースティクバンドセットの要素と、これまで培われてきたエレクトロニック的アプローチが混在するターニングポイント的な作品。

Oorutaichi “Flower Of Life Tour 2014”
6/13(金)東京・青山CAY / ゲスト:七尾旅人
6/20(金)沖縄・Record&Music Bar 『on』
6/21(土)福岡・Kieth Flack
6/22(日)長崎 ・Big Deal
6/24(火)岡山・PEPPERLAND
6/28(土)仙台・CLUB SHAFT
6/29(日)群馬・Woal
And more

リリース&ツアー詳細はこちらより
各公演メール予約受付中:adv@okimirecords.com
(公演日時・会場・お名前・お電話番号・枚数をご記入の上ご連絡ください。)
Read More →


Tycho「See」のMV、KCRWでのスタジオ・ライヴのフル映像が公開

10320527_10152421218555520_9124053748698874636_nTychoの最新作『Awake』収録の「See」のミュージック・ビデオが公開されました。
監督をつとめたのは、映画「トロン:レガシー」のボードルームのUIデザインなどで知られ、一枚の板が自在に変化するプロジェクションマッピンング「BOX」も手掛けたインタラクティヴ・デザイナー、GMUNKことBradley G Munkowitz。

また先日のKCRWでのスタジオ・ライヴのフル映像もアップされております。
set list: 01. Awake | 02. L | 03. Spectre | 04. Montana | 05. See | 06. A Walk | 07. Dive


20 / 38« 先頭...10...1819202122...30...最後 »
Top