Teen Daze / Bioluminescence [CD]

ARTPL-112

Teen Daze / Bioluminescence [CD]

(ARTPL-112)

デジタルとナチュラルの見事な調和
カナダの才人、Teen Dazeが到達したエレクトロニック且つオーガニックな極上サウンド

カナダはブリティッシュコロンビアを拠点に活動しているエレクトロニック・ドリーム・ポップ才人、Jamison Isaakによるソロ・プロジェクト、Teen Dazeの、正式なアルバムとしては2017年の『Themes For Dying Earth』以来の通算6作目となる新作『Bioluminescence』が完成。

本作は全編インストゥルメンタルで、シネマティック且つアトモスフェリックなサウンドがエレクロニック、アコースティックを交えて絶妙のバランスで構築されている。

徐々に重層感を増し、こみ上げていくようなシンセが印象的なアンビエント「Near」で幕を開け、Bibioを彷彿とさせるアコースティック・ギターのフレーズに小気味良いビートとシンセが絡み合う「Spring」で暖かな息吹を醸し、先行ファースト・シングルとなったバレアリックでドリミーなミッドテンポの「Hidden Worlds」へと続く。「Ocean Floor」ではダンサブルなビートに浮遊感のあるシンセで彩り、「Longing」では静謐な生音のフレーズのループに徐々に複雑なビートが介入し、「An Ocean On The Moon」では美しいミニマル・アンビエントをみせる。そして本名名義でみせるようなピアノのリヴァービーでリリカルなサウンドからラストの「Endless Light」へとクロスフェード。ピアノのリフにTeen Dazeらしいシンセの音色とデジタル・ビートを走らせ心地よくエモーショナルな音像で幕を閉じる。

様々な音楽的素養(日本のシティ・ポップの愛好家でもある)を持ち、昨年は本名Jamison Isaak名義でネオクラシカルにアプローチするなど新たな局面もみせた彼だが、それらの要素も見事に消化し、ひとつ上のステージへと到達した印象の傑作を仕上げた。

なお、日本盤にはボーナス・トラック2曲が収録。

Striking a balance between the digital and the natural has always been one of the main purposes of Jamison Isaak’s, Teen Daze project. BIOLUMINESCENCE, the producers’ sixth proper full-length, is perhaps his most cohesive example of this. At times cinematic and atmospheric, and at others pulsing and danceable, the album weaves its way through eight deeply emotional, melodic tracks. For every synthesized noise you hear, there is the sound of a rock hitting water; digital synths are paired with the sound of the Pacific Ocean. This album attempts to find a harmony between those two worlds, and with this in mind, Bioluminescence becomes a very fitting title.

Written and recorded by Jamison Isaak.

Mixed by Joel Ford
Mastered by Rafael Anton Irisarri
Art Design by Nathaniel Whitcomb


TRACK LIST:

01. Near
02. Spring
03. Hidden Worlds
04. Ocean Floor
05. Longing
06. An Ocean On The Moon
07. Drifts
08. Endless Light
09. Terraform (Bonus Track)
10. Ice Age (Bonus Track)

在庫状態 : 在庫有り
¥2,200(税別)
数量